Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • (upbeat musical intro)

    (アップビートな音楽のイントロ)

  • S: So we are here in Kurume Ramen Sei Yo Ken

    S:ということで、久留米ラーメン聖陽軒に来ました。

  • S: We have travelled out of Tokyo all the way down to Fukuoka, and then we went from Fukuoka to Kurume

    S:東京からはるばる福岡まで出て、福岡から久留米へ

  • S: So we are having Tonkotsu Ramen today.

    S:ということで、今日はとんこつラーメンです。

  • M: This place is beyond legit. It started in 1952.

    M:ここは合法性を超えています。1952年に始まったんだよ。

  • M: Someone started a street stall, and they started this original kind of Ramen.

    M:屋台を始めた人がいて、その人たちがオリジナルのラーメンを始めたんですよ。

  • M: They have this recipe that's been passed on forever, S: Uh-huh, yeah M: it's older than us.

    M: 昔から伝えられてきたレシピがあるんですよ、S: うんうん、M: 私たちよりも古いんです。

  • M: I feel like this is the first official real Japanese Ramen video we're putting out there, aren't we?

    M:日本のラーメンの公式動画を出すのは初めてのような気がしますよね。

  • S: We have been in Japan for a year now, and we didn't want to rush a Ramen kind of video... but here comes the ramen!

    S:日本に来て1年が経ちましたが、ラーメン系の動画は急ぎたくなかったのですが...ここに来てラーメンが来ました

  • M: Simon's like, "I don't want to rush it!" (sheep noise?)

    M:シモンは "急ぎたくない!"みたいな。(羊の鳴き声?)

  • (waiter talking, S&M thanking)

    ウェイタートーク、S&Mサンキュー

  • (porn-like Oooing and Ahhhing noises)

    うーうーうーうーうーうーうーうーうーうーうーうーうーうーうーうーうーうーうーうー

  • (rewinding tape noise)

    (テープの巻き戻し音)

  • (dramatic music)

    劇曲

  • (music gets funky B) )

    (音楽がファンキーになるB) )

  • M: So we ordered their two special Ramens on the menu.

    M:では、メニューの中の特製ラーメンズを2つ注文しました。

  • M: This one here is one that's actually richer, so they use kinda like the pork fat from the back,

    M: こちらの方が実は濃厚で、豚の脂身のようなものを使っています。

  • (S: uh-huh)

    (S:あーあ)

  • M: and they boil it down and then they add it into it to make it like, much creamier.

    M: それを煮詰めて、それを加えて、よりクリーミーにするんだよ。

  • M: ...and Simon has the one that doesn't have that in it, so it's not as rich.

    M:......で、サイモンはそれが入っていないものを持っているので、リッチな感じではないですね。

  • S: Okay, so here's the deal

    S:分かったわ、ここからが勝負よ

  • (M: obviously gonna share)

    (M:明らかに共有するつもり)

  • S: ...we have to start eating this right away because Ramen has a very fast time limit,

    S:......ラーメンはタイムリミットが早いので、すぐに食べ始めないといけませんね。

  • S: it starts going soggy if you talk for too long, so let's just eat this and show you what it's about.

    S:あまり長くしゃべるとグチャグチャになるから、これを食べて見せようよ。

  • M: The noodles get all bloated and everything.

    M:麺が膨らんだりしてね。

  • S: Okay. Don't be grossed out, but the pork bone that we're actually eating is pork skull.

    S:S: わかった。気持ち悪いと思わないでください、でも実際に食べているのは豚骨です。

  • S: So in their - M: [we're] not eating the skull, but...

    S: だから、彼らの中では... M: [私たちは] 頭蓋骨を食べているわけではないのですが...。

  • S: In their vat of broth is just water, and the skull of a pig. (M: mmm-hmm)

    S:彼らのスープの桶の中には水と豚の頭蓋骨が入っているだけです。(M: mmm-hmm)

  • S: ...and they left in the brain and they left in the eyes, because it gives a sweetness to the broth,

    S:......脳に残したのと、目に残したのとでは、スープに甘みが出るので。

  • S: and that's all the seasoning that you have!

    S:そして、それだけの調味料があるんですね!(笑)。

  • M: How amazing is the restaurant, they have a little basket with hair elastics!

    M:なんてすごいお店なんだろう、髪の毛のゴムが入った小さなカゴがあるんだよ!(笑)。

  • S: Hey, you know that a girl is serious if she looks in the eyes, puts her hair back in a ponytail, and starts slurping down some wet noodles.

    S: ねえ、女の子が目を見て、髪をポニーテールに戻して、ヌルヌルの麺をすすり始めたら、その子は本気だとわかるでしょ。

  • M: Yeah.

    M: うん。

  • S: You know what I'm talkin' 'bout.

    S: 私が何を話しているか知っているでしょう。

  • S: I'm only talking about Ramen, get your head out of the gutter.

    S:ラーメンの話しかしてないんだから、さっさと頭を下げろよ。

  • S: Let's start! (Itadakimasu) M: Itadakimasu!

    S:始めましょう!(いただきます(いただきます) M:いただきます!

  • M: OOoh I can see little pieces of the pork fat floating 'round in here!

    M: おっと、豚の脂が少し浮いているのが見えますね。

  • S: Aaaaaahh yeahh.

    S:アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

  • (S: (slurping)) M: Ohhh my god!

    (S:(スラスラ))M:うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

  • S: Lemme try. M: Oh my god.

    S:やってみるよ。M: なんてことだ。

  • M: ...this is like... S: I don't have any in mine! M: That's because you didn't get the rich one. Try this, ready?

    M: ...これは...。S: 僕のは入ってないよ!?M: それはあなたが金持ちのものを手に入れなかったからよ。試してみて、いい?

  • S: Those are like, little, fried bits... M: Little tiny fried bits of like, pork rind magic.

    S:それらは、小さな、小さな、揚げ物のようなものです...M: 豚肉の皮の魔法のような小さな小さな揚げ物です。

  • S: Ehyooo... M: Right?

    S:えへへへ...。M:でしょ?

  • S: That tastes like pork rinds. M: It is pork rinds!

    S:それは豚の皮みたいな味だね。M: 豚の皮だよ。

  • S: It's just pork rinds in the soup. (M: It is pork rinds.)

    S:豚の皮がスープに入っているだけだよ。(M:豚の皮です。)

  • (M: Oh my god) S: It's so... ri- I don't know how to explain this flavor, because I don't really have broths like this back in North America.

    (M: Oh my god) S: It's so... ri- この味をどう説明したらいいのかわからないわ。

  • S: It's creamy, and rich, but it's not like, milk creamy. (M: mmhmm.)

    S:クリーミーで濃厚なんですけど、ミルククリーミーって感じじゃないんですよ。(M:うーん。)

  • S: The closest equivalent is like a cream of mushroom soup. That's the... that's the only taste that I remember, that... that this is kind of like. M: (continuous yummy noises)

    S:一番近いのは、きのこのクリームスープみたいな感じ。あれは...これは...これは...という感じの味しか覚えていません。 M:(美味しそうな音が続く

  • M: Well, the key with this kind of soup is the collagen.

    M:そうですね、この手のスープはコラーゲンがポイントですね。

  • M: So this particular shop boils it, for like, three days, until everything has broken down.

    M:このお店では、3日間、すべてが壊れるまで煮詰めています。

  • M: It's actually pretty healthy for you, technically.

    M: 技術的にはかなり健康的ですよね。

  • M: All those nutritions, and then carbs and noodles.

    M:あれだけの栄養があって、あとは炭水化物とか麺類とか。

  • S: Can you say it's pretty healthy with all those S&M: Carbs and noodles?

    S:S&M:炭水化物と麺類でかなりヘルシーと言えるかな?

  • S: I gotta say I'm really embarrassed, when it comes to eating Ramen noodles, because I don't know how to do it right.

    S:ラーメンを食べるとなると、どうやって食べたらいいかわからないので、本当に恥ずかしいです。

  • S: All of my friends, they can just put a bunch in their mouth, slurp it down-

    S:私の友達はみんな、口に入れて、口に入れて、口に入れて、口に入れて、口に入れて...

  • S: And the whole point of slurping is that you don't want to wait for it to cool down, so you're breathing in so that it cools it down.

    S:スラスラと言うのは、冷めるのを待つのではなくて、冷めるように息を吸っているということですね。

  • S: ...but I just keep on choking on my noodles

    S: ...でも、私はただ麺を詰まらせているだけ。

  • M: You really can't do it? S: Mm-mm.

    M:本当にできないんですか?S: うーん。

  • M: Okay watch. Take it like this, I grab it with my teeth, and I pull the noodles up the bottom, while I catch it in my teeth doing this: (sucks in at through teeth) ...like that.

    M: オーケー、見てて。こうやって、歯で掴んで、麺を下に引っ張り上げて、歯で掴んで、こうやって。(歯で吸い込む) ...こんな感じで。

  • S: Okay, show me. M: Okay. Ready? Watch.

    S:よし、見せてくれ。M: オーケー。準備はいい?見てて

  • (romantic tune overlaying Martina slurping grossly)

    (ロマンティックチューンにマルティナが重なってキモい)

  • (S&M mm-hmm'ing)

    笑)

  • M: No? S: Mmmmm-hmmm. (sarcastically)

    M:ダメですか?S:ふむふむ。(皮肉っぽく)

  • M: Why're you making a face like that? S: No!

    M:なんでそんな顔してるの?S: ダメだよ。

  • M: ...and what has to be one of our all time favorite additions is a' the hanjku tamago.

    M: ...そして、私たちの一番のお気に入りは、ハンジュクの玉子です。

  • M: A perfectly soft boiled-ish egg (music in background: Handel's 'Hallelujah Chorus')

    M: やわらかいゆで卵(BGMはヘンデルの「ハレルヤの合唱」)。

  • M: with...I don't know how they make this magical center look like this.

    M:with...どうやってこのマジカルセンターをこんな風にしてるんだろう。

  • S: Ramen eggs make me so happy.

    S:ラーメンの卵が幸せになる

  • M: Now, one of the things about Ramen that's so amazing it that it really changes according to where you are.

    M: さて、ラーメンのすごいところは、場所によってラーメンの味が変わるところですね。

  • M: So Tokyo noodles are different, than noodles that you might found[find] like out in Fukuoka, versus Kyoto.

    M: 東京の麺は、福岡の麺と京都の麺とでは違うんですね。

  • S: (slurping)

    S:(スラスラ)

  • M: The noodles here are cut really, really thin, (S: slurping continuously)

    M:ここの麺は、本当に、本当に細く切ってあるんですよ、(S:スラスラと続けて)。

  • M: ...and supposedly, that's because originally it started by a bunch of guys that were down by the docks that were fishermen, wanting to eat their stuff quickly.

    M:......それは、元々は波止場にいた漁師の男たちが、手っ取り早く食べたいと思って始めたんだそうです。

  • M: ...and so if you have a thick noodle it's difficult to eat, but if they're thin, you can just kinda shovel that down. S: (slurping loudly)

    M: ...だから、太い麺だと食べにくいけど、細い麺だと、それをそのまま突っ込んで食べることができるんだよね。S: (大声ですすりながら)

  • S: So that's apparently where the thin, straight cut noodles came from here.

    S:どうやらここで細めのストレートカットの麺が出てきたらしいですね。

  • M: This is actually my style of noodle when it comes to Ramen. This is what I prefer.

    M:ラーメンといえば、実はこれが僕のスタイルなんです。これが私の好みです。

  • S: ...and everybody has a different preference when it comes to Ramen.

    S:......ラーメンと言っても、人それぞれ好みが違いますよね。

  • S: A lot of our Japanese friends aren't that fond of Tonkotsu Ramen, they prefer something like a Shio or a Shoyu

    S:日本人の友達は、とんこつラーメンが好きではなくて、塩や醤油が好きな人が多いんですよ。

  • S: ...because they fine Tonkotsu Ramen too rich and too thick.

    S:......豚骨ラーメンが濃くて濃すぎるから。

  • S: ...and I think they're crazy because this is just insanely delicious. M: (mm's in agreement)

    S:......これがめちゃくちゃ美味しいんだから、頭おかしいんじゃない?M: (mm's in agreement)

  • S: The... the other kinds of ramen that I had like Shio or Shoyu are... all right.... but I always prefer Tonkotsu.

    S:ラーメンは...他にも塩とか醤油とか...わかった.... でも私はいつもとんこつの方が好きです。

  • S: ...and supposedly, according to my Japanese friends, most Westerners prefer Tonkotsu.

    S: ...そして、日本人の友人によると、欧米人の多くはとんこつを好むそうです。

  • M: ...and we've had Tonkotsu Ramen before in Tokyo. I found it really heavy, and oily,

    M: ........で、東京で食べたことがあるんですよ。私は重くて脂っこい感じがしました。

  • S: Yes!

    S:はい!(笑)。

  • M: So when I ate it... it was like eating fat gob-lets on top. (S: slurping in agreement)

    M:で、食べてみると...太ったゴブレットを上に乗せて食べているような感じでした。(S:同意の上でスラスラと)

  • M: It always made my stomach feel a bit ill.

    M:いつもお腹の調子が悪くなっていました。

  • S: (noises of agreement) M: This is very different.

    S:(同意の雑音) M: これはかなり違う。

  • M: This almost tastes like a chicken soup.

    M:これはほとんどチキンスープの味がしますね。

  • M: Like that kind of homemade chicken flavor. It doesn't have a heavy, greasy taste whatsoever.

    M:そういう自家製の鶏肉の味とかね。重くて脂っこい感じは全くないですね。

  • M: Simon's about to chow down on what looks like some kind of noodle or meat, but it is not, it is actually a bamboo shoot.

    M: サイモンは麺や肉のようなものを食べようとしていますが、そうではありません。

  • M: This is Menma. S: I love Menma. Martina's not fond of it, so she doesn't have that much in her's.

    M:メンマです。S:メンマは大好きです。マルティナは好きじゃないから、彼女のはそんなに入ってないんだよね。

  • M: It depends on the location! So, some places I find the Menma is quite over powering, because it's usually like a fermented one,

    M:場所にもよりますね。だから、場所によっては、メンマは発酵させたようなものが多いので、かなりパワーオーバーだと感じます。

  • M: or it's been soaked in a sauce, while other places I find it quite fresh and crunchy.

    M:というか、タレに漬け込んでありますが、他の場所ではかなり新鮮で歯ごたえがあると感じます。

  • M: ...and that's what's cool about Ramen, is you can get a lot of them customizable.

    M:......それがラーメンのいいところでもあるんですが、カスタマイズできるところが多いですよね。

  • M: This is Chyashu, which I'm sure I'm not pronouncing properly.

    M:これはチャイシュウ(Chyashu)ですね、私の発音が悪いんでしょうね。

  • M: But basically it's just a really thinly sliced pork that goes into it.

    M:でも基本的には本当に薄切りの豚肉が入っているだけなんですよ。

  • M: If you're at a bad location, it'll be tough, it'll be chewy... it'll taste like it's just been way over cooked and you're like; (nyang nyang nyang (tough chewing noises))

    M:場所が悪いと、ガチガチで噛みごたえがある...調理しすぎただけのような味になってしまって、まるで;(ニャンニャンニャン(ガチガチの噛みごたえ音

  • M: If you're at a great place, like this, it's gonna fall apart in your mouth.

    M:こんな素敵な場所にいると、口の中で崩れてしまいますよね。

  • S: Aahhh

    S:あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

  • M: Ahhh~

    M:あ~~~~。

  • S (deep sexy voice): Oh baby you understand me, don't you? Yes you do.

    S(深いセクシーボイス)。ああ、ベイビー......私のことを理解してくれているんだね?はい、そうですね。

  • (M: ...?)

    (M: ...?)

  • S (deep sexy voice): Put you in my stomach and remember you forever.

    S(深いセクシーボイス)。私のお腹にあなたを入れて、いつまでもあなたのことを忘れないでください。

  • S (deep sexy voice): You know what? I'm not even going to go to the bathroom, I'm gonna hold it in for you.

    S(深いセクシーボイス)。あのね?トイレにも行かないし、我慢するわよ。

  • S (deep sexy voice): I'm gonna keep you with me forever.

    S(深いセクシーボイス)。ずっと一緒にいてあげるよ

  • M: Ah- are you talking to me or the Ramen?

    M:あー......俺に言ってるのか、ラーメンに言ってるのか?

  • S: To you!!! Of course... my love......

    S:あなたに!もちろん...マイラブ......

  • S: You gonna finish that?

    S:最後までやるのか?

  • S: I will say though - uh - what I just did is a little bit strange, because in most of the Ramen shops that I've gone to,

    S: 今まで行ったことのあるラーメン屋さんのほとんどが、今やったことはちょっと変わっていると思うんです。

  • S: I see people finish the noodles and then pretty much leave the broth behind,

    S:麺を食べ終わった後、スープを残している人をよく見かけます。

  • S: but I don't know how they could do that, this is so delicious.

    S:でも、なんでそんなことができるんだろう、これは美味しそうだな。

  • S: Maybe because it's not super healthy, or whatnot, so people just want to have the noodles instead,

    S:超ヘルシーじゃないからか、麺類が食べたいって人が多いんだよね。

  • S: but I think I'm like one of the only people that I know that finishes my broth.

    S: でも、私は私のスープを完食する唯一の人のようなものだと思っています。

  • M: What you have to do, is book a plane ticket, you need to fly to Japan, S: Look, come all the way here.

    M: あなたがしなければならないことは、飛行機のチケットを予約すること、日本に飛ぶ必要がある、S: ほら、わざわざここに来て。

  • M: you come to Fukuoka, ok, you come to Kurume, and then you order the soup, (S: Yes, yes, yes...)

    M:福岡に来て、OK、久留米に来て、スープを注文して、(S:はいはい。

  • M: and then you go, oh my god, I know what you're talking about now! S: I understand now, I understand.

    M:そうしたら、あーあ、もう分かったよ!って。S:今、わかりました、わかりました。

  • M: ...and you'll join our club.

    M: ...そして、あなたは私たちのクラブに参加します。

  • M: Mmm! S: You know what, I don't think we actually... um...

    M:うーん!?S: あのね、私たち、実は...えっと...。

  • (sad music) M: (humming) S: filmed enough? Should we get another bowl, just in case?

    (悲しい音楽) M:(鼻歌) S:十分に撮影した?念のためにおかわりした方がいいのかな?

  • S: because people... wanna know... M: Right! Um... the card might have... corrupted and so...

    S: だって、みんなが...知りたがっているから...そうだ。あの...カードが...破損しているかもしれない。

  • S: Did we... did we record that properly?

    S:ちゃんと録音したかな?

  • S&M: I'm not sure... M: ...if we...

    S&M:...どうかな...。M: ...もし、私たちが...

  • S&M: (happy cheering-like noises)

    S&M:(嬉しそうな応援のような音)

  • (waiter talking)

    (ウェイターの話)

  • S&M: (thanking)

    S&M:(感謝)

  • S: Um, so, are we supposed to say more about this?

    S:えーと、それで、これはもうちょっと言った方がいいのかな?

  • S: Uhh.... M: Oh, we just wanted to... shovel it down?

    S:Uhh....M: ああ、私たちはただ...それを掘り下げたかっただけなんだけど?

  • S: We just wanna eat this. Here's for you... M: I see how this is.

    S:私たちはこれを食べたいだけです。これはあなたに・・・。M:なるほど、これがそうなんですね。

  • S: Is this one bowl gonna be enough for us?

    S:この一鉢でいいのかな?

  • S: Oh no, we're not have a (mumbles) M: err... didn't press record...

    S:M: あーあ、これはダメだ(つぶやく) M: あーあ...レコードを押してなかった...。

  • S&M: (mumbling & ermergerd'ing)

    S&M:(つぶやく&骨髄のように)

  • M: I'm sure if anyone saw this right now, they're like, "look at that couple sharing a Ramen bowl together because they can't finish it."

    M:今、これを見た人がいたら、"あのカップルがラーメンを食べきれなくて、一緒にラーメン丼を食べている姿を見て "って思うと思うんですよ。

  • M: And we're like, yes! Sharing....! S: It's our third bowl of Ramen...

    M: そして、私たちは、イエス!という感じです。シェア....!S:3杯目のラーメンなんだけど...。

  • S: Sharing! M: Sharing it...

    S: 共有!?M: 共有して...

  • S: Yes

    S: はい

  • S: I'm ready for some warm snuggles.

    S: 私は暖かいナプキンの準備ができています。

  • S: 'bout to get naked, curl up in da bed M: In the middle of a Ramen shop? Really? S: and go to sleep.

    S:裸になってベッドで丸くなってM:ラーメン屋のど真ん中で?そうなんですか?S: で、寝る。

  • S: I love you gurl! M: Oh no, Simon's got the... Simon's got the food happies again.

    S: I love you gurl!M: やばい、サイモンが...サイモンがまた食べ物のハピネスを手に入れた。

  • (noises muffled because of Martina being squished against Simon's mic)

    (マルティーナがシモンのマイクに押し付けられているため、雑音が消音されている)

  • M: ??? ...really happy with food. (laughing)

    M: ???...食べ物で本当に幸せ。笑)。

  • S: You're the love of my life, you know that?

    S:お前は俺の人生の最愛の人なんだよ。

  • M: What about ramen? S: I'm so happy that I married you!

    M:ラーメンは?S:結婚してよかったですね!(笑)。

  • M: I thought you were talking about... are you talking to Ramen or me?

    M:そういえば...ラーメンの話をしているのか、俺の話をしているのか、どっちなんですか?

  • S: Thank you for coming to Japan with me.

    S:一緒に日本に来てくれてありがとう。

  • S: ...and participating in these food adventures.

    S: ...そして、これらの食の冒険に参加しています。

  • (S: kiss noise) M: Are you food drunk? S: I just love you so much gurl.

    (S:キス音) M:食べ物に酔ってるの?S: 私はあなたのことをとても愛しています。

  • M: He's food drunk, people.

    M:彼は食べ物に酔っているんだよ、みんな。

  • S: You're the best thing that ever happened to me~ M(whisper): Food drunk!!!

    S:お前が一番だよ~M(小声)。食いしん坊!

  • S: I like your smell. You smell like snuggles.

    S:君の匂いが好きだよ。スナッグルスの匂いがする。

  • M (whisper): For sure food drunk.

    M(小声で)。飲まれた食べ物のために。

  • S: Hush girl.

    S: Hush girl.

  • S: Whoo, alright, snuggle up.

    S:ウー、よし、寄り添って。

  • S: (slurp)

    S:(スラスラ)

  • S: mmm-hmm M: (gasp)

    S:ふむふむM:(無駄に

  • M (whisper): He's eating it! S: No, no I'm just whispering (blows)

    M(小声で):食べてる!?S:いやいや......小声で言ってるだけだよ(ブルブル

  • S: (blows) That's- (blows)- that's what it is. (blows)

    S:(吹いた) それは... (吹いた) そうなんだよ。(吹雪)

  • (now just happy background music)

    (今はただの幸せなBGM)