Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - Hey, fruit lovers!

    - フルーツ好きの皆さん、お待たせしました。

  • Welcome to Story Time.

    ストーリータイムへようこそ

  • Today, I'm gonna tell you the story of

    今日は、そのお話をします。

  • the Sword In The Stone and...

    ソード・イン・ザ・ストーンと...

  • Orange!

    オレンジ!

  • - Hm?

    - ん?

  • - You paying attention?

    - 注意してるのか?

  • - Oh, yeah.

    - ああ、そうなんだ。

  • Stone In The Sword, got it.

    ストーンインザソード、了解しました。

  • - It's the Sword In The Stone!

    - ソード・イン・ザ・ストーンだ!

  • I'd expect my cohost to pay attention

    共演者が注意を払うことを期待している

  • a little better than this.

    これよりは少しマシ

  • - How could I pay attention when there's a sunset outside?

    - 外に夕日があるのに、よく注意できるな。

  • Like, how often does that even happen?

    よくあることなのか?

  • - It happens everyday!

    - それは毎日のように起こっています!

  • - Oh, right. (laughing)

    - あ、そうなんですね。(笑)

  • - Now then, I'm gonna begin the story.

    - さて、それでは話を始めます。

  • You ready? - Yep!

    準備はいいか?- うん!

  • - You gonna pay attention? - Mm hmm.

    - 注意を払ってくれるか?- うーん

  • - The entire time? - Wow!

    - ずっと?- うわー!

  • If you look right at it, your eyeballs start to hurt.

    真正面から見ると眼球が痛くなります。

  • - (groans) Well, the show must go on.

    - (うめき声) さて、ショーは続けなければならない。

  • Once upon a time, long, long ago,

    昔々、昔々、ずっと昔。

  • the king of England died with no heir.

    イングランド王は跡継ぎがいないまま死亡した。

  • - That makes sense.

    - それは理にかなっている。

  • If you don't have air, you're definitely gonna die.

    空気がなければ間違いなく死ぬ。

  • - Not that kind of air, Orange!

    - そんな空気じゃないぞ!オレンジ

  • I'm talking about children.

    子供の話をしています。

  • He had no one to take his throne.

    彼には王座に就く者がいなかった。

  • - [Orange] Hey, you don't need kids for that.

    - おい、そんなのに子供は要らないだろ。

  • I know a couple guys.

    何人か知ってる

  • They'll move any furniture you got at rock bottom prices.

    どんな家具でも底値で移動してくれるよ

  • - Moving on! - [Orange] That's the name

    - 進め!- それが名前だ

  • of their company.

    彼らの会社の

  • You've heard of 'em?

    聞いたことあるのか?

  • - [Pear] (groans) - [Orange] (laughs)

    - 梨】(うめき声) ・【オレンジ】(笑)

  • - [Pear] Anyway, shortly after the king passed away,

    - とにかく、王が亡くなって間もなく。

  • a sword magically appeared in the middle of London.

    ロンドンの真ん中に魔法のように剣が現れた。

  • It was stuck into an anvil and it had an inscription.

    アンビルに突き刺さっていて、碑文がありました。

  • - [Orange] Oh, let me see if I can read it.

    - 橙】あ、読めるかな。

  • "Whofo pulleth out the fword in the ftone--"

    "誰が、ftoneの中でfwordを引き抜くのか..."

  • - [Pear] Those are S's dude.

    - それはSのものだ

  • That's how they wrote them back then.

    当時はそうやって書かれていたんですよ。

  • - Those are S's?

    - それはSなのか?

  • What the F?

    何のことだ?

  • (laughing) - (groans)

    (笑) - (うめき声)

  • Point is, whoever pulled the sword out of the anvil got

    要するに、金床から剣を抜いた者は、

  • to be king.

    王になるために

  • But no one, no matter how big and strong they were,

    しかし、どんなに大きくて強くても、誰もいなかった。

  • could even get it to budge.

    揺るがすこともできました。

  • - [Orange] Until one day, "Macho Man" Randy Savage arrived

    - オレンジ】ある日、"マッチョマン "ランディ・サベージがやってくるまで。

  • and-- - No!

    そして...

  • There are no WWF superstars in this story!

    この話にはWWFのスーパースターは出てこない!

  • - Silly Pear!

    - バカな梨!

  • In old timey England, it's WWS.

    古き良き時代のイギリスではWWSです。

  • - Stop!

    - 止まれ!

  • Now then, one day, a scrawny lad named Arthur was preparing

    さて、ある日、アーサーという名の痩せた少年が準備をしていました

  • to become a squire to his huge, buff brother named--

    彼の巨大な兄の従者になるために...

  • - [Orange] "Macho Man" Randy Savage!

    - オレンジ】「マッチョマン」ランディ・サベージ

  • - [Pear] Fine!

    - いいぞ!

  • Arthur's buff brother was Macho Man.

    アーサーのバフの弟はマッチョマンだった。

  • What's important is that Arthur chased one

    重要なのは、アーサーが1つを追いかけたことです

  • of his brother's arrows into the woods

    弟の矢を森の中へ

  • and met a wizard named-- - [Orange] Hulk Hogan!

    ハルク・ホーガン!

  • - I'm no different than I was before, man.

    - 前と何も変わってないよ。

  • - (groans) Orange, will you pay attention to the story

    - (うめき声)オレンジ、あなたは物語に注意を払うでしょう。

  • if it's filled with WWF superstars?

    WWFのスーパースターで埋め尽くされていたら?

  • - As a matter of fact, it's the only way I'll pay attention.

    - 実のところ、それしか注意しない。

  • - Whatever!

    - 何でもいいから!

  • Hulk Hogan proceeded to teach Arthur a bunch of lessons

    ハルク・ホーガンはアーサーに多くのレッスンを教えた

  • about life. - [Orange] Like how to do

    人生について。- [オレンジ] やり方のように

  • a pile driver. - [Pear] Sure, why not?

    "パイルドライバー- 確かに、どうして?

  • Anyway, since for years and years,

    とにかく、何年も何年も前から

  • no one could pull the sword out of the stone,

    誰も石の上から剣を抜くことができなかった。

  • they decided to crown whatever knight won

    勝利した騎士を戴くことにした

  • The Great Tournament.

    グレートトーナメント。

  • Arthur's brother entered,

    アーサーの弟が入った。

  • but on the day of The Great Tournament,

    しかし、大大会の日には

  • Arthur, his squire, accidentally forgot to bring his sword.

    従者のアーサーはうっかり剣を持ってくるのを忘れていました

  • - Wuh oh!

    - うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

  • You do not wanna get on "Macho Man" Randy Savage's bad side.

    "マッチョマン" ランディ・サベージの悪役になりたくないだろう。

  • - Exactly!

    - その通り!

  • So, in a panic, Arthur ran around town searching for

    それでパニックになったアーサーは町中を走り回って

  • any sword he could find.

    彼が見つけたどんな剣でも

  • Finally, he spotted one and grabbed it.

    ようやく一本を見つけて、それを掴んだ。

  • And wouldn't you know it?

    それを知らないのか?

  • It happened to be the sword in the stone.

    たまたま石の中の剣だった。

  • Arthur, of all people, was the first and only person

    アーサーは、すべての人の中で、最初で唯一の人でした。

  • to pull the sword out.

    と言って剣を抜く。

  • - [Orange] He was crowned king of England

    - イングランドの王に戴冠した

  • and wore the WWF championship belt with honor

    と名誉のWWFチャンピオンベルトを着用した

  • for the rest of his days.

    彼の残りの日のために。

  • The end.

    終わりだ

  • (laughs) - [Pear] (groans)

    (笑) - 【梨】(うめき声)

  • (upbeat music)

    (アップビートな曲)

- Hey, fruit lovers!

- フルーツ好きの皆さん、お待たせしました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 アーサー オレンジ うめき声 注意 ハルク ストーン

迷惑なオレンジ - ストーリータイム。石の中の剣 (Annoying Orange - Storytime: The Sword in the Stone)

  • 4 1
    Summer に公開 2020 年 11 月 01 日
動画の中の単語