Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • this video was made possible by curiosity Stream.

    この動画は、好奇心ストリームによって実現しました。

  • When you sign up for an annual subscription, you'll also get access to Nebula, my own streaming site co founded with dozens of other educational creators, Chile is pretty obviously a long country from north to south.

    年間購読を申し込むと、ネビュラ、他の教育クリエイターの数十人と共同で設立された私自身のストリーミングサイトにもアクセスできるようになりますが、チリは北から南までかなり明らかに長い国です。

  • The country extends for 4270 kilometers, which is even longer than the distance of New York City to San Francisco.

    国の長さは4270キロで、ニューヨークからサンフランシスコまでの距離よりもさらに長い。

  • Despite that enormous length, though, Chile is way less thick, with an average with east to west of only 177 kilometers about the same distance from New York City to Hartford, Connecticut.

    その巨大な長さにもかかわらず、しかし、チリは、ニューヨーク市からハートフォード、コネチカット州への同じ距離を約177キロの東から西への平均を持つ方法でより少ない厚さです。

  • So just for the simple sake of being goofy, what would she lay end up looking like today if it was, well, longer, like way longer?

    だから、単純におふざけのために、彼女は今日のような形になるだろう、もしそれが、まあ、長い、ずっと長いような?

  • If Chile was more ambitious historically and didn't stop with just taking over Bolivia's coastline but ended up taking over the entire Pacific coastline of the Americas stretching up all the way into modern day Alaska, what would Chile end up looking like today?

    チリが歴史的にもっと野心的で、ボリビアの海岸線だけを占領するのではなく、アメリカ大陸の太平洋岸の海岸線全体を占領し、現代のアラスカまで伸びていたとしたら、チリは今日どのような姿になるのでしょうか?

  • Or rather, what would Chile look like today if for some reason, she was just given all of this land and became known as longer Chile.

    というか、何かの理由でチリは今日のように見えるだろうか、彼女はちょうどこの土地のすべてを与えられ、より長いチリとして知られるようになった。

  • For starters, there is some historical precedent here.

    手始めに、ここには歴史的な前例があります。

  • Ever since gaining independence from Spain all the way back over 200 years ago in 18 10 Chile has been long and she has sought to become longer.

    スペインからの独立を得て以来、すべての方法で戻って 200 年以上前の 18 10 チリで長いされているし、彼女は長くなるように努めてきました。

  • In 18 79 Chile went toe war with both Bolivia and Peru in order to extend her length further north along the Pacific.

    18 79年、チリは太平洋に沿ってさらに北に彼女の長さを拡張するためにボリビアとペルーの両方と戦争をした。

  • She defeated both of them, and as a result she won land from both, which not only made her shape longer but transformed Bolivia into a landlocked country, which is something that Bolivia has been salty about ever since.

    彼女はその両方を倒した結果、両方から土地を獲得したことで、彼女の体型が長くなっただけでなく、ボリビアを内陸国に変えてしまったのです。

  • To this day.

    今日まで

  • Sad, salty, little, landlocked Bolivia maintains a navy with thousands of personnel for the sole hope of one day, regaining her coastline from Chile.

    悲しい、塩辛い、小さな、内陸国のボリビアは、チリから彼女の海岸線を取り戻す、いつかの唯一の希望のために、何千人もの人員で海軍を維持しています。

  • Historically, Chile's coastal ambitions ended there.

    歴史的に、チリの沿岸部の野望はそこで終わった。

  • But if they didn't, here's what the country would look like if it kept on going all the way up to Alaska.

    しかし、もしそうでなければ、このままアラスカまで行ってしまったら、この国はどうなっていただろうか。

  • First off length.

    最初のオフの長さ。

  • Chile's new length in a straight line from the southernmost point on the Drake Passage to the northernmost on the Arctic Ocean in Alaska would be 15,738 kilometers, which means that if you were looking sideways at a globe.

    チリの新しい長さは、ドレーク海峡の最南端からアラスカの北極海の最北端までの直線距離で15,738キロ、つまり地球儀を横向きに見ていたら、15,738キロになるということです。

  • Longer, Chile would stretch across 39% of the Earth's entire higher circumference.

    長い、チリは、地球全体の高い円周の39%にまたがって伸びるだろう。

  • Naturally, Santiago would remain longer Chile's capital city, but it would no longer be Chile's largest city.

    当然のことながら、サンティアゴはもはやチリの首都のままであろうが、それはもはやチリ最大の都市ではないだろう。

  • Here's where all of the top 10 largest metros in the longest country on earth would be, with Santiago itself falling down to only third place behind Los Angeles and Lima, with dozens of large, wealthy and powerful cities like Anchorage, Vancouver, Seattle, San Francisco, Los Angeles, San Diego and Guadalajara.

    ここでは、地球上で最も長い国のトップ10の大都市のすべてがどこになるのか、サンティアゴ自体はロサンゼルスとリマに次ぐ3位にしか落ちておらず、アンカレッジ、バンクーバー、シアトル、サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴ、グアダラハラのような大規模で富裕な強豪都市が何十もあります。

  • Longer, Chile would have an estimated population of just over 150 million people and a nominal GDP of $3.945 trillion making it the third largest world economy, just barely ahead of Germany and remaining well beneath Japan.

    長い場合、チリの人口は1億5000万人以上と推定され、名目GDPは3.945兆ドルで、世界第3位の経済大国となり、ドイツをわずかに上回り、日本の下に位置している。

  • Now here's the fun stuff.

    さて、お楽しみのネタです。

  • With the domination of the entire Pacific coastline in the Americas, longer Chile would end up controlling both a very strategic and very unstrapped e GIC area.

    アメリカ大陸の太平洋沿岸全体の支配で、より長いチリは、非常に戦略的で非常に拘束されていないe GICエリアの両方を制御することになるだろう。

  • On the bright side, longer Chile would end up controlling some of the world's most Horton trade outposts with control of Panama would come control over the Panama Canal and all of the trade benefits that come with that.

    明るい面では、長いチリは、パナマの制御を持つ世界で最もホートン貿易前哨地のいくつかを制御することになるだろうパナマ運河とそれに伴うすべての貿易上の利点の制御を来るだろう。

  • The port of Cologne on the Atlantic is the busiest port in Latin America and the Caribbean.

    大西洋に面したケルン港は、ラテンアメリカとカリブ海で最も忙しい港です。

  • While the port of Balboa, on the Pacific side, is a little more than half is busy, it combined into a single entity.

    太平洋側のバルボア港は、半分以上が混雑しているのに対し、それが合体して一つになった。

  • The Port of Los Angeles and the port of Long Beach is the busiest cargo port anywhere outside of Asia and by far the largest anywhere in the Americas, combined with the other large Pacific ports of Manzanillo in Mexico, Oakland, Seattle and Vancouver, longer Chile would have one of the world's greatest trading empires.

    ロサンゼルスのポートとロングビーチのポートは、メキシコ、オークランド、シアトル、バンクーバーのマンサニージョの他の大規模な太平洋のポートと組み合わせて、どこでもアジアの外で最も忙しい貨物ポートであり、アメリカ大陸のどこでも最大の、より長いチリは、世界で最も偉大な貿易帝国の一つを持っているだろう。

  • All of the maritime trade flowing between the Americas and Asia would have toe either flow through the territory of longer Chile first or go through the long route around South America.

    アメリカ大陸とアジアの間を流れるすべての海洋貿易は、最初に長いチリの領土を通って流れるか、または南アメリカの周りの長いルートを通過しなければならないでしょう。

  • Because that route would be a lot more expensive.

    そのルートだともっと高くなるからな。

  • Longer, Chile could take advantage of her positions across the Pacific and dominate trade between Asia and the Western Hemisphere.

    長い間、チリは太平洋上の彼女の位置を利用して、アジアと西半球の間の貿易を支配することができます。

  • On top of that, Anchorage Airport is the world's fifth busiest airport for cargo, while Los Angeles airport is the world's third busiest for passenger traffic, Further enhancing longer Chile's position as a trade juggernaut financially, geographically and logistically longer.

    その上、アンカレッジ空港は貨物輸送のために世界で5番目に忙しい空港であり、ロサンゼルス空港は旅客輸送のために世界で3番目に忙しい空港であるが、さらに長く、財政的、地理的、論理的に長い貿易の大国としてのチリの地位を強化します。

  • Chile would seemingly be in a tremendous position.

    チリは途方もない位置にいるように見えるだろう。

  • And unlike other empires, I've made up in the past longer.

    そして他の帝国と違って、過去に作ったものが長くなってしまった。

  • Chile's linear shape does offer it some unique advantages.

    チリの直線的な形状は、いくつかのユニークな利点を提供しています。

  • For example, you'd only need to build a single line of logistics and transportation across the entire country in order to connect everything together.

    例えば、全国の物流・輸送を一本の線で結ぶだけで、すべてのものを結びつけることができます。

  • And luckily, most of the infrastructure for that is already in place.

    そして幸いなことに、そのためのインフラのほとんどはすでに整備されています。

  • There's existing roads along the coast that connect good arenas in Chile, with Cali in Colombia and with your visa, Panama all the way up to Vancouver, Canada.

    チリの良いアリーナ、コロンビアのカリとあなたのビザで、パナマ、バンクーバー、カナダまでのすべての方法を接続する海岸に沿って既存の道路があります。

  • The only two gaps in the system that we need to be filled are in the dense rainforest between Cali and Yeah, Visa and across the barren tundra from Vancouver to Anchorage.

    システムの中で埋めなければならない唯一の2つのギャップは、カリとイェービザの間の密な熱帯雨林と、バンクーバーからアンカレッジまでの不毛のツンドラを横切ったところにある。

  • If longer chili ever came into conflict with one of her neighbors over access to the Pacific, these would be the primary weak points to consider, and conflict would almost certainly happened.

    もしチリが太平洋へのアクセスを巡って彼女の隣人の一人と衝突したことがあれば、これらは考慮すべき第一の弱点であり、衝突はほぼ確実に起こるだろう。

  • Historically, Chile was capable of taking over Bolivia's coastline because, well, what the hell is Bolivia going to do about it?

    歴史的にチリはボリビアの海岸線を乗っ取ることができました。

  • But they're salty, landlocked navy, but taking over the Pacific coastline from countries like the United States, the world's foremost military power, is quite another thing.

    しかし、彼らは塩辛い内陸の海軍だが、世界最大の軍事大国であるアメリカのような国から太平洋の海岸線を奪うのは、全く別の話だ。

  • Despite the loss of valuable population and economic centers on the West Coast, the United States would still remain absurdly more powerful than longer.

    西海岸の貴重な人口と経済の中心地が失われたにもかかわらず、米国は、長いよりも不条理なほど強力なままであっただろう。

  • Chile.

    チリだ

  • She would still have nearly twice the population based and would still control not only the entire Gulf and Atlantic coasts but would still maintain important Pacific possessions as well.

    彼女は今でも人口ベースでは2倍近くの人口を有し、湾岸と大西洋沿岸全体を支配するだけでなく、太平洋の重要な領有権も維持することになるだろう。

  • Like Hawaii and Guam, along with important naval bases in Japan and South Korea, America would still be very capable of launching a two front naval assault on longer Chile with a vastly more powerful navy, which is only the beginning of my explanation for how longer Chile would be legally unsustainable on enemy naval force.

    ハワイとグアムのように、日本と韓国の重要な海軍基地と一緒に、アメリカはまだ非常に強力な海軍とより長いチリに2つの前線の海軍攻撃を起動することができるだろう、それはより長いチリが法的に敵の海軍力を維持できないだろうかのための私の説明の始まりに過ぎない。

  • Seizing the narrow isthmus of Panama would effectively cut the entire country in half and also blocked longer chile and fleets from being able to quickly access the Caribbean.

    パナマの狭い地峡をつかむことは、効果的に国全体を半分にカットし、また、より長いチリと船団がカリブ海に迅速にアクセスすることができるからブロックされます。

  • While longer, Chile is well, very long.

    長い間、チリはよく、非常に長いです。

  • She is not particularly wide and lacks any semblance of strategic depth.

    彼女は特に広くはないし、戦略的な深みもない。

  • Take the area around the Los Angeles metro, for example.

    例えば、ロサンゼルスの地下鉄周辺を見てみましょう。

  • The distance from the core population and economic engine that is L.

    Lである中核人口と経済エンジンからの距離。

  • A from the United States would be so short that the vastly more powerful American military could quickly move in from the border and immediately threatened her, sees it or, alternatively moved to cut it off from the rest of the country, with quick and short pincer strikes to the north or the south, thus denying any resupplies getting into the city from land, any hostile power could do this toe longer.

    米国からのAは、広大なより強力なアメリカ軍が迅速に国境から移動し、すぐに彼女を脅かすことができるように短いだろう、それを見ているか、または、代わりに、北または南に迅速かつ短い挟み撃ちで、国の残りの部分からそれを切断するために移動し、このように土地から都市に取得する任意の再補給を否定し、任意の敵対勢力は、より長いつま先にこれを行うことができました。

  • Chile at any point across her border, all it takes to completely divine the entire country in half and disrupt the entire flow of supplies up and down is a quick advance from any point to the ocean.

    彼女の国境を越えた任意の時点でチリ、それは完全に半分に国全体を神格化し、上下の供給の全体の流れを混乱させるために必要なのは、海に任意のポイントから迅速な前進である。

  • And with a population of only 150 million to defend a front line stretching over 15,000 kilometers, it would be impossible to sufficiently defend everywhere against everyone.

    そして、1万5千キロにも及ぶ前線を守るための人口が1億5千万人しかいない状況では、全ての人に対して全ての場所を十分に守ることは不可能でしょう。

  • Utilizing the gaps.

    ギャップを活用する。

  • A longer Chile's road network on attack in North America would mean that the only method of getting reinforcements there would be no either resupply them by sea or to march them through the extremely difficult terrain of the Darien Gap.

    北アメリカの攻撃に長いチリの道路網は、海でそれらを再供給するか、ダリアンギャップの非常に困難な地形を介してそれらを行進させることはありませんでしたが、そこに援軍を得るための唯一の方法を意味するだろう。

  • That would certainly bring about high and costly attrition rates.

    そうなると、確かに高額でコストのかかる離職率が出てきますね。

  • And with American naval presence in the Pacific still dominant coming out of major bases like Pearl Harbor in Hawaii, it would still be immensely difficult for longer Chile to resupply North America by sea as well, despite them controlling literally the entire Pacific Coast.

    太平洋におけるアメリカの海軍の存在感は、ハワイのパールハーバーのような主要な基地から出ているため、文字通り太平洋岸全体を支配しているにもかかわらず、海で北米に補給することは、より長いチリにとっても非常に困難であるだろう。

  • Her core areas that would contribute the most to GDP like Los Angeles, San Francisco, Seattle or Vancouver would all be able to quickly be captured back by the Americans and Canadians.

    ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、バンクーバーのようなGDPに最も貢献するであろう彼女のコアな地域は、いずれもアメリカ人やカナダ人にすぐに取り戻されてしまうだろう。

  • In this scenario, which is why longer Chile would likely just not be ableto last very long on her own, she would need to find some strong allies that would be willing to help her.

    このシナリオでは、長いチリは可能性が高いだけで彼女自身に非常に長く続くことができないだろう理由は、彼女は彼女を助けるために喜んでいるだろういくつかの強力な同盟国を見つける必要があります。

  • But with an inevitable war of reconquest from the United States looming, with plenty of other regional countries eagerly willing to assist them, it's not really certain that anybody would really be willing to help.

    しかし、米国からの征服戦争は避けられず、他の多くの地域の国々が熱心に援助を求めている中で、誰もが本当に援助してくれるとは思えないのです。

  • Chile would have greatly over extended themselves by transforming into longer Chile, and for that they would almost certainly fall and be cut down to size.

    チリは大幅に長いチリに変換することによって自分自身を拡張し、そのために彼らはほぼ確実に落下し、サイズにカットされるだろう上に持っているだろう。

  • Not all of the land located inside of longer Chile would be useful or productive.

    長いチリの内側にあるすべての土地が有用であるとは限らないし、生産的でもある。

  • Obviously, not even 100 miles away from the bustling downtown of San Diego lies the for gotten about salt and sea and the multiple scattered ghost towns that dot her shores a few weeks ago, I went to visit thes ghost towns for a documentary that I'm producing on them.

    賑やかなダウンタウンから100マイルも離れていないサンディエゴには、塩と海、そして海岸に点在する複数のゴーストタウンがあり、数週間前には、私が制作しているドキュメンタリーのためにゴーストタウンを訪れました。

  • That will be the first episode of a new Siris on ghost towns that I'll be releasing exclusively on Nebula now.

    最初のエピソードになるわゴーストタウンのシリスの第一話よネブラで独占公開するの

  • I'm sure by now you've probably already heard all about Curiosity Stream, the documentary streaming service that has thousands of videos on geography, history, engineering and tons of other things.

    キュリオシティ・ストリームは、地理、歴史、工学、他のもののトンに関する何千ものビデオを持っているドキュメンタリー・ストリーミング・サービスです。

  • But thanks to curiosity stream when you sign up for them, you'll also get access to Nebula, the streaming service made by educational creators like me, where we can publish our original thoughtful content without having to worry about getting de monetized or under promoted by the awful YouTube algorithm that rarely supports us.

    しかし、あなたがそれらのためにサインアップしたときに好奇心ストリームのおかげで、あなたはまた、ネビュラ、私のような教育クリエイターによって作られたストリーミングサービスへのアクセスを取得することができます我々はdeを得ることを心配することなく、私たちのオリジナルの思慮深いコンテンツを公開することができますマネタイズまたは下にほとんど私たちをサポートしていないひどいYouTubeのアルゴリズムによって促進されます。

  • By signing up for curiosity, stream and nebula, you are directly empowering me and dozens of other educational creators.

    好奇心、ストリーム、ネビュラに登録することで、あなたは私や他の数十人の教育クリエイターに直接力を与えることになります。

  • You probably know to make cool, exclusive content that we might not get the chance to make otherwise content.

    そうでなければ作る機会がないかもしれないクールで独占的なコンテンツを作ることを知っているのではないでしょうか。

  • Like all of my own real life Lord videos that go up at least 24 hours early before they do on YouTube and all without any ads or sponsorships and exclusive content like my feature length documentary Siri's Ghost Towns or Money, a game show hosted by Tom Scott and featuring a bunch of my creator friends in a Siris of psychological experiments that test their willingness to work together.

    彼らはYouTube上で行う前に少なくとも24時間早く上がる私自身の実生活の主のビデオのように、すべての広告やスポンサーシップと私の長編ドキュメンタリーシリのゴーストタウンやお金のような排他的なコンテンツなしで、トム・スコットがホストし、一緒に動作するように彼らの意思をテストする心理学的実験のシリで私のクリエイターの友人の束を特色にしたゲームショーのようなすべてのような。

  • Best of all, though, Curiosity Stream is offering nebula subscribers 26% off just for you.

    何よりも、キュリオシティ・ストリームでは、星雲を購読されている方だけに、26%オフでご提供しています。

  • In other words, that's too fantastic streaming services for less than $15 a year.

    つまり、年間15ドル以下のストリーミングサービスがあまりにも素晴らしいということです。

  • So go ahead and sign up using the link in the description or by going to curiosity stream dot com slash real life floor, watch cool content and support creators by watching stuff we've made just for you.

    説明にあるリンクを使ってサインアップするか、好奇心ストリームドットコムのスラッシュリアルライフフロアに行って、クールなコンテンツを見て、あなたのためだけに作ったものを見て、クリエイターをサポートしてください。

  • Everyone wins and is always thank you for watching.

    みんなが勝って、いつも見てくれていることに感謝しています。

this video was made possible by curiosity Stream.

この動画は、好奇心ストリームによって実現しました。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語 チリ 長い 太平洋 海軍 海岸 バンクーバー

チリがもっと長かったら? (What if Chile Was Waaaaaay Longer??)

  • 0 1
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 23 日
動画の中の単語