Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Today, plastics are everywhere.

    今日では、プラスチックはどこにでもあります。

  • All of this plastic originated from one small object

    このプラスチックはすべて、一つの小さな物体から生まれました。

  • that isn't even made of plastic.

    プラスチック製でもないのに

  • For centuries, billiard balls were made of ivory from elephant tusks.

    何世紀にもわたって、ビリヤードのボールは象の牙から象牙で作られていました。

  • But when excessive hunting caused elephant populations to decline

    しかし、過剰な狩猟によって象の個体数が減少すると

  • in the 19th century,

    19世紀には

  • billiard balls makers began to look for alternatives, offering huge rewards.

    ビリヤードボールメーカーは、莫大な報酬を提供し、代替品を探し始めました。

  • So in 1863 an American named John Wesley Hyatt took up the challenge.

    そこで1863年にジョン・ウェズリー・ハイアットというアメリカ人が挑戦した。

  • Over the next five years, he invented a new material called celluloid,

    その後5年かけて、彼はセルロイドという新素材を発明しました。

  • made from cellulose, a compound found in wood and straw.

    木材や藁に含まれるセルロースから作られています。

  • Hyatt soon discovered celluloid couldn't solve the billiard ball problem––

    ハイアットはすぐにセルロイドが ビリヤードボールの問題を解決できない事を発見した

  • the material wasn't heavy enough and didn't bounce quite right.

    素材が重くなく、跳ね返りもあまりよくありませんでした。

  • But it could be tinted and patterned

    しかし、それは色合いや模様の可能性があります

  • to mimic more expensive materials like coral,

    サンゴのようなより高価な材料を模倣するために。

  • tortoiseshell, amber, and mother-of-pearl.

    べっ甲、アンバー、マザーオブパール

  • He had created what became known as the first plastic.

    彼は最初のプラスチックとして知られるようになったものを作っていた。

  • The word 'plastic' can describe any material made of polymers,

    プラスチック」という言葉は、ポリマーでできたあらゆる材料を表現することができます。

  • which are just the large molecules consisting of the same repeating subunit.

    は、同じ繰り返しサブユニットからなる大きな分子にすぎません。

  • This includes all human-made plastics,

    これには、人間が作ったすべてのプラスチックが含まれています。

  • as well as many of the materials found in living things.

    生き物に含まれる多くの材料と同様に。

  • But in general, when people refer to plastics,

    しかし、一般的にプラスチックといえば

  • they're referring to synthetic materials.

    合成素材のことを言っている

  • The unifying feature of these is that they start out soft and malleable

    これらの統一された特徴は、彼らが柔らかく、可鍛性を開始することです。

  • and can be molded into a particular shape.

    と特定の形状に成形することができます。

  • Despite taking the prize as the first official plastic,

    初の公式プラモとして受賞したにもかかわらず。

  • celluloid was highly flammable, which made production risky.

    セルロイドは可燃性が高く、生産にリスクがありました。

  • So inventors began to hunt for alternatives.

    そこで発明家たちは代替品を探し始めた。

  • In 1907 a chemist combined phenol

    1907年に化学者がフェノールと

  • a waste product of coal tar

    コールタール

  • and formaldehyde, creating a hardy new polymer called bakelite.

    とホルムアルデヒドを使用して、ベークライトと呼ばれる丈夫な新しいポリマーを作りました。

  • Bakelite was much less flammable than celluloid and the raw materials

    ベークライトはセルロイドおよび原料より大いにより少ない可燃性だった

  • used to make it were more readily available.

    を使用していた方が入手しやすかったです。

  • Bakelite was only the beginning.

    ベークライトは始まりに過ぎなかった。

  • In the 1920s, researchers first commercially developed polystyrene,

    1920年代には、研究者たちが初めてポリスチレンを商業的に開発しました。

  • a spongy plastic used in insulation.

    断熱材に使用されるスポンジ状のプラスチック。

  • Soon after came polyvinyl chloride, or vinyl, which was flexible yet hardy.

    その後すぐに、柔軟性がありながら丈夫なポリ塩化ビニルが登場しました。

  • Acrylics created transparent,

    アクリルで透明感を出しました。

  • shatter-proof panels that mimicked glass.

    ガラスを模した飛散防止パネル。

  • And in the 1930s nylon took centre stage

    そして1930年代にナイロンは中心になった-。

  • a polymer designed to mimic silk, but with many times its strength.

    絹に似せて設計されたポリマーですが、その何倍もの強度を持っています。

  • Starting in 1933, polyethylene became one of the most versatile plastics,

    1933年に始まったポリエチレンは、最も汎用性の高いプラスチックの一つとなりました。

  • still used today to make everything from grocery bags, to shampoo bottles,

    現在でも、食料品の袋からシャンプーのボトルまで、あらゆるものを作るのに使われています。

  • to bulletproof vests.

    防弾チョッキに

  • New manufacturing technologies accompanied this explosion of materials.

    この材料の爆発的な増加に伴い、新しい製造技術が登場しました。

  • The invention of a technique called injection-moulding

    インジェクションモールディングという技術の発明

  • made it possible to insert melted plastics into molds of any shape,

    溶けたプラスチックを任意の形状の型に挿入することができるようになりました。

  • where they would rapidly harden.

    急速に固まる場所で

  • This created possibilities for products in new varieties and shapes

    これにより、新しい品種や形状の製品の可能性が生まれました。

  • and a way to inexpensively and rapidly produce plastics at scale.

    と、プラスチックを安価かつ迅速に大規模に生産する方法です。

  • Scientists hoped this economical new material

    科学者たちは、この経済的な新素材に期待していた

  • would make items that once had been unaffordable accessible to more people.

    は、かつては手の届かなかったアイテムを、より多くの人が手に入れることができるようになるでしょう。

  • Instead, plastics were pushed into service in World War Two.

    その代わりに、第二次世界大戦では、プラスチックはサービスに押されていました。

  • During the war, plastic production in the United States quadrupled.

    戦時中、アメリカのプラスチック生産量は4倍になった。

  • Soldiers wore new plastic helmet liners and water-resistant vinyl raincoats.

    兵士たちは、新しいプラスチック製のヘルメットライナーと防水ビニール製のレインコートを着用していた。

  • Pilots sat in cockpits made of plexiglass, a shatterproof plastic,

    パイロットはプレキシガラス(飛散防止プラスチック)製のコックピットに座っていました。

  • and relied on parachutes made of resilient nylon.

    と、弾力性のあるナイロン製のパラシュートに頼っていました。

  • Afterwards, plastic manufacturing companies

    その後、プラスチック製造会社

  • that had sprung up during wartime turned their attention to consumer products.

    戦時中に勃興した企業は、消費財に目を向けていた。

  • Plastics began to replace other materials like wood, glass, and fabric

    プラスチックは木、ガラス、および生地のような他の材料を取り替え始めた

  • in furniture, clothing, shoes, televisions, and radios.

    家具、衣類、靴、テレビ、ラジオなどで。

  • Versatile plastics opened up possibilities for packaging

    汎用性の高いプラスチックは、包装の可能性を広げました。

  • mainly designed to keep food and other products fresh for longer.

    主に食品などの鮮度を長く保つために設計されています。

  • Suddenly, there were plastic garbage bags, stretchy plastic wrap,

    突然、ビニールのゴミ袋、伸縮性のあるラップが出てきた。

  • squeezable plastic bottles, takeaway cartons,

    しぼりやすいペットボトル、持ち帰り用のカートン。

  • and plastic containers for fruit, vegetables, and meat.

    と、果物や野菜、肉などを入れるプラスチック製の容器を用意しています。

  • Within just a few decades, this multifaceted material

    わずか数十年の間に、この多面的な素材は

  • ushered in what became known as theplastics century.”

    "プラスチックの世紀 "として知られるようになりました。

  • While the plastics century brought convenience and cost-effectiveness,

    プラスチックの世紀は便利さと費用対効果をもたらしました。

  • it also created staggering environmental problems.

    それはまた、驚異的な環境問題を生み出しました。

  • Many plastics are made of nonrenewable resources.

    プラスチックの多くは、再生不可能な資源でできています。

  • And plastic packaging was designed to be single-use,

    そして、プラスチック包装はシングルユースを想定していました。

  • but some plastics take centuries to decompose,

    しかし、プラスチックの中には分解に何世紀もかかるものもあります。

  • creating a huge build up of waste.

    膨大な廃棄物の蓄積を生み出しています。

  • This century we'll have to concentrate our innovations on addressing those problems

    今世紀は、これらの問題を解決することにイノベーションを集中させなければならないでしょう。

  • by reducing plastic use, developing biodegradable plastics,

    プラスチックの使用量を減らすことで、生分解性プラスチックを開発しています。

  • and finding new ways to recycle existing plastic.

    と既存のプラスチックをリサイクルする新しい方法を見つけることができます。

Today, plastics are everywhere.

今日では、プラスチックはどこにでもあります。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語 プラスチック 素材 世紀 ポリマー 材料 発明

プラスチックの歴史 (A brief history of plastic)

  • 15 3
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 09 日
動画の中の単語