Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • What's up everyone!

    みんな元気?

  • I'm Andrea your RealLife English Fluency Coach,

    私はアンドレア、あなたのリアルライフ英語流暢さコーチです。

  • and today we're taking an in-depth look at a range of British English Accents.

    今日は、イギリス英語のアクセントについて詳しく見ていきましょう。

  • If you haven't seen it already I highly recommend you check out this lesson that we did

    まだご覧になっていない方は、ぜひチェックしてみてください。

  • on little known secrets of the British accent where we had a look at how the British accent

    英国訛りのあまり知られていない秘密について、英国訛りがどのように使われているのかを見てみました。

  • can tend to get confused and misinterpreted in American TV shows and movies.

    は、アメリカのテレビ番組や映画では、混乱したり、誤解されたりする傾向があります。

  • In today's lesson, we're going to travel around Great Britain to see a range of accents

    今日のレッスンでは、イギリスを旅して様々なアクセントを見ていきます。

  • because there are so many and most of these don't get depicted in TV series and movies,

    というのも、その数は非常に多く、テレビシリーズや映画では描かれないものが多いからです。

  • so we don't have time to look at all of them.

    ということで、全部を見ている時間はありません。

  • There are very, very many but we're going to start off by taking a look at a few in today's lesson.

    非常にたくさんありますが、今日のレッスンではそのうちのいくつかを見ていきましょう。

  • So Emma Watson is really famous for her portrayal of Hermione Granger in the Harry Potter series,

    ということで、エマ・ワトソンは「ハリー・ポッター」シリーズでハーマイオニー・グレンジャーを演じたことで本当に有名なんですね。

  • but as she has become older and I think because she's lived in America more,

    でも、彼女も年を重ねてきて、アメリカに住むことが多くなってきたからだと思います。

  • you'll find that her accent has changed a little bit.

    訛りが少し変わっていることに気づくでしょう。

  • She does have a modern RP accent which is quite popular with youngsters today,

    彼女は現代的なRPアクセントを持っていて、今の若者にはかなり人気があります。

  • particularly in London but also in other parts of Britain.

    特にロンドンではなく、イギリスの他の地域でも。

  • That is to say she does speak more like the Queen's English but a more modern version.

    つまり、彼女は女王の英語に似ていますが、より現代的な英語を話しています。

  • It's a little bit less formal and you'll hear it when you see the clip.

    堅苦しくなく、クリップを見ていると耳に入ってきます。

  • Now, the first thing we're going to take a look at is the way that she says "that I've."

    さて、まず最初に見ていくのは、彼女の "私がしてきたこと "の言い方です。

  • You'll actually hear her saying it more in American English. She says "that I've"

    実際にはアメリカ英語の方が聞き取りやすいでしょう。彼女は "that I've "と言います

  • and that is with the Tap T sound so in American English when you don't pronounce the T

    と、それはタップTの音であるので、アメリカ英語ではTを発音しないときには

  • but your tongue hits the roof of your mouth, that is called a Tap T.

    でも、舌が口の中の屋根に当たることをタップTと言います。

  • And that is how she says these two words.

    そうやって彼女はこの二つの言葉を言うのです。

  • Now in British English we have something similar called a glottal T and there are usually two ways of saying the T.

    さて、イギリス英語にも似たようなものがありますが、これは glottal T と呼ばれるもので、T の言い方には通常 2 つの方法があります。

  • So if you heard me the first time I said "that I've"

    だから、最初に私が「その」と言ったのを聞いた人は

  • so there that is called a true T where you actually hear the T sound.

    そこで実際にTの音を聞くことができる真のTと呼ばれるものがあります。

  • Now remember Emma used an American accent here

    エマがアメリカ訛りを使ったのを覚えていますか?

  • and she said "that I've" so a glottal T in British English is where you don't hear the T but there is a sound there.

    と彼女は言ったのですが、イギリス英語のgottal Tは、Tが聞こえないのに音があるところです。

  • It's more to do with the stopping of the air so I could say "that I've".

    どちらかというと空気が止まっているから「した」と言えるのです。

  • So you don't hear the T but i'm stopping the air from coming out of my mouth

    Tの音は聞こえないが 口から空気が出てくるのを止めている

  • and then it's released so it's quite subtle, but you do hear a difference.

    とリリースされているので、かなり微妙ですが、違いが聞こえてきます。

  • So the three would be American English.

    となると、3つはアメリカ英語になります。

  • "that I've" you can have the true T "that I've" and then you have the glottal T "that I've"

    "that I've" あなたは真のT "that I've "を持っていることができます そして、あなたには、口語のT "that I've "があります

  • so you can notice the difference there if you listen very closely.

    だから、よく聞けば、その違いに気づくことができます。

  • So just to explain it a little bit further the glottal T is used when the T comes in the middle of a word

    もう少し説明すると、Tが単語の真ん中に来たときには、「声帯T」が使われます。

  • or at the end of a word.

    または語尾に

  • Never at the start.

    スタート時には決してありません。

  • If a T is at the start of the word we always pronounce it.

    単語の先頭にTがある場合は、常にそれを発音します。

  • So you can hear a glottal T in words such as "water".

    そのため、「水」などの言葉では、「グロットT」が聞こえてきます。

  • So that's a true T where I'm pronouncing the T "water" but with a glottal T we would say "water".

    つまり、Tを "水 "と発音していますが、口蓋Tでは "水 "と言います。

  • So that's kind of very Cockney but it is also found in many other parts of Britain where people use a glottal T.

    これはとてもコックニーっぽいですが、イギリスの他の地域でも多く見られます。

  • It's not just a London thing.

    ロンドンだけのことではありません。

  • Other words such as "city" so with a true T: "city" and with the glottal T "city".

    そのような "市 "のような他の単語は、真のTとそう。"市 "と、鳥語Tの "市 "を持つ。

  • So, I'm holding in that air when I'm not pronouncing the T sound, and then I release it so "city"

    だから、T音を発音していない時は、その空気を持っていて、それを解放しているので、"city"

  • It's quite in the throat, and there is a sound there so there is a sound there but you cannot hear the T

    かなり喉に入っていて、そこに音があるので、そこに音があるのですが、T

  • and when you have that T sound at the end of words, it might sound like this so instead of saying "light"

    単語の最後にTの音があるとこう聞こえるかもしれないので "light "と言う代わりに

  • I would say "light" and instead of saying "right" I would say "right".

    軽い」と言って「右」と言わずに「右」と言ってしまう。

  • Now if you listen to the way that Emma says "put together" you'll notice that the first T is not sounded.

    さて、エマの「まとめて」の言い方を聞いてみると、最初のTが鳴っていないことに気づくと思います。

  • This is because T is a plosive speech sound.

    これは、Tがplosiveな発話音であるからである。

  • That is to say, when you make that sound some air is released.

    つまり、その音を出すと空気が出てくるということです。

  • So what happens when two T's come together at the end of one word and at the start of another

    単語の最後に2つのTが一緒になって、別の単語が始まるとどうなるのでしょうか?

  • is that first one is not released because it just wouldn't sound right.

    は、最初のものがリリースされていないのは、それだけで正しい音がしないからです。

  • It would be really strange to try and pronounce them both, and say "put together".

    両方とも発音してみて、「まとめて」と言うのは本当に変だと思います。

  • It just seems like too much effort, so to make it easier that first one comes away and we say "put together".

    ただ、あまりにも手間がかかりすぎているように見えるので、最初のものが離れていくのを楽にするために、「まとめる」と言っています。

  • Are you frustrated by finding it difficult to understand fast-speaking natives?

    早口のネイティブを理解するのが難しいことにイライラしていませんか?

  • Then, I highly recommend our Fluent with Friends course.

    ならば、Fluent with Friendsコースを強くお勧めします。

  • In this 48-week course, you will learn with the first two seasons of Friends.

    この48週間のコースでは、フレンズの最初の2シーズンで学びます。

  • Each week you'll receive PDF power lessons, vocabulary memorization software,

    毎週、PDFパワーレッスン、単語暗記ソフトが届きます。

  • access to our Fluency Circle Global Community, and so much more.

    Fluency Circle Global Communityへのアクセスなど、様々な特典があります。

  • And the best part is you can try it right now for free with our Three-part Master Class.

    そして、最高の部分は、あなたが今、私たちの3部構成のマスタークラスで無料でそれを試すことができるということです。

  • All you have to do is click up here or in the description box below to learn more and sign up now.

    あなたがしなければならないのは、ここをクリックするか、または下の説明ボックスで詳細を学び、今すぐサインアップすることです。

  • We hope to see you there.

    ご来場をお待ちしております。

  • Now the schwa sound which you may have heard about is probably the most common sound

    さて、あなたが聞いたことがあるかもしれない schwa の音は、おそらく最も一般的な音です。

  • and the one that you would really need to learn about if you want to sound like a British native.

    と、イギリス人のような声を出したいなら、本当に勉強しなければならないもの。

  • So where words end with "er" for example we don't really pronounce that R again.

    だから、例えば "er "で終わる単語は、私たちはそのRをもう一度発音することはありません。

  • It has more of an sound as in "umbrella".

    どちらかというと「傘」のような音がします。

  • So rather than saying "together" and pronouncing that r or like in american english saying together,

    だから「一緒に」と言って発音するのではなく、アメリカ英語で「一緒に」と言っているように、そのrまたはのように発音しています。

  • in British English we say "together".

    イギリス英語では「一緒に」と言います。

  • So you can hear it in words such as "together, brother, mother".

    なので、「一緒に、お兄さん、お母様」などの言葉で聞くことができます。

  • So I hope you can hear that at the end there that is the schwa sound.

    だから、最後にシュワの音が聞こえてくるといいですね。

  • So it's more of an "uh" sound. You'll hear it in other words as well not just words that end with er.

    なので、どちらかというと「あー」という音になります。erで終わる言葉だけでなく、他の言葉でも聞こえてきます。

  • For example, you'll hear it in survive so we don't say survive we say survive it's very very subtle.

    例えば、サバイバルで聞くことができるので、サバイバルとは言わずにサバイバルと言います......それは非常に微妙です。

  • So next we're going to travel up north and take a look at the Manchester accent which we actually call a Mancunian accent.

    次は北の方に行って、マンチェスター訛りを見てみましょう。

  • We're going to take a little look at Liam Gallagher, who does have quite a strong accent

    リーアム・ギャラガーを見てみましょう彼はかなり強いアクセントを持っています

  • but we're going to look at how he pronounces some words so as I mentioned before even in Cockney London

    でも今から彼の発音を見ていきましょう 前にも言ったように ロンドンのコックニーでも

  • accent the h at start of words is often not sounded out and you'll hear Liam Gallagher do that as well in this clip

    語頭のhをアクセントにすることは、しばしば音が出ないことがありますが、このクリップではLiam Gallagherがそのようなことをしているのを聞くことができます。

  • so instead of saying "have" he'll say "av" so instead of saying "I had a good time"

    "持っている "の代わりに "前 "と言うので "楽しい時間を過ごした "の代わりに

  • some people might say "I ad a good time".

    と言う人もいるかもしれません。

  • another interesting word that he pronounces here is glasses

    めがね

  • so he actually says glasses and this is really more in north of england as well as scotland and wales

    彼は実際にメガネと言っていて、これは本当にスコットランドやウェールズだけでなく、イングランドの北部でより多くのことを言っています。

  • it's only more in the south and in particular london where we say these words with a longer r sound

    南部、特にロンドンではもっと長いRの音で言う。

  • so generally in britain you'll hear words like glass dance pass with a shorter a sound

    イギリスでは、グラスダンスパスのような言葉を短い音で聞くのが一般的です。

  • glass dance pass but in london and accent we have that elongated r sound.

    グラス・ダンス・パスだが、ロンドンとアクセントでは、あの伸びやかなRの音がある。

  • Did you notice how instead of saying myself he actually said myself

    自分のことを言うのではなく 実際に自分のことを言ったのに気づいた?

  • now i think historically this was an influence from Irish English because in the north of england

    歴史的にはアイリッシュイングリッシュの影響だと思います。

  • especially liverpool is very close to the um to the sea and very close to ireland and so over time

    特にレバープールは、海に非常に近く、アイルランドに非常に近いですので、時間をかけて

  • the irish actually influenced the way that brits would say particular words so definitely in the north of england

    イギリス人の言葉の言い方に影響を与えたのはアイルランド人で、イングランド北部では間違いなくそうでした。

  • you will hear people often say myself instead of myself

    吾輩は吾輩ではなく吾輩という言葉をよく耳にする

  • so we're now going to journey back down a little bit in between london and manchester to birmingham

    これから、ロンドンとマンチェスターの間を少し下って バーミンガムに戻ります

  • so birmingham is found in the midlands and we're going to be looking at a clip from peaky blinders

    バーミンガムはミッドランズにあるので、ピーキー・ブラインダーズの映像を見てみましょう。

  • now it's worth noting that even i struggle to understand them when they speak sometimes on peaky blinders

    今、注目すべきは、彼らが時々ピーキーな目隠しをして話すとき、私でさえ彼らを理解するのに苦労しているということです。

  • and i do actually watch the show with subtitles to make sure i don't miss anything

    そして、私は実際に字幕で番組を見て、何かを見逃さないようにしています。

  • but if you do ever visit birmingham itself you'll find this accent is not quite as strong as in the show

    しかし、バーミンガムに行ったことがある人は、このアクセントがショーほど強くないことに気づくでしょう。

  • and you will understand people a lot better so one thing that's really distinctive in this accent is the way

    そして、あなたは人々をよりよく理解することができるようになります。

  • they pronounce the uh so it's that u sound that's found in the middle of words or sometimes at the start

    あーと発音するので、単語の途中や最初の方にある「う」の音が「う」になります。

  • and in london for example we would pronounce this as uh so when i say us it has that sound that you would

    ロンドンでは「あー」と発音するので、「私たち」と言った時には、「あー」と発音します。

  • associate with the letter but here you can hear them say "ooz"

    ウンズと言えば文字を連想しますが、ここでは「ウンズ」と言うのが聞こえてきます。

  • and you hear it in the way that they say pub as well

    と、パブと同じような言い方をしているように聞こえます。

  • so in the south of england we would say pub but as you can hear in the birmingham accent we can hear pub

    南イングランドではパブと言いますが、バーミンガム訛りではパブと聞こえます。

  • so it has more of an uh sound quite a short uh sound maybe as in good this sound is synonymous with more

    この音はもっと短い音で、この音が良いということは、この音がもっと良いということと同義です。

  • northern accents you will hear it the further north you go up um in the british isles so it's not just a birmingham

    北の方のアクセントは、イギリス諸島の北に行けば行くほど聞こえてくるので、バーミンガムだけではありません。

  • accent but here it is very very strong.

    アクセントになっていますが、ここでは非常に強いです。

  • so you'll notice that any time the word of is said it actually connects with the word before and after it

    という言葉が出てくるたびに、その前後の言葉がつながっていることに気づくでしょう。

  • so we don't actually hear the v sound so when he says a lot of money it sounds like a lot of money

    だから実際にはVの音は聞こえないので、彼が大金と言うと大金のように聞こえます。

  • so it's more of a connected speech and here are some examples to see that even further

    ということで、より接続された話し方になりますが、ここではそのことをさらに確認するための例をいくつか挙げます。

  • you can also hear this when he says a lot of money so rather than saying a lot of money he says a lot of money.

    彼が大金と言った時にも聞こえてくるので、大金と言うよりは大金と言った方がいいでしょう。

  • so again he's just shorting in it it makes it easier to say and again that you will find a lot in birmingham

    またしても、彼は空売りをしているだけなので、バーミンガムで多くのことを見つけることができると、言いやすくなっています。

  • did you also notice the way that he said pour it so when we say poor it has more of an elongated sound

    貧乏人と言った時の音の伸びやかさに気付いたかな?

  • but if you hear the way that thomas shelby says it in this clip he says pour it so again it has more of an ooh sound

    しかし、このクリップの中でトーマス・シェルビーの言い方を聞くと、彼は「注ぐ」と言っているので、またしても「おー」のような音がします。

  • but they also roll the r ever so slightly so you do hear the r sound a lot more than you would with an rp accent

    しかし、彼らはRを少しずつ転がしているので、Rの音はRPのアクセントよりもずっとよく聞こえます。

  • or a more london or southern accent

    ロンドンか南のアクセント

  • if you'd like to learn a little bit more about british english and also the difference between this

    イギリス英語とこの違いについてもう少し学びたい方は

  • and american english i highly recommend that you listen to our podcast where ethan and i actually went through

    イーサンと私が実際に体験したポッドキャストを 聞くことをお勧めします

  • a whole load of different words that are different in britain and america so you can check out

    イギリスとアメリカでは違う言葉がたくさんあるので、チェックしてみてください。

  • in the description box below that link so you can listen to it after this lesson

    このレッスンの後に聞くことができるように、そのリンクの下にある説明ボックスに入れてください。

  • so we're now going to travel a little bit further west to wales and did you know that catherine zeta jones

    今から少し西に旅行して ウェールズに行きます キャサリン・ゼタ・ジョーンズを知っていますか?

  • is in fact welsh you may not have realized because her accent is probably not quite as strong now

    彼女のアクセントはおそらく今ほど強くないので、あなたは気づかないかもしれませんが、実際にはウェールズ人です。

  • from living in America for so long but she is in fact from wales

    アメリカに長く住んでいたが、彼女は実はイギリス出身である。

  • now in this clip she describes the welsh accent

    このクリップでは、彼女はウェールズのアクセントを説明しています。

  • and i really like the way that she describes it because she says that it's sing-songy

    彼女が言うには歌謡曲のような感じだから、その表現方法が本当に好きなんです。

  • now what does that mean if someone describes something as sing-songy

    歌謡曲にしても何の意味があるのか

  • they mean that it sounds like a song so as you can hear in this clip the way that she talks there's a lot

    彼らは歌のように聞こえるという意味で、このクリップで聞くことができるように、彼女の話し方には多くのことがあります。

  • of intonation and it does very much sound very sing-songy

    抑揚があって、とても歌謡曲のように聞こえます。

  • i think that this is probably the best way to describe the welsh accent but it is also important to know that again

    これは、おそらくウェールズ訛りを説明するのに最適な方法だと思いますが、もう一度知っておくことも重要です。

  • depending whether you're in the north or the south of wales the accent will be very different

    北と南では訛りが違う

  • i do find that they are a lot stronger in the south of wales than they are in the north

    北部より南部の方がはるかに強いことがわかります

  • and the north as it's so close to liverpool manchester does have a little bit more representation of these two

    北部はレバプールに近いので マンチェスターはもう少しこれらの2つの表現を持っています

  • accents so in this next clip from one of my favorite british tv series gavin and stacy

    この次のクリップでは、私のお気に入りのイギリスのテレビシリーズの一つからアクセントであるので、ギャビンとステイシー

  • stacy is in fact from wales and you will hear a stronger welsh accent here

    ステイシーは実際にはウェールズ出身で、ここではより強いウェールズ訛りを聞くことができます。

  • so let's see what you think

    如何でしょうか

  • so we're now moving further north all the way to scotland and here you will hear a glaswegian accent

    我々は今さらに北に移動しています スコットランドへのすべての方法 そしてここであなたはグラスゴー語のアクセントを聞くことができます

  • which means this person is from glasgow he is probably the most successful football manager

    つまり、この人はグラスゴー出身で、彼はおそらく最も成功したサッカーの監督だということです。

  • in the history of the game sir alex ferguson

    ゲームの歴史の中で サー・アレックス・ファーガソン

  • now you'll probably notice in this clip that many sounds within words are unstressed

    このクリップを見ていると、単語の中の多くの音にストレスがないことに気がつくと思います。

  • so it can be quite difficult to actually understand sometimes what is being said

    だから、何を言われているのか理解するのが難しいこともあります。

  • for example the way that he says definitely

    例えば、彼は間違いなくと言う方法

  • so you can hear that i'm pronouncing most of the sounds in that word definitely

    聞けば、その単語のほとんどの音を確実に発音していることがわかりますね。

  • but here he says it's so fast it's very easy to miss it he says definitely

    しかし、ここでは、彼はそれを見逃すことは非常に簡単だと言っています......彼は間違いなく言っています

  • so it's quite tricky to understand sometimes what is being said

    ということで、何を言われているのかわかりにくい

  • You will also notice with a scottish accent that the r sound is more prominent at times they tend to roll the r

    また、スコットランドのアクセントでは、Rの音がより顕著になることがありますが、Rを転がす傾向があります。

  • not so much but definitely maybe that one time so that you do hear it a little bit more

    それほどではないが、間違いなく一度だけでいいので、もう少し聞くことができる。

  • i do believe that in tv series and movies sometimes this accent is exaggerated and a little bit overdone

    テレビシリーズや映画では、時々このアクセントが大げさで少しやり過ぎだと思います。

  • because they don't roll the r's that much but you can hear it there a little bit

    rをあまり転がしていないからですが、少しだけ聞こえます。

  • this is in fact called a tapped r so you'll hear it in words such as bright so in scotland you'd hear it more as bright

    これは実際にはタップされたrと呼ばれていますので、明るいなどの言葉で聞くことができますので、スコットランドでは明るいと聞くことができます。

  • and words such as red so they would say red

    と赤などの言葉が出てくるので、赤と言ってしまう

  • so you can hear that i am rolling that r a little bit

    聞こえるかな?

  • but not too much so it's called a tapped r another interesting thing to note about

    しかし、それはあまりにも多くないので、それはタップされたRと呼ばれています。

  • the scottish accent is the way that they say words such as good and food and mood

    スコティッシュアクセント

  • so that double o sound in british english is most commonly that sound an ooh sound mood food

    イギリス英語のダブルO音が最も一般的な音のOoh音の気分食品であるように