Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 10

    第10章

  • The day passed much as the day before had done.

    行っていたの前日には、毎日のようにはるかに渡される。

  • Mrs. Hurst and Miss Bingley had spent some hours of the morning with the invalid, who

    夫人ハーストとミスBingleyは、無効と人を朝の数時間を費やしていた

  • continued, though slowly, to mend; and in the evening Elizabeth joined their party in

    修復する、しかし徐々に、引き続き、夕方にエリザベスはで自分のパーティーに参加しました

  • the drawing-room.

    客間。

  • The loo-table, however, did not appear. Mr. Darcy was writing, and Miss Bingley,

    トイレテーブルは、しかし、表示されませんでした。ミスターダーシーは、書き込み、およびミスBingleyした

  • seated near him, was watching the progress of his letter and repeatedly calling off

    彼の近くに座って、彼の手紙の進捗状況を見て、何度もオフ呼び出していた

  • his attention by messages to his sister.

    彼の妹へのメッセージで彼の注意。

  • Mr. Hurst and Mr. Bingley were at piquet, and Mrs. Hurst was observing their game.

    氏ハースト氏とBingleyはピケでいた、と夫人ハーストは、彼らの試合を観察した。

  • Elizabeth took up some needlework, and was sufficiently amused in attending to what

    エリザベスは、いくつかの針仕事を取り上げ、そして十分にどのように参加するには面白がっていた

  • passed between Darcy and his companion.

    ダーシーと彼の仲間の間で渡される。

  • The perpetual commendations of the lady, either on his handwriting, or on the

    どちらかの彼の筆跡で、または上の女性の永遠の表彰、

  • evenness of his lines, or on the length of his letter, with the perfect unconcern with

    との完璧な無関心を持つ彼のラインの、または彼の手紙の長さに均一、

  • which her praises were received, formed a

    彼女の賞賛が受信された、形成さ

  • curious dialogue, and was exactly in union with her opinion of each.

    好奇心の対話、およびそれぞれの彼女の意見を持つ労働組合に正確になった。

  • "How delighted Miss Darcy will be to receive such a letter!"

    "ミスダーシーはそのような手紙を受け取るためにどのように喜んでされる!"

  • He made no answer.

    彼は答えを行われません。

  • "You write uncommonly fast." "You are mistaken.

    "あなたはまれに高速書き込み。""あなたは間違っています。

  • I write rather slowly." "How many letters you must have occasion to

    私はむしろ徐々に書く。""あなたに機会を持っている必要がありますどのように多くの手紙

  • write in the course of a year!

    今年中に書く!

  • Letters of business, too! How odious I should think them!"

    ビジネスの手紙、あまりにも!どのように醜悪な私はそれらを考える必要があります!"

  • "It is fortunate, then, that they fall to my lot instead of yours."

    "それは彼らが私の多くの代わりにあなたに落ちること、そして、幸運です。"

  • "Pray tell your sister that I long to see her."

    "私は長い間彼女を見ているあなたの妹を伝える祈りなさい。"

  • "I have already told her so once, by your desire."

    "私はすでにあなたの欲求によって、ので、一度彼女に言っておく。"

  • "I am afraid you do not like your pen.

    "私はあなたのペンが好きではないが怖いです。

  • Let me mend it for you. I mend pens remarkably well."

    私はあなたのためにそれを修復してみましょう。私は非常によくペンを修理。"

  • "Thank you--but I always mend my own." "How can you contrive to write so even?"

    "ありがとう - しかし、私はいつも自分を修理する。""どうやってそうであっても書き込みを工夫することができます"?

  • He was silent.

    彼は静かだった。

  • "Tell your sister I am delighted to hear of her improvement on the harp; and pray let

    せと祈る、"私はハープの彼女の改善から聞いて嬉しく思いますあなたの妹に紹介

  • her know that I am quite in raptures with her beautiful little design for a table,

    彼女は、私がテーブルのための彼女の美しい小さなデザインと狂喜に非常に時ことを知っている

  • and I think it infinitely superior to Miss Grantley's."

    と私はGrantleyのミスすることは無限に優れたと思う。"

  • "Will you give me leave to defer your raptures till I write again?

    "あなたは私が私が再び書き込みまでし​​て歓喜を延期するままに与えるのだろうか?

  • At present I have not room to do them justice."

    現時点では私は彼らに正義を行うために部屋を持っていない。"

  • "Oh! it is of no consequence. I shall see her in January.

    "ああ!それは重要ではありません。私は月に彼女を参照してくださいしなければならない。

  • But do you always write such charming long letters to her, Mr. Darcy?"

    しかし、あなたはいつも、彼女にミスターダーシーのような魅力的な長い手紙を書くのですか?"

  • "They are generally long; but whether always charming it is not for me to

    "彼らは一般的に長いものであるが常に魅力的かどうか、それは私に用ではありません

  • determine."

    決定する。"

  • "It is a rule with me, that a person who can write a long letter with ease, cannot

    "それは簡単に長い​​手紙を書くことができる人は、できないことを、私と一緒にルールです

  • write ill."

    病気書く。"

  • "That will not do for a compliment to Darcy, Caroline," cried her brother,

    "それはダーシー、キャロラインに褒めしないだろう、"彼女の兄は、叫んだ。

  • "because he does not write with ease. He studies too much for words of four

    "彼は簡単に書き込むことはありません。彼は4つの言葉のためにあまり研究して

  • syllables.

    音節。

  • Do not you, Darcy?" "My style of writing is very different from

    ダーシー、あなたではないのですか?""書き込みの私のスタイルは非常に異なっています

  • yours." "Oh!" cried Miss Bingley, "Charles writes

    あなたが""ああ!"ミスBingleyを叫んだ、"チャールズは、書き込みます

  • in the most careless way imaginable.

    想像できるほとんどの不注意な方法インチ

  • He leaves out half his words, and blots the rest."

    彼は半分の言葉抜けて、残りをブロット。"

  • "My ideas flow so rapidly that I have not time to express them--by which means my

    そう急速に私はそれらを表現する時ではない持っていることを"私のアイデアは流れ - 私を意味していること

  • letters sometimes convey no ideas at all to my correspondents."

    手紙は時々私の特派員にまったくアイデアを伝えるない。"

  • "Your humility, Mr. Bingley," said Elizabeth, "must disarm reproof."

    "あなたの謙虚さ、氏Bingleyは、"エリザベスは言った、"小言を武装を解除する必要があります。"

  • "Nothing is more deceitful," said Darcy, "than the appearance of humility.

    "何がより多くの偽りのない、"謙虚さの外観よりダーシーは、"言った。

  • It is often only carelessness of opinion, and sometimes an indirect boast."

    それは、しばしば意見の唯一の不注意、時には間接的な自慢です。"

  • "And which of the two do you call my little recent piece of modesty?"

    "そして、2つのうち、どれが謙虚さの私の少し最近の作品を呼ぶのですか?"

  • "The indirect boast; for you are really proud of your defects in writing, because

    "間接的な自慢、、あなたが書面であなたの欠陥の非常に誇りに思っているのための理由

  • you consider them as proceeding from a rapidity of thought and carelessness of

    の思想と不注意の速さから進むようにするには、それらを考慮する

  • execution, which, if not estimable, you think at least highly interesting.

    ではないに見積る場合は、少なくとも非常に面白いと思う、実行、。

  • The power of doing anything with quickness is always prized much by the possessor, and

    機敏に何かするの電源は常に所有者によって非常に珍重されており、

  • often without any attention to the imperfection of the performance.

    多くの場合、性能の不完全さへの配慮なし。

  • When you told Mrs. Bennet this morning that if you ever resolved upon quitting

    あなたがこれまでに終了する際に解決したかという今朝ミセスベネットに言ったときに

  • Netherfield you should be gone in five minutes, you meant it to be a sort of

    Netherfieldあなたが5分にして下さい、あなたはそれが一種のことを意図

  • panegyric, of compliment to yourself--and

    自分への褒め言葉の賛辞、 - と

  • yet what is there so very laudable in a precipitance which must leave very

    まだそこには非常に残さなければならない大慌てでそれは非常に称賛に値するものです。

  • necessary business undone, and can be of no real advantage to yourself or anyone else?"

    必要な事業は、元に戻す、と自分や他人には本当の利点にすることができます?"

  • "Nay," cried Bingley, "this is too much, to remember at night all the foolish things

    "いや、"Bingleyは夜間にすべての愚かなことを覚えて、これが多すぎる"、叫んだ。

  • that were said in the morning.

    その午前中に言われた。

  • And yet, upon my honour, I believe what I said of myself to be true, and I believe it

    とまだ、私の名誉上、私は本当だと自分の言ったことを信じて、そして私はそれを信じる

  • at this moment.

    現時点では。

  • At least, therefore, I did not assume the character of needless precipitance merely

    少なくとも、それゆえ、私は単に不必要な大慌ての文字を想定していなかった

  • to show off before the ladies."

    女性の前に披露する。"

  • "I dare say you believed it; but I am by no means convinced that you would be gone with

    "私はあなたがそれを信じて言ってみますが、私は決してあなたがしてなくなっているだろうと確信しています

  • such celerity.

    そのようなセレリティ。

  • Your conduct would be quite as dependent on chance as that of any man I know; and if,

    あなたの行動は、私が知っている人のそのような可能性についてはかなりのように依存するだろう、と、場合

  • as you were mounting your horse, a friend were to say, 'Bingley, you had better stay

    あなたの馬を取り付けていたとして、友人が言っていた、"Bingleyは、よりよい滞在していた

  • till next week,' you would probably do it,

    来週まで、"あなたはおそらく、それをするだろう

  • you would probably not go--and at another word, might stay a month."

    あなたはおそらく行かないだろう - と別の単語で、月間滞在かもしれない"。

  • "You have only proved by this," cried Elizabeth, "that Mr. Bingley did not do

    "あなたはこれだけで証明している、"エリザベス氏Bingleyがしなかったこと"、叫んだ

  • justice to his own disposition.

    彼自身の気質に正義。

  • You have shown him off now much more than he did himself."

    これで、彼が自分自身をよりもはるかに彼を示している。"

  • "I am exceedingly gratified," said Bingley, "by your converting what my friend says

    "私は非常にたいへんうれしい、"Bingleyは私の友人が言うことを自分に変換することによって"、言った

  • into a compliment on the sweetness of my temper.

    私の気性の甘さでお世辞に。

  • But I am afraid you are giving it a turn which that gentleman did by no means

    しかし、私はあなたはそれをその紳士は決してしなかったターンを与えているが怖いです

  • intend; for he would certainly think better of me, if under such a circumstance I were

    つもり、私がいたような状況下でなら、彼は確かに、私のより良いと思うだろうのために

  • to give a flat denial, and ride off as fast as I could."

    きっぱりと断る、そして早く私ができたとオフに乗るために。"

  • "Would Mr. Darcy then consider the rashness of your original intentions as atoned for

    贖わとして"ミスターダーシーは、その後、元の意図の不見識を検討する

  • by your obstinacy in adhering to it?"

    それに従うことであなたの頑固さで?"

  • "Upon my word, I cannot exactly explain the matter; Darcy must speak for himself."

    "私の言葉時、私は正確に問題を説明することはできません。ダーシーは、彼自身のために話す必要があります。"

  • "You expect me to account for opinions which you choose to call mine, but which I

    "あなたは私はあなたが私を呼び出すことを選択した意見を考慮すると予想していますが、これは私

  • have never acknowledged.

    認めたことがない。

  • Allowing the case, however, to stand according to your representation, you must

    ケースは、しかし、あなたの表現によれば立って、作業を行う必要があります許可

  • remember, Miss Bennet, that the friend who is supposed to desire his return to the

    、ミスベネット、彼の復帰を望むことになっている友人を覚えている

  • house, and the delay of his plan, has

    家、そして彼の計画の遅延、している

  • merely desired it, asked it without offering one argument in favour of its

    単にそれを必要に応じ、その支持して一つの引数を提示せずにそれを尋ねた

  • propriety."

    妥当。"

  • "To yield readily--easily--to the persuasion of a friend is no merit with

    "容易に得ること - を簡単に - 友人の説得にすることでもメリットはない

  • you." "To yield without conviction is no

    あなた。""信念なし得るためには、noです

  • compliment to the understanding of either."

    どちらかの理解への賛辞。"

  • "You appear to me, Mr. Darcy, to allow nothing for the influence of friendship and

    "あなたは私には見える、ミスターダーシーは、友情の影響のために何も許可しないとする

  • affection.

    愛情。

  • A regard for the requester would often make one readily yield to a request, without

    リクエスタに関係は頻繁にすることなく、1つは容易に要求に屈してしまいます

  • waiting for arguments to reason one into it.

    それに1つを推論するために引数を待っている。

  • I am not particularly speaking of such a case as you have supposed about Mr.

    あなたがさんについて想定されているように私は特にこのような場合について言えばではないしています

  • Bingley.

    Bingley。

  • We may as well wait, perhaps, till the circumstance occurs before we discuss the

    我々が議論する前に状況が発生するまで、我々としても、おそらく、待つことがあります

  • discretion of his behaviour thereupon.

    彼の行動の裁量はそれで。

  • But in general and ordinary cases between friend and friend, where one of them is

    しかし、友人と友人の間で一般的と通常のケースで、そのうちの一つがどこにあるか

  • desired by the other to change a resolution of no very great moment, should you think

    ない非常に偉大な瞬間の解像度を変更するために他のことで、目的の、あなたが考える必要

  • ill of that person for complying with the

    を遵守するためにその人の病気

  • desire, without waiting to be argued into it?"

    それに主張されるのを待っていることなく、欲望、?"

  • "Will it not be advisable, before we proceed on this subject, to arrange with

    "それは我々が手配して、この主題に進む前に、お勧めできなくなる

  • rather more precision the degree of importance which is to appertain to this

    これに付随することです重要なのではなく、より精密度

  • request, as well as the degree of intimacy subsisting between the parties?"

    リクエストだけでなく、当事者間存続親密の度合い?"

  • "By all means," cried Bingley; "let us hear all the particulars, not forgetting their

    "すべての手段で、"Bingleyは叫んだ。"私たちはすべての明細を聞かせ、彼らを忘れてはならない

  • comparative height and size; for that will have more weight in the argument, Miss

    比較高さと大きさ、つまり、引数でより多くの重量を持っているため、ミス

  • Bennet, than you may be aware of.

    ベネットは、あなたが知っているよりも。

  • I assure you, that if Darcy were not such a great tall fellow, in comparison with

    私はと比較して、場合ダーシーはそのような偉大な背の高い仲間ではないこと、を保証

  • myself, I should not pay him half so much deference.

    私自身、私は彼にhalfとても敬意を払ってはいけません。

  • I declare I do not know a more awful object than Darcy, on particular occasions, and in

    私は特定の場面で、私はダルシーよりひどいオブジェクトがわからない宣言する、との

  • particular places; at his own house especially, and of a Sunday evening, when

    特定の場所、特に、及び日曜日の夜の彼自身の家で、時

  • he has nothing to do."

    彼は何の関係もない。"

  • Mr. Darcy smiled; but Elizabeth thought she could perceive that he was rather offended,

    しかし、エリザベスは彼女は彼がむしろ怒られたことを知覚すると考えていた、ミスターダーシーは笑った

  • and therefore checked her laugh.

    したがって、彼女の笑いをチェック。

  • Miss Bingley warmly resented the indignity he had received, in an expostulation with

    ミスBingleyは暖かくと諭しで、彼が受けた侮辱に憤慨

  • her brother for talking such nonsense. "I see your design, Bingley," said his

    そのようなナンセンスを話して、彼女の兄。 "私はあなたのデザイン、Bingleyを参照して、"彼は言った

  • friend.

    友人。

  • "You dislike an argument, and want to silence this."

    "あなたは、引数を嫌い、そしてこれを静かにさせたい。"

  • "Perhaps I do. Arguments are too much like disputes.

    "おそらく、私がか。引数が多すぎるの紛争のようなものです。

  • If you and Miss Bennet will defer yours till I am out of the room, I shall be very

    私は部屋を出て朝まで、あなたとミスベネットがあなたを延期する場合、私は非常にでなければならない

  • thankful; and then you may say whatever you like of me."

    感謝し、そして次にあなたが私のこと好きと言うかもしれない"。

  • "What you ask," said Elizabeth, "is no sacrifice on my side; and Mr. Darcy had

    とミスターダーシーが持っていた、"あなたが求めるもの、"エリザベスは私の側には犠牲がない"と述べた

  • much better finish his letter." Mr. Darcy took her advice, and did finish

    はるかに良い彼の手紙を終える。"ミスターダーシーは、彼女の助言を取った、と仕上げをした

  • his letter.

    彼の手紙。

  • When that business was over, he applied to Miss Bingley and Elizabeth for an

    その事業が終わったとき、彼はのためBingleyとエリザベスのミスにも適用

  • indulgence of some music.

    いくつか音楽の耽溺。

  • Miss Bingley moved with some alacrity to the pianoforte; and, after a polite request

    礼儀正しく要求の後、そして、ミスBingleyはピアノフォルテへのいくつかいそいそと移動

  • that Elizabeth would lead the way which the other as politely and more earnestly

    エリザベスは、丁寧に、より真剣に他の方法を導くこと

  • negatived, she seated herself.

    negatived、彼女は自分を装着。

  • Mrs. Hurst sang with her sister, and while they were thus employed, Elizabeth could

    夫人ハーストは、彼女の妹で歌った、と彼らはこうして採用された一方、エリザベスは、可能性

  • not help observing, as she turned over some music-books that lay on the instrument, how

    彼女はいくつかの音楽 - 本計器上に置くに引き渡したとしてどのように、、観察解決しない

  • frequently Mr. Darcy's eyes were fixed on her.

    頻繁にミスターダーシーの目は彼女の上に固定した。

  • She hardly knew how to suppose that she could be an object of admiration to so

    彼女はほとんど彼女がそうするために賞賛の対象となることができると仮定する方法を知っていた

  • great a man; and yet that he should look at her because he disliked her, was still more

    偉大な男、彼は彼女を嫌っているため、彼は彼女を見て必要があることをまだしては、依然として多くなった

  • strange.

    奇妙な。

  • She could only imagine, however, at last that she drew his notice because there was

    彼女はそこだけだったので、彼女は彼の注意を引いたこと最後に、しかし、想像できる

  • something more wrong and reprehensible, according to his ideas of right, than in

    に比べ、右の彼のアイデアによると、多くの間違ったと非難されるべきもの

  • any other person present.

    現在、他の人。

  • The supposition did not pain her. She liked him too little to care for his

    仮定は、痛みの彼女をしませんでした。彼女は彼が少なすぎる彼の世話をするのが好き

  • approbation.

    賛同を得る。

  • After playing some Italian songs, Miss Bingley varied the charm by a lively Scotch

    いくつかのイタリアン曲を演奏した後、ミスBingleyは活発なスコッチによって魅力を変える

  • air; and soon afterwards Mr. Darcy, drawing near Elizabeth, said to her:

    空気が、そしてその後すぐに氏ダーシーは、エリザベスの近くに描画、彼女に言った。

  • "Do not you feel a great inclination, Miss Bennet, to seize such an opportunity of

    "あなたは、このような機会をつかむために、大きな傾斜、ミスベネットを感じるしないでください。

  • dancing a reel?" She smiled, but made no answer.

    リールを踊る?"彼女は微笑んだが、返事をしなかった。

  • He repeated the question, with some surprise at her silence.

    彼は彼女の沈黙でいくつかの驚きと、質問を繰り返した。

  • "Oh!" said she, "I heard you before, but I could not immediately determine what to say

    "ああ!"彼女は私が前に聞いたが、私はすぐに言って何を判断できない"と言った。

  • in reply.

    返信インチ

  • You wanted me, I know, to say 'Yes,' that you might have the pleasure of despising my

    あなたは私をdespisingの喜びを持っているかもしれない"、はい"と言って、私は知っている、私が欲しかった

  • taste; but I always delight in overthrowing those kind of schemes, and cheating a

    味が、私は常にスキームのそれらの種類を打倒するには喜び、と浮気

  • person of their premeditated contempt.

    彼らの計画的軽蔑の人。

  • I have, therefore, made up my mind to tell you, that I do not want to dance a reel at

    私は、それゆえ、私はでリールを踊ることをしたくないこと、を伝えるために決心したしている

  • all--and now despise me if you dare." "Indeed I do not dare."

    すべて - 勇気があるなら、今とは私を軽蔑する""確かに私はあえてしません。"。

  • Elizabeth, having rather expected to affront him, was amazed at his gallantry;

    エリザベスは、むしろ、彼を侮辱すると予想した彼の勇敢さに驚きました。

  • but there was a mixture of sweetness and archness in her manner which made it

    しかし、甘さといたずらっぽさの混合物は、それを作った彼女のようにあった

  • difficult for her to affront anybody; and

    彼女が誰かを侮辱するのは困難、と

  • Darcy had never been so bewitched by any woman as he