Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 5

    第5章

  • Within a short walk of Longbourn lived a family with whom the Bennets were

    Longbournの徒歩圏内Bennetsがあった人と家族の暮らし

  • particularly intimate.

    特に親密な。

  • Sir William Lucas had been formerly in trade in Meryton, where he had made a

    サーウィリアムルーカスは、彼が作ったMeryton、に貿易で以前していた

  • tolerable fortune, and risen to the honour of knighthood by an address to the king

    許容幸運、そして王にアドレスが爵位の名誉に上昇

  • during his mayoralty.

    彼の市長の任期中に。

  • The distinction had perhaps been felt too strongly.

    区別は、おそらくあまりにも強く感じていた。

  • It had given him a disgust to his business, and to his residence in a small market

    それは、小さな市場で彼のビジネスに、そして彼の住居に彼に嫌悪感を与えていた

  • town; and, in quitting them both, he had removed with his family to a house about a

    町、そして、それらの両方を終了で、彼は約家に彼の家族と一緒に削除していた

  • mile from Meryton, denominated from that

    そこから建てMerytonマイルから、

  • period Lucas Lodge, where he could think with pleasure of his own importance, and,

    期間ルーカス彼は彼自身の重要性の喜びと考えることができるロッジ、、と、

  • unshackled by business, occupy himself solely in being civil to all the world.

    ビジネスでunshackled、単独ですべての世界の市民であることに自分自身を占める。

  • For, though elated by his rank, it did not render him supercilious; on the contrary,

    彼のランクによって高揚も、それは彼が傲慢なレンダリングしていない、ため、逆に、

  • he was all attention to everybody.

    彼は全ての人々にすべての注目だ。

  • By nature inoffensive, friendly, and obliging, his presentation at St. James's

    、不快感を与えない優しい、と義務付ける自然、セントジェームズで彼のプレゼンテーションによって

  • had made him courteous.

    彼は礼儀正しく作った。

  • Lady Lucas was a very good kind of woman, not too clever to be a valuable neighbour

    女性ルーカスは、貴重な隣人であることがあまりにも巧妙な女性の非常に良い種ではなかった

  • to Mrs. Bennet. They had several children.

    ミセスベネットへ。彼らはいくつかの子供がいた。

  • The eldest of them, a sensible, intelligent young woman, about twenty-seven, was

    いた二十約700賢明な、インテリジェントな若い女性、、それらの長男

  • Elizabeth's intimate friend.

    エリザベスの親密な友人。

  • That the Miss Lucases and the Miss Bennets should meet to talk over a ball was

    ミスLucasesとミスBennetsはボールを介して対話できるように満たしている必要がありますということでした

  • absolutely necessary; and the morning after the assembly brought the former to

    絶対に必要、と組立後の朝は前者をもたらした

  • Longbourn to hear and to communicate.

    聞くと通信するためにLongbourn。

  • "You began the evening well, Charlotte," said Mrs. Bennet with civil self-command to

    "あなたは、シャーロットにも夜を始めた、"自己コマンドに対する市民とミセスベネットは言った

  • Miss Lucas. "You were Mr. Bingley's first choice."

    ミスルーカス。 "あなたはミスターBingleyの第一の選択肢でした。"

  • "Yes; but he seemed to like his second better."

    "はい、しかし彼は彼の第2の好みのように見えた。"

  • "Oh! you mean Jane, I suppose, because he danced with her twice.

    "ああ!彼が二度彼女と踊ったためには、私が思う、ジェーンを意味する。

  • To be sure that did seem as if he admired her--indeed I rather believe he did--I

    確かに私はむしろ彼がやったと信じて - - 彼は彼女を賞賛かのように見えるかの点に注意してくださいへの私

  • heard something about it--but I hardly know what--something about Mr. Robinson."

    それについて何かを聞いた - しかし私はほとんど何も知っている - ミスターロビンソンについて何か"。

  • "Perhaps you mean what I overheard between him and Mr. Robinson; did not I mention it

    "おそらくあなたは、私は彼とミスターロビンソンとの間で耳に何を意味し、私はそれについては言及しなかった

  • to you?

    あなたに?

  • Mr. Robinson's asking him how he liked our Meryton assemblies, and whether he did not

    彼は私達のMerytonアセンブリを気に入ったか氏ロビンソンは彼を求めている、とするかどうか彼はしませんでした

  • think there were a great many pretty women in the room, and which he thought the

    客室内に非常に多くのきれいな女性がいたと思う、となると彼は思った

  • prettiest? and his answering immediately to

    きれいな?と彼にすぐに答える

  • the last question: 'Oh! the eldest Miss Bennet, beyond a doubt; there cannot be two

    最後の質問:"ああ!長男ミスベネットは、疑いを超えて、二つあることができない

  • opinions on that point.'" "Upon my word!

    その点をご提供しています。"""私の言葉時!

  • Well, that is very decided indeed--that does seem as if--but, however, it may all

    まあ、それは非常に確かに決まっている - まるでなっているようですが、その - が、しかし、それがすべてかもしれない

  • come to nothing, you know." "My overhearings were more to the purpose

    何にも来て、あなたが知っている。""私のoverhearingsよりは、目的にあった

  • than yours, Eliza," said Charlotte.

    あなたよりも、イライザ、"シャーロットは言った。

  • "Mr. Darcy is not so well worth listening to as his friend, is he?--poor Eliza!--to

    "氏ダーシーは、彼は、彼の友人のような耳を傾ける価値がとてもうまくているではありません - ?貧しいイライザ - !へ

  • be only just tolerable."

    のみだけ耐えである。"

  • "I beg you would not put it into Lizzy's head to be vexed by his ill-treatment, for

    "私はあなたのために、彼の虐待によって厄介なことにリジーの頭に入れてはない頼む

  • he is such a disagreeable man, that it would be quite a misfortune to be liked by

    彼はそれがに好かれようとするのは非常に不幸だと、そのような嫌な男です

  • him.

    彼。

  • Mrs. Long told me last night that he sat close to her for half-an-hour without once

    夫人はロング彼はかつてなく、半時間のために近くに彼女に座っている最後の夜私に言った

  • opening his lips." "Are you quite sure, ma'am?--is not there a

    彼の唇を開いて""あなたが奥様、非常によろしいですかと - 。?ありません

  • little mistake?" said Jane.

    小さなミス?"ジェーンは言った。

  • "I certainly saw Mr. Darcy speaking to her."

    "私は確かに氏ダーシーが彼女に話していた。"

  • "Aye--because she asked him at last how he liked Netherfield, and he could not help

    "エイ - 彼女は彼がNetherfieldが好きか最後に彼に尋ねた、と彼は助けることができなかったので、

  • answering her; but she said he seemed quite angry at being spoke to."

    彼女に答える、しかし、彼女は彼が話をしている時はかなり怒っているようだと述べた"。

  • "Miss Bingley told me," said Jane, "that he never speaks much, unless among his

    "ミスBingleyは私に言った、"ジェーンは彼が彼の間を除き、多くを話すことがない"と言った。

  • intimate acquaintances. With them he is remarkably agreeable."

    親密な知​​人。彼らと彼は非常に快適です。"

  • "I do not believe a word of it, my dear.

    "私はそれの単語、私の親愛なるを信じていない。

  • If he had been so very agreeable, he would have talked to Mrs. Long.

    彼は非常に快適であったなら、彼は夫人ロングに話していた。

  • But I can guess how it was; everybody says that he is eat up with pride, and I dare

    誰もが彼が誇りを持って食べているという、と私はあえて、私はそれがあったか推測することができます

  • say he had heard somehow that Mrs. Long does not keep a carriage, and had come to

    彼は夫人ロングがキャリッジを保持しないこと何とか聞いていた、とに来ていたと言う

  • the ball in a hack chaise."

    ハック長椅子のボール。"

  • "I do not mind his not talking to Mrs. Long," said Miss Lucas, "but I wish he had

    "私は彼の夫人ロングに話していないことを気にしない、"ミスルーカスは言った、"しかし私は彼が持っていた希望

  • danced with Eliza." "Another time, Lizzy," said her mother, "I

    イライザと踊った。""もうひとつの時間、リジー、"彼女の母は私が"、言った

  • would not dance with him, if I were you."

    もし私があなただったら、彼と一緒に踊ってはない。"

  • "I believe, ma'am, I may safely promise you never to dance with him."

    "私は信じて、奥様、私は安全に彼と一緒に踊ることを決して約束しないことがあります。"

  • "His pride," said Miss Lucas, "does not offend me so much as pride often does,

    "彼の誇りは、"ミ​​スルーカスは、私にとても誇りを頻繁に行うように怒られていない"と言った。

  • because there is an excuse for it.

    そのための言い訳があるため。

  • One cannot wonder that so very fine a young man, with family, fortune, everything in

    一つは、家族、幸運、すべてのものにして、そのため、非常に微細な若い男を不思議に思わざるを得ない

  • his favour, should think highly of himself. If I may so express it, he has a right to

    彼の好意は、非常に彼自身の考える必要があります。私はそれを表現する可能性がある場合は、彼が権利を持っています

  • be proud."

    誇りに思っている。"

  • "That is very true," replied Elizabeth, "and I could easily forgive his pride, if

    "それは非常に本当である、"エリザベスは、答えた"と私は簡単なら、彼のプライドを許すことができる

  • he had not mortified mine."

    彼は私を悔していなかった。"

  • "Pride," observed Mary, who piqued herself upon the solidity of her reflections, "is a

    "プライド、"彼女の反射の堅実さによって自分自身をそそったメアリーを、観察、"です。

  • very common failing, I believe.

    失敗は非常に一般的な、私は信じています。

  • By all that I have ever read, I am convinced that it is very common indeed;

    私が今まで読んだことすべてによって、私はそれは確かに非常に共通であることを確信しています。

  • that human nature is particularly prone to it, and that there are very few of us who

    その人間の本質はそれに特に傾向がある、との私たちの非常に数が少ないこと

  • do not cherish a feeling of self-

    自己の感覚を大事にしないでください

  • complacency on the score of some quality or other, real or imaginary.

    いくつかの品質や、他の実数または虚数のスコアに満足。

  • Vanity and pride are different things, though the words are often used

    言葉がよく使われても虚栄心やプライドは、別のものです。

  • synonymously.

    同義。

  • A person may be proud without being vain. Pride relates more to our opinion of

    人が無駄にならずに誇りがあります。プライドは、私たちの意見に多くの関係

  • ourselves, vanity to what we would have others think of us."

    自分自身、我々は他人が私たちを考えていたものと虚栄心。"

  • "If I were as rich as Mr. Darcy," cried a young Lucas, who came with his sisters, "I

    "私はミスターダーシーほど豊富だった場合、"彼の姉妹に付属している若いルーカスは、私が"、叫んだ

  • should not care how proud I was. I would keep a pack of foxhounds, and drink

    私がどれほど誇りに思って気にしないでください。私はfoxhoundsのパックを保持し、飲むでしょう

  • a bottle of wine a day."

    ワインのボトルが一日。"

  • "Then you would drink a great deal more than you ought," said Mrs. Bennet; "and if

    "そして、あなたがあるべきよりもかなり多く飲むという、"ミセスベネットは言った、"とした場合

  • I were to see you at it, I should take away your bottle directly."

    私はそれであなたを見ていた、私が直接あなたのボトルを離れて取る必要があります。"

  • The boy protested that she should not; she continued to declare that she would, and

    彼女は彼女がすることを宣言するために続けて、そして、少年は、彼女はしないように抗議

  • the argument ended only with the visit.

    引数には訪問のみで終わった。

CHAPTER 5

第5章

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 非常 誇り イライザ プライド ロング 夫人

第05章 ジェーン・オースティンの高慢と偏見 (Chapter 05 - Pride and Prejudice by Jane Austen)

  • 165 29
    羅致 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語