Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello, everybody.

    皆さん、こんにちは。

  • This is Elliot from ETJ English.

    こちらはEのエリオットT. J. 今日は英語で。

  • And today, we're talking about probably one of the most important parts of pronunciation, actually, probably one of the most important parts of English in general.

    私たちが話しているのは、おそらく発音の重要な部分の一つで、実は英語全般のオフの重要な部分の一つではないかと思います。

  • Intonation.

    国際的に。

  • Let's do it.

    やってみましょう。

  • Your intonation is just as important as the words you choose.

    あなたのイントネーションは、あなたが選ぶ言葉と同じくらい重要です。

  • This is something I have read in many books about phonetics.

    これは、音声学についての本をたくさん読んできた中でのことですが、私の中では、このようなことはありませんでした。

  • Linguistics?

    言語学?

  • Yes, vocabulary is important.

    そうですね、語彙力は大事です。

  • Yes, grammar is important.

    そうですね、文法は大事です。

  • Yes, vowel sounds and constant sounds are important.

    そうですね、母音や定音は重要です。

  • But Internation is the heart and the soul off.

    しかし、Internationは心と魂のオフです。

  • All of this and we all want it.

    これだけのことをして、みんなが欲しがっています。

  • All of my students.

    私の生徒全員です。

  • One of the first things they want is a better Internation.

    彼らが最初に望んでいることの一つは、より良いインターナショナリズムだ。

  • And yes, there are rules.

    そして、そうですね、ルールがあります。

  • There are things you can learn about Internation.

    国際交流について学べることがあります。

  • You could definitely learn the techniques and tips of what natives do, but it's very, very particular, and things can change and things could be very specific but also very non specific.

    ネイティブがやっていることのテクニックやコツを学ぶことは間違いなくできますが、それは非常に、非常に特殊で、物事が変わることもありますし、非常に特殊でありながらも、非特殊であることもあります。

  • At the same time, it's such a complex topic on we all want it.

    同時に、それは私たちがすべてそれをしたいような複雑なトピックです。

  • Why?

    なぜ?

  • Because we are human.

    人間だからです。

  • You, my students are human on.

    あなた、私の生徒は人間の上にいます。

  • Humans always want the thing which is the most difficult to get.

    人間はいつも一番手に入りにくいものを欲しがる。

  • And that's the truth.

    そして、それが真実です。

  • There are lots of things I want in life, which are very, very difficult.

    人生には欲しいものがたくさんあって、それはとても、とても難しいことです。

  • I could easily have something else, but I want the thing, which is more difficult.

    他のものも簡単に手に入れることができましたが、私は物が欲しいのですが、それはもっと難しいです。

  • I'm sure you are the same.

    きっとあなたもそうなんでしょうね。

  • Anyway, I'm going to give you just a few useful tips for improving your Internation some things which you can do to make your Internation better.

    とにかく、あなたの国際感覚を向上させるために役立つヒントをいくつか紹介します。

  • Now, of course, the first thing I need to mention is you need to learn the rules.

    さて、もちろんですが、まず最初にお伝えしなければならないのは、ルールを覚えることです。

  • You do need to know the reasons why we use particular tones and understand the names of different tones just so you know how it works.

    あなたは、私たちが特定のトーンを使用する理由を知っている必要がありますし、それがどのように動作するかを知っているだけで、異なるトーンの名前を理解する必要があります。

  • And of course, you need some stress and rhythm.

    もちろんストレスやリズムも必要ですが

  • These are all things you could learn in my pronunciation course or from an English teacher.

    これらは、私の発音講座や英語の先生から学べることばかりです。

  • The link to my pronunciation course is in the description box below, but it's not just that you can learn rules, but there's only a certain distance that the rules Congar Oh, which leads me on to point number one.

    私の発音講座へのリンクは下の説明欄にありますが、ルールを学べるということだけではなく、一定の距離があるだけで、ルールのコンガー・オー、これは私をポイントナンバーワンに導いてくれます。

  • I want you to imagine Internation is a bit like a song, right?

    インターナシオンって歌のイメージしてほしいですよね。

  • Imagine you're driving in your car on.

    あなたが車で運転していることを想像してみてください。

  • Do you do this every morning on the way to work on every time you're you're driving into work.

    毎朝、車で出勤するたびにやってますか?

  • The same song seems to come on.

    同じ曲が流れてくるようです。

  • The radio is a very popular song at the moment.

    ラジオでは今のところ大人気の曲です。

  • Everybody loves it.

    みんな大好きです。

  • It's really, really popular.

    本当に、本当に人気があるんですね。

  • Maybe you like the song.

    曲が好きなのかもしれませんね。

  • Maybe you don't like the song, no matter what you're hearing it every time you go into work because the radio keeps playing it on.

    仕事に行くたびにラジオが流し続けているから、何を聞いていてもその曲が気に入らないのかもしれません。

  • Then you find maybe after a few days of hearing this song, you started singing it to yourself.

    そして、この曲を聞いて数日後に気がついて、自分で歌い始めたのかもしれません。

  • You start hearing it in your head because you're around it So much.

    周りにいるから頭の中で聞こえてくるのよ

  • A good way to describe this in a native expression were to say that you have the song stuck in your head.

    これをネイティブな表現で表現するのに良い方法は、あなたの頭の中で立ち往生している曲を持っていると言うことでした。

  • Okay, great expression that this can happen with Internation if you do the right things.

    オーケー、あなたが正しいことをすれば、これはInternationで起こる可能性があるという素晴らしい表現です。

  • So the reason why the song is stuck in your head is because you're hearing it all the time on your brain.

    だから、その曲が頭にこびりついているのは、その曲をずっと脳内で聞いているからなのです。

  • Naturally, just wants Toe wants to, wants to replay it on.

    当然のことながら、ちょうどつま先が望んでいる、それを再生したいと思っています。

  • That's what intonation is.

    イントネーションとはそういうものです。

  • If you are listening to the accent a lot, you're hearing the tone the way that people sing the song of English.

    アクセントをよく聞いている人は、英語の歌を歌っている人の口調を聞いていることになります。

  • Naturally, you're going to want to do it yourself now again because it's such a difficult topic.

    当然、こんなに難しい話題なのだから、今一度自分でやってみたいと思うはずです。

  • I can't just say imagine English is a song.

    英語を想像して歌えばいいってわけにもいかないし。

  • Hey, now you have good Internation.

    おい、これで国際的にも通用するぞ。

  • That's not how it's going to work.

    そんなんじゃダメなんだよ。

  • There are lots of other things you need to do is well Number two.

    あなたがする必要がある他の多くのことがありますが、よく2番です。

  • I want you to understand that intonation is also your personality.

    イントネーションも性格だということを理解してほしい。

  • Okay?

    いいですか?

  • My intonation is very different to my sister's Internation.

    私のイントネーションは、姉のInternationとはかなり違います。

  • My Internation is very different to my girlfriend's Internation or my dad's Internation anyone's Internation.

    私の国際関係は、ガールフレンドの国際関係や、パパの国際関係とは全く違います。

  • The reason why is because I have my own personality.

    その理由は、自分の個性があるからです。

  • So lots of people say that imitation technique is perfect.

    だから、ものまねテクニックは完璧だと言う人が多いです。

  • It's the best way to improve pronunciation or intonation.

    発音やイントネーションの改善には最適です。

  • Yes, it's fantastic, but do you want to sound like an actor or an actress?

    そうですね、素晴らしいですが、俳優さんのような声を出したいのか、女優さんのような声を出したいのか、どちらでしょうか?

  • No.

    駄目だ

  • Imagine you.

    あなたを想像してみてください。

  • The only person you've been listening to is Princess Diana on.

    聴いているのはダイアナ妃だけです。

  • Do you really want to sound like Princess Diana?

    本当にダイアナ妃のような声を出したいのか?

  • She did have a fantastic pronunciation, a great Internation, But then imagine.

    彼女は素晴らしい発音をしていた 偉大な国際的な、しかし、想像してみてください。

  • You know you're trying to copy Princess Diana, but you are a 50 year old man with a very deep voice.

    ダイアナ妃の真似をしようとしているのはわかるが、50歳のおっさんで声が深い。

  • Yes, imitate people imitate the way that they go up and down.

    そう、人の真似をすると、上を向いたり下を向いたりするのです。

  • But remember, you're not trying to be someone you're just trying to copy the techniques they use.

    でも覚えておいてほしいのは、自分が誰かになろうとしているのではなく、相手が使っている技術を真似しようとしているだけだということです。

  • So instead of thinking how they say this or how they sing the song, if you like instead think about the technical side of it, Are they going up at the end of a sentence?

    だから、彼らがどのようにこれを言うか、彼らがどのように歌を歌うかを考える代わりに、あなたが好きな場合は、代わりにそれの技術的な側面について考えて、彼らは文の最後に上昇していますか?

  • By the way, we do that to show we have more to say, say, or are they going down at the end of a sentence?

    ところで、私たちはもっと言いたいことがあることを示すためにそうするのですが、言いたいことがあるのか、言いたいことがあるのか、それとも文末に下がるのか。

  • We do that to show that we finished speaking.

    喋り終わったことを示すためにそうするのです。

  • Think about those technical things.

    それらの技術的なことを考えてみてください。

  • Once you know the rules, you can analyze the way people speak.

    ルールを知ってしまえば、人の話し方を分析することができます。

  • Be yourself.

    あなた自身でいてください。

  • Use your own tones on bleeds.

    ブリードに自分のトーンを使いましょう。

  • This leads me on to my next point point number three.

    これは、次のポイントの3番につながります。

  • Be play for Have fun.

    楽しむための遊びである。

  • Okay, The more fun you have with Internation, the more you're going to be again yourself.

    よし、国際交流を楽しめば楽しむほど、また自分自身に戻っていくのだ。

  • For lots of people, the most uncomfortable part of learning Internation is the fact that British people go up when they speak quite a lot.

    多くの人にとって、Internationを学ぶ上で最も不快な部分は、イギリス人がたくさん話すときに上がるという事実です。

  • In the middle of our speech, we might go up, particularly my Chinese and Russian students find this very difficult.

    私たちのスピーチの途中で、私たちは上に行くかもしれません、特に私の中国語とロシア語の学生は、これが非常に難しいと感じています。

  • They find it very, very difficult to go up.

    上に行くのが非常に難しいことに気づくのです。

  • The reason why is because lots of people are used to always going down every time they speak, they have to go down on.

    なぜかというと、多くの人が話すたびに必ず下に降りることに慣れているため、下に降りなければならないからです。

  • There is no tone in their voice.

    声にトーンがない。

  • But when you listen to British people were stressing words to show that they are important.

    しかし、イギリス人の話を聞いていると、言葉が重要であることを示すために言葉を強調していました。

  • We're using our tone as a tool to make ourselves hurt, to make ourselves sound interesting and to make people want to listen to us.

    私たちは自分たちの口調を、自分たちを傷つけ、自分たちを面白く聴かせ、人に聴かせたいと思わせるための道具として使っています。

  • Be playful.

    遊び心を持って。

  • Go up, go down, experiment with different things on.

    上に行く、下に行く、別のもので実験する。

  • Remember to mostly play with your Internation around the stressed words, the words which are important in your sentence.

    強調された単語、あなたの文章の中で重要な単語の周りにあなたの国際的な遊びをほとんど覚えています。

  • Give them Cem Internation.

    セムインターナショナルを渡せ

  • Give them a bit of up downtown.

    繁華街の上の方に少しだけ

  • It's instead of saying it's really good.

    それは、本当に良いと言うよりも、本当に良いと言うことです。

  • Say it's really good.

    本当に良いと言ってくれ

  • Good.

    よかった

  • Okay, on up, down tone is a fantastic way off, showing emotion, some other really useful things, just some really important words.

    さて、オンアップ、ダウントーンは素晴らしい方法で、感情を示す、他のいくつかの本当に有用なもの、ちょうどいくつかの本当に重要な言葉をオフにします。

  • I mentioned this in a lot of my videos, and it's kind of becoming a meme now.

    私の動画でも何度も言及しましたが、今では何となくミームになっています。

  • It's the word patience, but this word is Justus important, and this word is repetition, repetition, repetition.

    忍耐という言葉ですが、この言葉はユストゥスが重要で、繰り返し、繰り返し、繰り返し。

  • You need to be repeating lots repeating the tones, the waves, the sounds that we make on do you can do this.

    あなたは、トーン、波、我々はあなたがこれを行うことができます上で作る音を繰り返す多くの繰り返しである必要があります。

  • Like I said through imitation on.

    私が真似して言ったように

  • You can also do this from learning the rules.

    これもルールを覚えることからできます。

  • So on one hand, you have patients, right?

    片方には患者さんがいるんですよね?

  • You need to take your time.

    時間をかけて

  • Understand that Internation in particular, not just pronunciation, but Internation takes a very, very long time.

    発音だけではなく、特にInternationはとてもとても長い時間がかかることを理解しましょう。

  • So you have the patience.

    忍耐力があるんですね。

  • If you also have that repetition on you, push them together.

    その繰り返しが自分にもある場合は、一緒に押してあげましょう。

  • Patients on repetition.

    繰り返しの患者さん。

  • Sorry about my blisters.

    水ぶくれのことは謝るよ

  • I've been going to the gym.

    ジムに通っています。

  • If you have that patients on that repetition and you're using them together, you are on to a winner.

    その繰り返しの上に患者さんがいて、それを一緒に使っているのであれば、あなたの勝ちです。

  • Repeat, repeat, repeat every day, Do some training.

    繰り返し、繰り返し、毎日繰り返し、トレーニングをしてください。

  • Imagine it's singing practice, okay?

    歌の練習だと想像してくれ

  • And finally step out off your comfort zone.

    そして、最後にコンフォートゾーンから一歩踏み出す。

  • If you go up to a native and you start using some different tones, which you're not familiar with, it might feel uncomfortable because you are so used to maybe always using a falling tone.

    ネイティブに上がって、見慣れない音色を使い始めると、もしかしたらいつも落ちている音色を使い慣れているせいか、違和感を感じるかもしれません。

  • But remember, that's not normal.

    でも、それは普通のことではないことを覚えておいてください。

  • To us.

    私たちに向かって

  • So you're learning something new, which is normal for us, So using the thing which is normal for us isn't going to sound bad.

    私たちにとって当たり前のことを新しいことを学んでいるわけですから、私たちにとって当たり前のことを使うことが悪いことにはならないわけですね。

  • It's going to sound good.

    いい響きになりそうです。

  • It just might feel uncomfortable for you.

    ただ、違和感を感じるだけかもしれません。

  • In the beginning, you could learn everything about intonation, and I guess speed the process up by learning with me on my pronunciation course.

    最初のうちは、イントネーションのことは何でも学べて、発音講座で一緒に学ぶことでスピードアップしたのではないでしょうか。

  • I also give feedback on what sat with voice messaging on wechat from only for members who join my course.

    また、私のコースに参加してくれたメンバーだけに、wechatのボイスメッセージングで何が座っていたかをフィードバックしています。

  • Okay, is only available for people who joined the course.

    OK、コースに参加された方のみご利用いただけます。

  • You can joined my course by clicking the link in the description box below.

    下の説明欄のリンクをクリックして、私のコースを結合しました。

  • If not, I will see you next time in my next YouTube video.

    そうでなければ、次回のユーチューバー動画でお会いしましょう。

  • Cheers, guys.

    乾杯

  • Bye.

    じゃあね

Hello, everybody.

皆さん、こんにちは。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 国際 イントネーション 発音 トーン 繰り ルール

イントネーションを上達させる方法|イギリス英語レッスン (How to Improve Your Intonation | British English Lesson)

  • 215 11
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 23 日
動画の中の単語