Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER I: The Bertolini

    CHAPTER I:ベルトリーニ

  • "The Signora had no business to do it," said Miss Bartlett, "no business at all.

    "イタリア婦人はそれを行うためにはビジネスを持っていない、"ミスバートレット、"まったくのビジネスは言った。

  • She promised us south rooms with a view close together, instead of which here are

    彼女は現在のページの代わりに、そのうち、近くに一緒に私たちに見える南の客室を約束した

  • north rooms, looking into a courtyard, and a long way apart.

    北側の部屋、中庭を検討し、そして離れて長い道のり。

  • Oh, Lucy!"

    あら、ルーシー!"

  • "And a Cockney, besides!" said Lucy, who had been further saddened by the Signora's

    "それにまたコックニー、!"さらにイタリア婦人のことで悲しみされていたルーシーは、言った

  • unexpected accent. "It might be London."

    予想外のアクセント。 "それは、ロンドンかもしれない。"

  • She looked at the two rows of English people who were sitting at the table; at

    彼女はテーブルに座っていたイギリス人の二列を見て、で

  • the row of white bottles of water and red bottles of wine that ran between the

    水の白いボトルとの間に実行したワインの赤いボトルの行

  • English people; at the portraits of the

    英語の人々、の肖像画で

  • late Queen and the late Poet Laureate that hung behind the English people, heavily

    後半女王と重く、英語人の後ろにハングして後半桂冠詩人

  • framed; at the notice of the English church (Rev. Cuthbert Eager, M. A. Oxon.), that

    額に入れ、その英語の教会(。牧師カスバートイーガー、MAオク)、の通知で

  • was the only other decoration of the wall.

    壁の唯一の他の装飾だった。

  • "Charlotte, don't you feel, too, that we might be in London?

    "シャーロットは、私達がロンドンにあるかもしれないという、あまりにも、感じることはありません?

  • I can hardly believe that all kinds of other things are just outside.

    私はほとんど他のあらゆる種類のものがちょうど外にあると信じてすることはできません。

  • I suppose it is one's being so tired."

    私はそれが自分のはとても疲れていると仮定します。"

  • "This meat has surely been used for soup," said Miss Bartlett, laying down her fork.

    "この肉は、確かにスープに使われている、"ミスバートレットは彼女のフォークを敷設、言った。

  • "I want so to see the Arno. The rooms the Signora promised us in her

    "私はアルノ川を見てみたい。イタリア婦人は彼女に私たちを約束室

  • letter would have looked over the Arno.

    手紙は、アルノ上に見えただろう。

  • The Signora had no business to do it at all.

    イタリア婦人は、すべてでそれを行うためにはビジネスがなかった。

  • Oh, it is a shame!"

    ああ、それは恥ずべきことです!"

  • "Any nook does for me," Miss Bartlett continued; "but it does seem hard that you

    "任意のヌークは私のために行う、"ミスバートレットは続けた。"それは難しいように見えるという点を

  • shouldn't have a view." Lucy felt that she had been selfish.

    ビューを持っている。"ルーシーは、彼女が利己的だったと感じてはいけない。

  • "Charlotte, you mustn't spoil me: of course, you must look over the Arno, too.

    "シャーロットは、あなたは私を台無しにしてはいけません:もちろん、あなたも、アルノ川に目を通す必要があります。

  • I meant that.

    私はそれを意味した。

  • The first vacant room in the front--" "You must have it," said Miss Bartlett, part of

    前面にある最初の空いている部屋が - ""あなたはそれを持っている必要があります、"ミスバートレット、の部分は言った

  • whose travelling expenses were paid by Lucy's mother--a piece of generosity to

    その旅費ルーシーの母親によって支払われていた - 寛大さの部分に

  • which she made many a tactful allusion.

    その彼女は、多くの人の気をそらさない言及をした。

  • "No, no. You must have it." "I insist on it.

    "いや、いや。あなたはそれを持っている必要があります。""私はそれを主張する。

  • Your mother would never forgive me, Lucy." "She would never forgive me."

    あなたのお母さんは、ルーシーが私を許そうとしないのだ。""彼女は私を許そうとしないのだ。"

  • The ladies' voices grew animated, and--if the sad truth be owned--a little peevish.

    女性の声は、アニメーション成長し、そして - 悲しい真実が所有される場合 - 少し不機嫌に。

  • They were tired, and under the guise of unselfishness they wrangled.

    彼らは疲れていた、と精粋を装って、彼らはwrangled。

  • Some of their neighbours interchanged glances, and one of them--one of the ill-

    隣人交換視線のいくつか、そしてそのうちの一つ - の一つ悪い

  • bred people whom one does meet abroad-- leant forward over the table and actually

    一外国満たしていない育ちの人々 - テーブル上の前方にleantと実際

  • intruded into their argument.

    それらの引数に侵入。

  • He said: "I have a view, I have a view."

    彼は言った:"私はビューを持って、ビューを持っている。"

  • Miss Bartlett was startled.

    ミスバートレットはびっくりした。

  • Generally at a pension people looked them over for a day or two before speaking, and

    一般的に年金で人々が話す前に一日か二日のためにそれらを上に見て、

  • often did not find out that they would "do" till they had gone.

    しばしば、彼らが行ってしまうまで、彼らは"そう"ということを見つけることができませんでした。

  • She knew that the intruder was ill-bred, even before she glanced at him.

    彼女は彼女が彼に目をやったとしても前に侵入者が、育ちの悪い知っていた。

  • He was an old man, of heavy build, with a fair, shaven face and large eyes.

    彼は公正な、坊主の顔と大きな目を持つ重いビルドの老人、、だった。

  • There was something childish in those eyes, though it was not the childishness of

    それはの子供っぽさはなかったものの幼稚なものは、それらの目にあった

  • senility.

    老衰。

  • What exactly it was Miss Bartlett did not stop to consider, for her glance passed on

    まさにそれは、彼女の一見はに渡されるためにミスバートレットが、考慮に停止しませんでした

  • to his clothes. These did not attract her.

    彼の衣服に。これらは彼女を魅了していませんでした。

  • He was probably trying to become acquainted with them before they got into the swim.

    彼はおそらく彼らが水泳になった前に、彼らと知り合うことを試みていた。

  • So she assumed a dazed expression when he spoke to her, and then said: "A view?

    そこで彼女は、彼が彼女に話しかけた放心状態の式を仮定して、言った:"ビューを?

  • Oh, a view!

    ああ、ビュー!

  • How delightful a view is!" "This is my son," said the old man; "his

    !ビューがどのように楽しいです""これが私の息子であり、"老人は言った、"彼の

  • name's George. He has a view too."

    名前はジョージです。彼はあまりにも視野を持っています。"

  • "Ah," said Miss Bartlett, repressing Lucy, who was about to speak.

    "ああ、"ミスバートレットは話すことを約あったルーシーを、抑制する、と述べた。

  • "What I mean," he continued, "is that you can have our rooms, and we'll have yours.

    "僕が言いたいのは、"彼は続けた、"あなたが私達の部屋を持つことができることであり、我々は、あなたがあるでしょう。

  • We'll change."

    我々は、変更します。"

  • The better class of tourist was shocked at this, and sympathized with the new-comers.

    観光客のよりよいクラスは、このショックを受け、そして新たなニューカマーに同情した。

  • Miss Bartlett, in reply, opened her mouth as little as possible, and said "Thank you

    ミスバートレットは、応答で、できるだけ少なくするように彼女の口を開いて、ありがとう"と言った

  • very much indeed; that is out of the question."

    非常に確かに、それは問題外です"。

  • "Why?" said the old man, with both fists on the table.

    "なぜ?"テーブルの上に両方の拳を持つ老人は言った。

  • "Because it is quite out of the question, thank you."

    "それは全く問題外なので、ありがとう。"

  • "You see, we don't like to take--" began Lucy.

    "ご存じのように、我々が取る好きではない - "ルーシーが始まった。

  • Her cousin again repressed her. "But why?" he persisted.

    彼女のいとこは、再び彼女を抑圧。 "しかし、なぜ?"と彼は続けた。

  • "Women like looking at a view; men don't."

    "女性は、ビューを見て好き、男性はしないでください。"

  • And he thumped with his fists like a naughty child, and turned to his son,

    そして彼は、いたずらな子供のように彼の拳でthumped、そして彼の息子になった

  • saying, "George, persuade them!" "It's so obvious they should have the

    それはとても明白だ"ジョージは、彼らを説得!"、という"彼らが持っているはず

  • rooms," said the son.

    客室には、"息子は言った。

  • "There's nothing else to say." He did not look at the ladies as he spoke,

    "と言って他には何もない。"彼が話したように彼は女性を見ていなかった、

  • but his voice was perplexed and sorrowful.

    しかし彼の声は困惑して悲しげだった。

  • Lucy, too, was perplexed; but she saw that they were in for what is known as "quite a

    ルーシーは、あまりにも、慌てた、しかし彼女は彼らはかなり"として知られているためにあったことを見た

  • scene," and she had an odd feeling that whenever these ill-bred tourists spoke the

    シーンは、"と彼女はいつでもこれらの育ちの悪い観光客が話している奇妙な感じがした

  • contest widened and deepened till it dealt,

    それは配らまでコンテストでは、広がりと深まり

  • not with rooms and views, but with--well, with something quite different, whose

    ないお部屋と景色が、ある - よく、全く違ったもので、その

  • existence she had not realized before.

    存在は彼女が前に実現していなかった。

  • Now the old man attacked Miss Bartlett almost violently: Why should she not

    今老人はほとんど激しくミスバートレットを攻撃:なぜ彼女ができないすべき

  • change? What possible objection had she?

    変更する?彼女がいた何が可能に異議?

  • They would clear out in half an hour.

    彼らは半時間で全て消去するだろう。

  • Miss Bartlett, though skilled in the delicacies of conversation, was powerless

    ミスバートレットは、会話の珍味でも熟練した、無力だ

  • in the presence of brutality. It was impossible to snub any one so gross.

    残虐行為の存在下で行われる。それはそう総いずれか冷遇することは不可能であった。

  • Her face reddened with displeasure.

    彼女の顔は不快で赤くなった。

  • She looked around as much as to say, "Are you all like this?"

    彼女が言うに限り周りを見回した、"あなたはこのようなすべてのですか?"

  • And two little old ladies, who were sitting further up the table, with shawls hanging

    ショールがぶら下がって、テーブルの上位に座っていた二小さな老婦人、

  • over the backs of the chairs, looked back, clearly indicating "We are not; we are

    我々は、椅子の背に、はっきりと"私たちはないことを示す、振り返り

  • genteel."

    上品な。"

  • "Eat your dinner, dear," she said to Lucy, and began to toy again with the meat that

    "あなたの夕食を食べ、愛する、"彼女はルーシーと言われ、その肉を再びおもちゃを始めた

  • she had once censured. Lucy mumbled that those seemed very odd

    彼女は一度非難していた。ルーシーは、それらは非常に奇妙に見えることつぶやいた

  • people opposite.

    反対側の人々。

  • "Eat your dinner, dear. This pension is a failure.

    "親愛なる、あなたの夕食を食べる。この年金は障害です。

  • To-morrow we will make a change." Hardly had she announced this fell decision

    明日に我々は変更を加えるだろう。"とたん、彼女はこの落下決定を発表なかった

  • when she reversed it.

    彼女はそれを逆にするとき。

  • The curtains at the end of the room parted, and revealed a clergyman, stout but

    部屋の端のカーテンは、スタウトを分けた、と牧師を明らかにしたが

  • attractive, who hurried forward to take his place at the table, cheerfully apologizing

    テーブルで彼の場所を取るために前方に急いで魅力的には、、陽気に謝罪

  • for his lateness.

    彼の遅刻のため。

  • Lucy, who had not yet acquired decency, at once rose to her feet, exclaiming: "Oh, oh!

    まだ良識を取得していたルーシーは、一度にexclaiming、彼女の足に上昇した:"ああ、ああ!

  • Why, it's Mr. Beebe! Oh, how perfectly lovely!

    なぜ、それは氏のビービだ!ああ、どのように完璧に美しい!

  • Oh, Charlotte, we must stop now, however bad the rooms are.

    ああ、シャーロット、我々は、今お部屋があるしかし、悪い停止する必要があります。

  • Oh!" Miss Bartlett said, with more restraint:

    !ああ"ミスバートレットは、より多くの拘束で、言った:

  • "How do you do, Mr. Beebe?

    "あなたが氏ビーブ、どうすればよいですか?

  • I expect that you have forgotten us: Miss Bartlett and Miss Honeychurch, who were at

    ミスバートレットとでていたミスHoneychurch、:私達は私達を忘れてしまったことを期待

  • Tunbridge Wells when you helped the Vicar of St. Peter's that very cold Easter."

    あなたがサンピエトロその非常に寒いイースターの牧師を助けタンブリッジウェルズ。"

  • The clergyman, who had the air of one on a holiday, did not remember the ladies quite

    休日の1つの空気を持っていた牧師は、、非常に女性を覚えていない

  • as clearly as they remembered him.

    彼らは彼のことを思い出したようにはっきりと。

  • But he came forward pleasantly enough and accepted the chair into which he was

    しかし、彼は愉快に十分に進み出たと彼は先の椅子を受け入れ

  • beckoned by Lucy.

    ルーシーが手招き。

  • "I AM so glad to see you," said the girl, who was in a state of spiritual starvation,

    "私はあなたを参照するので、嬉しい、"精神的な飢餓の状態にあった少女は、次のように述べて

  • and would have been glad to see the waiter if her cousin had permitted it.

    と彼女のいとこがそれを許可されていた場合ウェイターを見て喜んでだっただろう。

  • "Just fancy how small the world is.

    "ちょうど世界がいかに小さい空想。

  • Summer Street, too, makes it so specially funny."

    夏ストリートは、あまりにも、それはとても特別に面白いです。"

  • "Miss Honeychurch lives in the parish of Summer Street," said Miss Bartlett, filling

    "ミスHoneychurchは、夏のストリートの教区に住んでいる、"充填ミスバートレット氏は、

  • up the gap, "and she happened to tell me in the course of conversation that you have

    、ギャップアップ"と彼女はあなたが持っていることを会話の過程で私に教えて起こった

  • just accepted the living--"

    ただ生活を受け入れた - "

  • "Yes, I heard from mother so last week. She didn't know that I knew you at

    "はい、私は母のように先週から聞いた。彼女は私がであなたを知っていたことを知りませんでした

  • Tunbridge Wells; but I wrote back at once, and I said: 'Mr. Beebe is--'"

    タンブリッジウェルズ、しかし私は一度に戻って書いた、と私は言った:"ミスタービービは - ""

  • "Quite right," said the clergyman.

    "かなり右に、"牧師は言った。

  • "I move into the Rectory at Summer Street next June.

    "私は来年6月夏のストリートでレクトリーに移動します。

  • I am lucky to be appointed to such a charming neighbourhood."

    私はそのような魅力的な地区に任命されるラッキーだ。"

  • "Oh, how glad I am!

    "ああ、どのように嬉しい私は!

  • The name of our house is Windy Corner." Mr. Beebe bowed.

    私たちの家の名前はウィンディーコーナーです。"氏はビービは頭を下げた。

  • "There is mother and me generally, and my brother, though it's not often we get him

    "母と私は一般的に存在し、それがないのに私の兄弟は、しばしば我々は彼を取得

  • to ch---- The church is rather far off, I mean."

    CH ----に教会が遠いというか、私は意味する。"

  • "Lucy, dearest, let Mr. Beebe eat his dinner."

    "ルーシーは、最愛の、氏はビービは彼の夕食を食べてみましょう。"

  • "I am eating it, thank you, and enjoying it."

    "私はそれを食べて、ありがとう、そしてそれを楽しんでいます。"

  • He preferred to talk to Lucy, whose playing he remembered, rather than to Miss

    彼はその演奏、彼は覚えてルーシー、と話をするのではなく、ミスすることが好ましい

  • Bartlett, who probably remembered his sermons.

    おそらく彼の説教を覚えバートレット、。

  • He asked the girl whether she knew Florence well, and was informed at some length that

    彼は彼女がよくフィレンツェを知っていたかどうか女の子に尋ねた、そしてそのいくつかの長さで知らされた

  • she had never been there before. It is delightful to advise a newcomer, and

    彼女が前にあったことがなかった。それは、新参者に助言する楽しいです、と

  • he was first in the field.

    彼は、フィールドで初めて。

  • "Don't neglect the country round," his advice concluded.

    "国のラウンドを無視しないで、"彼のアドバイスは締めくくった。

  • "The first fine afternoon drive up to Fiesole, and round by Settignano, or

    "最初の素晴らしい午後はSettignanoでフィエーゾレ、そしてラウンドまでドライブ、または

  • something of that sort."

    その種の何か。"

  • "No!" cried a voice from the top of the table.

    "いいえ!"テーブルの上から声が叫んだ。

  • "Mr. Beebe, you are wrong. The first fine afternoon your ladies must

    "氏ビービは、あなたは間違っています。あなたの女性は、必要がある最初の細かい午後

  • go to Prato."

    プラートに行く。"

  • "That lady looks so clever," whispered Miss Bartlett to her cousin.

    "女性はとても賢い見えると、"ミスバートレットは彼女のいとこにささやきました。

  • "We are in luck." And, indeed, a perfect torrent of

    、確かに、の完璧なトレント"我々は。運にある"と

  • information burst on them.

    情報は、それらにバースト。

  • People told them what to see, when to see it, how to stop the electric trams, how to

    人々はどのように、電気トラムを停止する方法、それを見るためにするときに、何を確認するためにそれらに言った

  • get rid of the beggars, how much to give for a vellum blotter, how much the place

    乞食を取り除く、どのくらいのベラムブロッターのために与えるために、どのくらいの場所

  • would grow upon them.

    その上に成長するでしょう。

  • The Pension Bertolini had decided, almost enthusiastically, that they would do.

    年金ベルトリーニは、彼らが何だろうと、ほとんど熱狂的に、決定していた。

  • Whichever way they looked, kind ladies smiled and shouted at them.

    彼らが見てどちらの方法で、親切な女性が微笑んで、それらで叫んだ。

  • And above all rose the voice of the clever lady, crying: "Prato!

    "プラートを:そして何よりも泣いて、賢い女性の声をバラ!

  • They must go to Prato. That place is too sweetly squalid for

    彼らは、プラートに行く必要があります。その場所はあまりにも甘くごみごみです

  • words.

    言葉。

  • I love it; I revel in shaking off the trammels of respectability, as you know."

    私はそれを愛する、あなたが知っているように私は、世間体という足かせを洗ったに浸る"。

  • The young man named George glanced at the clever lady, and then returned moodily to

    ジョージという名の若者は賢い女性をちらっと見た、としにmoodily返さ

  • his plate.

    彼のプレート。

  • Obviously he and his father did not do. Lucy, in the midst of her success, found

    明らかに彼と彼の父親はしませんでした。ルーシーは、彼女の成功の真っ只中に、発見

  • time to wish they did.

    彼らがした希望する時間。

  • It gave her no extra pleasure that any one should be left in the cold; and when she

    それは彼女にいずれは寒さの中に残されることを余分な喜びを与えていない、としたとき彼女

  • rose to go, she turned back and gave the two outsiders a nervous little bow.

    行くまで上昇した、彼女は背を向け二部外神経質な少し弓を与えた。

  • The father did not see it; the son acknowledged it, not by another bow, but by

    ではない別の弓で、息子はそれを認めたが、で、父親はそれを見ていない

  • raising his eyebrows and smiling; he seemed to be smiling across something.

    眉を上げると笑顔、彼は何かを越え笑顔ているように見えた。

  • She hastened after her cousin, who had already disappeared through the curtains--

    彼女はすでにカーテンを通して姿を消した彼女のいとこ、後に急いで -

  • curtains which smote one in the face, and seemed heavy with more than cloth.

    顔の1つを強打し、カーテンは布よりも重いようだ。

  • Beyond them stood the unreliable Signora, bowing good-evening to her guests, and

    それらを越えて彼女のゲストに良い夜をボーイング、信頼性の低いイタリア婦人が立っていた、と

  • supported by 'Enery, her little boy, and Victorier, her daughter.

    "Enery、彼女の小さな男の子、そしてVictorier、彼女の娘でサポート。

  • It made a curious little scene, this attempt of the Cockney to convey the grace

    それは好奇心少しシーン、恵みを伝えるためにコックニーのこの試みを行った

  • and geniality of the South.

    南のと愛想の良さ。

  • And even more curious was the drawing-room, which attempted to rival the solid comfort

    と、さらに好奇心が固体快適さに対抗しようとした応接間のであった

  • of a Bloomsbury boarding-house. Was this really Italy?

    ブルームズベリーボーディングハウスの。これは実際にイタリアになりましたか?

  • Miss Bartlett was already seated on a tightly stuffed arm-chair, which had the

    ミスバートレットは既に持ってしっかりと詰められた肘掛け椅子、上に座っていた

  • colour and the contours of a tomato.

    色とトマトの輪郭。