Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • -Yeah! Hey, looking good, pal.

    -やった!元気そうだな、相棒

  • Thanks so much for doing this. -Thank you for having me.

    (半田)ありがとうございます (アルマン)ありがとうございます-(半田)ありがとうございます (アルマン)お世話になりました

  • -Originally, the plan was that you were going to appear

    -(山里)元々はね (トリンドル)元々はね

  • in studio tonight. -Right.

    (徳井)今夜はスタジオで-(徳井)はい

  • -But that didn't work out

    -でもうまくいかなかった

  • because there's now a quarantine.

    今は隔離されているからだ

  • You're home in L.A. now, right? Correct?

    今はロスにいるんだろ?そうだろ?

  • -I was on -- so, yesterday I was in New York.

    -昨日はニューヨークにいました

  • So I flew to New York to be on your show

    あなたの番組に出るために ニューヨークに飛んだのよ

  • and right when we landed, we got word that there was, like,

    着陸してすぐに連絡がありました

  • a new mandate or whatever, new rules going on

    義務化でもなんでもいいから新しいルールを作ろうぜ

  • where we couldn't do the show anymore.

    番組ができなくなったところで

  • So I was in New York, and my hotel was literally

    ニューヨークにいた時、私のホテルは文字通り

  • across from your studio.

    スタジオの向かい側。

  • So I was looking at it and we were getting the text,

    で、それを見ていたら文章が出てきました。

  • like, we have to do the interview on Zoom now.

    今すぐZoomのインタビューをしないと

  • So I was just staring at your studio, I was like,

    だからスタジオを見ていたら

  • it's right there, I can literally --

    そこにあるんだ、文字通り...

  • Like, I can do it through the window.

    窓からでもできるみたいな。

  • And then, yeah, and I didn't see it.

    そして、そうそう、それを見ていなかった。

  • I went for a run though, and I got to run right by the studio.

    でも走りに行ったら、スタジオのすぐそばを走らせてもらった。

  • So that felt nice.

    だから、気持ちよかった。

  • It kind of felt like I was on the show.

    なんだか番組に出ているような気がしました。

  • -You sent a photo that you took last night.

    -昨日の夜に撮った写真を送ってきたんですよね?

  • This is real. This --

    これは現実だこれは...

  • You actually were there!

    実際にいたんですね!

  • That's bizarre. -Yeah.

    (徳井)異様だな-(美咲)そうだね

  • -You actually were here. -Look, I peed all over

    -本当にここにいたのか?-見ろよ、そこらじゅうにオシッコしちゃった

  • the front of it because I was so angry

    怒り心頭だったので、その前に

  • at not being able to --

    できないことに...

  • That's just me.

    それは私だけです。

  • -It just made you have to do it.

    -(美咲)それがやらなきゃいけないことになったんだよね

  • -Making sure you knew I was there.

    -私がいるのを確認してたのね

  • -Dude, I'm so bummed because we had some fun bits

    -楽しいこともあったのに残念だよ

  • planned and all that stuff.

    計画されていたことや、そのようなことがあったからです。

  • But when everything goes back to normal,

    しかし、すべてが正常に戻ったとき

  • you have an open invitation,

    あなたは招待状を持っています。

  • Please, to come back to the studio anytime.

    いつでもスタジオに戻ってこれるように

  • Okay? -Okay, good.

    (アルマン)オーケー?-(美咲)オーケー (速人)オーケー

  • -Hey, I got something in the mail from you.

    -君からメールが届いたよ

  • -Oh, no way! -I did not open it.

    -(徳井)ウソでしょ (YOU)開けてないよ-開けてないよ

  • And I was waiting to open it while you're on the show.

    本番中に開けるのを待っていたのですが

  • Now, you're not a prankster.

    今のあなたはイタズラ好きではありません。

  • So nothing's going to blow up, right?

    だから何も爆発しないんだよね?

  • -No, nothing's going to blow up but I can't believe you got --

    -いや、何も爆発はしないけど...

  • I always assume that if you send something to a big celebrity

    大物芸能人に何かを送る場合は、私はいつも想定しています。

  • like this, it would get -- like it goes through like

    このように、それは...それが通過するように

  • ten different people, and they're like,

    十人十色の人がいて、その人たちはこうだ。

  • um, not this, not this.

    うーん、これじゃなくて、これじゃなくて

  • But it got to you. -I get everything.

    (達也)でも 届いたんだよね-すべてを手に入れた

  • So this is something from you.

    だから、これはあなたからの何かです。

  • In this cool -- I like the box.

    このかっこよさの中では...箱が好きです。

  • -Thank you so much. -Like a diamond --

    -ありがとうございます-ダイヤモンドのように...

  • I get it. "D." -Open it up.

    わかったわ"D."-開けろ

  • David Dobrik, diamond. "DDD."

    デイビッド・ドーブリック ダイヤモンド"DDD"

  • Is it a diamond ring?

    ダイヤモンドの指輪ですか?

  • -No, it's not a diamond ring.

    -ダイヤモンドの指輪じゃないよ

  • It's perfume. -I'm already bummed.

    香水だよ-(アルマン)もうボロボロだよ

  • -It will get you closer to a diamond ring.

    -ダイヤモンドの指輪に近づけます。

  • -[ Gasps ] -Look at that.

    -見ろよ。

  • You got to open -- Jimmy, open that card.

    ジミー カードを開けろ

  • That card I got you right there.

    そのカードを手に入れた。

  • The one that's sitting right on top.

    上に座っているのは

  • -Okay. -Open it up.

    -よし 開けてくれ

  • -David Dobrik's debut fragrance collection, available now.

    -デービッド・ドーブリックのデビュー・フレグランス・コレクションが発売されました。

  • -Hey, Jimmy, it's David Dobrik.

    -やあ ジミー デイビッド・ドブリクだ

  • I know this isn't a fair exchange,

    公平な交換ではないのはわかっています。

  • but I'm sending you my perfume in hopes

    でも私の香水を送っているのは期待して

  • of maybe you giving me your job.

    あなたが私に仕事をくれるかもしれない

  • I know it's not the fairest of exchanges,

    公平なやりとりではないのはわかっている。

  • but it would mean the world. [ Laughter ]

    しかし、それは世界を意味するだろう。[ Laughter ]

  • All right, I see you soon. Bye.

    わかったわ また後でねさようなら。

  • -This is -- only you would do --

    -これは...

  • [ Laughter ] -That's the first bribe of many.

    最初の賄賂だな

  • -That's fantastic. Wait, so -- one for me --

    -それは素晴らしい待って、それで...私にも...

  • -The boxes of cash are on their way.

    -現金の箱が向かっている

  • -Grapefruit, sandalwood, amber, and cashmere.

    -グレープフルーツ サンダルウッド アンバー カシミア

  • Ooh, sounds fancy. Which one do I do?

    おぉ、素敵な響きだ。どれにしようかな?

  • The pink or the black one? I'm assuming --

    ピンクと黒どっちがいい?私の推測では...

  • -I think you'd like the black one more.

    -黒のほうがいいんじゃない?

  • Honestly. I'm being serious.

    正直に言うと真面目な話だ

  • I really think you would enjoy it.

    本当に楽しめると思います。

  • -David's perfume. -[ Laughs ]

    -デービッドの香水-[ Laughs ]

  • -Now... why not call it cologne?

    -コロンって言えばいいんじゃない?

  • -Perfume is just a lot better of a word.

    -パフュームって言葉の方がいいんじゃない?

  • -[ Laughs ] It kind of is. Yeah, you're right.

    -[ Laughs ] そのようなものだ。そうだな。

  • All right, here we go. All right, ready?

    よし 行くぞ準備はいいか?

  • Oh.

    ああ

  • Oh.

    ああ

  • I love it.

    気に入っています。

  • I'm in. I love it.

    入りました。気に入っています。

  • -Even if it would have smelled like dog poop,

    -犬のウンチみたいな臭いがしたとしてもね

  • you would have been like... -No.

    あなたなら...

  • -..."This is delicious." -No, it's fresh.

    -(徳井)"おいしいよ "って言って-(達也)いや 新鮮だよ

  • It's amber and cashmere.

    琥珀とカシミアです。

  • It's good. It's clean. I love it.

    いいですね。清潔感があります。気に入っています。

  • Dude, I'm so -- hey, whoa!

    おい、俺は...おい、おっと!

  • -Magnetic cap. Oh, my God.

    -磁気キャップだ何てこった

  • That's exactly the reaction I wanted from people!

    これこそが、私が求めていた人たちの反応です!(笑)。

  • -Magnetic cap! Come on! [ Laughter ]

    -磁気キャップ!磁気キャップ!頑張れ!

  • Dude, I love it, man. Congrats.

    気に入ったよおめでとう

  • That's so rad. -Ah, thank you so much.

    (美咲)最高だね-ありがとうございます

  • -Thank you for sending me this. I appreciate it, buddy.

    -これを送ってくれてありがとう感謝するよ

  • -Thank you for opening it on television.

    -テレビで公開してくれてありがとう

  • -You know, you were back on our show in June

    -6月にも番組に出てたじゃないですか

  • when I was still doing the show from home,

    まだ家で番組をやっていた頃。

  • and I appreciate you doing that because I told you back then

    その時に言ったから感謝してるよ

  • and I'm telling it now, but I felt like --

    今になって言うけど、私は...

  • I felt like you. -Yeah?

    (美咲)うん (勇気)何か似てるなと思った-(美咲)そうなの?

  • -Like the old man version of David Dobrik.

    -デビッド・ドブリクの老人版みたいだな

  • That was, it was almost like you looking at your future.

    それは、ほとんど自分の未来を見ているようなものだった。

  • And I was -- I was vlogging for four months.

    私は4ヶ月間ブログを書いていました。

  • -You've definitely stepped it up,

    -(達也)確実にステップアップしてますね

  • and your vlogging was actually very killer.

    そして、あなたのブログは、実際には非常にキラーだった。

  • It was mainly your graphic design team,

    主にあなたのグラフィックデザインチームでした。

  • which was your two daughters.

    あなたの二人の娘だった

  • That's what made it the best.

    それが一番良かったんです。

  • That's what really sent you over the edge.

    それが本当にあなたを追い込んだんですね。

  • -Thank you.

    -(アルマン)ありがとうございます

  • -You have been vlogging more than I have.

    -あなたは私よりも多くのブログを書いています。

  • -Yeah. -I haven't posted in 7 months.

    -(アルマン)そうだね (政子)7ヶ月ぶりに投稿したよ

  • -You told me that. We talked about this.

    -(アルマン)そう言ってたよね?この話をしたんだよね

  • And then you posted something the other day with Borat.

    そして、先日、ボラットと一緒に何かを投稿していましたね。

  • -Yeah.

    -(アルマン)そうだね

  • -That was your first one back and it was crusher.

    -最初に戻ってきた時のは、クラッシャーだったわね。

  • Gosh, he is so funny. How did that come --

    彼はとても面白いわどうやって...

  • -He is the funniest man I have ever gotten to interact with.

    -(徳井)今までで一番面白い人ですよね

  • He came -- It was -- Well, first off, I DM'd him

    彼が来たのは...

  • like four weeks ago, and then I got a DM back

    4週間前くらいにDMが返ってきて

  • like two days prior to shooting with him.

    彼と一緒に撮影する2日前のように

  • And he was like, "Yes, I'd love to come by."

    "是非 寄ってみたい "って言ってくれて

  • And his team told me, they're like,

    そして、彼のチームは私に言った。

  • "Borat wants to meet you as Borat."

    "ボラットがボラットとして君に会いたがっている"

  • Like, I wasn't meeting anybody else.

    誰にも会わなかったんだ

  • I was meeting Borat for the first time on camera.

    カメラで初めてボラットに会っていました。

  • So it was a really cool thing that I got to meet him

    だから、彼に会えたことは本当にクールなことだった。

  • in person, like live right there.

    直接、そこに住んでいるように。

  • And he pulled right in, and he went right into his character

    そして、彼はすぐに引き込まれて、彼のキャラクターの中に入っていきました。

  • and just stayed in character

    と、その人らしさを保ったまま

  • for the entire time we were hanging out.

    ぶらぶらしている間中

  • It was hilarious.

    笑えました。

  • -Interesting. -Such a funny dude.

    -面白い-面白い奴だ

  • -Yeah, he is a genius. -Such a funny guy.

    -(徳井)天才ですよね (山里)そうですよね-(山里)面白い人ですよね

  • -I love that guy. I loved your videos.

    -あの男が好きだあなたの動画が大好きでした。

  • And, you know, we did a bit together.

    で、ちょっと一緒にやったんですよね。

  • I was just thinking like, when did it all happen?

    いつの間にかこうなってたのかなと思ってたんだけど

  • You just moved to L.A. from high school?

    高校からLAに引っ越してきたばかり?

  • And you -- Did you have any plan?

    何か計画はあったのか?

  • -I moved to L.A. when I was about 18.

    -18歳の時にロスに引っ越してきました。

  • And my parents gave me an ultimatum.

    そして、両親は私に最後通告をしました。

  • They were like, "You either go to college or you move out."

    "大学に行くか出て行くか "って感じで

  • And I remember a week later, I, like,

    そして、一週間後のことを覚えています。

  • asked three of my friends that weren't doing anything.

    何もしていない友人3人に聞いてみた。

  • I really didn't even talk to them much.

    本当にあまり話もしなかった。

  • But I knew they weren't doing anything

    でも、何もしていないことは分かっていた

  • and that they weren't going to college

    大学には行かないと言っていた

  • and they could help me split the rent in L.A.

    ロスの家賃を分割してくれるとか

  • so I found a two-bedroom for the four of us to live in,

    ということで、4人で住むための2ベッドルームを見つけました。

  • and I told my parents, I'm like, "I'm moving to L.A."

    両親には "ロスに引っ越す "と言ったわ

  • And I remember my dad -- it was my --

    父を覚えているのは...私の...

  • Like, they both laughed. Like, it was like the cliché.

    2人とも笑ってた決まり文句みたいなのがあって

  • Like, your parents are like, "Ah-ha-ha."

    親が "あははは "って言うような。

  • My dad's like, "Where you are going to move,

    親父「どこに引っ越すんだよ。

  • Hollywood Boulevard?" And I went, "Yeah, literally.

    ハリウッド大通り?"私は "うん、文字通りだよ "と言った。

  • The place I'm living at is on Hollywood and Highland."

    今住んでいる場所は ハリウッドとハイランドだ"

  • I was like, "That's exactly where I'm going."

    "まさにそこに行くんだ "って感じでした。

  • -"I'm actually going to Hollywood Boulevard."

    -"ハリウッド大通りに行くんだ"

  • -Yeah, and I remember --

    -覚えてるのは...

  • That was like a big thing for them.

    それは彼らにとって大きなことのようでした。

  • They did not under-- they still don't understand.

    彼らはまだ理解していない

  • They're still confused and they're still so worried

    未だに混乱していて、不安でたまらないようです