Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 13

    第13章

  • "I hope, my dear," said Mr. Bennet to his wife, as they were at breakfast the next

    ミスターベネットは、彼らが朝食で次だったとして、彼の妻に言った"私は、私の愛するは、願っています"

  • morning, "that you have ordered a good dinner to-day, because I have reason to

    あなたが日のために良い食事を注文した朝、"、私はに理由があるので、

  • expect an addition to our family party."

    私たちの家族のパーティーに加えて期待しています。"

  • "Who do you mean, my dear? I know of nobody that is coming, I am sure,

    "あなたは誰、私の親愛なるを意味するのですか?私は来ている誰もが知って、私は確信して、

  • unless Charlotte Lucas should happen to call in--and I hope my dinners are good

    シャーロットルーカスがで呼び出すことが起こるはずない限り - と私は願って私のディナーは良いです。

  • enough for her.

    彼女のために十分な。

  • I do not believe she often sees such at home."

    私は彼女が頻繁にそのような家庭で見て信じていない。"

  • "The person of whom I speak is a gentleman, and a stranger."

    "私は話す相手の人は紳士、そして見知らぬ人です。"

  • Mrs. Bennet's eyes sparkled.

    ミセスベネットの目が輝いていました。

  • "A gentleman and a stranger! It is Mr. Bingley, I am sure!

    "紳士と見知らぬ人!それは、私は確信して、氏Bingleyです!

  • Well, I am sure I shall be extremely glad to see Mr. Bingley.

    よく、私は氏Bingleyを見るために非常に喜んでいるものと確信しています。

  • But--good Lord! how unlucky!

    しかし - 良い主!どのように不運な!

  • There is not a bit of fish to be got to- day.

    日間になったことに魚のビットがあるではない。

  • Lydia, my love, ring the bell--I must speak to Hill this moment."

    リディア、私の愛、リングベル - 私は丘にこの瞬間を話す必要があります"。

  • "It is not Mr. Bingley," said her husband; "it is a person whom I never saw in the

    "それは氏Bingleyではない、"彼女の夫は言った、"それは私が見たことのない人です。

  • whole course of my life."

    私の人生の全体のコース。"

  • This roused a general astonishment; and he had the pleasure of being eagerly

    これは一般的な驚きを発奮、と彼は熱心であることの喜びを持っていた

  • questioned by his wife and his five daughters at once.

    彼の妻と一度に彼の5人の娘が疑問。

  • After amusing himself some time with their curiosity, he thus explained:

    彼自身の好奇心を持ついくつかの時間面白い後、彼はこのように説明した:

  • "About a month ago I received this letter; and about a fortnight ago I answered it,

    、そして約二週間前に私はそれに答えて、"1か月ほど前、私はこの手紙を受け取った

  • for I thought it a case of some delicacy, and requiring early attention.

    私はそれをいくつか繊細さ、そして早期に注意を要するの場合と思ったため。

  • It is from my cousin, Mr. Collins, who, when I am dead, may turn you all out of

    それは、誰が、私が死んだ時ときに、すべてを外に回すことが私のいとこ、ミスターコリンズ、からです。

  • this house as soon as he pleases." "Oh! my dear," cried his wife, "I cannot

    すぐに彼は喜ばせるとして、この家。""ああ!私の親愛なるは、私ができない"彼の妻は、叫んだ。"

  • bear to hear that mentioned.

    前述のことを聞いておいてください。

  • Pray do not talk of that odious man.

    祈りは、その醜悪な男の話をしない。

  • I do think it is the hardest thing in the world, that your estate should be entailed

    私はあなたの不動産が伴する必要があること、それは世界で最も難しいことだと思いますか

  • away from your own children; and I am sure, if I had been you, I should have tried long

    離れて自分の子供から、と私は確信して、私はあなたをされていた場合、私は長い間試してください

  • ago to do something or other about it."

    前にそれについて何か他のを行うこと。"

  • Jane and Elizabeth tried to explain to her the nature of an entail.

    ジェーンとエリザベスは、彼女に伴うの性質を説明しようとした。

  • They had often attempted to do it before, but it was a subject on which Mrs. Bennet

    彼らはしばしば前にそれを実行しようとしていたが、それはミセスベネットで対象となった

  • was beyond the reach of reason, and she continued to rail bitterly against the

    理由の範囲を超えていた、と彼女はに対して激しくレールを続け

  • cruelty of settling an estate away from a

    離れてから不動産をセトリングの残酷さ

  • family of five daughters, in favour of a man whom nobody cared anything about.

    誰について何も世話をしない男性に有利な5人の娘の家族、。

  • "It certainly is a most iniquitous affair," said Mr. Bennet, "and nothing can clear Mr.

    "それは確かに最も不道徳な出来事である、"ミスターベネットは言った、"何が氏をクリアすることはできません

  • Collins from the guilt of inheriting Longbourn.

    Longbournを継承するの罪悪感からコリンズ。

  • But if you will listen to his letter, you may perhaps be a little softened by his

    しかし、あなたが彼の手紙に耳を傾けるなら、おそらく彼が少し軟化した可能性があります

  • manner of expressing himself."

    彼自身を表現する方法。"

  • "No, that I am sure I shall not; and I think it is very impertinent of him to

    "いいえ、私はしないものと確信している、と私は思うそれは彼の非常に生意気です。

  • write to you at all, and very hypocritical. I hate such false friends.

    すべてであなたへの書き込み、そして非常に偽善的。私はそのような偽の友人を嫌う。

  • Why could he not keep on quarreling with you, as his father did before him?"

    彼の父が彼の前に同じように、なぜ彼は、あなたと喧嘩し続けることができませんでした?"

  • "Why, indeed; he does seem to have had some filial scruples on that head, as you will

    "なぜ、確かに、あなたが意志として彼は、その頭の上にいくつか親孝行ためらいがあったように思えます

  • hear."

    聞く。"

  • "Hunsford, near Westerham, Kent, 15th October.

    ウェステラム、ケント、10月15日の近くに"Hunsford、。

  • "Dear Sir,--

    "拝啓、 -

  • "The disagreement subsisting between yourself and my late honoured father always

    "意見の相違は、常に自分自身と私の故名誉の父の間に存続

  • gave me much uneasiness, and since I have had the misfortune to lose him, I have

    私に非常に不安を与えた、と私は彼を失うために不幸があったので、私が持っている

  • frequently wished to heal the breach; but

    頻繁に違反を癒すことを望んだ、しかし

  • for some time I was kept back by my own doubts, fearing lest it might seem

    しばらくの間、私はそれが見えるかもしれませんなかれ恐れて、私自身の疑問が戻って維持した。

  • disrespectful to his memory for me to be on good terms with anyone with whom it had

    私はそれが持っていた人と人との良好な条件になるために彼の記憶に礼を失する

  • always pleased him to be at variance.--

    常に分散にあると彼を喜んで.--

  • 'There, Mrs. Bennet.'--My mind, however, is now made up on the subject, for having

    "、ミセスベネットがあります。" - 私の心は、しかし、今持っていることのために、被写体に構成されています

  • received ordination at Easter, I have been so fortunate as to be distinguished by the

    私はによって区別されるように幸運だった、イースターで調整を受けた

  • patronage of the Right Honourable Lady

    右閣下夫人の後援

  • Catherine de Bourgh, widow of Sir Lewis de Bourgh, whose bounty and beneficence has

    その恵みと恩恵があるカトリーヌドBourgh、卿ルイスドBourghの未亡人、

  • preferred me to the valuable rectory of this parish, where it shall be my earnest

    私が私の本格的でなければならないこの教区の貴重な教区司祭館、することが好ましい

  • endeavour to demean myself with grateful

    感謝して自分自身を自分の身を処するために努力する

  • respect towards her ladyship, and be ever ready to perform those rites and ceremonies

    彼女の気取っている女性の方に尊重し、それらの儀式や儀式を行うためにこれまで準備ができている

  • which are instituted by the Church of England.

    これは、イングランドの教会によって設立されています。

  • As a clergyman, moreover, I feel it my duty to promote and establish the blessing of

    牧師として、また、私はの祝福を促進し、確立するために私の義務を感じる

  • peace in all families within the reach of my influence; and on these grounds I

    私の影響力の範囲内のすべての家族の平和、そしてこれらの理由で私

  • flatter myself that my present overtures

    私の現在申し入れている自分自身を平坦

  • are highly commendable, and that the circumstance of my being next in the entail

    高く評価され、その私の伴う内の次という状況

  • of Longbourn estate will be kindly overlooked on your side, and not lead you

    のLongbournの不動産は、親切にあなたの側に見落とされ、あなたを導くはされません

  • to reject the offered olive-branch.

    提供されたオリーブの枝を拒否する。

  • I cannot be otherwise than concerned at being the means of injuring your amiable

    私はあなたの愛想が負傷の手段であるに懸念も特にすることはできません

  • daughters, and beg leave to apologise for it, as well as to assure you of my

    娘、そしてそれのために謝罪するために残すだけでなく、私のことを保証するために頼む

  • readiness to make them every possible amends--but of this hereafter.

    彼らにあらゆる可能な償いをするための準備 - しかし、これ以後の。

  • If you should have no objection to receive me into your house, I propose myself the

    あなたの家に私を受け取るために異議を持ってはならない場合、私は自分自身提案する

  • satisfaction of waiting on you and your family, Monday, November 18th, by four

    4で、あなたとあなたの家族、11月18日(月曜日)、上で待機の満足度

  • o'clock, and shall probably trespass on

    オン時とし、且つおそらく不法侵入

  • your hospitality till the Saturday se'ennight following, which I can do

    私が行うことができます土曜日se'ennightの以下までおもてなし、

  • without any inconvenience, as Lady Catherine is far from objecting to my

    ご不便をおかけすることなく、キャサリン夫人が私に反対から離れているとして

  • occasional absence on a Sunday, provided

    提供されて日曜日に臨時の不在、

  • that some other clergyman is engaged to do the duty of the day.--I remain, dear sir,

    他のいくつかの牧師は、その日の任務を行うために従事している.--私は親愛なる、残って、

  • with respectful compliments to your lady and daughters, your well-wisher and friend,

    あなたの女性と娘に敬意を賛辞と、あなたの好意を寄せる人と友人、

  • "WILLIAM COLLINS"

    "WILLIAM COLLINS"

  • "At four o'clock, therefore, we may expect this peace-making gentleman," said Mr.

    "4時に、それゆえ、我々はこの平和作りの紳士を期待することがあります、"氏は言った

  • Bennet, as he folded up the letter.

    ベネットは、彼が手紙を折らとして。

  • "He seems to be a most conscientious and polite young man, upon my word, and I doubt

    "彼は私の言葉に応じ、最も良心的で丁寧な若い男のようだ、と私は疑う

  • not will prove a valuable acquaintance, especially if Lady Catherine should be so

    キャサリンはそうあるべき場合は特に、貴重な知人を証明するしない

  • indulgent as to let him come to us again."

    彼は再び私たちに来るようにするように。"甘い

  • "There is some sense in what he says about the girls, however, and if he is disposed

    "あるある意味では、しかし、彼は女の子について言うことになって、そして彼が配置されている場合

  • to make them any amends, I shall not be the person to discourage him."

    彼らにどんな償いをするために、私は彼を阻止する者であってはならない。"

  • "Though it is difficult," said Jane, "to guess in what way he can mean to make us

    "それは難しいですが、"ジェーンは、彼が私たちを作るために意味することができますどのような方法で推測する"と言った。

  • the atonement he thinks our due, the wish is certainly to his credit."

    償い彼は私たちの、願いは彼の信用に確かに起因すると考えている。"

  • Elizabeth was chiefly struck by his extraordinary deference for Lady Catherine,

    エリザベスは、主に、キャサリン夫人のための彼の異常な敬意に打たれた

  • and his kind intention of christening, marrying, and burying his parishioners

    と彼の種類の洗礼の意図、結婚、および彼の教区民を埋め

  • whenever it were required.

    いつそれが必要でした。

  • "He must be an oddity, I think," said she.

    "彼は風変わりである必要があります、私が思うに、"彼女は言った。

  • "I cannot make him out.--There is something very pompous in his style.--And what can he

    "私は彼のスタイルで、非常に仰々しい何かがある.--彼を行うことはできません.--そして、何が彼可能

  • mean by apologising for being next in the entail?--We cannot suppose he would help it

    伴うの次であることのため謝罪で意味 - ?我々は、彼がそれを助けると仮定することはできません

  • if he could.--Could he be a sensible man, sir?"

    彼ができた場合.--彼は賢明な男かもしれない、先生?"

  • "No, my dear, I think not. I have great hopes of finding him quite the

    "いいえ、私の愛する、私はそうは思いません。私は彼に非常に見つけるの大きな期待を持っている

  • reverse.

    逆。

  • There is a mixture of servility and self- importance in his letter, which promises

    約束彼の手紙の中で奴隷根性と自己重要性の混合物は、存在する

  • well. I am impatient to see him."

    よく。私は彼を見てせっかちです。"

  • "In point of composition," said Mary, "the letter does not seem defective.

    "構成の点では、"メアリーは手紙が故障していないようです"と述べた。

  • The idea of the olive-branch perhaps is not wholly new, yet I think it is well

    オリーブブランチのアイデアは、おそらく完全に新しいものではない、まだ私はそれがよくなると思う

  • expressed."

    表明した。"

  • To Catherine and Lydia, neither the letter nor its writer were in any degree

    キャサリンとリディアに、手紙もその作家のいずれも任意の程度にあった

  • interesting.

    興味深い。

  • It was next to impossible that their cousin should come in a scarlet coat, and it was

    それは彼らのいとこは、緋色のコートに来る必要があることを不可能の隣にいた、そしてそれがあった

  • now some weeks since they had received pleasure from the society of a man in any

    現在いくつかの数週間、彼らはいずれかの人の社会から喜びを受け取っていたので、

  • other colour.

    他の色。

  • As for their mother, Mr. Collins's letter had done away much of her ill-will, and she

    母親としては、ミスターコリンズの手紙は、ずっと彼女の嫌悪を離れて行う、としていた彼女

  • was preparing to see him with a degree of composure which astonished her husband and

    彼女の夫を驚かせたと落ち着きの度合いで彼を見て準備していた

  • daughters.

    娘。

  • Mr. Collins was punctual to his time, and was received with great politeness by the

    ミスターコリンズは彼の時間に几帳面であり、で実に丁重に受信された

  • whole family.

    家族全員。

  • Mr. Bennet indeed said little; but the ladies were ready enough to talk, and Mr.

    ミスターベネットは確かに少し述べて、しかし女性は話をするのに十分な準備ができていた、と氏

  • Collins seemed neither in need of encouragement, nor inclined to be silent

    コリンズは、どちらの励ましを必要としているようで、また静かになる傾斜

  • himself.

    彼自身。

  • He was a tall, heavy-looking young man of five-and-twenty.

    彼は5とした20個の高さ、重そうな若い男だった。

  • His air was grave and stately, and his manners were very formal.

    彼の空気は、墓と風格であり、彼のマナーは非常にフォーマルなていた。

  • He had not been long seated before he complimented Mrs. Bennet on having so fine

    彼は細かいことにミセスベネットを称賛する前に彼は長い間に装着されていなかった

  • a family of daughters; said he had heard much of their beauty, but that in this

    娘の家族、彼はこの年くらいその美しさの、しかしそれを聞いていただ

  • instance fame had fallen short of the

    インスタンスの名声は短い落ちていた

  • truth; and added, that he did not doubt her seeing them all in due time disposed of in

    真実、彼は彼女がで処分期限までにそれらのすべてを見て疑っていなかったこと、およびを追加しました

  • marriage.

    結婚。

  • This gallantry was not much to the taste of some of his hearers; but Mrs. Bennet, who

    しかしミセスベネット、誰が、この勇ましさは聞き手のいくつかの味にあまりなかった

  • quarreled with no compliments, answered most readily.

    ないお世辞で口論、最も容易に答えた。

  • "You are very kind, I am sure; and I wish with all my heart it may prove so, for else

    "あなたはとても親切で、私は確信し、そして私はそれが誰のために、これを証明することができるすべての私の心に希望

  • they will be destitute enough. Things are settled so oddly."

    彼らは十分な極貧になります。物事はそう奇妙に決済される。"

  • "You allude, perhaps, to the entail of this estate."

    "おそらく、あなたは暗示、、この不動産を伴うために。"

  • "Ah! sir, I do indeed. It is a grievous affair to my poor girls,

    "ああ!先生、私が実際に行う。それは、私の貧しい少女に嘆かわしい事件です

  • you must confess.

    あなたが告白する必要があります。

  • Not that I mean to find fault with you, for such things I know are all chance in this

    ではない私は私が知っているようなことのために、あなたと障害を見つけるために意味することは、この内のすべてのチャンスです。

  • world. There is no knowing how estates will go

    世界。ない団地が行くどのようにそこを知ることされていない

  • when once they come to be entailed."

    かつて彼らは、伴意されるようになってときに。"

  • "I am very sensible, madam, of the hardship to my fair cousins, and could say much on

    "私は、私の公正ないとこへの苦難のマダム、非常に賢明だ、との多くの言うことができる

  • the subject, but that I am cautious of appearing forward and precipitate.

    私は前方に現れるのは慎重だと沈殿する主題が、こと。

  • But I can assure the young ladies that I come prepared to admire them.

    しかし、私はそれを賞賛するために準備してくるという若い女性を確保することができます。

  • At present I will not say more; but, perhaps, when we are better acquainted--"

    我々がより精通しているときに、多分、しかし - "、現在のところ、私はもっと言うことはありません

  • He was interrupted by a summons to dinner; and the girls smiled on each other.

    彼は夕食に召喚に割り込まれた。と女の子はお互いに笑った。

  • They were not the only objects of Mr. Collins's admiration.

    彼らはミスターコリンズの称賛のオブジェクトだけではなかった。

  • The hall, the dining-room, and all its furniture, were examined and praised; and

    ホール、ダイニングルーム、そしてそのすべての家具は、検討と賞賛された、と

  • his commendation of everything would have touched Mrs. Bennet's heart, but for the

    すべての彼の表彰では、夫人ベネットの心に触れ、しかしのためであろう

  • mortifying supposition of his viewing it all as his own future property.

    彼の彼自身の将来の財産としてすべてを表示するための仮定を悔やしい。

  • The dinner too in its turn was highly admired; and he begged to know to which of

    あまりにもその順番に夕食は非常に賞賛された、と彼はどののために知って懇願

  • his fair cousins the excellency of its cooking was owing.

    彼の公正ないとこ、その料理の優秀性が起因だ。

  • But he was set right there by Mrs. Bennet, who assured him with some asperity that

    しかし、彼はいくつかのアスペリティそれと彼を安心ミセスベネット、で右そこに設定されていました

  • they were very well able to keep a good cook, and that her daughters had nothing to

    彼らは非常によく料理上手を維持することができた、と彼女の娘は何の関係もないこと

  • do in the kitchen.

    台所で行う。

  • He begged pardon for having displeased her. In a softened tone she declared herself not

    彼は彼女を不快にしたことで許しを懇願した。軟化した口調で彼女は自分自身をしないと宣言

  • at all offended; but he continued to apologise for about a quarter of an hour.

    すべての腹で、しかし、彼は時間の約4分の1を謝罪し続けた。

CHAPTER 13

第13章

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ベネット コリンズ ミスター ミセス 自身 確信

第13章 ジェーン・オースティンの高慢と偏見 (Chapter 13 - Pride and Prejudice by Jane Austen)

  • 62 27
    羅致 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語