Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • on camera right here the whole time.

    ここでずっとカメラに映っていた

  • Welcome to watch Mojo.

    ようこそ、モジョを見るために。

  • And today we're counting down our picks for the top 10.

    そして今日は、トップ10に入るためのピックをカウントダウンしています。

  • Shocking celebrity hot mic moments.

    衝撃的なセレブのホットマイクの瞬間

  • I can't read it.

    読めません。

  • There's no there's no words on it.

    そこには言葉がない。

  • Okay, for this list, we're looking at times well known individuals said surprising things while unaware that their microphone was on.

    さて、このリストでは、よく知られた個人がマイクがオンになっていることに気づかずに、驚くようなことを言ったことを見ています。

  • We're excluding incidents that may have been faked as that's a list for another time.

    それは別の機会にリストアップしますので、捏造された可能性のある事件は除外しています。

  • Look in the camera.

    カメラの中を見てください。

  • Take a moment so we can come in on it and then say, I'm lucky.

    時間をかけて、それに乗っかってから、私はラッキーだと言えるようにしましょう。

  • Okay, I'm trying.

    わかった、やってみるよ。

  • I understand you're trying.

    努力してるのはわかる

  • You're maybe trying too hard to be sure to let us know in the comments.

    頑張りすぎなのかもしれませんが、コメントで教えてください。

  • Which slip of the tongue you think was most damning?

    どの舌の滑舌が最も有害だったと思いますか?

  • Number 10 Mel Gibson shares how he really feels about an interviewer.

    10位 メル・ギブソン、面接官の本音を語る。

  • Mel Gibson is certainly no stranger to saying shocking things on tape.

    メル・ギブソンは確かにテープで衝撃的なことを言っています。

  • And this 2010 occurrence where Mel leading expletive slip on live TV on Lee added to the string of unpleasantries from the actor is a while back.

    そして、この2010年の出来事は、リーのライブテレビでメルがリードし、俳優からの不愉快な出来事の文字列に追加されましたが、しばらく前のことです。

  • And, you know, I've done all the necessary mayor culpas.

    そして、必要な市長のカルパスは全部やった。

  • So, um, let's move on, dude, come on.

    だから、えーと、先に進もうよ、さあ。

  • Still on camera and sporting his microphone following a chat segment for WG NTV, Gibson let his true feelings for reporter Dean Richards be known.

    WG NTVのチャットセグメントの後、カメラに映っていた彼のマイクにスポーツをしていたギブソンは、リポーターのディーン・リチャーズへの彼の本当の気持ちを明らかにしました。

  • Thanks a lot for joining us, Mel.

    メルちゃん、参加してくれてありがとう。

  • Take care.

    気をつけて

  • Bye bye, asshole.

    バイバイ、クソ野郎。

  • Clearly, the grizzled actor wasn't a fan of the morning host earlier questions.

    明らかに、白髪の俳優は、朝のホストの初期の質問のファンではありませんでした。

  • Well, Gibson later claimed that the remark was actually aimed at his publicist for making faces off camera.

    ギブソンは後に、この発言は実際には彼の広報担当者に向けられたものだと主張していますが、それはカメラに映らない顔をしているからです。

  • The incident didn't help the stars, shall we say Prickly reputation.

    この事件は、スターを助けなかった、我々はプリックリーの評判を言わなければならない。

  • Wrong answer.

    間違った答えだ

  • Number nine Jesse Jackson has choice words about Barack Obama.

    ナンバーナインのジェシー・ジャクソンは、バラク・オバマについての言葉を持っています。

  • Criticizing a presidential nominee certainly isn't uncommon.

    大統領候補を批判することは、確かに珍しいことではありません。

  • But when a revered civil rights leader and public supporter of said nominee makes the comments, well, that's a different story.

    しかし、尊敬される公民権の指導者であり、公の支持者である候補者がコメントをした場合、それは別の話です。

  • Unaware that his microphone was still on during an interview break with Fox News, Reverend Jesse Jackson has some harsh criticisms for then presidential hopeful Barack Obama, in particular his communication with black voters right down the pike, his faith basis want to.

    彼のマイクは、フォックスニュースとのインタビューの休憩中にまだ上にあったことを知らない、牧師ジェシー・ジャクソンは、その後、大統領希望のバラク・オバマのためのいくつかの厳しい批判を持っている、特に右のパイクダウン黒人有権者との彼のコミュニケーションでは、彼の信仰の基礎がしたいと思います。

  • Perhaps most shocking was the choice slang Jackson used.

    おそらく最も衝撃的だったのは、ジャクソンが使っていたスラングの選択だった。

  • I have no idea why Jackson framed his comments that way.

    ジャクソンのコメントがなぜあんな風になったのか、私にはさっぱりわからない。

  • We invited the river on the program this evening.

    今晩の番組では、川をお招きしました。

  • He declined, and so when Bill O'Reilly went public with the off the cuff disparagement on his program, the esteemed figure had no choice but to retreat into full on apology mode.

    彼は辞退した、とビル-オライリーは彼の番組でオフカフ軽蔑と公開したときに、尊敬の図は選択の余地がなかったが、謝罪モードで完全に後退するようにしていました。

  • When he does hear them, they will not be helpful.

    彼がそれを聞いても、何の役にも立ちません。

  • They will be hurtful, but we have a relationship that can survive this number.

    傷つくでしょうが、この数だけ生き残れる関係性があります。

  • Eight.

    8だ

  • Justin Bieber Getting upset over his camera angles Well, many know Justin Bieber to be a skilled singer and dancer.

    ジャスティン・ビーバーのカメラアングルに動揺している様子 まあ、多くの人がジャスティン・ビーバーが熟練した歌手やダンサーであることを知っていますが、それだけではありません。

  • If you are aware that he's also an expert in camera angles camera right here the whole time.

    あなたは彼がまた、カメラアングルカメラの専門家であることを認識している場合は、ここで右の全体の時間。

  • Well, at least he had a lot to say on the subject.

    少なくとも彼には言いたいことがたくさんあった。

  • After a 2015 performance on the Today show, following a live rendition of What Do You Mean?

    2015年のTodayショーでのパフォーマンスの後、What Do You Mean?

  • The pop star was none too happy with the morning shows director.

    ポップスターは、モーニングショーのディレクターにあまり満足していませんでした。

  • Next thing Cameron thinking the show had gone to commercial, and with his mike still on, Justin laid into the cameraman, accusing him of focusing too much on his face and not his sweet dance moves.

    次の瞬間、キャメロンはショーがコマーシャルになったと考え、マイクをつけたまま、ジャスティンはカメラマンに向かって、彼の顔に焦点を当てすぎて、彼の甘いダンスの動きではなく、彼を非難しました。

  • It's not often you hear celebrities upset about too many close ups.

    芸能人がクローズアップされすぎて動揺しているのを聞くことは滅多にありません。

  • Number seven.

    7番だ

  • Chris Matthews is remarks about Melania Trump.

    クリス・マシューズがメラニア・トランプについて発言。

  • Turns out, even veteran journalists are not immune.

    ベテラン記者でも免疫がないことが判明。

  • Tow hot mic mishaps.

    ホットマイクの誤爆を防ぐために

  • This was certainly the case for MSNBC host Chris Matthews, who during the 2016 presidential primaries was caught talking about Republican candidate Donald Trump's wife, Melania Way runway.

    これは確かに、2016年の大統領選期間中に共和党候補ドナルド・トランプ氏の妻メラニア・ウェイ・ランウェイについて話しているところをキャッチされたMSNBCのホスト、クリス・マシューズ氏の場合でした。

  • We just heard from the likely nominee of the Republican Party.

    共和党の候補者から話を聞きました

  • We will goto a break here, wants the discussion clearly taken by the former Slovenian model.

    我々はここで休憩をゴトする、議論は明らかに元スロベニアのモデルで撮影したいと考えています。

  • Matthews could be heard in the background while anchor Brian Williams talks praising the future first lady's runway walk a show he'd like to see.

    マシューズは、キャスターのブライアン・ウィリアムズが将来のファーストレディーのランウェイウォークを賞賛している間、バックグラウンドで聞くことができた彼が見たいショー。

  • Unfortunately, this became yet another any Siris of inappropriate remarks.

    残念ながら、これはまだ別の不適切な発言の任意のシリスになりました。

  • The host had made something that led to his sudden retirement from the airwaves coming closer Really close.

    司会者は、彼の突然の引退につながる何かを作っていた 放送波から近づいてきている 本当に近い。

  • What do you What do you Just kidding.

    何をしてるの?何をしてるの?

  • You look great.

    元気そうだな。

  • Definitely not the best look for a professional political commentator.

    確かにプロの政治評論家には似合わない。

  • Number six Nancy Kerrigan, Disney criticism For many, the name Nancy Kerrigan conjures up memories of a media firestorm surrounding the Olympian sneak attack injury that was traced back to her figure skating rival, Tonya Harding.

    ナンバー6ナンシー-ケリガン、ディズニー批判 多くの人にとって、ナンシー-ケリガンという名前は、彼女のフィギュアスケートのライバル、トーニャ-ハーディングにさかのぼっていたオリンピック選手の突然の攻撃の負傷をめぐるメディアの大騒動の記憶を呼び起こします。

  • What most people don't remember, however, is that the world class athlete was often criticized for a supposed bad attitude.

    しかし、ほとんどの人が覚えていないのは、世界的に有名なスポーツ選手は、態度が悪いと思われていたことが批判されることが多かったということです。

  • A particularly unflattering incident for Kerrigan took place during a 1994 Walt Disney World parade sitting next to Mickey Mouse the skater was caught complaining about how corny and dumb the whole thing.

    ケリガンのための特に不愉快な事件は、ミッキーマウスの隣に座っている1994年のウォルト・ディズニー・ワールドのパレードの間に行われました スケーターは、全体のことがどのように陳腐で間抜けなことについての不満をキャッチされました。

  • Waas Yeah, Nancy later stated the remarks were not aimed at the beloved Disney mascot, but rather her agents insistence that she wear her silver medal.

    Waas Yeah, Nancy later stated the remarks was aimed at the beloved Disney mascot, rather rather she insistence to wear her silver medal.

  • So much for the happiest place on earth.

    地球上で一番幸せな場所はここまで。

  • Number five Ernest Borgnine Overshare.

    ナンバーファイブ アーネスト・ボーグニン オーバーシェア

  • If you're looking for the secret to longevity, your luck I am too sexy for my shirt.

    長寿の秘訣を探しているなら、あなたの運 私は私のシャツがセクシーすぎます。

  • Too sexy for my late actor Ernest Borgnine seemingly spilled the beans during a 2009 interview on the cable news program Fox and Friends.

    あまりにもセクシーな私の亡き俳優アーネストBorgnineは、ケーブルニュース番組「フォックスとフレンズ」の2009年のインタビュー中に豆をこぼしたようです。

  • In quite the amusing gaffe, the then 91 year old star was innocently asked how he was able to stay looking and feeling so youthful.

    かなり面白い失言の中で、当時91歳のスターは、どうやって彼が若々しく見えて、感じているのかと無邪気に尋ねられました。

  • What's the secret?

    何か秘密があるのか?

  • I don't dare tell you.

    敢えて言わない

  • Jovial actor initially played coy, knowing his answer wasn't fit for air but decided to share anyways with a whisper in the ear.

    陽気な俳優は最初、彼の答えが空気に合わないことを知っていたが、耳元でささやきながら、とにかく共有することにした。

  • Problem was, the microphone picked up his not safe for work answer about his self love and sent the hosts and likely home audience into a fit of laughter.

    問題は、彼の自己愛についての彼の仕事のために安全ではない答えをマイクが拾い、ホストと可能性の高いホームの聴衆を笑いの渦に巻き込んだことだった。

  • Have you ever been on YouTube?

    YouTubeを見たことがありますか?

  • Did we mention this was on morning TV?

    朝のテレビでやってたっけ?

  • Number four Christian Bale cusses out a cinematographer.

    4番 クリスチャン・ベールが撮影監督を罵倒する

  • Just how seriously does Christian Bale take his craft?

    クリスチャン・ベイルはどれだけ真剣に自分の技術に取り組んでいるのでしょうか?

  • Try asking the director of photography for Terminator Salvation Shane Hurlbut.

    ターミネーター救世主シェーン・カールブットの撮影監督に聞いてみてください。

  • No, no, Don't shut me up.

    いやいや、黙らせないでくれ。

  • You see, an intense exchange between the two took place when Hurlburt crossing the bail sight line.

    ハーバートが保釈金の照準線を越えた時に 二人の間で激しいやり取りが行われました。

  • Well, the star was shooting a scene for the 2009 Terminator reboot.

    さて、このスターは2009年のターミネーターリブートのシーンを撮影していました。

  • I was looking at the light.

    光を見ていました。

  • Oh, good for you.

    それは良かったわね

  • And how was it stopping mid sequence?

    で、どうやって途中で止まってたの?

  • The Method actor went off all while standing near a live microphone e Absolutely.

    メソッドの俳優は、ライブマイクの近くに立っている間、すべてのオフになりました。

  • I'm sorry.

    済みませんでした。

  • I did not stay off the fucking set, man.

    俺はセットから離れてないぞ

  • What followed was a profanity laced tongue lashing from bail that went on for nearly four minutes.

    その後に続いたのは、保釈金からの冒涜的な舌打ちで、4分近く続いた。

  • I'm gonna kick your get asked, you know, shut up for a second, all right?

    聞かれたことを蹴ってやるから、ちょっと黙ってろよ?

  • And while he later apologized for the epic outburst, we're pretty certain these two won't be sharing a film set again anytime soon.

    後に彼は大げさな発言を謝罪しましたが、この二人が映画のセットを共有することは、もうすぐにはないでしょう。

  • Number three Bill O'Reilly has a meltdown.

    3番 ビル・オライリーがメルトダウンした

  • Before helming his popular Fox News show, Bill O'Reilly anchored the tabloid TV program Inside Edition.

    ビル・オライリーは、人気番組「フォックス・ニュース」のキャスターを務める前は、タブロイド番組「インサイド・エディション」のキャスターを務めていました。

  • Now I can't read it.

    今は読めない。

  • There's no there's no words on it.

    そこには言葉がない。

  • It was during his time there that the TV host experienced a behind the scenes meltdown of epic proportions, one that was all caught on tape.

    その間、テレビの司会者は壮絶なスケールのメルトダウンの舞台裏を経験していました。

  • That's tomorrow and that is it for us today and we will leave you with a I can't do it.

    それは明日のことで、今日はこれでおしまいですが、私にはできないことを残しておきます。

  • We'll do it live well, we'll do it live.

    ライブでもよくやるよ、ライブでもよくやるよ。

  • It started when Bill had issues with his teleprompter as the show was coming to a close.

    ビルがテレプロンプターの問題を抱えていた時に始まったんです。

  • Confused about what was being shown, O'Reilly erupted at the production team, shouting that he would do alive.

    何が上映されているのか混乱したオライリーは、制作チームに向かって「生きているうちにやる」と叫んで噴出した。

  • Having calm the beast within three.

    3分以内に獣を落ち着かせた

  • TV Vet was able to finish the program with a smile, though something tells us that expression didn't last very long.

    テレビ獣医さんは、表情があまり長く続かなかったことを何かが物語っていますが、笑顔で番組を終えることができました。

  • When the show cut the black number two, Robert Durst seemingly confesses to crimes.

    ショーが黒ナンバー2をカットしたとき、ロバート・ダーストは一見犯罪を自白しているように見える。

  • The filmmakers of HBO's The Jinx got one heck of a surprise when their program subject unintentionally confessed to a series of murders during filming, which I just got a text message saying Roberto has been arrested in New York.

    HBOの「The Jinx」の製作者は、撮影中に番組の被写体が無意識のうちに連続殺人を告白してしまったことで、とんでもないサプライズを得た。

  • The claim.

    クレームです。

  • 2015 docuseries investigated three unsolved killings in which real estate heir Robert Durst was the prime suspect but never convicted, agreeing to do a sit down interview for the docuseries.

    2015年のドキュシリーズは、不動産相続人のロバート・ダーストが第一容疑者であったが、有罪判決を受けなかった3つの未解決殺人事件を調査し、ドキュシリーズのために座ってインタビューをすることに同意した。

  • Durst once more denied the allegations but seemed to be caught in a lie.

    ダルストは再び疑惑を否定したが、嘘に釣られたようだった。

  • I am going to go use the restroom, which is right here, retreating to the restroom without removing his mike.

    マイクを外さずにトイレに退却しながら、ここにあるトイレを使いに行こうとしています。

  • The mogul was heard muttering a pretty convincing confession.

    モーグルはかなり説得力のある告白を呟いているのを聞いた。

  • Killed more course.

    より多くのコースを殺した。

  • He may have beat the court system multiple times, but Durst was no match for the hot mic.

    彼はコートシステムを何度も破っているかもしれないが、デュルストはホットマイクには敵わなかった。

  • Before we continue, be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    続ける前に、私たちのチャンネルを購読して、私たちの最新のビデオの通知を受けるためにベルを鳴らしてください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    たまにある動画の通知を受けるか、全ての動画の通知を受けるかを選択できます。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定に入って通知をオンにすることを確認してください。

  • Number one Donald Trump brags about his behavior towards women, while Donald Trump has made numerous controversial statements as president.

    ナンバーワンのドナルド・トランプは女性への振る舞いを自慢し、ドナルド・トランプは大統領として数々の物議を醸す発言をしてきました。

  • His most scandalous comments came at a time when he was riding the wave of celebrity that was locker room talk.

    彼の最もスキャンダラスなコメントは、彼がロッカールームの話をしていた有名人の波に乗っていた時に来ました。

  • I'm not proud of it.

    自慢にならない

  • The host of The Apprentice jumped aboard the Access Hollywood tour bus to promote his guest spot on the soap opera Days of Our Lives.

    アプレンティスのホストは、ソープオペラ「Days of Our Lives」のゲストスポットを宣伝するために、アクセスハリウッドのツアーバスに飛び乗った。

  • You know, I'm automatically attracted to Beautiful.

    自動的にビューティフルに惹かれるんだよな

  • I just start kissing them, but it was what Trump said off camera to TV host Billy Bush that proved most damning alive might picked up the future president, boasting about inappropriately grabbing women released to the public years later, Trump chalked it up to a locker room Talk.

    私はちょうどそれらにキスを開始しますが、それはトランプがテレビのホストビリー・ブッシュにカメラを離れて言ったことだった最も生きている最も有害な証明は将来の大統領を拾うかもしれない、不適切に公開された女性をつかむことについての自慢の年後に、トランプはそれをロッカールームのトークにチョークします。

  • Sadly, the Donald hasn't seemed to have learned his hot mic lesson yet.

    悲しいことに、ドナルドはまだホットマイクのレッスンを学んでいないようです。

  • You like the book being on the desk or not?

    本が机の上にあるのが好きなのか、好きじゃないのか。

  • Would you rather have it not be?

    そうでない方がいいのか?

  • Maybe it looks better.

    見た目が良くなったのかもしれませんね。

  • It gives you something up here.

    ここでは何かを与えてくれる

  • Does it matter?

    それが重要なのか?

  • Do you agree with our picks?

    私たちのピックに同意しますか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    Watch Mojoからこの他の最近のクリップをチェックして、私たちの最新のビデオについて通知されるように購読し、ベルを鳴らすことを確認してください。

on camera right here the whole time.

ここでずっとカメラに映っていた

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 マイク カメラ 俳優 番組 通知 発言

セレブが「マイクが切れている」と思った衝撃的な時間トップ10 (Top 10 Shocking Times Celebs Thought the Mic Was Off)

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 08 日
動画の中の単語