Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello, everybody.

    皆さん、こんにちは。

  • This is Elliot from E.

    こちらはEのエリオット

  • T.

    T.

  • J.

    J.

  • English.

    英語で。

  • I am your British pronunciation teacher on YouTube.

    YouTubeでイギリスの発音の先生をしています。

  • Now, today we're talking about a kind of touchy topic in the world.

    さて、今日は世間ではちょっと触れられている話題です。

  • Off spoken English pronunciation.

    英語の発音をオフに話す。

  • We're talking about informal contractions in formal contractions.

    正式契約の中の非公式契約の話をしています。

  • So what is this firstly?

    では、まずこれは何なのか?

  • Well, if I was going to say going to occasionally, I might say, Gunner on this is something which a lot of native speakers do.

    まあ、たまに行くと言っても、これについては、多くのネイティブスピーカーがやっていることなので、ガンナーと言ってもいいかもしれません。

  • It's much more common in American English because there are lots of different variations.

    アメリカ英語はバリエーションが豊富なので、もっと一般的になっています。

  • But in the U.

    しかし、米国では

  • K, we have a particular few which are quite common.

    Kさん、よくあることですが、特に数が少ないです。

  • Some people use them a lot.

    よく使う人もいます。

  • Some people use them a little bit sometimes like May, and some people never use them.

    メイのようにたまにちょこちょこ使う人もいれば、全く使わない人もいます。

  • Okay, It's not considered good to use them in correct speech or formal speech.

    なるほど、正しいスピーチやフォーマルなスピーチで使うのは良くないとされていますね。

  • The important word here in informal contractions is the word informal, their informal.

    ここで重要なのが、インフォーマルの短縮形である「彼らのインフォーマル」という単語です。

  • Okay, so we're not going to use them if we're talking to our boss and we're not gonna use them if we're talking to the queen, right.

    よし、上司との会話なら使わないし、女王様との会話なら使わないよね?

  • But when we're in a natural, relaxed, casual conversation, informal conversation with maybe a friend or a family member that sometimes I think it's okay to relax those two words.

    でも、自然でリラックスしたカジュアルな会話や、友人や家族との非公式な会話の中では、この二つの言葉をリラックスさせてもいいのではないかと思うことがあります。

  • For example, going to becoming gunner.

    例えば、ガンナーになるために行くとか。

  • I think that's fine to do in an informal conversation sometimes.

    たまには内輪の会話でも良いと思います。

  • Okay, so the main reason I'm teaching you this today is actually to help you with your listening.

    今日、私がこれを教える主な理由は、実はリスニングの手助けをするためなんです。

  • If you understand informal contractions, then you won't have any problems if you come to visit the UK or the United States.

    非公式な収縮を理解していれば、イギリスやアメリカに遊びに来ても問題ないでしょう。

  • Because I guarantee you, if you came to England and you spoke to a native speaker, it's quite likely that you would hear on informal contraction in conversation because some people, like I said, they do use them a lot, so it's good to know them on if you want to use them.

    なぜなら、イギリスに来てネイティブスピーカーと話した場合、会話の中で非公式の短縮形を耳にする可能性が高いからです。

  • Like I said only in on informal conversation or very relaxed conversation with a friend where you're talking fast on, you want to relax some words.

    私は非公式の会話や友人との非常にリラックスした会話でのみ言ったように、あなたはいくつかの言葉をリラックスしたいです。

  • So now I've cleared that up.

    だから今はそれをクリアにした。

  • Let's talk about some of the most common informal contractions in British English.

    ここでは、イギリス英語でよく使われる非公式の短縮形についてお話しましょう。

  • Number one wanna.

    1番の希望だ

  • For example, if I'm trying to organize something with one of my friends, the correct way of me saying this would be do you want a coffee?

    例えば、友人の一人と何かを整理しようとしている場合、正しい言い方は「コーヒーを飲みたい?

  • But the informal contraction way would be do you want a coffee?

    しかし、非公式な収縮の方法は、コーヒーを飲みたいですか?

  • So even do you becomes Do you Do you want a coffee?

    だから、あなたもコーヒーが飲みたいの?

  • So just remember, want, uh, becomes wanna.

    だから覚えておいてくれ 欲しいものは 欲しいものになるんだ

  • So let's practice it in one more situation Where wanna is replacing?

    では、もう一つの状況で実践してみましょう。 Where wanna is replacing?

  • Want to correct way?

    正しい方法を知りたいですか?

  • I want to go shopping tomorrow.

    明日は買い物に行きたいです。

  • Informal way.

    非公式な方法で。

  • I want to go shopping tomorrow.

    明日は買い物に行きたいです。

  • I want to go shopping tomorrow.

    明日は買い物に行きたいです。

  • So the reason we're doing this is because number one, we're in an informal conversation.

    なぜこんなことをしているかというと、1番は、非公式な会話をしているからです。

  • Number two, we're talking fast, and sometimes it's just a little bit easier to change it.

    2番は早口だし、たまに変えた方がいいかな?

  • You don't have to do this like I said, but it's good for your listening.

    私が言ったようにやらなくてもいいのですが、リスニングにはいいですよ。

  • Next one going to becoming gonna, for example, the correct way I was going to tell you something.

    Next one going to becoming gonna, example, the correct way I was going to tell you something.

  • The informal contraction way.

    インフォーマルな契約方法。

  • I was gonna tell you something.

    話そうと思ってたんだけど

  • I was gonna tell you something, You know, let's say I'm having a lesson with a student who I'm very, very relaxed with.

    話そうと思ってたんですが、例えば、私がとても気の置けない生徒さんとレッスンをしているとしましょう。

  • Okay, maybe we're good friends.

    多分、私たちは良い友達なんだと思います。

  • I could say today I'm gonna teach you about today.

    今日は今日のことを教えてあげると言ってもいいかもしれない。

  • I'm gonna teach you about Fraser verbs instead off today I'm going to teach you about because I'm more relaxed with that student and I'm talking fast.

    今日はオフの代わりにフレイザー動詞について教えてあげようと思います......私はその生徒の方がリラックスしているので、早口で話しています。

  • Maybe I will use that informal contraction.

    その非公式の縮約を使うかもしれません。

  • Gonna for going, too.

    ゴナも行くよ

  • But it depends really depends.

    しかし、それは本当に依存しています。

  • But it's not the correct way of speaking.

    しかし、それは正しい話し方ではありません。

  • Okay, it's informal.

    よし、非公式だ。

  • Now, this one.

    さて、これです。

  • Please.

    お願いします

  • I really don't recommend that you use this one.

    これを使うのは本当にお勧めできません。

  • It's not considered very good to use this next one, which is in it, which replaces, isn't it?

    中に入っているこの次のものを使うのはあまり良くないと思われますが、これは入れ替えですよね?

  • But ah, lots of people do use it in the UK, so you need to understand it.

    でも、ああ、イギリスではたくさんの人が使っているので、それを理解しないといけませんね。

  • Okay, So for example, if it's cold outside today, I could say it's cold today, isn't it?

    わかりました。じゃあ、例えば今日は外が寒かったら、「今日は寒いですね」って言ってもいいですよね?

  • Or informal contraction?

    それとも非公式の収縮?

  • It's cold outside today.

    今日は外は寒いですね。

  • In it, it's cold outside today in it.

    その中では、それはそれで今日の外は寒いです。

  • So what I'm doing there is instead of saying, isn't it asking for them to agree?

    そこで何をしているかというと、「同意してほしい」ということではないでしょうか?

  • I'm doing it in, um or informal way in it.

    私はそれを、うーん、またはそれの中で非公式な方法でそれをやっています。

  • This one is considered to be used mawr by people from particular areas of the UK not bad areas, but it's also considered to be used by those who are maybe not so well educated, so I don't particularly recommend it.

    この1つは、英国の特定の地域からの人々によって使用されるmawrと考えられている悪い地域ではありませんが、それはまた、多分あまり教育を受けていない人が使用すると考えられているので、私はそれを特にお勧めしません。

  • So if I need someone to just wait for me, maybe I need to get my coat on before I leave my house and my friend is waiting for me.

    だから、ただ待っていてくれる人が必要なら、家を出る前にコートを着て、友達が待っていてくれるのかもしれません。

  • I could say in a very polite way and normal way of speaking.

    とても丁寧な言い方、普通の言い方で言えました。

  • Can you give me a second?

    ちょっと待ってくれないか?

  • Can you give me a second?

    ちょっと待ってくれないか?

  • But I could say Can you give me a sec?

    ちょっといいかな?

  • Can you give me a sack?

    袋をくれないか?

  • So, firstly, give me is becoming gimme.

    だから、まず、give meがgimmeになってきています。

  • Second is becoming sec.

    セカンドがセックになってきています。

  • Now, this is a very common abbreviation that we do in the UK.

    さて、これはイギリスでやっている非常に一般的な略語です。

  • Second becomes sec.

    セカンドはsec.

  • Give me a sec.

    ちょっと待ってくれ

  • See you in a sec.

    すぐに会おう

  • Once again in formal.

    もう一度フォーマルに。

  • Okay.

    いいわよ

  • Only use it with people that you're comfortable with.

    気の合う人とだけ使うようにしましょう。

  • Relaxed with Andi.

    アンディと一緒にリラックス。

  • Um, not someone that you would be having a formal conversation with.

    あなたが正式な会話をするような人ではありません。

  • Okay, I think it's quite straightforward.

    なるほど、非常にわかりやすいと思います。

  • Now, contractions in formal contractions are for informal use only.

    さて、フォーマルの短縮形はインフォーマル専用です。

  • Be careful with them.

    くれぐれも気をつけてください。

  • You don't want to give the wrong impression.

    間違った印象を与えてはいけません。

  • They're much more common in American English.

    アメリカ英語ではもっと一般的です。

  • Just remember that.

    それだけは覚えておいてください。

  • And also you will hear people use them here.

    また、ここでは人々がそれらを使用しているのを聞くことができます。

  • So it's mawr useful to understand them rather than to use them.

    だから、それらを使うよりも、それらを理解することがマウラーの役に立つのです。

  • So that's the lesson on informal contractions.

    ということで、非公式短縮形のレッスンです。

  • I hope you found it useful.

    お役に立てたのであれば幸いです。

  • Don't forget, I have recently released the British Pronunciation Program on e.

    忘れてはいけないのは、最近、イギリスの発音プログラムをeで公開したことです。

  • T.

    T.

  • J english dot com.

    J english dot com.

  • Now this is a pronunciation course which is going to teach you everything you need to know about pronunciation and how to do it gives you the techniques if you like pronunciation.

    今、これはあなたが発音について知っておく必要があるすべてのことを教えようとしている発音コースであり、どのようにそれを行うには、あなたが発音が好きならば、それはあなたにテクニックを与えます。

  • If you want to improve your general spoken English as well with Fraser verbs, expressions on that course is really going to help you.

    フレイザー動詞と同様に一般的な口語英語を上達させたいのであれば、このコースの表現は本当に役立ちます。

  • So head over to e.

    だからeに向かって

  • T j english dot com If you want to start improving your spoken English now But nevertheless, I will still see you next Thursday.

    T j english dot com あなたの話された英語の改善を今始めたいと思えば しかしそれにもかかわらず、私はまだ次の木曜日に会います。

  • Take care, guys.

    気をつけてね

  • Cheers.

    乾杯

  • Love you.

    愛してるわ

  • Bye.

    じゃあね

Hello, everybody.

皆さん、こんにちは。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 公式 会話 短縮 インフォーマル リラックス 発音

イギリス英語の非公式短縮形 (Informal Contractions in British English)

  • 2 2
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 24 日
動画の中の単語