Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Ju Shardlow: We're in the hot spring town

    ジュ・シャードロー。温泉街に来ました

  • of Laugarvatn, Iceland,

    アイスランドのラウガルヴァトンの

  • where out of the volcanic, muddy ground

    泥濘地のどこに

  • comes the most pristine rye bread.

    一番きれいなライ麦パンが来る。

  • Everywhere you look in Iceland

    アイスランドのどこを見ても

  • there seems to be something bubbling,

    何か泡が出ているようです。

  • whether it's a geyser, a lagoon,

    間欠泉だろうがラグーンだろうが

  • and the geothermal bakery here is no different.

    と、ここの地熱パン屋さんも変わらない。

  • But how do they cook the bread here without an oven?

    しかし、ここのパンはオーブンを使わずにどうやって焼いているのだろうか?

  • Let's go find out.

    探しに行こう

  • In Iceland we met with Siggi Rafn Hilmarsson,

    アイスランドではSiggi Rafn Hilmarssonに会いました。

  • general manager at Laugarvatn Fontana.

    ラウガルヴァテイン・フォンタナのゼネラルマネージャー。

  • Siggi Rafn Hilmarsson: This is our main tool.

    Siggi Rafn Hilmarsson: これは私たちのメインツールです。

  • Ju: He followed in his grandmother's

    ジュウ祖母の跡を継いで

  • and mother's footsteps in this hot volcanic sand.

    と母の足音がこの熱い火山砂の中に。

  • This is his bakery, no matter the weather.

    天候に左右されない彼のパン屋さんです。

  • The process starts with Siggi making the dough.

    工程はシギが生地を作るところから始まります。

  • He uses 4 cups of rye, 2 cups of flour,

    彼はライ麦を4カップ、小麦粉を2カップ使っています。

  • 2 cups of sugar, 4 teaspoons of baking powder,

    砂糖2カップ、ベーキングパウダー小さじ4杯分

  • and 1 teaspoon of salt.

    と塩小さじ1杯。

  • So, why is it that you use rye, then?

    じゃあなんでライ麦を使うの?

  • Siggi: Well, rye has been used in Iceland for decades.

    シギそうですね、アイスランドでは何十年もライ麦が使われています。

  • It's something that

    それは何かというと

  • originally came from Denmark to Iceland.

    もともとはデンマークからアイスランドに来ていました。

  • And then we add milk to this.

    そして、これに牛乳を加えます。

  • Ju: And that cow's milk.

    ジュウ。あの牛の乳もね。

  • Siggi: Yeah, cow's milk, yeah.

    シギ:うん、牛の乳だね。

  • The milk is from the area,

    牛乳はこの地域のものを使用しています。

  • from the cows in the area.

    その地域の牛から

  • And there is a company in Selfoss

    そして、セルフォスにも会社があります

  • about 25 minutes away from here that produces it.

    それを生み出すここから約25分。

  • Ju: And you get this fresh every day?

    ジュウ。で、これ毎日新鮮なの?

  • Siggi: Yeah, yeah, yeah, yeah.

    シギ:えええええええええええええええええええええええええええええええええええ

  • So it's really a local thing.

    だから、本当にローカルなんですね。

  • The butter we use comes from the same company, same cows.

    私たちが使っているバターは、同じ会社、同じ牛から来ています。

  • Ju: So, what's the art to making this, then,

    ジュウです。じゃあ、これを作るための技術ってなんだろう?

  • to stirring this up?

    これをかき回すために?

  • Siggi: Yeah, just put love in it.

    シギ:うん、愛を込めて。

  • Ju: [laughing] Put love in it, yeah.

    ジュウ。笑] 愛を入れてね。

  • Is this your family recipe?

    これはあなたの家族のレシピですか?

  • Siggi: Yeah, this is the same recipe

    シギ:ええ、これは同じレシピです。

  • my grandmother and mother was,

    祖母と母が

  • they were using.

    を使用していました。

  • If you go around the country,

    全国を回っても

  • this is done in a few places.

    これはいくつかの場所で行われています。

  • Some people use honey or syrup instead of sugar.

    砂糖の代わりにハチミツやシロップを使う人もいます。

  • But this is the way it has been done here,

    しかし、ここではこのようになっています。

  • and I am just simply honoring that tradition.

    その伝統に敬意を表しているだけです。

  • Ju: So, how will you know this is done, then?

    ジュウ。じゃあ、これが終わったことはどうやってわかるんですか?

  • Siggi: It's supposed to look

    シギ:見た目は

  • basically more or less like this.

    基本的には多かれ少なかれこんな感じです。

  • So I think we have a really good dough here.

    だから、ここには本当に良い生地があると思います。

  • Ju: When the dough is ready,

    ジュウ。生地が出来上がったら

  • he pours it in a tin lined with butter.

    彼はそれをバターを敷いた缶に注ぐ。

  • Do you have to use a special tin for this?

    専用の錫を使わないといけないのかな?

  • Siggi: It needs to be strong because,

    シギ:強くないといけないから。

  • as you can see, on the lid here,

    見ての通り、ここの蓋の上に。

  • it's been banged quite heavily with a shovel,

    スコップでかなり激しく叩かれています。

  • you know, when we are digging it up.

    掘り起こしている時に

  • The people use all kind of things

    人はあらゆるものを使う

  • to bake this bread here.

    ここでこのパンを焼くために

  • You can even,

    あなたもできます。

  • there are some people that use

    使う人もいる

  • empty Mackintosh Chocolate box, you know, for this.

    マッキントッシュのチョコレートの空箱、これのために

  • But this pot works well for us.

    でも、この鍋は私たちにはよく効いています。

  • Stainless steel.

    ステンレススチール。

  • Ju: The dough is covered with a layer

    ジュウ。生地の上には、層があります。

  • of baking paper, then wrapped in film.

    ベーキングペーパーをフィルムに包んで

  • Siggi: Do this here.

    シギここでやってくれ

  • Just one circle, like this.

    こんな感じで1つの円でいいんです。

  • And then we put the top.

    そして、トップを置く。

  • Ju: Do you make this with your kids, then?

    ジュウ。じゃあ、子供と一緒に作るんですか?

  • Siggi: My kids love this, yes. Ju: Yeah?

    シギうちの子供たちはこれが好きなんですよ、はい。ジュウ。そうなんですか?

  • And how long will you bake this for?

    で、これをいつまで焼くの?

  • Siggi: 24 hours, yeah. Ju: 24 hours, wow.

    シギ:24時間ですね。ジュウ:24時間かぁ。

  • Siggi: 24 hours in the ground.

    シギ:地上24時間。

  • It's amazing,

    凄いですね。

  • if you bake it for shorter time,

    短時間で焼くと

  • like 17, 18 hours,

    17時間とか18時間とか

  • it usually doesn't turn out good.

    普通はうまくいかない。

  • If we bake it for too long,

    長く焼きすぎると

  • 25, six, seven, eight hours,

    25時間、6時間、7時間、8時間

  • it starts to, you know, compress.

    圧縮し始めるんだ

  • So, 24 is the magic.

    だから、24は魔法なんだよ。

  • So, we are good to go.

    ということで、もう大丈夫です。

  • Ju: My goodness, oh, it's actually quite heavy.

    ジュウ。おやおや、実は結構重いんですよ。

  • Siggi: And this is our main tool for this baking.

    シギそして、このパン作りのメインツールはこれです。

  • Ju: It's time to put our bread in its oven,

    ジュウ。パンをオーブンに入れる時が来ました。

  • aka the hot springs of the lake here in Laugarvatn.

    別名、ここラウガルヴァトンの湖の温泉。

  • The sand by the lake can host from 10 to 15 tins of bread.

    湖畔の砂地では、10缶から15缶のパンをホストすることができます。

  • Siggi can either dig a completely new hole

    シギは完全に新しい穴を掘るか

  • or reuse one from the day before.

    または前日のものを再利用する。

  • Siggi: It's good to pile,

    シギ:積むのはいいですね。

  • make a good pile on top of it

    積み上げる

  • just to make this isolation, you know.

    この隔離をするためだけに

  • [shovel grating sand]

    [スコップで砂おろし]

  • Ju: Why do you pat it down like that?

    ジュウ。なんでそんな風にパタパタするんですか?

  • Siggi: To make it more beautiful.

    シギ。より美しくするために

  • Ju: You can't have ugly bread with this view.

    ジュウ。この景色ではブスのパンは食べられません。

  • Siggi: And the mark.

    シギマークも

  • Voilà.

    これでいいわ

  • And we always mark the holes with a stone like this

    そして、私たちはいつもこのような石で穴をマークします。

  • so the other locals know that we are baking.

    パンを焼いていることが地元の人に伝わるように

  • Ju: Yeah.

    ジュウ。うん。

  • Siggi: No matter how the weather is,

    シギ。どんなに天気が良くても

  • the recipe is always the same.

    レシピはいつも同じです。

  • When we have a lot of rain

    雨が多いときは

  • and the snow melting from the mountains,

    と、山から溶けていく雪。

  • this lake can rise up to meter, meter and a half.

    この湖は1メートル、1メートル半まで上昇することができます。

  • Then this area here will all be under water.

    そうすると、この辺りは全て水没してしまう。

  • Ju: Ah, right.

    ジュウ。あ、そうですね。

  • Siggi: So,

    シギ:で。

  • few times, our breads have basically drowned.

    何度か、うちのパンは基本的に溺れてしまいました。

  • Ju: Oh, no, poor bread!

    ジュウ。やばい、かわいそうなパン

  • Siggi: It's like, "It's over there!"

    シギ:"あっちだよ!"って感じですね。

  • Ju: Oh, no! [laughs]

    ジュウ。うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ[笑]

  • And I'm guessing that's not good to eat, then.

    それだと食べてもまずいんじゃない?

  • Siggi: Nah, nah. Ju: Just start again, yeah.

    シギナー、ナー。ジュウ。もう一回やり直せばいいんだよ、うん。

  • Siggi: More like a bread soup or something.

    シギどちらかというと、パンのスープか何かですね。

  • Ju: This one's been in for 24 hours?

    ジュウ。これは24時間前から?

  • Siggi: Yeah.

    シギ:うん。

  • And you can see there's a lot of energy going on here.

    そして、ここにはたくさんのエネルギーがあるのがわかります。

  • Ju: Oh, wow.

    ジュウ:うわぁ。

  • Wow, that is hot. How hot is that?

    うわー、熱い。どれだけ熱いんだ?

  • Siggi: It's about boiling temperature, actually.

    シギ:実は沸点のことなんですよ。

  • Ju: Mm.

    ジュウ。うむ

  • Wow.

    うわー

  • [water boiling]

    [湯沸かし]

  • Siggi: Just love that sound.

    シギこの音が好きなだけです。

  • Ju: Yeah.

    ジュウ。うん。

  • That's why it's called lava bread, then?

    だから溶岩パンと呼ばれているのかな?

  • That's the reason for lava bread?

    それが溶岩パンの理由?

  • Siggi: Yeah.

    シギ:うん。

  • [shovel grating sand]

    [スコップで砂おろし]

  • I'm gonna take most of the sand away from it,

    砂のほとんどを取り除いてやる。

  • and then we open it up just to

    そして、私たちはそれを開いて

  • let the air come in.

    空気を入れる

  • And...

    そして...

  • aah.

    ああ

  • That's good.

    それは良いことです。

  • OK.

    いいわよ

  • It's looking very promising.

    非常に期待できそうです。

  • Ju: Oh, really? Got a good one.

    ジュウ。ほんとに?いいものを手に入れた。

  • Siggi: You want to do it?

    シギ:やりたいんですか?

  • Ju: Um, I'll have a go.

    ジュウ。えーっと、やってみます。

  • Siggi: Yeah, sounds good.

    シギ:うん、良さそうだね。

  • Ju: Right.

    ジュウ。そうですね。

  • [groaning] There we go.

    さあ行こう

  • Siggi: Beautiful.

    シギ:綺麗ですね。

  • Ju: My bread children.

    ジュウ私のパンの子供たち。

  • Siggi: Yes.

    シギ:はい。

  • Now, we are gonna try this inside.

    さて、中で試してみることにしました。

  • I'm gonna cut it into slices

    スライスにして

  • and serve it with smoked trout from the lake.

    と湖で採れたマスの燻製と一緒にお出しします。

  • But it also tastes really good with boiled eggs.

    でも、ゆで卵との相性も抜群に良いです。

  • Hot-spring-boiled eggs.

    熱々のゆで卵。

  • So, we're gonna....

    だから....

  • [water boiling]

    [湯沸かし]

  • One cracked open a little bit.

    1つは少しひびが入った。

  • Ju: That is the most novel way

    ジュウ。それが一番斬新な方法ですね。

  • I've ever seen anyone cook an egg.

    卵料理を作っている人を見たことがあります。

  • Siggi: And we leave them here for 30 minutes.

    シギそして、30分ほど放置します。

  • I mean, look at that. [laughs]

    つまり、あれを見て[笑]

  • Ju: That is incredible.

    ジュウ。それはすごいですね。

  • This is such a delicate process with such a big spade.

    こんなに大きなスペードを使った繊細な作業です。

  • [Siggi laughing] Ju: It's just like....

    シギ笑】ジュウ。....みたいなもんだよ。

  • Siggi: Yeah, with this.

    シギ:ええ、これで。

  • Ju: It's so delicate. I love it.

    ジュウ。繊細なんですよね。大好きなんですよ。

  • Siggi: If you touch the sand -

    シギ:砂に触れたら-。

  • Ju: Can I touch -

    触れてもいいですか?触ってもいいですか?

  • Siggi: Feel how hot it is.

    シギ暑さを感じてください。

  • Ju: Ooh, yeah.

    ジュウ。おー、そうなんだ。

  • Siggi: And it's also fun to touch the lake.

    シギ。湖に触れるのも楽しいですしね。