Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • the spring, Space six launched a squat, kind of ugly looking but shiny little rocket, and it's called The Star Hopper.

    春にスペース6が打ち上げた 醜い見た目だが光る小さなロケット スターホッパーと呼ばれている

  • And this is the very beginning, the first physical representation of the entire future of the company.

    そして、これはまさにその始まりであり、会社全体の未来の最初の物理的な表現なのです。

  • This is the rocket that Space six staking its future on the core reason that Space X is doing this is because of a dream that Elon Musk shared back in the early two thousands at the founding of Space Six.

    これは、スペース6がその未来を賭けているロケットであり、スペースXがこれを行っている核心的な理由は、エロン・ムスクがスペース6の創設時に、初期の2,000に戻って共有した夢のためです。

  • He wanted to send a little plant to Mars and have it grow there to inspire people about space travel.

    彼は小さな植物を火星に送り、そこで育てて宇宙旅行について人々にインスピレーションを与えたいと考えていました。

  • He thinks we need to back up the human race to Mars started Colony.

    火星への人類のバックアップが必要だと考え、コロニーを開始した。

  • There, you know, on Earth to in this starship is key to all of that.

    そこに、あなたは知っている、地球上で、この宇宙船の中で、すべての鍵となります。

  • He wants to use it to transport 100 people and 150 tons of cargo to the Red Planet at a time, and he thinks by 2050 we could build a sustainable colony on Mars.

    これを使って一度に100人、150トンの荷物を赤の惑星に輸送したいと考えており、2050年までには火星に持続可能なコロニーを作ることができると考えているそうです。

  • So Space six is testing the concepts and the engines behind this starship in South Texas, and they're starting Thio get this little tiny version of it called the Star Hopper, hopping off the ground to prove that the engines and the whole concept works.

    スペースシックスは南テキサスでこの宇宙船のコンセプトとエンジンをテストしています 彼らはスターホッパーと呼ばれる小さな宇宙船の 小さなバージョンを作り始めています。

  • Basically, the ideas will this thing blow up or not?

    基本的にアイデアが爆発するかしないか?

  • And so far it hasn't blown up.

    そして今のところ爆発はしていません。

  • Or we were down there for the very first hop of this vehicle, and it was the one of the loudest things I've ever heard.

    あるいは、この車の最初のホップのために降りてきたんだが、今まで聞いた中で最も大きな音だった。

  • But it did not blow up.

    しかし、爆発はしませんでした。

  • And since then, Space six has done another hop, and they're gonna take these hops of this vehicle higher and higher to about three miles up.

    それ以来、スペース6は別のホップを行いました 彼らは、この車両のホップをより高く、より高く、約3マイル上に持っていくつもりです

  • The engines that space six is using are brand new.

    スペースシックスが使用しているエンジンは新品です。

  • They're called Rapture engines.

    彼らはラプターエンジンと呼ばれています。

  • These things are enormous.

    これらのものは巨大です。

  • They're about the size of a small delivery truck in which a controlled bomb goes off.

    小型の配送トラックほどの大きさで、制御された爆弾が爆発する。

  • Basically, after these hot tests are done and Space six proves that the system won't explode on a whim, they're gonna put these rapture engines on an even bigger vehicle, which must have called the orbital version.

    基本的に、これらの熱いテストが行われ、スペース6がシステムが気まぐれに爆発しないことを証明した後、彼らはこれらのラプターエンジンをさらに大きな乗り物に乗せるつもりだ、それは軌道上のバージョンを呼んだに違いない。

  • And that's going to go into orbit around Earth.

    そして、それは地球の周りを周回することになる。

  • And the key thing with that test is not on Lee showing that it can get into orbit, but that it could come back when the spacecraft comes back to Earth.

    そのテストで重要なのは、リーが軌道に乗れることではなく、宇宙船が地球に戻ってきたときに戻ってくる可能性があることを示していることです。

  • It z entering the atmosphere of some point at 25 times the speed of sound that plows through the atmosphere builds up all this gas into a superheated levels that can vaporize steel.

    それは、大気中を突っ切る音の25倍の速度で、ある地点の大気に入ると、このすべてのガスは、鋼を気化させることができる過熱レベルに構築されます。

  • So space looks need to prove that this vehicle will not destroy itself when it comes back to Earth, because if it does, then they can't safely launch people on it.

    だから、宇宙は、地球に戻ってきたときに、この乗り物が自壊しないことを証明する必要があります。そうすると、安全に人を打ち上げられないからです。

  • That's what you need a shield for.

    そのためには盾が必要です。

  • You need to protect the vehicle from burning itself up when it either comes back to earth or is entering the very thin atmosphere of Mars.

    地球に戻ってくるか、火星の非常に薄い大気圏に入るかのどちらかの時に、車両が燃え尽きるのを防ぐ必要があります。

  • There are a few critiques of steel, and one of them is that it's just so heavy it's dense.

    鉄の批判はいくつかありますが、その中の一つに「重くて密度が高いだけ」というものがあります。

  • If you try to use too much of it, your spacecraft gets bogged down and you can't launch as much payload into space.

    あまりにもたくさん使おうとすると、宇宙船が泥沼化してしまい、宇宙空間にたくさんのペイロードを打ち上げることができなくなってしまいます。

  • So you have to be really creative about how you build your spacecraft.

    ですから、宇宙船をどうやって作るかについては、本当にクリエイティブでなければなりません。

  • Space X is getting around this problem by trying to go after a fuel tank structure, the internal structure, these little ribs and slacks and things to support the larger structure so that it doesn't fall in on itself.

    スペースXはこの問題を回避するために、燃料タンクの構造、内部構造、小さなリブやスラックなど、より大きな構造物を支えている構造物が倒れないようにすることで回避しています。

  • That way, they could make the metal really thin, but also take advantage of this cheapness and also strength things.

    そうすれば、金属を本当に薄くしつつ、この安さを利用して、強度のあるものを作ることができます。

  • Vehicle isn't using what Space six is typically used for.

    乗り物はスペース6が一般的に使われているものを使っていません。

  • Its Falcon nine and Falcon heavy rockets.

    そのファルコン9とファルコンヘビーロケット。

  • That's RP one.

    それはRP1です。

  • It's a form of kerosene.

    灯油の形をしています。

  • It's similar to the stuff that goes into jets.

    ジェット機の中に入るものと似ていますね。

  • It smells like jet fuel.

    ジェット燃料のような匂いがします。

  • They also use liquid oxygen.

    また、液体酸素を使用しています。

  • The new starship and specifically the star Hopper, which just launched, is using liquid methane and liquid oxygen.

    新しい宇宙船、具体的には打ち上げられたばかりのホッパー号は、液体メタンと液体酸素を使用しています。

  • Methane is important because Space six wants to be able to manufacture its fuel on another planet and specifically Mars.

    スペースシックスは他の惑星、特に火星で燃料を製造できるようにしたいと考えているので、メタンは重要です。

  • And they can do that in theory, with the thin atmosphere that Mars has, they could take the carbon dioxide.

    理論的には、火星の大気が薄いので、二酸化炭素を取ることができます。

  • They could take water out of the ground, and they could take sunlight and use energy to combine those two and form methane on the surface of Mars, refuel starship and go back home to Earth.

    地中から水を取り出し、太陽光を利用してエネルギーを利用して、その2つを組み合わせて火星の表面でメタンを形成し、宇宙船に燃料を補給して地球に帰ることができるのです。

  • The first things that Space X hopes to do with a full scale, fully operational starship is just show that it works.

    スペースXがフルスケールで完全に稼働する宇宙船でやりたいことの第一は、それが機能していることを示すことです。

  • They want to get this thing in the orbit, and then following that, they want to start sending the first missions to Mars.

    これを軌道に乗せて、それに続いて火星への最初のミッションを送りたいと考えています。

  • These would be robots equipment to help scout out the surface and also set up a plant to generate methane in oxygen to fuel future mission to come back to Earth.

    これらは、地表を偵察するためのロボット装置であり、酸素中のメタンを発生させるプラントを設置して、将来の地球帰還のための燃料とするものです。

  • The first crewed mission, though, is going to be with a Japanese artist and fashion billionaire called Yasuko Miyazawa.

    最初のクルーの任務は、日本のアーティストでファッション億万長者の宮沢靖子と一緒に行くことになっています。

  • He's going to load up one of these starships with a crew full of artists and maybe a couple astronauts just for safety and go around the moon to show that the system works.

    彼はこの宇宙船の1隻に芸術家や宇宙飛行士を乗せて安全のために月を回ってシステムが機能していることを証明するつもりだ。

  • He's willing to put his life on the line for that, and Musk has even tease that he might go himself.

    彼はそのために自分の命をかけても構わないと思っているし、ムスクは自分で行くかもしれないとからかっている。

  • Right now, Space six is targeting 2023 or thereabouts tow.

    今、スペース6は2023年かそこらを目標にしています。

  • Launch this crude moon mission.

    この粗悪な月面ミッションを起動します。

  • But by 2024 the company wants to take advantage of a planetary alignment, which happens once every two years with Mars on Earth to sort of close the gap between the planets and launch the first crewed mission to Mars, land there and put boots on the ground.

    しかし、2024年までには、地球上の火星と2年に1度の割合で起こる惑星間のギャップを埋め、火星への最初の有人ミッションを開始し、そこに着陸し、ブーツを地面に置くために、惑星の整列を利用したいと考えています。

  • There's another really important use for this vehicle.

    この車両にはもう一つ本当に重要な用途があります。

  • They're going to try to launch 12,000 satellites.

    12000個の衛星を打ち上げようとしている。

  • That is twice as many as they're currently in space right now, and I think three or four times as many as there currently operational to build up a global network of satellite, high speed, low latency Internet so many times faster than you could get today from A from a commercial provider.

    これは現在宇宙にいる数の2倍に相当し、現在運用中の衛星、高速、低遅延のインターネットのグローバルネットワークを構築するためには、その3、4倍の数が必要だと思います。

  • But to do that, they're going to need to launch a ton of these starling satellites at once in Starship could be the vehicle because it's so big and fully reusable to do that at low cost for Space six, we can't think of Starship just as a rocket tow.

    しかし、それを行うためには、スターリング衛星のトンを一度に打ち上げなければならないでしょう。スターシップが乗り物になる可能性があります。

  • Launch people to Mars.

    人を火星に打ち上げて

  • It is going to be the future rocket for Space six and possibly the world.

    それは、スペース6のための未来のロケットになるだろうし、もしかしたら世界のためのものになるかもしれない。

  • It will launch the next generation of satellite Internet.

    それは、次世代の衛星インターネットを起動します。

  • It could launch people to Mars.

    火星に人を打ち上げられるかもしれない

  • Of course, it could also launch next generation telescopes.

    もちろん、次世代の望遠鏡を打ち上げることもできる。

  • And it could also launch NASA astronauts to the moon as well as landing craft in any number of things that people want to get up that are big and they want to do it cheaply.

    そして、それはまた、NASAの宇宙飛行士を月に打ち上げることができるだけでなく、人々が大きくて安価にやりたいと思っているあらゆる数の着陸船を打ち上げることができます。

  • If Space six can get government support, perhaps from NASA or the Department of Defense to develop starship, it's gonna go a long way into helping spaces get to the point where this system becomes a reality because Right now, they're relying on a Japanese billionaire and some of their own venture capital funding to fund this entire development project, which they estimate to be between two and $10 billion to complete.

    もしスペースシックスが政府の支援を得られれば、NASAや国防総省からスターシップを開発することができますが、このシステムが現実のものになるまでの長い道のりを宇宙にもたらすことになるでしょう。

  • Some critics say, however, that $10 billion is even a low limit.

    しかし、100億ドルは下限ですらあるという批判もある。

  • It may cost as much as $20 billion to develop the system, so Space six can get outside support.

    システムの開発には200億ドルもかかるかもしれないので、スペース6は外部からの支援を受けられる。

  • It can get government funding.

    政府の資金を得ることができます。

  • It's gonna help make this thing a reality.

    これを実現させるためには

the spring, Space six launched a squat, kind of ugly looking but shiny little rocket, and it's called The Star Hopper.

春にスペース6が打ち上げた 醜い見た目だが光る小さなロケット スターホッパーと呼ばれている

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 火星 スペース 宇宙 地球 メタン 燃料

エロン・ムスクの数十億ドル規模の火星ロケットを解説 (Elon Musk's Multibillion Dollar Mars Rocket, Explained)

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 27 日
動画の中の単語