Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • moving at about 28,000 kilometers per hour through temperatures of up to 3500 degrees Fahrenheit.

    時速約28,000キロで最高気温3500度の中を移動しています。

  • Space six crew, dragon capsule and the astronauts inside safely reentered Earth's atmosphere on August 2nd.

    8月2日、スペースシックスのクルーとドラゴンカプセル、そして中の宇宙飛行士は無事に地球の大気圏に再突入しました。

  • Welcome back to planet Earth.

    地球にお帰りなさい

  • Thanks for flying space.

    宙を舞ってくれてありがとう。

  • Six.

    6つだ

  • The world nervously watched the historic launch, the first from US soil in almost a decade on May 30th 2020.

    2020年5月30日、約10年ぶりとなる米国の土壌からの歴史的な打ち上げを、世界は神経質に見守っていた。

  • But it's this landing that Elon Musk most feared.

    しかし、エロン・ムスクが最も恐れていたのはこの着地だ。

  • Here's what had to go right in order to bring Bob Benk in and Doug Hurley home.

    ボブ・ベンクとダグ・ハーリーを家に連れてくるためには、何が必要だったのか。

  • There are two main reasons why reentry is the most dangerous part of the mission.

    再突入が任務の中で最も危険な部分である理由は大きく分けて2つあります。

  • Extreme speed and temperature.

    極端なスピードと温度。

  • Space six And NASA had to think about these factors in three key ways.

    スペース6 そしてNASAは、これらの要因を3つの重要な方法で考えなければなりませんでした。

  • The first pain point was finding the precise angle for reentry.

    最初の痛点は、再突入の正確な角度を見つけることでした。

  • Not steep enough, the crew dragon would have bounced right off the atmosphere and back into orbit to sharp or too fast, And the astronauts could have faced fatal gravitational forces, and the spacecraft could have caused enough drag to break up and disintegrate.

    十分に急ではなく、乗組員のドラゴンは、大気圏から右に跳ね返っただろうし、シャープまたはあまりにも高速に軌道に戻って、宇宙飛行士は致命的な重力力に直面している可能性があり、宇宙船は分解して崩壊するのに十分なドラッグを引き起こしている可能性があります。

  • Then, even at the correct angle, moving at about 25 times the speed of sound through the atmosphere creates extreme friction, which produces superheated plasma.

    すると、正しい角度でも、大気中を音速の約25倍の速度で移動することで、極度の摩擦が生じ、過熱プラズマが発生します。

  • A heat shield has to deflect and absorb the energy created by the plasma.

    遮熱板は、プラズマが作り出したエネルギーを偏向させて吸収しなければならない。

  • At 3500 degrees, the shield gets hot enough to glow.

    3500度になると、シールドが光るほど熱くなる。

  • But Musk said, due to the crew dragons asymmetric design, the craft could have over rotated during reentry and diverted plasma into launch escape pods on the side.

    しかし、ムスクは言った, クルードラゴンズの非対称なデザインのために, クラフトは、再突入時に回転している可能性があり、側の打ち上げ脱出ポッドにプラズマを迂回させた.

  • If that happened, the ship could have overheated in some parts or started wobbling, causing the crew to lose control.

    そうなれば、船の一部が過熱したり、ふらつき始めて乗組員が制御不能に陥った可能性があります。

  • The plasma caused a six minute communications blackout between the crew dragon and Earth Dragon Space six com check.

    プラズマの影響でクルードラゴンと地球ドラゴンスペースの6分間の通信ブラックアウトが発生し、6分間のコムチェックが行われました。

  • So if anything went wrong in that moment, remote control would have been impossible.

    だから、その時に何かあったら遠隔操作は不可能だった。

  • In 2019 auditors listed parachute problems as a key risk to NASA's commercial crew program and the physics turbulence.

    2019年の監査人は、パラシュートの問題をNASAの商業クループログラムと物理学の乱れの重要なリスクとして挙げています。

  • A space capsule parachute goes through is one of the most difficult calculations for researchers.

    宇宙カプセルのパラシュートが通過することは、研究者にとって最も困難な計算の一つです。

  • Space six and NASA had to design a completely new system for the crew dragon.

    スペースシックスとNASAはクルードラゴンのために全く新しいシステムを設計しなければならなかった。

  • After multiple versions and dozens of tests, the Mark three design was approved.

    複数のバージョンと数十回のテストを経て、マーク3のデザインが承認されました。

  • Even so, Musk's worry was that they might not deploy correctly, or that the system would guide the crew dragon to the wrong splashdown location.

    それでもムスクが心配していたのは、正しく展開できないのではないか、システムがクルードラゴンを間違ったスプラッシュダウンの場所に誘導してしまうのではないか、ということだった。

  • All these risks were assessed and calculated six ways to Sunday, as Musk told Aviation Week.

    これらのすべてのリスクを評価し、ムスクがアビエーションウィークに語ったように、日曜日に6つの方法を計算しました。

  • But they could never be fully done away with.

    しかし、完全に片付けることはできませんでした。

  • NASA estimated that there was a one in 276 chance of this mission being fatal.

    NASAは、このミッションが致命的なものになる確率は276分の1と見積もっている。

  • But both Banken and Hurley told us they were comfortable with those odds.

    だが バンケンもハーリーもその確率には納得していると言っていた。

  • Luckily, that bet paid off.

    幸いにも、その賭けはうまくいった。

  • We can officially call this historic mission a success, and Space six is set to fly the same crew dragon back into space with four astronauts in spring of 2021.

    我々はこの歴史的なミッションを正式に成功と呼ぶことができます。そして、スペース6は2021年の春に4人の宇宙飛行士と同じクルードラゴンを宇宙に送り返すように設定されています。

moving at about 28,000 kilometers per hour through temperatures of up to 3500 degrees Fahrenheit.

時速約28,000キロで最高気温3500度の中を移動しています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ドラゴン クルー プラズマ ムスク 宇宙 nasa

エロン・ムスクがクルードラゴンのスプラッシュダウンに神経質になっていた理由 (Why Elon Musk Was So Nervous About Crew Dragon's Splashdown)

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 30 日
動画の中の単語