Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • History's first empire rose out of a hot, dry landscape,

    歴史上の第一帝国は、熱く乾いた風景の中から立ち上がった。

  • without rainfall to nourish crops, without trees or stones for building.

    農作物を養うために雨が降らず、建物を建てるための木や石がない。

  • In spite of all this, its inhabitants built the world's first cities,

    にもかかわらず、その住民は世界最初の都市を建設しました。

  • with monumental architecture and large populations

    堂々たる建築物と人口の多い

  • and they built them entirely out of mud.

    そして、彼らは完全に泥で作った。

  • Sumer occupied the southern part of modern Iraq

    シュメール人はイラク南部を占領していました。

  • in the region called Mesopotamia.

    メソポタミアと呼ばれる地域で。

  • Mesopotamia meansbetween two rivers”—

    メソポタミアとは「2つの川の間」という意味です。

  • the Tigris and the Euphrates.

    チグリス川とユーフラテス川だ

  • Around 5000 BCE, early Sumerians used irrigation channels, dams, and reservoirs

    紀元前5000年頃、初期のシュメール人は灌漑用水路、ダム、貯水池を使用していました。

  • to redirect river water and farm large areas of previously bone-dry land.

    川の水を再利用して、以前は骨乾きだった土地の大部分を耕作することができます。

  • Agricultural communities like this were slowly springing up around the world.

    このような農業集落が世界各地にゆっくりと湧き出ていました。

  • But Sumerians were the first to take the next step.

    しかし、シュメール人が先手を打った。

  • Using clay bricks made from river mud,

    川の泥で作った粘土レンガを使って

  • they began to build multi-storied homes and temples.

    彼らは多層の家や寺院を建て始めました。

  • They invented the wheel

    彼らは車輪を発明した

  • a potter's wheel, for turning mud into household goods and tools.

    轆轤

  • Those clay bricks gave rise to the world's first cities,

    その粘土レンガが世界初の都市を生み出したのです。

  • probably around 4500 BCE.

    おそらく紀元前4500年頃。

  • At the top of the city's social ladder were priests and priestesses,

    街の社会的地位の頂点には、神父と巫女がいた。

  • who were considered nobility,

    貴族とされていた人たち。

  • then merchants, craftspeople, farmers, and enslaved people.

    その後、商人、職人、農民、奴隷にされた人々。

  • The Sumerian empire consisted of distinct city-states

    シュメール帝国は、異なる都市国家で構成されていました。

  • that operated like small nations.

    小国のように活動していた

  • They were loosely linked by language and spiritual belief

    彼らは言葉と精神的な信念によってゆるやかに結ばれていました。

  • but lacked centralized control.

    が、集中管理を欠いていた。

  • The earliest cities were Uruk, Ur, and Eridu,

    最古の都市はウルク、ウル、エリドゥであった。

  • and eventually there were a dozen cities.

    と、最終的には十数の都市があった。

  • Each had a king who served a role somewhere between a priest and a ruler.

    それぞれに神父と支配者の中間の役割を担う王がいた。

  • Sometimes they fought against each other to conquer new territories.

    時には、新たな領土を征服するために互いに戦った。

  • Each city was dedicated to a patron deity, considered the city's founder.

    各都市には、その都市の創始者とされる守護神が奉納されていました。

  • The largest and most important building in the city was this patron god's home:

    この守護神の家が最大かつ重要な建物でした。

  • the ziggurat, a temple designed as a stepped pyramid.

    ピラミッドのように設計された寺院、ジグラート

  • Around 3200 BCE, Sumerians began to expand their reach.

    紀元前3200年頃、シュメール人はその勢力を拡大し始めた。

  • The potter's wheel found a new home on chariots and wagons.

    轆轤は、戦車や馬車に新しい家を見つけました。

  • They built boats out of reeds and date palm leaves,

    葦やナツメヤシの葉で船を作っていました。

  • with linen sails that carried them vast distances by river and sea.

    リネンの帆で川や海を渡って遠くまで運んでいました。

  • To supplement scarce resources, they built a trade network

    乏しい資源を補うために、彼らは貿易ネットワークを構築しました。

  • with the rising kingdoms in Egypt, Anatolia, and Ethiopia,

    エジプト、アナトリア、エチオピアの上昇する王国と。

  • importing gold, silver, lapis lazuli, and cedar wood.

    金、銀、ラピスラズリ、杉材などを輸入。

  • Trade was the unlikely impetus

    貿易がきっかけで

  • for the invention of the world's first writing system.

    世界初の筆記システムの発明に対して

  • It started as a system of accounting for Sumerian merchants

    シュメール商人の会計システムとして始まりました。

  • conducting business with traders abroad.

    海外の貿易業者との取引を行うこと。

  • After a few hundred years, the early pictogram system

    数百年後、初期の絵文字システム

  • called cuneiform turned into a script.

    と呼ばれる楔形文字がスクリプト化されました。

  • The Sumerians drafted up the first written laws

    シュメール人は最初に書かれた法律を起草しました。

  • and created the first school system, designed to teach the craft of writing

    と、文章を書く技術を教えるための最初の学校制度を創設しました。

  • and pioneered some less exciting innovations, like bureaucracy and taxes.

    そして、官僚制度や税金のような、あまり刺激的ではないイノベーションを開拓してきました。

  • In the schools, scribes studying from dawn to dusk,

    学校では、夜明けから夕暮れまで勉強していた書記者たち。

  • from childhood well into adulthood.

    子供の頃から大人になっても

  • They learned accounting, mathematics, and copied works of literature

    彼らは会計、数学を学び、文学作品をコピーしました。

  • hymns, myths, proverbs, animal fables, magic spells,

    賛美歌、神話、ことわざ、動物の寓話、魔法の呪文。

  • and the first epics on clay tablets.

    と粘土板の上の最初の叙事詩。

  • Some of those tablets told the story of Gilgamesh,

    その中には、ギルガメッシュの物語を語ったタブレットもありました。

  • a king of the city of Uruk who was also the subject of mythical tales.

    神話の題材にもなったウルクの王様。

  • But by the third millennium BCE, Sumer was no longer the only empire around,

    しかし、紀元前3000年頃には、シュメールはもはや唯一の帝国ではなくなっていました。

  • or even in Mesopotamia.

    あるいはメソポタミアでも。

  • Waves of nomadic tribes poured into the region from the north and east.

    北と東から遊牧民族の波が押し寄せてきた。

  • Some newcomers looked up to the Sumerians, adopting their way of life

    新参者の中にはシュメール人を尊敬し、彼らの生き方を取り入れた人もいました。

  • and using the cuneiform script to express their own languages.

    と、楔形文字を使って独自の言語を表現していました。

  • In 2300 BCE, the Akkadian king Sargon conquered the Sumerian city-states.

    紀元前2300年、アッカド人のサルゴン王がシュメールの都市国家を征服した。

  • But Sargon respected Sumerian culture,

    しかし、サルゴンはシュメール文化を尊重していた。

  • and Akkadians and Sumerians existed side-by-side for centuries.

    とアクカド人とシュメール人は何世紀にもわたって並んで存在していました。

  • Other invading groups focused only on looting and destruction.

    他の侵略グループは略奪と破壊のみに焦点を当てていました。

  • Even as Sumerian culture spread,

    シュメール文化が広まっても

  • a steady onslaught of invasions killed off the Sumerian people by 1750 BCE.

    シュメールの人々は、侵略の着実な猛攻によって、紀元前1750年までに絶滅しました。

  • Afterward, Sumer disappeared back into the desert dirt,

    その後、スーマーは砂漠の土の中へと姿を消した。

  • not to be rediscovered until the 19th century.

    19世紀まで再発見されないように

  • But Sumerian culture lived on for thousands of years

    しかし、シュメール文化は何千年にもわたって生き続けていました。

  • first through the Akkadians, then the Assyrians, then the Babylonians.

    最初にアクカド人を経て、アッシリア人を経て、バビロニア人を経て。

  • The Babylonians passed Sumerian inventions and traditions through

    バビロニア人は、シュメールの発明と伝統を

  • along Hebrew, Greek, and Roman cultures.

    ヘブライ語、ギリシャ語、ローマの文化に沿って

  • Some persist today.

    今日も続くものもあります。

History's first empire rose out of a hot, dry landscape,

歴史上の第一帝国は、熱く乾いた風景の中から立ち上がった。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 シュメール 紀元 都市 バビロニア 貿易 文化

歴史上最初の帝国の興亡 - ソラヤ・フィールド・フィオリオ (The rise and fall of history’s first empire - Soraya Field Fiorio)

  • 14 2
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 23 日
動画の中の単語