Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Caroline Aghajanian: I have to finish it.

    キャロライン・アガジャニアン最後までやらないと

  • There's a bakery in Los Angeles

    ロサンゼルスにはパン屋さんがあります。

  • where you can find some of the tastiest

    美味しいものを見つけることができるところ

  • tres leches cakes,

    なめらかなケーキだ

  • sweet and savory pastries,

    甘くて香ばしいペストリー

  • and Cubanos.

    とキューバノス。

  • Customer: If you're from LA,

    お客様です。LAの方なら

  • you should know about Porto's.

    ポルトのことを知っておくといいですよ。

  • Customer: You have to get a whole cake.

    お客様です。ホールケーキを用意しないといけません。

  • Don't get a slice, get a whole cake,

    一切れじゃなくてホールケーキにしろよ

  • 'cause if you get one slice you're gonna have to come back

    一切れでも食べたらまた来なければならないから

  • and get another slice and another slice,

    で、もう一切れ、もう一切れを手に入れる。

  • so get a whole cake.

    ケーキを買ってきて

  • Caroline: I'm an LA native.

    キャロライン私はLA出身よ

  • I actually grew up, like, two minutes away

    私は2分で育ったんだ

  • from this Glendale Porto's,

    このグレンデールポルトスから

  • so coming here is something that's so normal

    ここに来るのが当たり前になってしまった

  • and routine for me.

    と私のためのルーチン。

  • But this place is more than just

    しかし、この場所は

  • a neighborhood favorite.

    近所の人気者。

  • So let's go see what makes Porto's

    それでは、ポルトの特徴を見ていきましょう。

  • one of the most legendary Cuban bakeries in LA.

    LAで最も伝説的なキューバのパン屋の一つ。

  • Porto's Bakery & Cafe was opened

    ポルトのベーカリー&カフェがオープン

  • in Southern California in 1976

    1976年に南カリフォルニアで

  • by a woman named Rosa Porto,

    ローザ・ポルトという女性によって

  • a Cuban immigrant who started

    を始めたキューバ移民の

  • baking and selling cakes from her home.

    自宅でケーキを焼いて販売しています。

  • Today, there are five locations

    現在は、5つの拠点があります。

  • across Southern California.

    南カリフォルニアを横断しています。

  • We got a glimpse inside the kitchen

    厨房の中を垣間見ることができました

  • as the team preps their classic Cuban sandwiches,

    チームは、古典的なキューバサンドイッチの準備をしています。

  • a must-try here at Porto's.

    ポルトのここでは必食です。

  • The team sells about 45,000 Cubanos a month

    チームは月に約45,000人のキューバノスを販売しています。

  • across all locations.

    すべての場所で。

  • Beatriz Porto: If you haven't had a Porto's Cuban sandwich,

    ベアトリス・ポルト:ポルトのキューバサンドイッチを食べたことがない人は、ぜひ食べてみてください。

  • you don't know what a Cuban sandwich

    キューバのサンドイッチを知らない

  • is supposed to taste like.

    のような味になっているはずです。

  • Caroline: What's your favorite part about

    キャロラインあなたの好きなところは?

  • the Cubano sandwich?

    キューバノサンド?

  • Customer: The pickles, the mustard, the cheese,

    お客様。ピクルス、マスタード、チーズ。

  • to meat, it's, like, slow roasted.

    肉には、それは、スローローストのようなものです。

  • Claudio Brusamolino: All right, so this is our process

    クラウディオ・ブルサモリノこれが私たちのプロセスです

  • on preparing the pork legs for roasting.

    豚足をローストするための準備について

  • As you can see, we wrap it in fresh garlic

    ご覧の通り、生ニンニクで包んでいます。

  • and extra virgin olive oil, and it'll be all over.

    とエキストラバージンオリーブオイルを入れれば、一気に

  • And then we have this dry rub,

    そして、この乾いた揉み込み。

  • which is salt and black pepper and brown sugar

    塩と黒胡椒と黒糖

  • and dried oregano and a little bit of cumin.

    と乾燥オレガノとクミン少々。

  • So, once they get in the oven, we roast them

    オーブンに入れたら、ローストして

  • at a very, very, very low temperature

    ごくごくごくごくごく低温で

  • overnight for about nine hours.

    約9時間の一晩。

  • So that way they, the meat that comes out

    そうすれば、出てくる肉は

  • is very moist, doesn't get too dry.

    はとてもしっとりしていて、乾燥しすぎない。

  • You have to get ahead of time,

    先手を打たなければならない。

  • get ahead of the game a little bit.

    少しは先手を打つ

  • So, we premake, like, 10, 20 at a time

    だから、一度に10、20個のプレメイクをします。

  • and then we'll press them as needed.

    と言って、必要に応じてプレスしていきます。

  • So, we're gonna put a little bit,

    だから、少しづつ入れていく。

  • little layer of beautiful butter,

    美しいバターの小さな層。

  • and then we're gonna go with

    そして、私たちは

  • a lightly smoked ham.

    軽くスモークしたハム。

  • Next we're gonna put in some of

    次は、いくつかの

  • the pork legs that I showed you before.

    以前ご紹介した豚足。

  • We're gonna put a little bit of Swiss cheese.

    スイス産のチーズをちょこっと入れます

  • Caroline: Swiss cheese and pickles?

    キャロラインスイスチーズとピクルス?

  • Claudio: And pickles.

    クラウディオピクルスも

  • Caroline: Aah.

    キャロライン:あー。

  • Claudio: And then on the top part of the bread,

    クラウディオそして、パンの上の部分に。

  • we're gonna put in a little bit

    少しづつ入れていきます

  • of what we call Cuban dressing,

    キューバのドレッシングと呼ばれるものの

  • which is mayonnaise, mustard,

    マヨネーズ、マスタードです。

  • and a little bit of cilantro.

    とコリアンダーを少々。

  • Caroline: Wow.

    キャロライン:わぁ。

  • This sandwich is, like, layers of perfection.

    このサンドウィッチは、完璧な層のようなものだ。

  • I feel like every ingredient has a specific purpose.

    どの食材にも目的があるような気がします。

  • And the bread makes it all perfect.

    そして、パンのおかげで全てが完璧になりました。

  • It has, like, a crunch, but it's also so soft

    歯ごたえがあるけど、柔らかいんです。

  • that it doesn't, like, scrape the top of your mouth.

    口の上を擦るようなことはしない

  • It's classic. It's simple.

    クラシックだシンプルだ

  • The perfect pairing to any Cubano,

    どんなキューバノにも完璧にマッチします。

  • or really any sandwich at Porto's,

    ポルトのサンドイッチも。

  • are the plantain chips.

    はプランタンチップスです。

  • The team goes through 80,000 pounds

    チームは8万ポンドを通過する

  • of fresh green plátanos every month.

    毎月、新緑のプラタノスの

  • Once the slices are fried,

    スライスを揚げたら

  • they're lightly sprinkled with garlic salt.

    軽くガーリックソルトを振りかけています。

  • [crunches]

    [クランチ]

  • It's so garlicky.

    ガーリックな感じがしますね。

  • It's so good.

    すごくいいですよね。

  • If you're a garlic lover,

    ニンニク好きなら

  • the plantain chips are already coated

    プランタンチップはすでにコーティングされています

  • with garlic salt, and with their sauce,

    ニンニクの塩で、そして彼らのソースで。

  • it kinda just, like, elevates it to another level.

    何というか、別のレベルに昇華させてくれた。

  • They're fantastic.

    彼らは素晴らしいです。

  • And a visit to Porto's is never complete

    そして、ポルトへの訪問は決して完全ではありません。

  • without an order of...

    命令なしに

  • Customer: Potato balls.

    お客様ポテトボールです。

  • Customer: Potato balls.

    お客様ポテトボールです。

  • Customer: Potato balls.

    お客様ポテトボールです。

  • Producer: Potato balls all day long.

    プロデューサーさん。一日中ポテトボール。

  • Beatriz: That's why people drive miles and miles.

    ベアトリス:だから人は何キロも何キロも運転するのよ。

  • To get those potato balls.

    ポテトボールを手に入れるために

  • Everywhere that I go, I do shows on it.

    どこに行ってもショーをやっています。

  • "Where are the potato balls?"

    "ポテトボールはどこだ?"

  • "Did you bring potato balls?"

    "ポテトボール持ってきた?"

  • And we wanna introduce new items,

    そして、新しいアイテムを紹介したいと思います。

  • but they don't care about trying new items,

    しかし、新しいアイテムを試すことは気にしていません。

  • but they want their potato balls.

    しかし、彼らはポテトボールを欲しがっています。

  • Claudio: So, this is a picadillo

    クラウディオこれはピカディロだ

  • that goes inside potato balls, or papas rellenas.

    ポテトボールの中に入るもの、パパス・レレレナス。

  • It's ground beef with peppers and onions,

    ピーマンと玉ねぎが入った牛肉のひき肉です。

  • lots of garlic, cumin,

    ニンニクたっぷり、クミンたっぷり。

  • and a little bit of tomato sauce,

    とトマトソースを少々。

  • a little bit of white wine.

    白ワインを少しだけ。

  • Then we let it simmer.

    そして煮詰めていきます。

  • And then this is the picadillo

    そして、これがピカディロです。

  • that we were just making before, which is now cold.

    前に作っていたものが冷めてしまったので

  • And then we just put it in the middle

    そして、それを真ん中に置いて

  • and fold the potatoes around it.

    と、その周りにじゃがいもを折りたたむ。

  • And then it goes into egg wash

    そして、卵洗いに入ります。

  • and then into the bread crumbs.

    とパン粉の中へ。

  • Caroline: The potato balls are then deep-fried

    キャロラインポテトボールは、その後、揚げています。

  • and ready to go.

    と準備ができました。

  • Ooh. OK, here's the thing.

    おぉー。OK、ここからが本題だ。

  • I always eat this really hot,

    私はいつもこれを本当に熱々で食べています。

  • and I feel like I have no patience

    と根気がないような気がします

  • and I end up burning my mouth, but I don't care

    と口の中を火傷してしまうが、気にしない

  • 'cause I keep eating cause it's so delicious,

    美味しいから食べ続けてるんだよ

  • but here we go again.

    しかし、ここからが本番です。

  • I have to finish it.

    最後までやり遂げなければならない。

  • Customer: They're always warm,

    お客様です。いつも温かいです。

  • and they're always, like, crispy on the outside

    いつも外はカリッとしていて

  • and then soft on the inside.

    で、内側はソフトになります。

  • So, yeah.

    だから、そうなんだ。

  • They just, like, remind me of kind of, like,

    何かを思い出すような...

  • home comfort food.

    お家の慰安食。

  • So, yeah, they're really good.

    だから、そう、彼らは本当に良いんだ。

  • Caroline: Over the years, the team has built

    キャロライン何年にもわたって、チームは

  • on Rosa's recipes, like her classic tres leches cake.

    ロサのレシピを紹介しています。

  • The best seller is the Milk'N Berries cake,

    一番の売りは「ミルクンベリー」のケーキです。

  • which consists of a sponge-cake base

    カステラベース

  • soaked with tres leches and filled and topped with

    トレスレッチェ浸し

  • whipped cream and fresh berries.

    ホイップクリームとフレッシュベリー

  • Beatriz: At the beginning it was just tres leches

    ベアトリス:最初の頃は、ただのトレスレッチェだったんだけどね。

  • with meringue on top, the original one.

    上にメレンゲをのせて、オリジナルのものを。

  • And then we gave it whipped cream to make it less sweet

    そして、甘さを抑えるためにホイップクリームを与えました。

  • for the people who liked the sweet and the less sweet.

    甘いものが好きだった人、甘くないものが好きだった人のために

  • Caroline: This is, like, the birthday cake

    キャロラインこれは、バースデーケーキだ

  • we'd always order. It's so good.

    いつも注文しています美味しいですよね。

  • The fruits really do cut into the sweetness.

    果物は本当に甘さをカットしてくれます。

  • Producer: Personally, I've had every single birthday cake

    プロデューサーさん。個人的には、バースデーケーキはどれもこれも

  • since I was, like, 3 years old from Porto's.

    ポルトの3歳くらいの頃から

  • So they mean a lot to me.

    だから私には大切なんだ

  • Beatriz: So, my mom started this business,

    ベアトリス:それで、母がこのビジネスを始めたの。

  • really, out of necessity.

    必要に迫られて

  • Back in Cuba under communism, horrible conditions

    共産主義下のキューバに戻って 恐ろしい状況だ

  • because my dad was taken to a labor camp

    父が労働キャンプに連れて行かれたから

  • and she was, you know, let go from her job.

    彼女は仕事を解雇されたんだ

  • And so she did this in order to survive,

    それで彼女は生き延びるためにこうしたのです。

  • because there was nothing else she could do.

    他に何もできなかったから

  • When you applied to leave the country,

    出国申請をした時に

  • you immediately became the enemy of the state.

    あなたはすぐに国家の敵になった

  • So they didn't care whether you live or not.

    だから、生きていようが生きていまいが気にしていなかった。

  • And it took us eight years to get out.

    そして、出るまでに8年かかった。

  • So for eight years,

    だから8年間

  • my mother was in charge of keeping us alive.

    母は私たちを生かす役目をしていました。

  • She was the head of the household.

    彼女は世帯主だった。

  • My dad, making $8 a month away from the home,

    父は、家から離れて月に8ドル稼いでいます。

  • really couldn't support us.

    本当に応援できませんでした。

  • You know, necessity is what, many times,

    必要性とは何か、何度も。

  • makes people do incredible things. Right?

    人を信じられないような事をさせるだろ?