Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • this video was made possible by skill share.

    この動画はスキルシェアによって実現しました。

  • Learn anything you want to learn with skill Share for free for two months at s K A l dot s h slash Real life Lord 19 Malaysia Airlines Flight 3 70 was a scheduled flight on March 8th 2014 that was scheduled to leave from Kuala Lumpur in Malaysia at 12:35 a.m. and arrive in Beijing, China at 6:30 a.m. But Flight 3 70 never arrived in Beijing.

    スキルで学びたいことは何でも学べる シェア2ヶ月間無料 at s K A l dot s h slash 実生活主19 マレーシア航空3便70便は2014年3月8日にマレーシアのクアラルンプールを12時35分に出発し、6時30分に中国の北京に到着する予定だったが、3便70便が北京に到着することはなかった。

  • And now, over four years later, since the plane mysteriously vanished, we still don't have an answer for what happened to it or where exactly it currently is.

    そして今、4年以上経った今、飛行機が不思議に消えたので、我々はまだそれに何が起こったか、または正確にそれが現在どこにあるかのための答えを持っていません。

  • The disappearance of the plane mid flight and the lack of any conclusive answers has guaranteed that Flight 3 70 remains the greatest mystery in aviation history.

    飛行中の飛行機の消失と決定的な回答の欠如は、3便70便が航空史上最大の謎であることを保証しています。

  • This video is my attempt to give you as much information as possible and to help explain how exactly a plane could go missing in the 21st century.

    このビデオは、できるだけ多くの情報を与え、飛行機が21世紀に行方不明になる方法を正確に説明するのに役立つように、私の試みです。

  • First, the Basics Flight 3 70 was one of two daily flights operated by Malaysia Airlines that made flights between Kuala Lumpur and Beijing.

    まず、ベーシック3 70便は、マレーシア航空がクアラルンプールと北京を往復する1日2便のうちの1便でした。

  • Flight 3 70 was scheduled to leave Kuala Lumpur on the eighth of March at 12:35 a.m. and arrive in Beijing at 6:30 a.m. For a total flight time of five hours and 34 minutes.

    3月8日午前12時35分にクアラルンプールを出発し、午前6時30分に北京に到着する予定だった3号機70便は、総飛行時間5時間34分。

  • The aircraft that was being flown was a Boeing Triple Seven passenger jet that was carrying enough fuel to remain in the air for seven hours and 31 minutes more than enough time to make a diversion in the event of an emergency.

    飛行していたのはボーイング・トリプルセブン型旅客機で、緊急時に迂回するのに十分な時間以上の7時間31分もの間、十分な燃料を積んでいたという。

  • The plane itself was 11 years old and had no previous incidents of mechanical issues reported.

    飛行機自体は11年前のもので、これまでに機械的な問題が報告されたことはありませんでした。

  • The flight was operated by a crew of 12 people, all of whom were Malaysian citizens and two pilots.

    同便はマレーシア国籍者とパイロット2名の計12名の乗組員が運航していた。

  • The pilot in command was 53 year old Zahara Ahmad Shah, a longtime employee who had joined Malaysia Airlines back in 1981 and had over 18,000 hours of flight time.

    指揮を執ったのは、1981年にマレーシア航空に入社してから長く勤務し、18,000時間以上の飛行時間を持つ53歳のザハラ・アフマド・シャー氏。

  • His co pilot was 27 year old Fariq Abdul Hamid, who had been with the company for seven years and had over 2700 hours of flight.

    彼の共同パイロットは27歳のファリク・アブドゥル・ハミッドで、入社7年目で2700時間以上のフライト経験がありました。

  • Experience is well.

    経験値は十分にあります。

  • In addition to these two pilots and 10 other crew members.

    この2人のパイロットに加えて、他の乗組員10人。

  • There was a total of 227 passengers that were onboard 153 Chinese citizens, 50 Malaysians, seven Indonesians, six Australians, five Indians, four French, three Americans, two Canadians to Iranians to New Zealanders to Ukrainians.

    乗客は、中国人153人、マレーシア人50人、インドネシア人7人、オーストラリア人6人、インド人5人、フランス人4人、アメリカ人3人、カナダ人2人からイラン人、ニュージーランド人からウクライナ人まで、合計227人でした。

  • One Dutch, one Russian and one Taiwanese departing slightly later than scheduled.

    オランダ人1名、ロシア人1名、台湾人1名が予定より少し遅れて出発しました。

  • Flight 3 70 took off from the runway at Kuala Lumpur ER at 12:42 a.m. and was soon cleared by air traffic control to climb to 18,000 ft in altitude.

    3便70は午前12時42分にクアラルンプールERの滑走路を離陸しましたが、すぐに航空管制官の許可を得て高度18,000フィートまで上昇しました。

  • Subsequent voice analysis has confirmed that the first officer aboard the flight verbally communicated with air traffic control before the flight took off and that the captain was in communication with them just after taking off.

    その後の音声分析では、同便に搭乗していた副官が離陸前に航空管制官と口頭で交信していたこと、また離陸直後に機長が管制官と交信していたことが確認されています。

  • The flight at first continued normally, but at one of 6 a.m. The plane sent its last automated position report and final transmission.

    当初は正常に飛行を続けていましたが、午前6時1分、飛行機は最後の自動位置報告と最終送信を送信しました。

  • The last verbal contact that anybody had with somebody on the flight occurred just moments later at 1 19 AM, just 37 minutes after the plane had taken off.

    飛行機が離陸してからわずか37分後の午前1時19分に誰かとの最後の口頭での接触が発生しました。

  • At that time, Kuala Lumpur er radar made a call to the cockpit of the flight, telling them to switch over to Vietnam's airspace, saying Malaysian 370 contact HO team in 1 to 0 decimal nine.

    その頃、クアラルンプールのエル・レーダーは、マレーシアの370番コンタクトHOチームが1から0までの10進数9で、ベトナムの空域に切り替えるように言って、コックピットに電話をかけてきました。

  • Good night.

    おやすみなさい

  • This was answered by the head pilot, Captain Shaw, when he simply said, Good night, Malaysian 370 The plane was now flying over the Gulf of Thailand on its scheduled path.

    これにはヘッドパイロットのショー機長が、「おやすみなさい、マレーシアの370号機」とだけ答えた。

  • But this is when things start to get weird.

    しかし、これは物事が奇妙になり始めたときです。

  • Just three minutes after making their final verbal contact with the outside world at 1:21 a.m. Flight 3 70 suddenly vanished from the radar screens at both Kuala Lumpur ER and Hokey Men City.

    午前1時21分、外界との最後の言葉による接触を行ったわずか3分後、3便70便は突然、クアラルンプールERとホーキーメン・シティの両方のレーダースクリーンから消えました。

  • This means that the transponder on board the flight was no longer working at this time.

    つまり、この時点で機内のトランスポンダが機能しなくなっていたということです。

  • There were very few clouds in the area with no storms, which means it's extremely likely that the transponder was manually turned off by somebody instead.

    その地域には雲が少なく嵐もありませんでしたつまりトランスポンダが誰かに手動で切られた可能性が非常に高いということです

  • Military radar was still capable of tracking the flight after this point, though, and here's what happened next.

    軍のレーダーはこの後も飛行を追跡することができましたが、次に起こったことは以下の通りです。

  • For whatever reason, the plane began to make a turn right, but then took a sudden left turn to a southwesterly direction.

    なぜか飛行機は右折を始めたが、急に左折して南西方向に向かった。

  • Flight 3 70 then flew in this direction directly back over the Malaya Peninsula, fluctuating a few 1000 ft an altitude.

    第3便70便は、その後、この方向に直接マレー半島上空を飛行し、高度を数千フィート変動させながら戻ってきました。

  • At 1:52 a.m. Flight 3 70 was detected to cross just south of Pinning Island and then took another turn to fly across the Strait of Malacca.

    午前1時52分、第3便70便はピニング島のすぐ南側を横断することが検出され、その後、再び旋回してマラッカ海峡を横断して飛行しました。

  • The last location of MH 3 70 known with certainty, was about here over the Indian Ocean at 2:22 a.m. which was near the limits of the Malaysian military radar.

    確実に知られているMH 3 70の最後の場所は、マレーシアの軍事レーダーの限界に近いインド洋上の午前2時22分にここにあった。

  • Despite being lost a radar, the flight was still making satellite communications.

    レーダーを失ったにもかかわらず、飛行はまだ衛星通信を行っていた。

  • Based on an analysis of the satellite data.

    衛星データの分析に基づいています。

  • It has been concluded that MH 3 70 then took another bizarre turn in this general direction and area and continued to fly this way for over five hours the whole time this part of the trip was happening, the Aircraft satellite communication system was responding toe hourly status requests from the satellite company Inmarsat.

    それは、MH 3 70がその後、この一般的な方向とエリアで別の奇妙なターンを取って、旅行のこの部分が起こっていた間、航空機の衛星通信システムは、衛星会社のインマルサットからの1時間ごとの状況要求に応答していた5時間以上の間、このように飛行し続けたと結論づけられている。

  • A phone call was made to the cockpit again at 2:39 a.m. Which ring, but when unanswered by anybody inside.

    午前2時39分に再びコックピットに電話がかかってきましたが、中の誰も出ませんでした。

  • Over four hours later, at 7:13 a.m. Another phone call was made to the cockpit, but this time to it just rang and went unanswered.

    4時間以上後の午前7時13分、別の電話がコックピットにかけられたが、この時間にはちょうどそれが鳴って、応答されずに行きました。

  • By 7 24 AM, while still airborne somewhere over the Indian Ocean, the flight was one hour late past its scheduled arrival in Beijing, the Malaysian government announced that they had lost contact with the plane and that search and rescue operations had been mobilized but unknown to them at the time and made 3 70 was still flying.

    午前7時24分までに、まだインド洋上のどこかに空中にいながら、飛行は北京に到着予定時刻を過ぎて1時間遅れていた、マレーシア政府は、彼らが飛行機との連絡を失ったことを発表し、捜索救助活動が動員されていたが、その時点では彼らには知られていないと作られた3 70はまだ飛んでいた。

  • The last piece of data received from the plane happened at 8:19 a.m. It was a log on request sent by the flight to the company, Inmarsat, which would have only happened for a few reasons, namely either a power or a software failure.

    飛行機から受信したデータの最後の部分は、午前8時19分に起こった.それは、飛行によって会社、インマルサットに送信されたログオン要求だった, すなわち、電源またはソフトウェアの障害のいずれかのいくつかの理由のためだけに起こったであろう.

  • The plane at this point had been flying for seven hours and 38 minutes, and since it was only scheduled to fly for 5.5 hours, it's most likely that the plane had run out of fuel by this point, Inmarsat's and another status request to the plane at 9:15 a.m. But this time it finally went unanswered.

    この時点での飛行機の飛行時間は7時間38分で、5時間半しか予定されていなかったので、この時点までに燃料が尽きていた可能性が高いです、インマルサットの、そして9時15分に飛行機に別のステータスリクエストをしたのですが、今回はついに応答がありませんでした。

  • Based on that fact, it's most likely that the plane crashed in the Indian Ocean sometime between 19 and 9 15.

    その事実に基づいて、飛行機はインド洋に墜落した可能性が高い。

  • But it's still not known exactly where this happened When the final communication was made with a flight at 8:19 a.m. It's been calculated that the flight was somewhere along this black curve, taking that into consideration and the general flight path the plane was taking analyzed from the satellite data.

    しかし、これがどこで起こったのかは正確には分かっていません。午前8時19分にフライトとの最終通信が行われたとき、この黒い曲線に沿ってどこかにいたと計算されていて、それと衛星データから解析された一般的な飛行経路を考慮に入れています。

  • And it's most likely that the plane went down somewhere around here, several 1000 kilometers west of Australia.

    飛行機が墜落した可能性が高いのは オーストラリアの西数千キロのこの辺りです

  • So to recap, the plane departed from Kuala Lumpur on the way to Beijing and started flying on the normal flight path, but then made a sudden right turn over the Gulf of Thailand than a sudden left turn and flew across the Malaya peninsula.

    そこで、要約すると、北京に向かう途中のクアラルンプールを出発した飛行機は、通常の飛行経路で飛行を開始したが、急な左折よりもタイ湾上空で急な右折をして、マラヤ半島を横断して飛んでいったのである。

  • Once passed the island of pinning the plane took another turn to fly into the Indian Ocean and then took another turn south and flew for over five hours straight across that ocean before it probably finally ran out a few fuel and crashed somewhere west of Australia in the middle of nowhere.

    飛行機がインド洋に飛ぶために別のターンをとり, 南に別のターンをとり, おそらく最終的にいくつかの燃料を使い果たして, どこにもないところでオーストラリアの西のどこかに墜落する前に, その海を横切ってまっすぐに5時間以上飛んだ.

  • The search for the plane and the 239 people on board began almost immediately.

    飛行機と239人の搭乗者の捜索は、ほぼすぐに始まった。

  • The hunt initially began in Southeast Asia as it was believed early on that the plane probably went down around here but is more information came out about the actual path the flight took.

    それは飛行機がおそらくこのあたりでダウンしたが、より多くの情報は、フライトが取った実際のパスについて出てきたと考えられていたので、狩りは、最初に東南アジアで始まった。

  • The search was changed to the Indian Ocean between March 18th and April 28 19 ships and 345 sorties by military aircraft, searched an area over 4.6 million square kilometers in size, larger than the entire country of India and found nothing.

    3月18日から4月28日までの間にインド洋に変更され、軍用機で19隻、345回の出撃を行い、インド全土よりも広い460万平方キロメートル以上のエリアを捜索したが、何も見つからなかった。

  • A sonar search of the sea floor was also conducted about 1800 kilometers west of Perth, Australia, but also didn't find anything.

    また、オーストラリアのパースから西に約1800キロ離れた場所で海底のソナー捜索が行われましたが、こちらも何も見つかりませんでした。

  • Nothing at all was actually discovered until over a year after the plane vanished when in July 2015 a piece of wreckage was discovered washed up on the beach of Re union, 4000 kilometers west of the main search area.

    2015年7月に残骸の一部が発見されたときに飛行機が消えた後、1年以上にわたって実際に発見されたものは全くありませんでした レユニオンのビーチに漂着したとき、メインの検索エリアの西4000キロ。

  • The piece was a wing flaperon, this part on a plane and it was confirmed to have come from MH 3 70.

    作品は、翼flaperon、平面上のこの部分だったし、それはMH 3 70から来ていることが確認された。

  • Its analysis showed that the landing flaps of the plane were not extended when it crashed, which kind of terrifyingly supports the theory that when the plane crashed in the ocean, it did so by entering into a vertical dive.

    その分析では、飛行機が海に墜落したとき、飛行機の着陸フラップが拡張されていなかったことが示されている, それは一種の恐ろしいほどに飛行機が海に墜落したとき、それは垂直潜水に入ることによってそうしたという理論をサポートしています.

  • A few more pieces of wreckage were later discovered across the coast of East Africa, but by January 17th, 2017 nearly three years after the plane's disappearance, the official search for the flight was suspended after discovering no other evidence for the Plains location other than those small amounts of debris.

    残骸のより多くの部分が後で東アフリカの海岸を渡って発見された, しかし, 2017年1月17日までに, 飛行機の消失のほぼ3年後に, 飛行のための公式な検索は, 残骸のそれらの少量以外の平野の場所のための他の証拠を発見した後に中断された.

  • The search was conducted mostly by the governments of Malaysia, Australia and China, and it had become the most expensive search in aviation history, costing $155 million.

    捜索はマレーシア、オーストラリア、中国の政府が中心となって行われ、1億5500万ドルという航空史上最も高額な捜索となっていた。

  • The official report from the search plane to have narrowed down the location of the crash to a 25,000 square kilometer area in the ocean here west of Australia, an area roughly the same size as Macedonia.

    捜索機からの公式報告書は、オーストラリアのここ西の海の25,000平方キロメートルのエリアに墜落の場所を絞り込んだ、マケドニアとほぼ同じ大きさのエリアです。

  • In January 2018 though, a private US company called Ocean Infinity announced that it would resume the search for the plane in that 25,000 square kilometer area.

    しかし、2018年1月には、オーシャンインフィニティと呼ばれる米国の民間企業が、その25,000平方キロメートルのエリアで飛行機の捜索を再開すると発表しました。

  • But as of March 2018 after searching a 33,000 square kilometer area around it, they too have found nothing.

    しかし、周囲3万3000平方キロを捜索した2018年3月現在、彼らも何も見つけられていない。

  • After over four years of searching and coming up with few answers, the speculation as to what happened to MH 3 70 has been rampant.

    4年以上も検索して、ほとんど答えが出てこなかった後、MH 3 70に何が起こったのかについての憶測が横行しています。

  • We're pretty certain about the path of flight took and the general area of where it crashed, but we're no closer to understanding why it happened.

    飛行経路と墜落した場所の一般的な範囲についてはかなり確信がありますが、なぜ墜落したのかの理解には至っていません。

  • The first major theory that got a lot of early attention was a possible hijacking from passengers on board.

    早くから注目されていたのは、乗客からハイジャックされた可能性があるというメジャーな説です。

  • There were two men aboard the flight who are Iranian citizens with stolen passports, which raised a considerable amount of suspicion.

    便乗していたのは、盗まれたパスポートを持ったイラン国籍の男性2人で、かなりの疑惑が浮上しています。

  • They had only purchased one way tickets from Kuala Lumpur to Beijing and Onley entered Malaysia a week before the flight departed.

    彼らはクアラルンプールから北京までの片道航空券しか購入しておらず、オンリーは出発の1週間前にマレーシアに入国した。

  • But Interpol later concluded that both men were simply asylum seekers fleeing Iran and not terrorists.

    しかし、インターポールは後に、二人の男性はイランから逃げてきた亡命者であり、テロリストではないと結論付けた。

  • Neither of them had the relevant skills to have flown a plane and performed hijacking.

    どちらも飛行機を操縦してハイジャックを行うほどの技能を持っていませんでした。

  • And both American and Malaysian officials extensively reviewed the backgrounds of every single passenger named in the flight manifest and came up with no potential leads.

    アメリカとマレーシアの両政府は、搭乗者名簿に記載された乗客の経歴を広範囲に調査しましたが、何の手がかりも得られませんでした。

  • There was speculation that the plane could have been hijacked and taken to a remote island, but no group to date has ever claimed responsibility for the that and following the discovery of the wreckage off the coast of Africa, this theory has become extremely unlikely.

    飛行機がハイジャックされ、離島に連れて行かれた可能性があるという憶測があったが、今日までどのグループもその責任を主張していないし、アフリカ沖の残骸の発見に続いて、この理論は非常に可能性が低くなっている。

  • A passenger hijacking doesn't seem likely to have taken place.

    乗客のハイジャックは起きていないようです。

  • But what about a crew hijacking?

    でも、乗組員のハイジャックはどうなの?

  • There was considerable suspicion raised around captain Zaharie Ahmad Shah, but no conclusive evidence has been found that links him to causing the incident either.

    キャプテンのザハリー・アフマド・シャーにはかなりの疑惑が浮上していたが、彼が事件を起こしたという決定的な証拠は見つかっていない。

  • The Malaysian government conducted 170 interviews of friends and family of the crew that were on board.

    マレーシア政府は、乗船していた乗組員の友人や家族への聞き取り調査を170件実施した。

  • But once again, nothing significant or sinister was discovered through these.

    しかし、またしても、これらを通して、重要なことや不吉なことは何も発見されませんでした。

  • If the pilots caused the incident, it's unclear what exactly would have been their motive for doing so.

    パイロットが事件を起こしたとしたら、具体的にどのような動機で事件を起こしたのかは不明です。

  • Police searched the homes of both pilots and sees the financial records of all 12 crew members.

    警察は両方のパイロットの家を捜索し、12人の乗組員全員の財務記録を見ています。

  • The FBI even analyzed data from Captain Shaw's home flight simulator, but none of this discovered anything sinister.

    FBIは ショー船長の自宅のフライト・シミュレーターのデータまで分析したが何も不吉なものは発見されなかった

  • But remember when the flight took that turn out over the Indian Ocean and flew for five hours until it ran out of fuel?

    インド洋上空を5時間飛行して燃料が尽きるまで飛行した時のことを覚えていますか?

  • American intelligence officers believe the most likely explanation for that was that someone in the cockpit of Flight 3 70 manually reprogrammed the aircraft autopilot before it took that turn.

    アメリカの諜報部員は、最も可能性の高い説明は、370便のコックピット内の誰かが手動でプログラムし直したことだと考えています。

  • And you also remember back when Flight three 71st vanished off the radar screens because a transponder stopped working.

    第71便がレーダーから消えた時のことも覚えているだろうトランスポンダが機能しなくなったからだ

  • It's also possible that somebody inside the cockpit manually turned the transponder off, despite it seeming likely that somebody in the crew was responsible.

    コックピット内の誰かが手動でトランスポンダをオフにした可能性もあります乗組員の誰かが責任を負っているように見えますが

  • There's still zero conclusive evidence to prove that that's what actually happened.

    それが実際に起こったことを証明する決定的な証拠はまだゼロです。

  • There's a few other weird theories out there about what went on, ranging from the plane getting sucked into a black hole to getting abducted by aliens.

    ブラックホールに吸い込まれた飛行機から エイリアンに拉致された飛行機まで 他にも奇妙な説があります

  • There's also a theory that the plane was hijacked remotely by cybercriminals that gained access to the flight controls.

    また、サイバー犯罪者が操縦桿にアクセスして遠隔操作で飛行機をハイジャックしたという説もあります。

  • But Boeing has denounced this idea as impossible.

    しかし、ボーイング社はこの考えを「ありえない」と糾弾している。

  • The final theory I haven't discussed yet is the fire such hypoxia theory.

    私がまだ論じていない最後の説は、火事のような低酸素説です。

  • It's possible that a fire may have started somewhere on board the plane while on route to Beijing.

    北京に向かう途中、機内のどこかで火災が発生した可能性があります。

  • The theory goes that the pilots decided to turn back and wanted to attempt an emergency landing at the nearest suitable airport in northern Malaysia.

    一説によると、パイロットは引き返すことにして、マレーシア北部の最も近い適当な空港に緊急着陸を試みようとしたという。

  • Based on an analysis of the timing of the satellite communications data.

    衛星通信データのタイミングの分析に基づいています。

  • Ah, power interruption mid flight would be the most likely reason for it.

    飛行中の停電が一番の原因だろう

  • It's unknown what may have caused the power interruption, though, Since it's been ruled out that it was an engine issue.

    何が原因で停電になったのかは不明ですが、エンジンの問題だと断定されていますからね。

  • It could have been somebody inside manually switching off the aircraft electrical system.

    内部の誰かが手動で飛行機の電気系統のスイッチを切ったのかもしれません。

  • But who knows why that would have happened?

    しかし、なぜそうなったのかは誰にもわからない。

  • The Australian Transport Safety Bureau concluded that an unresponsive crew resulting from a potential cabin decompression event was the most likely explanation for when the plane flew for five hours straight across the Indian Ocean.

    オーストラリア運輸安全局は、インド洋を5時間にわたって直行飛行した際、客室内での減圧事故による乗務員の無反応が最も可能性の高い説明であると結論付けた。

  • If this happened, then everybody on board the flight would have been unconscious for hours upto when it crashed in the ocean.

    もしこれが起こったとしたら、飛行機が海に墜落した時までの数時間、機内の全員が意識不明になっていたことになります。

  • This is all pretty speculative, though, because a it's unknown.

    これは推測だが、未知数だからな。

  • What might have caused the decompression event happening be.

    減圧イベントが起きた原因は何だったのだろうか。

  • It's unknown what might have caused the power interruption happening and see, even if a fire did happen on board in the crew, attempted an emergency landing in Malaysia.

    それは何が起こっているし、火災が乗組員のボード上で起こった場合でも、マレーシアで緊急着陸を試みた電源の中断を引き起こしたかもしれないし、参照してください不明です。

  • Why do they continue to fly over Malaysia and then changed course out over the Indian Ocean?

    なぜ彼らはマレーシアの上空を飛び続け、インド洋上空でコースを変えたのでしょうか?

  • No matter what theory you might think is most likely, every single one has some holes in it to make any of them seem doubtful.

    どんな理屈でも可能性が高いと思われるものでも、どれか一つ一つが怪しいと思わせるような穴が開いています。

  • And if it's frustrating for you not knowing any answers, imagine how frustrating it must be for the families and friends of the people that were on board.

    答えを知らないのがもどかしいと思うならば、船に乗っていた人たちの家族や友人たちがどれだけもどかしい思いをしているか想像してみてください。

  • MH 3 70 remains aviation's greatest unsolved mystery, and as long as we haven't discovered the plane, we probably won't get any answers or closure.

    MH 3 70は航空業界最大の未解決の謎のままであり、我々が飛行機を発見していない限り、おそらく答えや終結は得られないだろう。

  • It's possible that somebody in the world knows exactly what happened to MH 3 70 it's also possible that literally nobody in the world knows what happened.

    それは世界の誰かが正確にMH 3 70に何が起こったかを知っていることは可能である それはまた、世界の文字通り誰も何が起こったかを知らないことは可能である。

  • But whichever of those two possibilities Israel, they're both equally unsettling lessons of any kind are valuable for both societies and for individuals.

    しかし、それらの2つの可能性のイスラエルのいずれか、彼らは両方の種類の同じように不穏なレッスンは、両方の社会のために、個人のための貴重なものです。

  • And if you made it all the way through this video to hear, it's clear that you enjoy learning.

    そして、あなたが聞くためにこのビデオを介してすべての方法でそれを作った場合、それはあなたが学習を楽しんでいることは明らかです。

  • So why not learn even Maura about anything you want Thio by going over to skill share next.

    なので、次はスキルシェアに行ってチオが欲しいものは何でもマウラでも勉強してみてはいかがでしょうか。

  • One of the most common questions that I get asked all the time is how I got started making these videos, and the first step was learning the required skills, like researching, writing, audio recording and editing.

    私がいつも聞かれる最も一般的な質問の一つは、どのようにしてこれらのビデオを作り始めたのかということですが、最初のステップは、リサーチ、執筆、音声録音、編集のような必要なスキルを学ぶことでした。

  • For all of these skills, though, there's a course offered on skill share on online learning community, with more than 20,000 classes on whatever it is you want to learn, the sheer variety of classes you could take is incredible.

    これらのスキルのすべてのために、しかし、あなたが学びたいものは何でも20,000以上のクラスで、オンライン学習コミュニティ上のスキルシェアで提供されているコースがあり、あなたが取ることができるクラスの多様性は信じられないほどです。

  • You can learn skills to help you make videos, build a good looking website or cook a delicious meal.

    動画を作ったり、見栄えの良いサイトを作ったり、美味しい料理を作ったりするためのスキルを身につけることができます。

  • And there s so much Mawr.

    そして、モーアがたくさんいる。

  • There's even amazing classes taught by my YouTube friends Mike Boyd and the team behind Kurtz exact.

    私のYouTubeの友人マイク・ボイドとカーツの正確な背後にあるチームが教える素晴らしいクラスもあります。

  • But the best part about all of this is that the 1st 500 people to click on the link in the description or by going to s scale toe s H slash real life.

    しかし、このすべてについての最高の部分は、説明内のリンクをクリックするか、またはsスケールつま先のHスラッシュ実生活に行くことによって、1st 500人ということです。

  • Lauren, 19 can try skill share entirely for free for two months.

    ローレン(19歳)は2ヶ月間、スキルシェアを完全無料で試すことができます。

  • Skill share is a great supporter of this channel, and they help make these videos possible, and it's a great place to learn.

    スキルシェアはこのチャンネルの素晴らしいサポーターであり、これらの動画を可能にしてくれています。

  • So please do make sure to go ahead and check them out.

    ということで、是非ともチェックしてみてください。

  • Thank you, and I'll see you again next week.

    ありがとうございます!また来週もお会いしましょう。

this video was made possible by skill share.

この動画はスキルシェアによって実現しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 飛行 マレーシア 午前 クアラルンプール 捜索 墜落

マレーシア航空370便に何が起こったのか? (What Happened to Malaysia Airlines Flight 370?)

  • 7 1
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 24 日
動画の中の単語