Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • There's been an escalating conflict on the edge of Europe, Thank you.

    ヨーロッパの端っこで紛争がエスカレートしています、ありがとうございます。

  • Artillery attacks, airstrikes, fighter jets coming down, civilian buildings being damaged and over 100 killed.

    砲撃、空爆、戦闘機の墜落、市民の建物の損傷、100人以上の死者。

  • A historic dispute between Azerbaijan and Armenia has reignited on a watching world is asking, can full scale war be avoided?

    アゼルバイジャンとアルメニアの間の歴史的な紛争は、世界が求めている見ている上で再燃している、本格的な戦争を回避することができますか?

  • Russia, the U.

    ロシア、U.

  • S.

    S.

  • And France A calling for an immediate ceasefire, but they know ceasefire or not Fundamentally, this is being driven by a long standing dispute that was never resolved.

    そしてフランスAは即時停戦を求めているが、彼らは停戦を知っているかどうかを知っている 根本的には、これは解決されなかった長い間続いている紛争によって駆動されている。

  • And this is why here on the map, you can see Armenia to the west, Azerbaijan to the east.

    だからこそ、ここの地図では、西にアルメニア、東にアゼルバイジャンを見ることができます。

  • Both were part of the Soviet Union before it disintegrated in the early nineties.

    どちらも90年代初頭に崩壊するまではソ連の一部でした。

  • And right where we see the to meet is an en clave called Nagorno Karabakh.

    ナゴルノ・カラバフと呼ばれている場所で 会うことになる

  • In the eyes of the international community, it's part of Azerbaijan, but its population is now almost entirely ethnic Armenian.

    国際社会から見れば、アゼルバイジャンの一部であるが、現在ではほとんどアルメニア人である。

  • In the late eighties and early nineties, Armenia and Azerbaijan fought a war over Nagorno power back and despite the U.

    80年代後半から90年代前半にかけて、アルメニアとアゼルバイジャンは、ナゴルノ・パワーバックを巡って戦争をし、米国にもかかわらず、戦争をした。

  • N.

    N.

  • Calling on Armenia to withdraw its troops.

    アルメニアに軍の撤退を呼びかける。

  • By 1994 Azerbaijan had lost Nagorno Karabakh, declared independence on became part of Armenia in orbit name so 26 years on.

    1994年までにアゼルバイジャンはナゴルノ・カラバフを失い、独立を宣言したので、26年後に軌道上の名前でアルメニアの一部となった。

  • Why is the escalation happening now?

    なぜ今になってエスカレートしているのか?

  • Well, the languages hardened.

    まあ、言語が固まった。

  • He's Azerbaijan's president.

    彼はアゼルバイジャンの大統領だ

  • We only have one condition, he says.

    条件は一つだけだそうです。

  • Armenian armed forces must unconditionally, fully and immediately leave our lands.

    アルメニア武装勢力は無条件に完全に直ちに我々の土地から立ち去らなければならない。

  • Armenia has no intention of agreeing.

    アルメニアは同意するつもりはない。

  • Here's its president.

    これが社長だ

  • What they are trying to do is tow force Armenians out off that off the land that they historically lived, even before the other Bejan as as a as a republic existed.

    彼らがやろうとしているのは アルメニア人を強制的に追い出すことだ 彼らが歴史的に住んでいた土地から 共和国としてのベジャ人が存在する前からだ

  • So but in my vocabulary is called ethnic cleansing.

    だから、しかし、私の語彙では民族浄化と呼ばれています。

  • On this intensification could be explained by looking internally on externally.

    この激化は、内部的には外部から見て説明できる。

  • First, domestic politics in Armenia.

    まず、アルメニアの国内政治。

  • This has been happening.

    このようなことが起きています。

  • Unfortunately, Armenian prime minister, I think, has been forced by his own domestic politics to back away from the framework agreement that had been negotiated for years between his country and Azerbaijan.

    残念ながら、アルメニアの首相は、自国とアゼルバイジャンとの間で長年交渉されてきた枠組み合意から手を引かざるを得ない状況に追い込まれたのではないでしょうか。

  • And then this is the situation in Azerbaijan with the social problems with the falling price of oil, with the reforms that are needed in the economy, the war probably is the best possible outcome to make sure that public rallies around the leader as well as that Azerbaijan's booming oil sector has given it added income on influence on def.

    そして、アゼルバイジャンの状況は、石油価格の下落に伴う社会問題、経済改革が必要とされていますが、戦争が最善の結果であると考えられます。

  • Domestic politics is one vital factor.

    国内政治も重要な要素の一つです。

  • The differing approaches of Turkey and Russia is another.

    トルコとロシアのアプローチの違いは、また別の話です。

  • Turkey has been vociferous in its support of Azerbaijan.

    トルコはアゼルバイジャンへの支援を声高に行っている。

  • Here's its president Booth path to a lasting peace requires the withdrawal of Armenians from every inch of his eerie land they are occupying.

    ブース大統領です 恒久的な平和のためには アルメニア人の撤退が必要です 彼の不気味な土地を 隅々まで占領しています

  • The constant efforts to slander Turkey will not save the Armenian government, and this is part of a broader pattern.

    トルコを誹謗中傷する努力を続けても アルメニア政府は救われない これはより広いパターンの一部だ

  • Turkey's willingness to oppose major powers is on show from Libya to northern Syria to gas drilling in the eastern med to migration into Europe and now Azerbaijan.

    トルコが大国に対抗する意欲を示しているのは、リビアからシリア北部、中東東部でのガス掘削、ヨーロッパへの移住、そして現在はアゼルバイジャンに至るまで、多岐にわたる。

  • To, in this case, France's unimpressed accusing Turkey of warlike messages which have removed Azerbaijan's inhibitions and certainly Azerbaijan's bean, emboldened by Turkey's support.

    この場合には、フランスは、アゼルバイジャンの抑制と確かにアゼルバイジャンの豆を削除した戦争のようなメッセージのトルコを非難し、トルコのサポートによって強化されていないことを、この場合に。

  • Equally important, as reported by Reuters here, has been Russia seeking to mediate rather than overtly taking sides, and given Russia has a military base in Armenia, that too, will embolden Azerbaijan.

    同様に重要なのは、ロイターがここで報じたように、ロシアがあからさまに味方につくのではなく、仲介しようとしていることであり、ロシアがアルメニアに軍事基地を持っていることを考えると、これもまたアゼルバイジャンを煽ることになる。

  • But all of those factors together on whatever the rights and wrongs, you arrive at a moment of high risk.

    しかし、それらの要因のすべてが一緒に何の権利と悪事に、あなたはハイリスクの瞬間に到着します。

  • Mohammad Ayoub of Michigan State University argues.

    ミシガン州立大学のモハマド・アヨブ氏が論じている。

  • There are too many external fingers in this caucus pie.

    このコーラスパイには外伝の指が多すぎる。

  • It has the potential to turn into a major regional conflict, and there's one more worrying dimension to this today, France has confirmed jihadist fighters from Syria have bean located in the Gorno Cara.

    主要な地域紛争になる可能性があります 今日はもう一つの心配事があります フランスはシリアからの ジハード戦闘機を確認しました ゴルノ・カラに位置しています

  • Back as president Macron puts it.

    マクロン大統領が言うように戻る。

  • I think this is a very serious new fact, which changes the situation in Syria itself, provides evidence of the catastrophic consequences of a local conflict becoming a far greater proxy battle.

    これは、シリアの状況そのものを変える、非常に深刻な新事実だと思うのですが、地方紛争がはるかに大きな代理戦闘になることで壊滅的な結果になるという証拠を提供してくれています。

  • France and others are desperate to avoid this here.

    フランスなどはここは必死に避けようとしている。

  • For all of these reasons, this has already become about stopping the conflict now and stopping its return.

    これらすべての理由から、これはすでに、今の紛争を止めて、その帰還を止めることについての話になっています。

  • The first part appears likely if Russia, France and the US what a ceasefire Well, you wouldn't bet against it.

    最初の部分は、ロシア、フランス、アメリカが 停戦する可能性が高いように見えますが... あなたはそれに賭けることはないでしょう。

  • But that doesn't resolve the core issue that the world considers Nagorno Karabakh part of Azerbaijan, and yet Armenia controls it.

    しかし、世界はナゴルノ・カラバフをアゼルバイジャンの一部と考えているが、アルメニアはそれを支配しているという核心的な問題は解決していない。

There's been an escalating conflict on the edge of Europe, Thank you.

ヨーロッパの端っこで紛争がエスカレートしています、ありがとうございます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アルメニア アゼルバイジャン トルコ 紛争 ナゴルノ フランス

アルメニア・アゼルバイジャン紛争における戦争回避 - BBC ニュース (Avoiding war in the Armenia-Azerbaijan conflict - BBC News)

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 23 日
動画の中の単語