Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • next.

    次は

  • Science and fashion.

    科学とファッション。

  • The artificial dyes used to make clothing are efficient and cheap.

    衣類に使われている人工染料は効率的で安価です。

  • They're commonly seen in fast fashion, inexpensive and trendy clothes worn for a season or two.

    ファストファッションでよく見かける、安価で流行りの服を1~2シーズン着用しています。

  • But it takes a lot of water to process.

    しかし、処理にはかなりの量の水が必要です。

  • Thes dies.

    これだ

  • It creates a lot of waste, and it can lead to chemicals seeping into the environment.

    多くの廃棄物が発生し、化学物質が環境に染み付いてしまうことになります。

  • Our bacteria colored clothes, a viable alternative.

    私たちのバクテリア色の服、実行可能な代替品。

  • What happens when you take a designer and place them in a biological scientific environment?

    設計者を連れて行って生物科学的な環境に置くとどうなるのか?

  • That's when you get a new way of thinking that can catalyze innovation.

    それは、イノベーションを触媒するような新しい考え方を手に入れた時です。

  • Bacteria produced pigment.

    バクテリアが色素を作った。

  • I became very interested with microbes that seep it out because that seemed like a very low tech way off.

    私は、それを染み出させる微生物にとても興味を持ちました。

  • Actually accessing that color structure.

    実際にその色の構造にアクセスして

  • My succeeded colors an organism that's normally found in the soil.

    私の成功した色は、普通に土の中にいる生物を色づけしています。

  • It gives beetroot its flavor.

    ビーツに旨味を与えてくれます。

  • It's smell of rain just before a thunderstorm and produces this beautiful sky blue pigment.

    雷雨の直前の雨の香りがして、この美しい水色の色素を生み出します。

  • We quickly discovered that it could die textiles with about 500 times less water than what ordinarily happens in industry.

    私たちは、通常の産業界で起こることよりも約500倍少ない水で繊維を死滅させることができることをすぐに発見しました。

  • We're at the Department of Biochemical Engineering at University College London, so researchers here are looking at how synthetic biology the design of living systems can offer US nature driven ways off doing the sorts of things that chemicals normally different.

    私たちはロンドン大学の生化学工学科にいますので、ここの研究者たちは、合成生物学を用いた生活システムの設計が、化学物質が通常とは異なる種類のことを行うのをやめて、アメリカの自然が主導する方法をどのように提供できるかを研究しています。

  • Stripped of my see the color producers color within seven days, it can ferment in a liquid broth off nutrients, and that's when those cells start to divide.

    7日以内に私の色の生産者の色を参照してくださいの剥奪、それは栄養素をオフに液体ブロスで発酵することができ、それらの細胞が分裂を開始するとき、それはです。

  • After a certain point, something is triggered.

    ある時点を境に、何かが発動します。

  • It starts to produce that pigment.

    その色素が出始めます。

  • You can grow the organism directly onto the textile.

    テキスタイルに直接生物を育てることができます。

  • Andi.

    アンディ

  • If you start to direct where those organisms are, you can start to design patterns on Prince to start to design with biology in quite a compelling way, we can create a range of different colors by tweaking the pH low pH results in more blue colors towards the purple spectrum.

    あなたはそれらの生物がどこにあるかを指示するために開始する場合は、かなり説得力のある方法で生物学との設計を開始するためにプリンスにパターンを設計するために開始することができます、我々は、紫色のスペクトルに向かってより多くの青色の色でpHの低いpHの結果をいじることによって、異なる色の範囲を作成することができます。

  • On Do Something that's a slightly higher pH is going to deliver bright, vibrant pinks and even reds.

    わずかに高いpHの何かを行うには、明るい、鮮やかなピンクや赤も提供しようとしています。

  • I think what's so fascinating about textiles is that they have always bean artifacts that are beyond this material that might look nice.

    テキスタイルの何が魅力なのかというと、この素材の先には必ずと言っていいほど、見栄えがしそうな豆のオブジェがあるということだと思います。

  • They tell us about where we are with our technology.

    技術のある場所を教えてくれます。

  • If we look at what knitting was in the 19 hundreds, compared to what you could do now with three D forms, massive leaps have happened.

    19世紀の編み物を見てみると、今の3つのDフォームでできることと比較すると、大きな飛躍があります。

  • There are new space is opening up for designers to invite this interdisciplinary sharing ideas.

    この学際的な共有のアイデアを招待するために、デザイナーのための新しいスペースが開かれています。

next.

次は

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 生物 ph 色素 設計 開始 バクテリア

細菌を使って服に色をつける? (Using Bacteria To Color Clothes?)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 24 日
動画の中の単語