Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • So you want to be a psychiatrist.

    精神科医になりたいんですね。

  • You like the idea of being a shrink, doing talk therapy, and having people all figured

    あなたは精神科医になるという考えが好きで、トークセラピーをして、みんなに考えてもらうのが好きなのね

  • out.

    アウト。

  • Let's debunk the public perception myths of what it means to be a psychiatrist, and

    精神科医になるとはどういうことかという世間一般の認識神話を論破しよう

  • give it to you straight.

    ストレートに渡します。

  • This is the reality of psychiatry.

    これが精神科の現実です。

  • Dr. Jubbal, MedSchoolInsiders.com.

    ドクター・ジュバル MedSchoolInsiders.com.

  • Welcome to our next installment in So You Want to Be.

    次回のSo You Want to Beへようこそ。

  • In this series, we highlight a specific specialty within medicine, such as psychiatry, and help

    このシリーズでは、精神科などの医学の中の特定の専門分野に焦点を当てて、その分野の専門家を支援します。

  • you decide if it's a good fit for you.

    自分に合っているかどうかを判断してください。

  • You can find the other specialties on our So You Want to Be playlist.

    その他の名物料理は、So You Want to Beのプレイリストに掲載されています。

  • If you want to vote in upcoming polls to decide what future specialties we cover, make sure

    今後の投票で、私たちがカバーする将来の専門分野を決定するために投票したい場合は、次のことを確認してください。

  • you're subscribed.

    あなたは購読しています。

  • If you'd like to see what being a psychiatrist looks like, check out my second channel, Kevin

    精神科医がどんな風に見えるか見たい方は、私の2番目のチャンネル、Kevinをチェックしてみてください。

  • Jubbal, M.D., where we featured Dr. Petey Kass in a Day in the Life of a Psychiatrist.

    Jubbal, M.D.では、精神科医の一日の生活の中で、Petey Kass博士を特集しました。

  • Link in the description.

    説明文の中にリンクがあります。

  • Psychiatry is the field of medicine focused on understanding and treating mental health

    精神医学は、心の健康を理解し、治療することに焦点を当てた医学の分野です。

  • disorders and psychological distress.

    障害と心理的苦痛。

  • Psychiatrists use the Diagnosable and Statistics Manual, currently in it's fifth iteration,

    精神科医は「診断と統計マニュアル」を使用しており、現在は5回目の改訂版となっています。

  • hence the name DSM-V, in assessing a patient's constellation of symptoms and determining

    そのため、DSM-Vと呼ばれるように、患者の症状の組み合わせを評価して

  • if they exhibit a diagnosable disorder.

    診断可能な障害を示している場合

  • But psychiatrists can help patients with other conditions, even if they aren't classified

    しかし、精神科医は、分類されていなくても、他の状態の患者を助けることができます。

  • DSM illnessesincluding psychological distress from pain, trauma, difficult relationships,

    DSMの病気-痛み、トラウマ、困難な人間関係からくる心理的苦痛を含む。

  • or other high stress situations.

    などの高ストレスな状況に陥ることがあります。

  • If you've ever confused psychiatrists with psychologists, you're not alone.

    精神科医と心理学者を混同したことがある人は、あなただけではありません。

  • Psychiatrists are medical doctors, meaning they have their MD or DO, and they've completed

    精神科医は内科医、つまりMDやDOを取得していて

  • 4 years of medical school, followed by residency, and sometimes also fellowship.

    医学部4年間、その後レジデント、場合によってはフェローシップを受けることもあります。

  • They can diagnose and treat mental conditions using either medication or non-medication

    薬物療法または非薬物療法のいずれかを使用して、精神状態を診断し、治療することができます。

  • treatments, such as psychotherapy.

    心理療法などの治療法。

  • While psychiatrists can use medications to treat patients' more severe symptoms, they

    精神科医は、患者のより深刻な症状を治療するために薬を使用することができますが、その一方で

  • rely on talk therapy training to help people with more mild symptoms, or, with problems

    症状が軽い人や、問題を抱えている人を助けるために、トークセラピーのトレーニングを頼りにしています。

  • that wouldn't necessarily respond to medications.

    薬に反応するとは限らない

  • Psychologists, on the other hand, have either Master's or PhD level training, and while

    一方、心理学者は、修士号または博士号レベルのトレーニングを受けています。

  • they're able to diagnose and treat mental illness, they can only use non-medication

    精神疾患の診断はできるが、治療はできない

  • treatments.

    の治療に使用されています。

  • Sometimes you'll see psychiatrists and psychologists working together, with psychologists focusing

    精神科医と心理学者が一緒に仕事をしているのを見かけることがあります。

  • on therapy, and psychiatrists usually focusing their expertise on medication, although they

    治療について、精神科医は通常、薬の専門知識に焦点を当てていますが、彼らは

  • can do either.

    はどちらでもできます。

  • While some think that psychiatrists go into the field because they subconsciously want

    精神科医は無意識のうちに、自分たちがしたいことは

  • to fix their own problems, or that they're highly eclectic and strange, this isn't

    自分たちの問題を解決するために、または彼らは非常に折衷的で奇妙なこと、これは

  • quite true.

    全くその通りです。

  • As a psychiatrist, you'll have to be adept at relating to a wide range of individuals,

    精神科医として、様々な人との関わり方に長けていなければなりません。

  • and that also requires well developed interpersonal skills.

    そして、そのためには十分に発達した対人関係のスキルも必要となります。

  • And while it has a useful handbook, psychiatry is much more than just memorizing DSM criteria

    そして、それは有用なハンドブックを持っていますが、精神医学は単にDSM基準を暗記するだけではありません。

  • and slapping on diagnoses to patients.

    と患者さんに診断を叩きつける。

  • Psychiatrists use the DSM as a guide, but they formulate patients more holistically

    精神科医はDSMをガイドとして使用しますが、より全体的に患者を形成します。

  • than thatthey're looking at the psychological, socioeconomic, and physiologic causes of their

    それ以上に、心理学的、社会経済的、生理学的な原因を調べています。

  • symptoms as well, not just the symptoms themselves.

    症状そのものだけでなく

  • There are a few ways to categorize psychiatry.

    精神科の分類にはいくつかの方法があります。

  • As a clinical psychiatrist, you'll be seeing patients, doing therapy, and generating treatment

    臨床精神科医として、患者を診察し、治療を行い、治療法を考案することになります。

  • plans.

    を計画しています。

  • If practicing inpatient, you'll see patients admitted to the psychiatric ward or consult

    入院診療の場合は、精神科病棟に入院している患者さんを診たり、相談に乗ったりしますが、入院診療の場合は、精神科病棟に入院している患者さんを診ることになります。

  • service, meaning those treated primarily in other areas of the hospital, but requiring

    サービスとは、主に病院の他の領域で治療されたが、必要とするものを意味します。

  • secondary psychiatric care.

    精神科の二次医療

  • As a consultant, you'll educate primary teams on various psychiatric and psychological

    コンサルタントとして、プライマリーチームに様々な精神医学や心理学の教育をしていただきます。

  • conditions affecting their patients and provide them with your psychiatric treatment recommendations.

    患者に影響を与えている状態を把握し、精神科治療の推奨事項を提供します。

  • With inpatient, you're dealing with more severe cases that often require more critical

    入院患者の場合は、より重症なケースを扱うことになりますが、その場合は、より重症なケースを扱うことになります。

  • treatment.

    治療を行います。

  • These patients often have multiple psychiatric conditions and are generally more complicated

    これらの患者は複数の精神疾患を抱えていることが多く、一般的にはより複雑な症状を呈しています。

  • than those you would see in an outpatient clinic.

    外来診療所で診てもらうものよりも

  • There's also a great deal of medicine involved as these patients often have multiple medical

    また、これらの患者さんは複数の医療を受けていることが多いため、多くの医療が関与しています。

  • issues that either worsen or mimic psychiatric symptoms.

    精神症状を悪化させたり、模倣したりする問題。

  • For example, certain medical issues like cancer, brain injuries, or COVID can result in delirium

    例えば、癌、脳損傷、COVIDなどの特定の医学的問題はせん妄を引き起こす可能性があります。

  • or agitation, which can both look like psychosis or depression.

    または焦燥感は、どちらも精神病やうつ病のように見えることがあります。

  • With outpatient, you'll be primarily combining psychotherapy with medication management for

    外来では、主に心理療法と薬物管理を組み合わせて

  • patients with whom you'll have more longitudinal relationships, as they'll come to the office

    患者さんがオフィスに来るようになり、より縦のつながりを持つようになります。

  • multiple times over months to years.

    数ヶ月から数年かけて複数回

  • With outpatient, you also have more flexibility in managing things beyond traditional psychiatric

    外来では、従来の精神科医療の枠を超えて、より柔軟に物事を管理することができます。

  • diagnoses, like sleep, pain, or distress from various stressors.

    睡眠、痛み、様々なストレスからくる苦痛などの診断。

  • If you focus on research, you can choose from bench or clinical work.

    研究に力を入れていれば、ベンチワークや臨床の仕事を選ぶことができます。

  • With bench research, you often work in a lab and do research at the cellular or molecular

    ベンチリサーチでは、研究室で働き、細胞や分子レベルでの研究を行うことが多いです。

  • level to explore foundational neurobiology that may help explain the brain function of

    の脳機能を説明するのに役立つ可能性のある基礎的な神経生物学を探求するために

  • people with psychiatric conditions.

    精神疾患を持つ人たち。

  • With clinical research, you could explore the efficacy of different medications and

    臨床研究では、さまざまな薬の有効性を探ることができ

  • treatment options in treating specific patient populations or psychiatric conditions.

    特定の患者集団や精神状態を治療する際の治療法の選択肢。

  • Interventional psychiatry is an exciting new area exploring brain stimulation through trans

    介入精神医学は、トランスを介した脳刺激を探求するエキサイティングな新しい分野です。

  • cranial magnetic stimulation, or TMS for short, ketamine, and deep brain stimulation.

    頭蓋磁気刺激、略してTMS、ケタミン、深層脳刺激。

  • In an academic setting, you can work either primarily inpatient or outpatient, but associated

    学術的な設定では、主に入院または外来のいずれかで働くことができますが、関連する

  • with an academic teaching hospital.

    学術的な教育病院と

  • This offers less flexibility in your practice, but will allow you the opportunity to do research,

    このことは、あなたの練習の柔軟性を低下させますが、研究をする機会を与えてくれます。

  • work with medical students and residents, and pursue academic leadership.

    医学生や研修医と連携し、学術的リーダーシップを追求する。

  • You'll be working at a medical center that is likely pushing to advance the field, but

    現場を推し進めそうな医療機関で働くことになりますが

  • will be at the whim of the bureaucracy of the hospital, and your appointment types,

    は、病院の官僚の気まぐれで、あなたのアポイントメントタイプになります。

  • meaning appointment length and therapy vs. medication management ratios, will have a

    予約の長さと治療と投薬管理の比率を意味しています。

  • limit set by the institution.

    機関が設定した限度額。

  • In a community setting, you'll work with hospitals or outpatient clinics run by the

    が運営する病院や外来診療所と連携して、地域に根ざした仕事をしていただきます。

  • county or city public health departments.

    郡または市の保健所。

  • Patients will primarily be Medicaid or uninsured, meaning you'll have the opportunity to work

    患者は主にメディケイドまたは無保険者となります。

  • with underserved patients and a greater proportion who are severely mentally ill.

    恵まれない患者と重度の精神疾患を持つ患者の割合が増加しています。

  • Dual diagnoses amongst this patient population is not uncommon, meaning a substance use disorder

    この患者集団における二重診断は珍しくなく、物質使用障害を意味します。

  • plus a separate mental health diagnosis.

    それに加えて、別のメンタルヘルス診断も。

  • For these reasons, this work can be highly rewarding, as this is a population with less

    これらの理由から、この仕事は非常にやりがいのあるものになります。

  • access, but it can also be highly frustrating working with a socioeconomically disadvantaged

    しかし、社会経済的に不利な立場にある人たちと一緒に仕事をすることは、非常にイライラすることもあります。

  • population, as medication and appointment adherence may be problematic, as is access

    集団では、服薬や予約のアドヒアランスが問題になることがあります。

  • to other resources.

    を他のリソースに移動します。

  • Private practice entails one or more physicians setting up their own shop outside of a larger

    個人開業では、1人または複数の医師が、より大きな病院の外に自分の店を構えることになります。

  • medical center.

    医療センターです。

  • They have complete control and autonomy, seeing patients as they choose.

    彼らは完全なコントロールと自律性を持ち、患者を自分の好きなように診ることができます。

  • This has the greatest amount of flexibility in most domains, including how much they charge,

    これは、ほとんどのドメインで、どのくらいの料金を請求するかを含めて、最大の柔軟性を持っています。

  • which insurances they take, the balance of therapy versus medication, and visit durations.

    どの保険に加入しているか、治療と投薬のバランス、通院期間。

  • However, this is running a business, and there are of course risks associated with that.

    しかし、これは経営をしているということであり、もちろんそれに伴うリスクはあります。

  • At the beginning, you'll have to do more work to build a patient population, which

    最初のうちは、患者の母集団を作るために、より多くの作業をしなければなりません。

  • may mean making less money at first than you would with an established group or medical

    確立されたグループや医療よりも、最初のうちは稼ぎが少なくて済むかもしれません。

  • center.

    センターです。

  • With psychiatry, you don't have to choose a single type of practice.

    精神科であれば、診療の種類を一つに絞る必要はありません。

  • You could do academia a few days per week, and some private practice on other days with

    週に数日はアカデミックなことをして、他の日には個人練習をして

  • a smaller psychiatry group.

    小さな精神科のグループ。

  • After 4 years of medical school, psychiatry residency is 4 years, unless you go into a

    医学部を4年卒業後、精神科レジデントは4年で、それ以外は

  • child psychiatry fellowship, in which case you can skip the final year, making it a 3

    児童精神医学フェローシップの場合は、最終年度をスキップして3年間のプログラムとすることができます。

  • year residency.

    年の居住。

  • More on fellowships shortly.

    フェローシップの詳細は近日中に。

  • As a PGY1, meaning your first year out from medical school, you'll do primarily general

    PGY1、つまり医学部を出て最初の1年目は、主に一般的な業務を行います。

  • medicine rotations, like inpatient and outpatient medicine, emergency medicine, neurology, and

    入院・外来、救急、神経内科、神経内科などの内科ローテーション

  • the like.

    みたいな。

  • You'll spend some time on psychiatry, usually inpatient, from a few months up to half a

    精神科に通院し、通常は数ヶ月から半日程度の入院生活を送ることになります。

  • year, depending on your program.

    プログラムにもよりますが、年間

  • As a PGY2, you're now completely immersed in your psychiatric training, primarily on

    PGY2として、あなたは完全に精神科のトレーニングに没頭しています。

  • inpatient and consult psychiatry services, though some programs will offer a small amount

    入院と相談の精神科サービスを提供しますが、プログラムによっては少量のサービスを提供します。

  • of outpatient training in this year.

    本年度の外来研修のうち

  • As a PGY3, you'll focus on outpatient psychiatry, rotating in different specialty clinics, each

    PGY3として、あなたは外来精神医学に専念し、それぞれの専門クリニックでローテーションを行います。

  • devoted to a specific diagnosis, patient population, or age group.

    特定の診断、患者集団、または年齢層に特化しています。

  • For example, you could attend bipolar clinic or anxiety clinic, or go to child clinic or

    例えば、双極性障害クリニックや不安クリニックに通ったり、チャイルドクリニックや

  • LGBT clinic.

    LGBTクリニック。

  • Your fourth and final year will be highly variable, although most commonly this will

    4年目と最後の年は非常に変化に富んでいますが、最も一般的なのはこれです。

  • be repetitions of rotations you've done in previous years.

    過去のローテーションの繰り返しになる

  • You'll also have more opportunity for elective and research time to pursue your interests.

    また、自分の興味のあることを追求するために、選択式や研究時間を設ける機会も増えるでしょう。

  • Hours in psychiatry residency are pretty relaxed, mostly 8-5 on most rotations, with some overnight

    精神科レジデンシーの時間はかなりゆったりとしていて、ほとんどのローテーションでは8-5時間で、泊まり込みの場合もあります。

  • and weekend call shifts, the frequency of which is highly dependent on the program,

    と週末のコールシフト、その頻度はプログラムに大きく依存しています。

  • with some programs having none.

    を持っていないプログラムもあります。

  • In terms of competitiveness, psychiatry is more attainable, with an average Step 1 in

    競争力という点では、精神科の方が達成感があり、平均ステップ1では

  • the 2020 cycle of 227 and Step 2CK of 241, and a 90% match rate.

    227の2020年サイクルと241のステップ2CK、そして90%の一致率。

  • In the MSI Competitive Index, psychiatry ranks at 18 out of 22 in terms of competitiveness.

    MSIの競争力指数では、精神科は競争力の観点から22位中18位にランクされています。

  • Psychiatry has increased in competitiveness in recent years for a few reasons.

    近年、精神医学の競争力が高まっているのには、いくつかの理由があります。

  • More medical students are understanding the importance of work/life balance, for which

    ワーク・ライフ・バランスの重要性を理解している医学生が増えています。

  • psychiatry has a strong advantage.

    精神科が有利です。

  • There are more options within the field than ever, thus attracting a wider variety of individuals,

    フィールド内の選択肢がこれまで以上に増えたことで、より多くの個人を惹きつけています。

  • and it's also becoming a less stigmatized field.

    と、汚名を着せられない分野にもなってきています。

  • Mental health is finally becoming more mainstream, as it should.

    メンタルヘルスは、ようやくその通りに主流になりつつあります。

  • After completing residency, you can subspecialize further with fellowship.

    研修医修了後は、フェローシップでさらにサブスペシャリティを積むことができます。

  • All fellowships are 1 year in duration, except for child psychiatry, which is 2 years.

    フェローシップの期間は、児童精神医学を除くすべてのフェローシップが1年で、2年です。

  • In child psychiatry, you'll be working with children and adolescents, most commonly dealing

    児童精神医学では、子供や青年を扱うことになります。

  • with depression, anxiety, eating disorders, ADHD, and autism.

    うつ病、不安、摂食障害、ADHD、自閉症を持つ方。

  • You'll work closely with their parents as well, thus incorporating a high degree of

    親御さんと一緒に仕事をすることになりますので、高いレベルの仕事を取り入れることができます。

  • psycho-education and family counseling.

    精神教育と家族カウンセリング。

  • Child psychiatry is more focused on non-medication based strategies, including therapy and mindfulness

    子どもの精神医学は、セラピーやマインドフルネスなどの非薬物療法に基づいた戦略に重点を置いています。

  • practice, compared to other psychiatry subspecialties.

    他の精神科のサブスペシャリティと比較した場合。

  • Psychosomatic is best suited for those who want to work in the overlap between psych

    サイコソマティックは、心理学と重なる部分で働きたい方に最適です。

  • and medicine, specifically with medically hospitalized patients who have psychiatric

    と医学、特に精神科疾患を持つ医学的に入院している患者を対象とした

  • needs.

    のニーズに対応しています。

  • You'll manage complicated patients, such as someone with schizophrenia who is also

    統合失調症の人のような複雑な患者さんを管理することになります。

  • on chemotherapy, and finding the best medication for the mental disorder that won't negatively

    化学療法を受けていて、精神疾患に悪影響を与えない最善の薬を見つけることができます。

  • interact with the chemotherapeutic agent.

    化学療法剤と相互作用します。

  • Psychosomatic specialists are often embedded in clinics for a particular medicine subspecialty,

    心療内科の専門家は、特定の医学のサブスペシャリティのためのクリニックに組み込まれていることが多い。

  • such as oncology or palliative care, which allows psychiatrists to further subspecialize

    腫瘍学や緩和ケアのように、精神科医がさらにサブスペシャリティ化することができます。

  • with patient populations they are most interested in.

    を、最も興味を持っている患者集団に提供しています。

  • Geriatric psychiatry includes working with older adults and learning how to manage psychiatric

    老年精神医学には、高齢者と一緒に仕事をしたり、精神科の管理方法を学んだりすることが含まれています。

  • illness in more medically frail and complicated patients with other comorbidities.

    より医学的に虚弱で複雑な患者が他の合併症を持つ場合の病気

  • You'll also be doing life-processing, meaning coping with end of life stressors, such as

    また、終末期のストレス要因に対処することを意味するライフプロセシングを行うことになります。

  • death of friends, spouses, and one's own mortality.

    友人の死、配偶者の死、そして自分の死。

  • If you're interested in this field, you'll have great flexibility in where you work,

    この分野に興味があれば、働く場所の自由度は抜群です。