Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello. This is 6 Minute English from

    こんにちは。からの6分間英語です。

  • BBC Learning English. I'm Neil.

    BBCの英語学習。私はニールです

  • And I'm Rob.

    私はロブです

  • From the ancient Roman sea god,

    古代ローマの海の神から

  • Neptune, to myths of mermaids,

    ネプチューン、人魚の神話に

  • to modern Hollywood films

    現代のハリウッド映画に

  • like Finding Nemo, people throughout

    ファインディングニモのように、全体の人々

  • history have been fascinated

    歴史に魅せられて

  • by the idea of living

    せいかつかんがえて

  • underwater. In this programme, we'll be

    の水中での様子をお伝えします。このプログラムでは

  • hearing about projects to

    聞取り

  • create liveable underwater

    水中で生活できるようにする

  • habitats and the challenges they face.

    生息地と彼らが直面している課題

  • We'll be finding out how realistic it is

    そのリアルさに迫る

  • to believe that in a few years we could be

    数年後には

  • eating breakfast whilst watching fish

    ぎょぎょうを見ながら朝ごはん

  • swim outside the kitchen window,

    キッチンの窓の外を泳ぐ

  • before heading

    向かう前に

  • off to work in an office under the ocean...

    海の下のオフィスに出勤して

  • ... and we'll be learning some related

    ...そして、関連するいくつかの

  • vocabulary as well. But first it's

    ボキャブラリーもしかし、まずそれは

  • time for our quiz

    クイズタイム

  • question. One of the first adventure

    の質問。最初の冒険の一つ

  • stories to fire the public's

    衆人環視の火付け役になるような話

  • imagination about the

    に思いを馳せて

  • underwater world was the 1870 novel,

    水中世界は1870年の小説。

  • Twenty Thousand Leagues Under

    二万哩の下

  • the Sea. But who wrote

    海だしかし、誰が書いたのか

  • this underwater classic? Was it:

    この水中クラシック?そうだったのか?

  • a) H G Wells?, b) Arthur Conan Doyle?, or

    a) H・G・ウェルズ? b) アーサー・コナン・ドイル?

  • c) Jules Verne?

    c)ジュール・ヴェルヌ?

  • I think I know this one, Neil.

    これは知ってるぞ ニール

  • Wasn't it a) H G Wells?

    H・G・ウェルズじゃないの?

  • OK, Rob, we'll find out later if you're

    分かったわ ロブ 後で調べましょう

  • right. Now, one of the

    そうですね。さて、そのうちの一つ

  • most ambitious designs

    野心的設計

  • for an underwater city is Ocean Spiral,

    海底都市はオーシャンスパイラルです。

  • a huge transparent globe attached

    露骨な球体

  • to the seabed -

    海底に

  • the solid ground which lies

    盤石

  • deep below the sea level.

    海面下の深いところで

  • The top of the globe stands above the

    の上には、地球儀の上部が立っています。

  • surface of the ocean and

    海面と

  • running through the centre

    ちゅうしんそうこう

  • is a tower to add strength, and to provide

    は、強さを加えるための塔であり

  • space for homes, offices

    ホームスペース

  • and even an amusement

    娯楽までも

  • park for five thousand

    五千坪

  • underwater residents.

    水中の住人。

  • Ocean Spiral has been dreamt up

    オーシャンスパイラルが夢に出てきた

  • by the Japanese Shimizu Corporation.

    日本の清水建設によって。

  • Here's Shimizu engineer,

    清水エンジニアです。

  • Maksaki Takeuchi, explaining to BBC

    竹内真咲、BBCに解説

  • World Service programme,

    ワールドサービスプログラム。

  • CrowdScience, the motivation

    クラウドサイエンス、モチベーション

  • behind the idea:

    アイデアの背後にある

  • At the moment the world is facing a lot of

    現在、世界は多くの

  • serious problems regarding

    大問題

  • food, energy, water,

    食料、エネルギー、水

  • natural resources... however we are trying

    天然資源... しかし、私たちは努力しています

  • to solve the issues just by using our land.

    自分たちの土地を使うだけで問題を解決するために

  • Our idea is to connect the sea surface

    私たちの考えは、海面をつなぐことです。

  • and the deep sea vertically

    と深海を縦に

  • and that way we believe

    そして、そのように私たちは信じています

  • that we can utilise the capability of the

    の能力を活用できることを

  • deep sea and that's the purpose

    深海、それが目的

  • of this whole project.

    このプロジェクト全体の

  • The effects of human activity on the land

    人間の活動が土地に与える影響

  • have led some to look to the

    に目を向けるようになった人もいます。

  • oceans for natural

    しぜんのうみ

  • resources - naturally existing things

    資源-自然界に存在するもの

  • such as minerals, oil, coal

    鉱物、石油、石炭など

  • and other energy sources

    などのエネルギー源

  • that can be used by people.

    人が使えるような

  • This search deep underwater is

    この探索は水中深部の

  • happening vertically - at a ninety

    垂直方向に発生しています。

  • degree angle straight up or

    度角

  • down from the ground, as opposed to

    降りてくるのとは対照的に

  • horizontally, or flat across the

    横並びに

  • Earth's surface.

    地球の表面。

  • But as yet, Shimizu Corporation's plans

    しかし、今のところ清水建設の計画は

  • for an underwater city

    海中都市のために

  • are still in the planning

    策定中

  • stages - no part of the project has yet

    段階 - まだプロジェクトの一部が完成していません。

  • been built and the total cost

    建てられており、総費用は

  • is thought to exceed

    を超えると思われる

  • 26 billion dollars.

    26兆ドル。

  • In fact, the longest anyone has spent

    実際、誰もが一番長く過ごしているのは

  • living under the sea is only 73 days.

    海の下での生活はたったの73日。

  • That record

    その記録

  • was set by Roger Garcia, ex-military diver

    元軍人ダイバーのロジャー・ガルシアさんがセットしてくれました。

  • and head of The Aquarius,

    とザ・アクエリアスの代表。

  • currently the world's

    現在世界的に

  • only underwater research station.

    唯一の水中調査所。

  • Here's Roger Garcia, explaining to BBC

    ロジャー・ガルシアがBBCに説明しています。

  • World Service programme,

    ワールドサービスプログラム。

  • CrowdScience, what happens

    クラウドサイエンス、何が起こるか

  • to the human body after living

    生きた後の人間の体に

  • underwater for so long:

    こんなに長い間、水中で

  • ... perhaps a change in their voice, not

    ...声が変わったのかもしれません。

  • much 'cos we're not very deep,

    深くないからだよ

  • that's because

    というのは

  • the air becomes denser. Physiologically

    空気が濃くなります。生理的には

  • the most important thing though,

    でも一番大事なのは

  • is that since

    というのは

  • you are in this case at two and a half

    此の場合は、二人半

  • times atmospheric pressure

    倍気圧

  • you do take on more inner

    己の内面をより一層引き締めている

  • gas, and in this case - inside The Aquarius

    ガス、そしてこの場合は - 水瓶座の中で

  • we just breathe normal air - you're gonna

    私たちは普通の空気を吸っているだけです。

  • take on more nitrogen and depending on

    より多くの窒素を取り

  • how long you stay in The Aquarius,

    あなたは水瓶座にどのくらい滞在しています。

  • that's going

    そうなる

  • to incur some sort of

    掛かる

  • decompressed obligation.

    減圧された義務。

  • In addition to engineering challenges,

    工学的な課題に加えて

  • living underwater for long periods

    潜水生活

  • of time also affects

    にも影響を与えます。

  • the human body. One example is the

    人体のことです。一例としては

  • bends - or decompression sickness,

    屈曲 - または減圧症。

  • a serious medical

    重症

  • disorder created by nitrogen bubbles in

    窒素泡障害

  • the muscles when returning

    かえりきん

  • to the surface of the

    の表面に

  • sea too quickly.

    海が早すぎる。

  • The bends, and changes to the voice,

    曲がって、声に変化していく。

  • are examples of how underwater

    は、水中での

  • living changes the body

    くらしがからだを変える

  • physiologically - relating to how the

    生理学的に - どのように

  • bodies of living humans

    人体

  • and animals function.

    と動物の機能。

  • As divers descend deep below the

    ダイバーが下に深く潜ると

  • ocean's surface, there is

    海面には

  • an increase in atmospheric

    ぞうき

  • pressure - the normal air pressure

    圧力 - 通常の空気圧

  • within the Earth's atmosphere.

    地球の大気中にある

  • The deeper they dive,

    潜るほど深くなる。

  • the higher the pressure. Physiological

    圧力が高いほど生理的な

  • reactions like the bends are

    ベンドのような反応は

  • caused by divers incorrectly

    潜り違い

  • readjusting to normal

    再調整

  • atmospheric pressure.

    大気圧。

  • Well, Neil, with so many difficulties,

    まあ、ニール、いろいろと難しいこともあって。

  • it's no surprise that HG Wells's

    HGウェルズの

  • fantasy of living

    せいかつそうそう

  • under the sea is still science-fiction.

    海の下はやはりSF。

  • Ah, but are you sure it was H G Wells,

    ああ、でも確かにH・G・ウェルズだったのか?

  • Rob? In my quiz question

    ロブ?私のクイズ問題では

  • I asked you who wrote

    誰が書いたのか聞いてみた

  • the classic underwater adventure

    クラシック・アンダーウォーター・アドベンチャー

  • Twenty Thousand Leagues

    二万哩

  • Under the Sea.

    海の下で

  • Yes, and I said a) H G Wells.

    はい、そして私はH・G・ウェルズと言いました。

  • Which was... the wrong answer!

    どっちが...不正解だったんだ!

  • It was, in fact, c) Jules Verne,

    実際には、C)ジュール・ヴェルヌだった。

  • the French author who also

    フランスの作家

  • wrote Around the World in Eighty Days.

    80日で世界一周」を書いた。

  • In this programme, we've been discussing

    このプログラムでは、これまで

  • the challenge of living underwater, going

    水中生活への挑戦

  • down vertically - at a 90 degree angle -

    俯仰

  • to the seabed - the solid ground hundreds

    海底まで - 固体の地面数百

  • of metres under the sea.

    海の下の何メートルか

  • Ocean explorers search underwater

    海洋探検家が水中を探索

  • for natural resources - useful

    天然資源のために - 役に立つ

  • materials like coal and oil.

    石炭や石油のような物質。

  • But they face many physiological

    しかし、彼らは多くの生理的な問題に直面しています。

  • problems - problems relating

    問題点

  • to how the human body

    人体の仕組みに合わせて

  • functions, such as the bends - a painful

    屈曲などの機能 - 痛みを伴う

  • medical condition caused by returning too

    還暦病

  • quickly to atmospheric pressure -

    急速に大気圧に

  • the Earth's usual air pressure.

    地球の通常の気圧

  • That's all for this programme,

    この番組は以上です。

  • but we hope

    しかし、我々は願っています

  • you'll be diving back into 6 Minute English

    あなたは6分間の英語に飛び込むことになります。

  • very soon. Bye for now!

    もうすぐだよさようなら!

  • Bye!

    さようなら!

Hello. This is 6 Minute English from

こんにちは。からの6分間英語です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 水中 ウェルズ 生理 海面 人体 気圧

人間は水中都市に住むことができるのか?- 6分間の英語 (Could humans live in underwater cities? - 6 Minute English)

  • 23 5
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 24 日
動画の中の単語