Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 11

    第11章

  • When the ladies removed after dinner, Elizabeth ran up to her sister, and seeing

    女性は夕食後に削除するとき、エリザベスは彼女の妹まで走った、と見

  • her well guarded from cold, attended her into the drawing-room, where she was

    よく寒さから守られ、彼女、彼女がいた客間、に彼女を出席

  • welcomed by her two friends with many

    多くのと彼女の二人の友人に歓迎さ

  • professions of pleasure; and Elizabeth had never seen them so agreeable as they were

    喜びの職業、そしてエリザベスは、彼らがいたとして、それらは非常に快適見たことがなかった

  • during the hour which passed before the gentlemen appeared.

    紳士が登場する前に渡された時間の間に。

  • Their powers of conversation were considerable.

    会話の彼らの力はかなりあった。

  • They could describe an entertainment with accuracy, relate an anecdote with humour,

    彼らは、ユーモアと逸話を関連付ける、正確さとエンターテイメントを記述することができる

  • and laugh at their acquaintance with spirit.

    と精神とその知人で笑う。

  • But when the gentlemen entered, Jane was no longer the first object; Miss Bingley's

    しかし紳士が入った時、ジェーンはもはや第一の目的でした。ミスBingleyの

  • eyes were instantly turned toward Darcy, and she had something to say to him before

    目が瞬時にダーシー方に向けて、と彼女は前に彼に言って何かを持っていた

  • he had advanced many steps.

    彼は多くのステップを進めていた。

  • He addressed himself to Miss Bennet, with a polite congratulation; Mr. Hurst also made

    彼は丁寧なお祝いで、ミスベネットに身を取り上げ、氏ハーストも作ら

  • her a slight bow, and said he was "very glad;" but diffuseness and warmth remained

    "とてもうれしい。"彼女のわずかな弓、と彼は言ったが、拡散性と暖かさが残った

  • for Bingley's salutation.

    Bingleyのあいさつのため。

  • He was full of joy and attention.

    彼は喜びと注目に満ちていました。

  • The first half-hour was spent in piling up the fire, lest she should suffer from the

    彼女が苦しむようしない半時間最初のものは、火を重ねるに費やされた

  • change of room; and she removed at his desire to the other side of the fireplace,

    、と彼女は暖炉の反対側に自分の欲望に除去、部屋の変更

  • that she might be further from the door.

    彼女はドアから遠いかもしれない。

  • He then sat down by her, and talked scarcely to anyone else.

    彼はその後、彼女が座って、そして他の誰にほとんど話をしません。

  • Elizabeth, at work in the opposite corner, saw it all with great delight.

    エリザベスは、反対側の角の仕事で、大きな喜びとすべてのそれを見た。

  • When tea was over, Mr. Hurst reminded his sister-in-law of the card-table--but in

    お茶が終わったとき、氏はハーストはカードテーブルの彼の義理の姉妹を思い出した - がで

  • vain.

    無駄。

  • She had obtained private intelligence that Mr. Darcy did not wish for cards; and Mr.

    彼女はミスターダーシーはカードのために希望していないことを民間インテリジェンスを得ていた、と氏

  • Hurst soon found even his open petition rejected.

    ハーストは、すぐにも彼の開いている申立てが却下います。

  • She assured him that no one intended to play, and the silence of the whole party on

    彼女は、誰がプレーすることを意図しないことを彼に保証、および全体のパーティーの沈黙について

  • the subject seemed to justify her.

    主題は彼女を正当化するように見えた。

  • Mr. Hurst had therefore nothing to do, but to stretch himself on one of the sofas and

    氏ハーストしたがって何の関係もありませんが、ソファのいずれかで自分を伸ばすとする

  • go to sleep.

    スリープ状態に入る。

  • Darcy took up a book; Miss Bingley did the same; and Mrs. Hurst, principally occupied

    ミスBingleyは同じでした;ダーシーは、本を取り上げて、主に占領夫人ハースト、

  • in playing with her bracelets and rings, joined now and then in her brother's

    彼女のブレスレットと指輪と一緒に遊んで、彼女の弟のに今後、参加

  • conversation with Miss Bennet.

    ミスベネットとの会話。

  • Miss Bingley's attention was quite as much engaged in watching Mr. Darcy's progress

    ミスBingleyの注目はかなり同じくらい氏ダーシーの進捗状況を見に従事していた

  • through his book, as in reading her own; and she was perpetually either making some

    彼の本を通して、自分自身を読書のように、と彼女は永久のどちらかをいくつか作っていた

  • inquiry, or looking at his page.

    お問い合わせ、または彼のページを見て。

  • She could not win him, however, to any conversation; he merely answered her

    彼女が彼に勝つことができなかった、しかし、どんな会話に、彼は単に彼女の答え

  • question, and read on.

    質問、と読み進めてください。

  • At length, quite exhausted by the attempt to be amused with her own book, which she

    長さで、非常に彼女の自身の本で楽しまれるために試み、が疲れている彼女

  • had only chosen because it was the second volume of his, she gave a great yawn and

    それは彼の2番目のボリュームだったのでのみ選択していた、彼女は大きなあくびを与えたと

  • said, "How pleasant it is to spend an evening in this way!

    それがこの方法で夜を過ごすのになる方法楽しい"と言った。

  • I declare after all there is no enjoyment like reading!

    私は読書のようなない楽しみがないすべての後に宣言する!

  • How much sooner one tires of anything than of a book!

    どのくらい早く本のより何の一つタイヤ!

  • When I have a house of my own, I shall be miserable if I have not an excellent

    私は優秀なをお持ちでない場合、私は自分の家を持っている場合、私は惨めなものとする

  • library."

    ライブラリ。"

  • No one made any reply.

    誰もすべての応答を行いません。

  • She then yawned again, threw aside her book, and cast her eyes round the room in

    彼女はその後、再びあくびをした彼女の本を脇に​​投げた、とのお部屋まわりに彼女の目を〜

  • quest for some amusement; when hearing her brother mentioning a ball to Miss Bennet,

    一部のアミューズメントのための探求、ミスベネットにボールに言及彼女の兄弟を聞いて、

  • she turned suddenly towards him and said:

    彼女は彼に向かって急になって、言った:

  • "By the bye, Charles, are you really serious in meditating a dance at

    "さようなら、チャールズ、することで、ダンスパーティーで瞑想に実際に深刻である

  • Netherfield?

    Netherfield?

  • I would advise you, before you determine on it, to consult the wishes of the present

    あなたがそれを決定する前に、私は、現在の希望を相談し、あなたを助言する

  • party; I am much mistaken if there are not some among us to whom a ball would be

    パーティー、いくつかのボールのようになります人に私たちの間に存在しない場合、私は非常に間違っています

  • rather a punishment than a pleasure."

    喜びよりもむしろ罰。"

  • "If you mean Darcy," cried her brother, "he may go to bed, if he chooses, before it

    "あなたはダーシーを意味する場合、"彼女の兄は、それ以前に、彼が選択した場合、彼は、ベッドに行くかもしれない"、叫んだ。

  • begins--but as for the ball, it is quite a settled thing; and as soon as Nicholls has

    開始 - しかし、ボールのために、それは非常に落ち着いたものであり、早急にニコルズは持っています

  • made white soup enough, I shall send round my cards."

    十分な白いスープを作った、私はラウンド私のカードを送付しなければならない。"

  • "I should like balls infinitely better," she replied, "if they were carried on in a

    "私は無限に良いボールが好きなはず"と、彼女はそれらが上に運ばれた場合"と答えた

  • different manner; but there is something insufferably tedious in the usual process

    別の方法で、しかしそこには、通常のプロセスに耐えられないほど退屈なものです。

  • of such a meeting.

    そのような会議の。

  • It would surely be much more rational if conversation instead of dancing were made

    会話の代わりにダンスが行われた場合、それは確かにはるかに合理的だろう

  • the order of the day."

    一日の順。"

  • "Much more rational, my dear Caroline, I dare say, but it would not be near so much

    "はるかに合理的、キャロライン私の愛するが、私が言ってみますが、それはそんなに近くではないでしょう

  • like a ball."

    ボールのように。"

  • Miss Bingley made no answer, and soon afterwards she got up and walked about the

    ミスBingleyは答えを行われず、その後すぐに彼女は立ち上がると、約歩いた

  • room.

    部屋。

  • Her figure was elegant, and she walked well; but Darcy, at whom it was all aimed,

    しかし、ダーシーは、誰のところでそれはすべてのことを目的とした、彼女の図は、エレガントであり、彼女はよく歩いた

  • was still inflexibly studious.

    それでも意志を曲げないで勤勉だ。

  • In the desperation of her feelings, she resolved on one effort more, and, turning

    彼女の感情の絶望に、彼女は一挙以上で解決、と、回転

  • to Elizabeth, said:

    エリザベスに、言った:

  • "Miss Eliza Bennet, let me persuade you to follow my example, and take a turn about

    "ミスイライザベネット、私は私の例に従うことを説得し、約ターンに任せる

  • the room. I assure you it is very refreshing after

    部屋。私はあなたを保証することは、後に非常にさわやかです。

  • sitting so long in one attitude."

    one姿勢で長い間座って。"

  • Elizabeth was surprised, but agreed to it immediately.

    エリザベスはびっくりしましたが、すぐにそれをすることに合意した。

  • Miss Bingley succeeded no less in the real object of her civility; Mr. Darcy looked

    ミスBingleyは彼女の礼儀の実際のオブジェクトではあまり成功していません。ミスターダーシーは見えた

  • up.

    アップ。

  • He was as much awake to the novelty of attention in that quarter as Elizabeth

    彼は、その四半期の注目の新規性の程度起きていたエリザベスのような

  • herself could be, and unconsciously closed his book.

    彼女はである、と無意識のうちに彼の本を閉じた可能性があります。

  • He was directly invited to join their party, but he declined it, observing that

    彼は直接彼らのパーティーに招待、彼は観察し、それを拒否されたことを

  • he could imagine but two motives for their choosing to walk up and down the room

    彼は想像できるが、その選択には2つの動機は、部屋を歩くとダウンする

  • together, with either of which motives his joining them would interfere.

    一緒に、その動機、彼がそれらを妨害するように参加のいずれかで。

  • "What could he mean?

    "彼は何を意味するのでしょうか?

  • She was dying to know what could be his meaning?"--and asked Elizabeth whether she

    ?彼女は"彼の意味であることができるものを知るために死んでいた - と、彼女かどうかをエリザベスに尋ねた

  • could at all understand him?

    すべてで彼を理解できる?

  • "Not at all," was her answer; "but depend upon it, he means to be severe on us, and

    "すべてに、"彼女の答えは、"それに依存し、彼は私たちに深刻になることを意味し、

  • our surest way of disappointing him will be to ask nothing about it."

    残念な彼の私達の最も確実な方法はそれについて何も質問しないことになります。"

  • Miss Bingley, however, was incapable of disappointing Mr. Darcy in anything, and

    ミスBingleyは、しかし、何に失望氏ダーシーの無能であり、

  • persevered therefore in requiring an explanation of his two motives.

    彼の二の動機の説明を必要とするのため、辛抱。

  • "I have not the smallest objection to explaining them," said he, as soon as she

    "私はそれらを説明するために最小の異議を持っていない、"彼はすぐに彼女のような、だ

  • allowed him to speak.

    彼が話すことを許可。

  • "You either choose this method of passing the evening because you are in each other's

    あなたがお互いの内にあるため、"あなたはどちらの夜を渡すのは、この方法を選択してください

  • confidence, and have secret affairs to discuss, or because you are conscious that

    自信、と議論する秘密の事務を持っているか、意識しているので、その

  • your figures appear to the greatest

    あなたの数字は最大のように見える

  • advantage in walking; if the first, I would be completely in your way, and if the

    歩行の利点は、第一なら、私はあなたの方法で完全になる、となる場合

  • second, I can admire you much better as I sit by the fire."

    第二に、私ははるかに良い私は暖炉の前に座るように感心することができます。"

  • "Oh! shocking!" cried Miss Bingley.

    "ああ!ショッキング!"ミスBingleyは叫んだ。

  • "I never heard anything so abominable. How shall we punish him for such a speech?"

    "私は憎むべきものを聞いたことがない。どのように我々はそのようなスピーチのために彼を罰するもの?"

  • "Nothing so easy, if you have but the inclination," said Elizabeth.

    "そう簡単に何も、あなたが持っている場合が傾き、"エリザベスは言った。

  • "We can all plague and punish one another.

    "我々は、すべてのペストやお互いを罰することができる。

  • Tease him--laugh at him. Intimate as you are, you must know how it

    彼をいじめる - 彼を嘲笑。あなたは親密なように、その方法を知っている必要があります

  • is to be done." "But upon my honour, I do not.

    "。行われることです"しかし、私の名誉によって、私はしないでください。

  • I do assure you that my intimacy has not yet taught me that.

    私は私の親密さは、まだそんなこと教えていないことを保証しません。

  • Tease calmness of manner and presence of mind!

    方法と心の存在の静けさをいじめる!

  • No, no--feel he may defy us there.

    いいえ、ない - 彼はそこに私達を無視可能性感じる。

  • And as to laughter, we will not expose ourselves, if you please, by attempting to

    あなたが望むならと笑いのように、我々がしようとすることによって、自分自身を露出することはないだろう

  • laugh without a subject. Mr. Darcy may hug himself."

    予告なく笑う。ミスターダーシーは、彼自身を抱き締めることができる。"

  • "Mr. Darcy is not to be laughed at!" cried Elizabeth.

    "氏ダーシーは笑われるものではない!"エリザベスは叫んだ。

  • "That is an uncommon advantage, and uncommon I hope it will continue, for it

    "それは珍しい利点である、と珍しく私はそれはそれのために、継続を期待

  • would be a great loss to me to have many such acquaintances.

    多くのそのような知人を持っている私にとって大きな損失となります。

  • I dearly love a laugh."

    私は心から笑いが大好きです。"

  • "Miss Bingley," said he, "has given me more credit than can be.

    "ミスBingleyは、"彼は、"私にできるよりも多くのクレジットを与えていると述べた。

  • The wisest and the best of men--nay, the wisest and best of their actions--may be

    いや、彼らの行動の最も賢いとベスト - - 男性の最も賢いと最良の可能性があります

  • rendered ridiculous by a person whose first object in life is a joke."

    その最初のオブジェクトの生活の中で冗談でない者でおかしなレンダリング。"

  • "Certainly," replied Elizabeth--"there are such people, but I hope I am not one of

    そのような人がいる"、しかし私は中一人ではありません願って - "確かに、"エリザベスは答えた

  • them. I hope I never ridicule what is wise and

    それら。私は賢明とは何か嘲笑決して願っています

  • good.

    良い。

  • Follies and nonsense, whims and inconsistencies, do divert me, I own, and I

    愚劣とナンセンス、気まぐれや矛盾は、私をそらす、私が所有し、そして私はありません

  • laugh at them whenever I can. But these, I suppose, are precisely what

    いつでも私ができるそれらを嘲笑。しかし、これらは、私が思う、正確にどのようなもの

  • you are without."

    あなたはなしです。"

  • "Perhaps that is not possible for anyone. But it has been the study of my life to

    "おそらくこれが誰のために不可能である。しかし、それは私の人生の勉強になっている

  • avoid those weaknesses which often expose a strong understanding to ridicule."

    しばしば嘲笑に強い理解を公開それらの弱点を避ける。"

  • "Such as vanity and pride."

    "虚栄心やプライドのような。"

  • "Yes, vanity is a weakness indeed. But pride--where there is a real

    "はい、虚栄心は確かに弱点です。しかしプライド - 本当のがある

  • superiority of mind, pride will be always under good regulation."

    心の優位性は、プライドは良い規制の下に常になります。"

  • Elizabeth turned away to hide a smile.

    エリザベスは、笑顔を隠すために背き去った。

  • "Your examination of Mr. Darcy is over, I presume," said Miss Bingley; "and pray what

    "ミスターダーシーのご検討が終わって、私は推測、"ミスBingleyは言った、"そして何を祈る

  • is the result?" "I am perfectly convinced by it that Mr.

    結果ですか?""私は完璧にその氏それは素晴らしいと思います

  • Darcy has no defect.

    ダーシーは欠陥がありません。

  • He owns it himself without disguise." "No," said Darcy, "I have made no such

    彼は変装せずに自分自身をそれを所有する。""いいえ、"ダーシーは、私はそのようなを加えていない"と述べた

  • pretension. I have faults enough, but they are not, I

    プリテンション。私は、私は十分な欠点を持っていますが、そうではありません

  • hope, of understanding.

    理解を、願っています。

  • My temper I dare not vouch for. It is, I believe, too little yielding--

    私の気性は、私がのために保証することはあえて。それは、私は信じて、少なすぎると収穫です -

  • certainly too little for the convenience of the world.

    世界の便宜のために確かに少なすぎる。

  • I cannot forget the follies and vices of others so soon as I ought, nor their

    私はすぐに私がなるべきなのだから他人の愚行と悪徳を忘れて、またそのことができません

  • offenses against myself. My feelings are not puffed about with every

    自分に対する犯罪。私の気持ちは、ほぼすべてで吹きましたされていません

  • attempt to move them.

    それらを移動しよう。

  • My temper would perhaps be called resentful.

    私の気性は、おそらく憤慨して呼び出されます。

  • My good opinion once lost, is lost forever."

    一度失われた私の良い意見は、永久に失われます。"

  • "That is a failing indeed!" cried Elizabeth.

    "それは確かに失敗している!"エリザベスは叫んだ。

  • "Implacable resentment is a shade in a character.

    "無慈悲な怒りはキャラクタの影です。

  • But you have chosen your fault well.

    しかし、あなたはよく自分の障害を選択している。

  • I really cannot laugh at it. You are safe from me."

    私は本当にそれで笑えることはできません。あなたは私から安全です。"

  • "There is, I believe, in every disposition a tendency to some particular evil--a

    - "いくつかの特定の悪への傾向はすべての処分で、私は信じ、ある

  • natural defect, which not even the best education can overcome."

    最高の教育すらが克服できる自然な欠陥、。"

  • "And your defect is to hate everybody."

    "そして、あなたの欠陥は誰を憎むことである。"

  • "And yours," he replied with a smile, "is willfully to misunderstand them."

    "そして、あなたの、"彼は笑顔で答えた、"それを誤解して意図的です。"

  • "Do let us have a little music," cried Miss Bingley, tired of a conversation in which

    "私たちは少し音楽を聞かせください、"の会話に疲れてミスBingleyは、叫んだ。

  • she had no share.

    彼女はシェアがなかった。

  • "Louisa, you will not mind my waking Mr. Hurst?"

    "ルイザは、あなたが私の目覚めさんハーストを気にしないのだろうか?"

  • Her sister had not the smallest objection, and the pianoforte was opened; and Darcy,

    、とダーシー、彼女の妹は、最小の異議をしないでした、そしてピアノがオープンしました

  • after a few moments' recollection, was not sorry for it.

    しばらく"回想の後、それは残念でした。

  • He began to feel the danger of paying Elizabeth too much attention.

    彼はエリザベスあまり注意を払っての危険を感じるようになった。

CHAPTER 11

第11章

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ダーシー エリザベス ミス ハースト 嘲笑 叫ん

第11章 ジェーン・オースティンの高慢と偏見 (Chapter 11 - Pride and Prejudice by Jane Austen)

  • 44 24
    羅致 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語