Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • One of the most remarkable aspects of the modernist movement in architecture was the idea

    建築におけるモダニズム運動の最も顕著な側面の1つは、この考え方でした。

  • that buildings should pretty much look the same where ever on earth they happen to be. The early figures

    建物は地球上のどこにいても 同じように見えるはずです初期の数字

  • of Modernism were united in their bitter opposition to any kind of 'regionalism', which they

    モダニズムの人々は、あらゆる種類の「地域主義」に苦い反対の立場で一致していました。

  • saw as reactionary, folkloric and plain mediocre.

    は、反動的、民俗的、平凡なものとして見た。

  • The Brazilian architect Oscar Niemeyer began

    ブラジルの建築家オスカー・ニーマイヤーがスタート

  • his career as an orthodox modernist.

    正統派モダニストとしての彼のキャリア。

  • He was born in Rio de Janeiro in 1907 – and developed a passion for architecture

    彼は1907年にリオデジャネイロで生まれ、建築への情熱を育んだ。

  • in his early teens. As a young man he fell

    10代前半に若い頃、彼は

  • in with a group that venerated the great European Modernist architects, especially Le Corbusier

    ヨーロッパの偉大なモダニズム建築家、特にル・コルビュジエを崇拝していたグループと一緒になって

  • who had insisted with particular vehemence on making sure buildings made no concession

    - 舎人

  • whatever to the culture in which they were located. Niemeyer's professional ambitions

    置かれている文化に何があっても。ニーマイヤーの職業的野望

  • were realised when, in 1936, Le Corbusier came to Rio to design

    は、1936年にル・コルビュジエが設計のためにリオに来たときに実現しました。

  • the new Ministry of Education and Health and Niemeyer got a job on the project.

    新文科省とニーマイヤーがプロジェクトに就職した。

  • While working with him, Niemeyer retained the utmost respect

    彼と仕事をしている間、ニーマイヤーは最高の尊敬の念を抱いていました。

  • for Le Corbusier, but at the same time, he couldn't help but observe how blind his

    ル・コルビュジエのために、しかし同時に、彼は自分の

  • guest was to the particularities of Brazilian culture and climate. With what would become

    と、ブラジルの文化や気候の特殊性に触れていました。になるものと

  • his legendary charm, Niemeyer managed to persuade Le Corbusier to abandon some of his more hard-edged

    ニーマイヤーは、ル・コルビュジエを説得して、彼のより強硬な部分のいくつかを放棄させることに成功しました。

  • 'universalist' ideas and to start to make some concessions to local conditions.

    普遍主義者」の考えを持ち、地域の状況に応じた譲歩を始めようとしている。

  • Under Niemeyer's influence, the building's windows acquired shades against the sun and,

    ニーマイヤーの影響で、建物の窓には日差しを遮るシェードが施されました。

  • even an enormous traditional

    莫大な伝統的な

  • Portuguese piece of tile work, done up with abstract motifs, for the public areas on the

    ポルトガルのタイル作品、抽象的なモチーフで行われた、公共エリアのための作品。

  • ground floor. Emboldened by his success

    一階。彼の成功によって強化された

  • Niemeyer felt ready to break free from European Modernism. He is now celebrated for being

    ニーマイヤーは、ヨーロッパ・モダニズムからの脱却を覚悟していた。彼は今、次のように称賛されています。

  • the first architect anywhere in the world to practice a regional kind of Modernism:

    世界で最初に地域的なモダニズムを実践した建築家。

  • in his case, a Brazilian-infused modernism. His first wholly original work was completed

    彼の場合は、ブラジルの影響を受けたモダニズム。彼の最初の完全オリジナル作品は

  • in 1943 (when he was 36), the church of Saint Francis of Assisi.

    1943年(36歳の時)、アッシジの聖フランチェスコ教会。

  • The church had no straight lines

    教会には直線がありませんでした

  • on any plane, for Niemeyer now judged these to be European and in many ways authoritarian.

    ニーマイヤーは今では、これらはヨーロッパ的であり、多くの点で権威主義的であると判断したため、どのような飛行機にも乗っていた。

  • Niemeyer was henceforth to include curves in all his buildings, and saw them in a nationalistic

    ニーマイヤーは以後、すべての建築物に曲線を取り入れ、国粋主義的な観点からそれらを見ていた。

  • light as being particularly Brazilian in nature. He remarked;

    とくにブラジル的なものであることを強調していました。 と言っていました。

  • What attracts me is the free and sensual curvethe curve that I find in the mountains of my country,

    "私を惹きつけるのは、自由で官能的な曲線、つまり私の国の山の中にある曲線です。

  • in the sinuous course of its rivers and in the bodies of beautiful Brazilian women.”

    "川のせせらぎの中で" "ブラジルの美しい女性の体の中で"

  • The latter point about women is telling. Niemeyer was deeply responsive to female beauty throughout his

    後者の女性についての指摘は、それを物語っている。ニーマイヤーはその生涯を通して、女性の美しさに深く反応していました。

  • life. He was famous around Rio for his affairs, many with people dramatically younger than

    の生活を送っていた。彼の浮気はリオ周辺では有名でしたが、その多くは

  • he was. At 92, he acquired a girlfriend who had just turned 25. As in the Ministry of

    でした。92歳で25歳になったばかりの彼女を手に入れた。の省のように

  • Health, the Pampulha Church had tiles across it. They reminded viewers that Brazil could

    健康、パンプーラ教会はそれを横切ってタイルを持っていた。彼らはブラジルができることを視聴者に思い出させた

  • be both modern and yet recall its heritagethat a church might nod towards the forms of a

    現代的でありながらも、その遺産を想起させるような教会であること。

  • futuristic airplane hanger, and yet could at the same time accommodate a depiction of

    近未来的な飛行機の格納庫でありながら、同時に

  • Saint Francis.

    聖フランシス

  • Niemeyer's most audacious attempt to use architecture to define Brazilian identity

    ブラジルのアイデンティティを定義するために建築を使用するニーマイヤーの最も大胆な試み

  • came with his designs for the new capital, Brasília. In 1956, Kubitschek asked Niemeyer

    は、新しい首都ブラジリアのための彼の設計を持って来ました。1956年に、クビチェクはニーマイヤーに依頼しました。

  • to help create a wholly planned city in the centre of the country, free from the corruption

    国の中心部に汚職から解放された、完全に計画された都市を作ることを支援する。

  • of the old capital in Rio. Niemeyer drew up the National Congress, a cathedral, a cultural

    リオの古都のニーマイヤーは、国民会議、大聖堂、文化的な

  • complex, many ministries and commercial and residential buildings. The atmosphere was

    複合施設、多くの省庁、商業施設や住宅などがあります。の雰囲気がありました。

  • dignified, hopeful, and in touch with the native environment. Apartment buildings were

    凛とした、希望に満ちた、土着の環境に触れたマンションは

  • lifted on stilts to allow vegetation to grow beneath them, maintaining a connection with

    高床式

  • the local ecology and tropical climate. Of course, Niemeyer's works depicted Brazil

    その土地の生態系や熱帯気候などを描いた作品を制作しています。 もちろん、ニーマイヤーの作品にはブラジルが描かれている。

  • not as it was, but as he believed and hoped it might one day be.

    あるがままではなく、いつかそうなると信じ、期待していた。

  • Brasilia imagines the Brazil of the future;

    ブラジリアは未来のブラジルをイメージしています。

  • it is a glass and reinforced concrete ideal for the country to develop towards. In the

    それはガラスと鉄筋コンクリートの理想的な国に向かって発展するためのものです。の中では

  • future, so the capitol argues, Brazil will be a place where rationality is powerful;

    将来的には、キャピトルが主張するように、ブラジルは合理性が強力な場所になるでしょう。

  • where order and harmony reign; where elegance and serenity are normal.

    秩序と調和が支配する場所、優雅さと静けさが常態化している場所。

  • Niemeyer was prolific until his very last

    ニーマイヤーは最後まで多作だった

  • years, teaching around the world, writing and designing sculptures and furniture. He

    年、世界中で教鞭をとり、彫刻や家具の執筆やデザインを行う。彼は

  • died in 2012, when he was 104 years old. He was given a hero's funeral and thousands

    は2012年に104歳で亡くなりました。彼は英雄の葬儀を受け、数千人の

  • joined the cortege. What his nation was honouring was an architect who had given it a workable

    彼の国が称えていたのは彼の国が尊敬していたのは、それを実現するための建築家だった。

  • yet ideal portrait of itself. He had enabled Brazil to break free from a sterile European

    しかし、それ自体の理想的な肖像画である。彼はブラジルが不毛なヨーロッパからの脱却を可能にした。

  • modernismand to create buildings that better reflected the nation's uniqueness.

    モダニズム、そして国の独自性をよりよく反映した建物を作るために。

  • Niemeyer remains an example to all architects who aspire to put up buildings that remember

    ニーマイヤーは、記憶に残る建物を建てることを志すすべての建築家の模範となります。

  • the distinctiveness of their locationsarchitects who may like their computers or their phones to be universal

    コンピュータや携帯電話を普遍的なものにしたいと考えている建築家は、自分たちの場所の特徴を理解しています。

  • in design, but are as keen for their buildings to be culturally specific.

    デザインの面でも、建物が文化的に特異なものであることを望んでいます。

  • Thank you for watching, remember to like the video and please subscribe to our channel for more.

    ご覧いただきありがとうございます。

One of the most remarkable aspects of the modernist movement in architecture was the idea

建築におけるモダニズム運動の最も顕著な側面の1つは、この考え方でした。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ブラジル 建築 建物 教会 作品 リオ

美術・建築 - オスカー・ニーマイヤー (ART/ARCHITECTURE - Oscar Niemeyer)

  • 4 1
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 04 日
動画の中の単語