Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi. Welcome to www.engvid.com.

    こんにちは、www.engvid.com へようこそ。

  • I'm Adam.

    アダムだ

  • In today's video I'm going to look at some math.

    今日のビデオでは、数学を見てみましょう。

  • Now, I know this is an English site, don't worry, I'm not actually going to do any math.

    さて、ここは英語のサイトだとわかっているので、心配しないでください、私は実際に数学をするつもりはありません。

  • Philosophy and English major, so math not my favourite, but I will give you some math

    哲学と英語を専攻しているので、数学は私の好みではありませんが、私はいくつかの数学を与えます。

  • terminology, words that you need if you're going to do math.

    専門用語、数学をやるなら必要な言葉。

  • Now, a lot of you might be engineers or you might be students who came from another country

    さて、エンジニアの方も多いかもしれませんし、他の国から来た学生の方も多いかもしれません。

  • to an English-speaking country, and you go to math class and you know the math, but you're

    を英語圏にして、数学の授業に行って、数学は知っていても

  • not sure of the wording.

    言葉遣いに自信がない

  • Okay?

    いいですか?

  • So this is what we're looking at, terminology, only the words that you need to go into a

    これを見ていると、専門用語や、突っ込みどころのある言葉だけが

  • math class or to do some math on your own.

    算数の授業や、自分で算数をすることもできます。

  • Okay?

    いいですか?

  • We're going to start with the very basics.

    まずはごく基本的なことから始めようと思います。

  • You know all these functions already.

    これらの機能はすでに知っているはずです。

  • I'm just going to give you some ways to talk about them, and then we'll move on to some

    その話をする方法をいくつか紹介してから

  • other functions and other parts.

    他の機能や他の部分

  • So, you know the four basic functions: "addition", "subtraction", "multiplication", and "division".

    ということで、基本的な4つの機能はご存知ですね。"足し算」「引き算」「掛け算」「割り算」です。

  • What you need to know is ways to say an equation.

    知っておきたいのは、式の言い方です。

  • Right? You know an equation.

    だろ?方程式を知っている

  • "1 + 1 = 2", that's an equation.

    "1+1=2 "って方程式だよね。

  • "x2 + y3 = znth",

    "x2 + y3 = znth",

  • that's also an equation which I'm not even going to get into.

    それはまた、私が入るつもりもない方程式です。

  • So, let's start with addition.

    ということで、まずは足し算から始めてみましょう。

  • The way to talk about addition.

    足し算の話し方。

  • You can say: "1 plus 1", "plus", of course is "+" symbol, that's the plus symbol.

    と言うことができます。"1プラス1"、"プラス "はもちろん "+"記号、それがプラス記号です。

  • "1 plus 1 equals 2."

    "1+1=2"

  • 2 means the total, is also called the "sum".

    2は合計を意味し、「合計」とも呼ばれます。

  • Now, you can also say: "The sum of 1 and 1 is 2."

    これで、こうも言えるようになりました。"1と1の和は2である"

  • You can also just say, without this part: "1 and 1 is 2."

    この部分を抜きにしても"1と1は2だ"

  • So you don't need the plus, you don't need the equal; you can use "and" and "is", but

    ですから、プラスは必要ありませんし、イコールも必要ありません。

  • it means the same thing.

    同じことを意味します。

  • Everybody will understand you're making...

    誰もがあなたが作っていることを理解するでしょう...

  • You're doing addition.

    足し算をしていますね。

  • Sorry. Doing addition, not making.

    ごめんね足し算をしているのであって、作っているのではありません。

  • If you add 1 and 1, you get 2.

    1と1を足すと2になります。

  • Okay? So: "add" and "get", other words you can use to express the equation.

    いいですか?それで"add "と "get" 他にも式を表現するのに使える言葉があります。

  • Now, if you're doing math problems, math problems are word problems.

    さて、算数の問題をやるなら、算数の問題は単語の問題です。

  • I know a lot of you have a hard time understanding the question because of the words, so different

    言葉が違いすぎて質問がわかりづらい人も多いと思うけど

  • ways to look at these functions using different words, different verbs especially.

    これらの機能を別の単語、別の動詞を使って見る方法。

  • If we look at subtraction: "10 minus 5 equals 5".

    引き算を見てみると"10から5を引いたものが5になります。

  • "5", the answer is also called the "difference".

    "5 "の答えは、"差 "とも呼ばれています。

  • For addition it's the "sum", for subtraction it's "difference".

    足し算は「和」、引き算は「差」です。

  • "10, subtract 5 gives you 5."

    "10から5を引くと5になる"

  • Or: "10 deduct"-means take away-"5", we can also say: "Take 5 away"...

    または:"10 deduct" -means take away - "5 "を意味し、我々はまた、言うことができます。"Take 5 away "は「5を奪う」...

  • Oh, I forgot a word here. Sorry.

    あ、ここの言葉を忘れてました。ごめんね。

  • "Take 5 away from 10, you get", okay?

    "10から5を奪えばいい" いいか?

  • "10 subtract 5", you can say: "gives you 5",

    "10は5を引く "と言えばいい"5を与える "と言うことができます。

  • sorry, I had to think about that.

    すみません、考えさせられました。

  • Math, not my specialty.

    数学は専門外だ

  • So: "Take 5 away from 5, you get 5", "Take 5 away from 5, you're left with",

    ということで"5から5を奪えば5を手に入れる" "5から5を奪えば5を手に入れる"

  • "left with" means what remains.

    "leather with "は残ったものを意味します。

  • Okay, so again, different ways to say the exact same thing.

    また違う言い方をして全く同じことを言うのね

  • So if you see different math problems in different language you can understand what they're saying.

    だから、言語の違う算数の問題を見れば、相手が何を言っているのか理解できる。

  • Okay?

    いいですか?

  • Multiplication.

    掛け算です。

  • "5 times 5", that's: "5 times 5 equals 25".

    "5の5倍5" それは..."5の5倍は25に等しい"

  • "25" is the "product", the answer to the multiplication, the product.

    "25 "は "積 "であり、掛け算の答えである "積 "です。

  • "5 multiplied by 5", don't forget the "by".

    "5 multiplied by 5" "by "を忘れずに。

  • "5 multiplied by 5 is 25", "is", "gives you", "gets", etc.

    "5に5をかけたものは25" "である" "与える" "得る "など

  • Then we go to division.

    そしてディビジョンへ。

  • "9 divided by 3 equals 3", "3", the answer is called the "quotient".

    "9を3で割ったものは3に等しい"、"3 "の答えは "商 "と呼ばれています。

  • This is a "q".

    これは「Q」です。

  • I don't have a very pretty "q", but it's a "q".

    あまり可愛くない「Q」ですが、「Q」です。

  • "Quotient".

    "商"

  • Okay?

    いいですか?

  • "3 goes into... 3 goes into 9 three times",

    "3は9に3回入る"3は9に3回入る

  • so you can reverse the order of the equation.

    ということで、式の順番を逆にすることができます。

  • Here, when...

    ここで、いつ...

  • In addition, subtraction, multiplication...

    足し算、引き算、掛け算...。

  • Well, actually addition and multiplication you can reverse the order and it says the

    実は足し算と掛け算は順番を逆にすることができて

  • same thing.

    同じことだ

  • Here you have to reverse the order: "goes into" as opposed to "divided by",

    ここでは順番を逆にします。"splared by "とは対照的に "goes into "です。

  • so pay attention to the prepositions as well.

    前置詞にも注意を払ってください。

  • Gives you...

    あなたに...

  • Sorry. "3 goes into 9 three times", there's your answer.

    ごめんね"3は9に3回入る" これが答えだ

  • "10 divided by 4", now, sometimes you get an uneven number.

    "10÷4"、今、たまにムラのある数字が出てきます。

  • So: "10 divided by 4" gives you 2 with a remainder of 2, so: "2 remainder 2".

    だから"10÷4 "は2となり、残りは2となります。"2の余り2」となります。

  • Sometimes it'll be "2R2", you might see it like that.

    たまに「2R2」になることもあるので、そんな感じで見てみるといいかもしれません。

  • Okay?

    いいですか?

  • So these are the basic functions you have to look at.

    なので、これらは見ておくべき基本的な機能です。

  • Now we're going to get into a little bit more complicated math things.

    今度はもう少し複雑な数学の話に入ります。

  • We're going to look at fractions, exponents, we're going to look at some geometry issues,

    分数と指数を見ていきます 幾何学の問題を見ていきます

  • things like that.

    みたいなことも。

  • Okay, so now we're going to look at something else.

    さて、それでは次は別のものを見てみましょう。

  • We're going to look at fractions, exponents, and decimals.

    分数、指数、小数を見ていきます。

  • Again, all of you know these things even from high school, even before high school, primary

    繰り返しになりますが、皆さんこれらのことは高校時代からでも知っていますよね、高校前からでも、小学校

  • school math some of this stuff.

    学校の数学の一部は、このようなものです。

  • A "fraction" is basically a partial number; it's not a whole number.

    端数」は基本的には部分的な数であり、全体の数ではありません。

  • It's a part of, that's why it's called a fraction.

    一部だから分数と呼ばれるんだよ

  • You have two parts to this fraction, you have the "numerator", "nu-mer-a-tor", and then

    この分数には2つの部分があります。"分子 "と "nu-mer-a-tor "があります。

  • you have the bottom part which is the "denominator", "de-nom-in-at-or".

    下の部分は「分母」である「デノムインアットオール」です。

  • Numerator, denominator.

    分子、分母。

  • Now, the thing to know about fractions, now, how to add them, how to multiply them, that's

    分数について知っておくべきことは足し算と掛け算です

  • a math lesson, we don't need to know that.

    数学の授業なら、そんなことは知らなくてもいい。

  • We just need to know the words.

    言葉を知っていればいいんです。

  • What you might have some trouble with is pronunciation.

    悩んでしまうのは、発音です。

  • So: "5 over 12", we don't say: "5 over 12", we say: "Five twelfths",

    だから"5歳以上12歳未満 "とは言わない"12分の5以上 "とは言わない"12分の5以上"

  • "fths", so you have a lot of consonants here.

    "fths "だから、ここは子音が多いんですね。

  • "Twelfths".

    "Twelveths"

  • Now, keep in mind that even native English speakers have a hard time pronouncing this,

    さて、英語のネイティブでも発音に苦労することを覚えておきましょう。

  • so if you find it difficult don't worry.

    なので、難しいと思っても気にしないでください。

  • In context people will understand you.

    文脈の中で人々はあなたのことを理解してくれます。

  • If you say: "Five twelfs", okay, I get it.

    あなたが言うなら"5人の12人 "と言ってくれればいいわ

  • If you say: "Five twelfth-th-th", I'll get it, I'll know what you're trying to say.

    あなたが言うなら"5-12-th-th "と言えば、何を言いたいのか分かる。

  • "Five sixths", this one's even worse, "xths".

    "6分の5" これはもっと悪い "xths "だ

  • "Sixths", just say it as close as you can, you'll be understood because people know you're

    "6分の1" 出来るだけ近くで言ってくれれば 理解してもらえる みんなが知ってるから

  • talking about fractions.

    分数の話をしています。

  • Okay?

    いいですか?

  • On the other side we can say, like, this is a half.

    反対側では、これは半分と言ってもいいでしょう。

  • Right?

    だろ?

  • 1 over 2, so a half.

    1オーバー2なので1/2。

  • We can say it in "decimals" as well.

    小数」でも言えます。

  • "Decimals" are the point form.

    "小数 "は点の形です。

  • So, this is "0.5", I hope you can see this point here.

    ということで、この「0.5」ですが、この点はここで見ていただければと思います。

  • We don't say: "Zero decimal five", we don't say: "Zero period five", always "point".

    我々は言わない"0進数5 "とは言わない"ゼロピリオド5 "とは言いません、常に "ポイント "です。

  • Okay? "Zero point five".

    いいですか?"ゼロポイント5"

  • Now: "Zero point thirty-three", no, because this is not a number, this is a partial number,

    さて。"0点33"、いや、これは数ではなく、部分的な数だからです。

  • just like a fraction, it's less than one so it's not "thirty-three",

    端数のように、1より小さいので「三三」ではありません。

  • it's "zero point three, three".

    それは「ゼロ点3、3」です。

  • And as many numbers as you have: "Zero point three, three, seven, eight, nine, ten".

    そして、持っている数字の数だけ"ゼロ点3、3、7、8、9、10"

  • Well, no "ten", "one, zero".

    "これ "も"1"も"0"もないな

  • Okay? So, and the thing, and you can go as many decimal places as you want.

    いいですか?それと...それと...小数点以下は何桁でもいいんだよ

  • So this is a whole number, this is the decimal.

    これが整数で、これが10進数なんですね。

  • One, two, three, four, five, six decimal places, that's what we talk about after the decimal point.

    小数点以下の1、2、3、4、5、6の話をしています。

  • Okay?

    いいですか?

  • Now, this is the 10th or one-tenth, everything that's here.

    さて、これが10分の1か10分の1か、ここにあるすべてのもの。

  • So if you have "0.3", you have "three-tenths" of whatever it is you're talking about,

    だから、「0.3」があれば、何を言っても「10分の3」になる。

  • "one hundredth", "one thousandth", and then we go on from there, but we don't usually talk

    "百分の一" "千分の一 "と、そこから先に進んでいくのですが、普通は話しません。

  • in these terms beyond the third because it gets a little bit too complicated.

    ちょっと複雑になりすぎるので、3番目を超えてこれらの用語では

  • Now, three...

    さて、3つの...

  • Where does this number...? First of all: "3/100", so first of all it's here...

    この数字はどこに......?まず第一に「3/100」ですから、まずここに......。

  • Oh, no, it's not, that's thousandths.

    いや、そうじゃなくて、それは千載一遇だよ。

  • It's over here.

    こっちだよ

  • Okay? So, "3 hundredths", "3 hundredths".

    いいですか?だから、"300分の3"、"300分の3"。

  • Now, if you just say: "zz", like in "pizza", "3 hundredths", close enough, then, again,

    今、あなたが言うなら"ZZ"、"ピザ "のように、"3百分の1"、十分に近い、その後、再び。

  • people will understand you.

    人はあなたを理解してくれるでしょう。

  • When you're talking about sports, for example, and they say there's like point-five seconds

    例えばスポーツの話をしている時にポイント5秒とか言われますが

  • left on the clock, so he...

    時計が残っていたから...

  • The guy, basketball, he shoots it, he scores with a tenth of a second left in the game.

    男、バスケ、シュートを放ち、残り10分の1秒で得点。

  • So you understand?

    分かったか?

  • They're talking about 0.1 second.

    0.1秒の話をしている。

  • Okay.

    いいわよ

  • Next we have "exponents".

    次に「指数」です。

  • X with a small "2" or a small "3" or whatever number.

    Xに小さな「2」か小さな「3」か何かの数字を付けてください。

  • So this whole thing is called...

    それで、これは全部...

  • The "2" is actually called the exponent, the x or whatever number is called the base, and

    2」は実際には指数と呼ばれていて、xでも何でもいいから基数と呼ばれていて

  • we can also refer to this as "the power".

    これを「力」と呼ぶこともできます。

  • So, the whole thing is the "exponent", "base", and "power".

    つまり、全ては「指数」と「基底」と「力」なんですね。

  • Now, when we talk about: "X to the power of 2", we don't say: "to the power of 2".

    さて、私たちが話をするとき"Xを2の2乗に "とは言わない"to the power of 2" とは言いません

  • When the number is 2, we say: "squared", so: "X squared".

    数が2の時はこう言います"二乗 "だから"Xの二乗 "と言います。

  • When we talk about "3", we say: "cubed".

    "3 "といえば、私たちはこう言います。"cubed "と言います。

  • Okay?

    いいですか?

  • So we're going to look in a second, and we're going to look at measuring area of a shape

    そこで、秒単位で見ていくことにして、形状の面積を測ることについて

  • or measuring the volume of a shape.

    または形状の体積を測定します。

  • Different shapes, of course, but "area" is measured with "x2" or whatever the measurement

    形はもちろん違いますが、「面積」は「×2」で測るか、何を測っても

  • is squared, and the volume is measured with "cubed".

    は二乗で、体積は「立方体」で測ります。

  • Okay?

    いいですか?

  • Now, once you get past the third-four, five, six-there's two ways you can say it, you can say:

    さて、3、4、5、6の3つ目を過ぎたら、2つの言い方があります。

  • "X to the 4th power", if this is a "4": "X to the 4th power",

    "X to the 4th power" これが "4 "ならば"Xから4乗"

  • or "X to the power of 4".

    とか、「×を4の累乗に」とか。

  • Now, sometimes you might see...

    さて、たまに見ることがあるかもしれませんが

  • You might hear this expression: "The nth power".

    こんな表現を耳にすることがあるかもしれません。"第九の力 "です。

  • "The nth power" means unlimited, it goes on forever, or infinite, we don't know where

    "第九の力 "とは、無限に続く、永遠に続く、無限に続く、どこにあるかわからない

  • it ends but this is actually an expression used in regular English as well, and we'll

    で終わりますが、これは実は普通の英語でも使われる表現であり

  • talk about that another time.

    それについてはまた別の機会に

  • Now, if you're going the opposite direction, instead of squaring the number you want to

    さて、逆の方向に行く場合は、次のような数を二乗するのではなく、次のようにします。

  • find the "root" of the number.

    根本」の数字の語呂合わせを見つけます。

  • So, 3 squared equals 9.

    だから、3の2乗は9に等しい。

  • Okay?

    いいですか?

  • The square root of 9 is 3.

    9の平方根は3です。

  • How many times does 3 go into 9?

    3は9に何回入るの?

  • 3 times, etc.

    3回など。

  • "Square root", finding out how many times the number goes into itself.

    "平方根"、数字が自分の中に何倍になるのかを見つける

  • X2, multiplying the number by itself two times.

    X2、それ自体の数を2倍にする。

  • Okay.

    いいわよ

  • So far so good, but we're not done yet.

    ここまでは順調ですが、まだ終わっていません。

  • We still have to look at shapes and what to do with them, and angles.

    まだまだ、形を見てどうするか、角度を見ていかなければなりません。

  • A lot more interesting stuff coming up. One sec.

    もっと面白いことがたくさんあるちょっと待って

  • Okay, so actually we're going to look at a couple more symbols and words before we go

    では、実際にもう少し記号と言葉を見てみましょう。

  • on to other more complicated things.

    他のもっと複雑なことに

  • I wanted to just squeeze these in because they're a little bit simple, but still need

    彼らは少しシンプルだが、まだ必要なので、私はちょうどこれらを圧迫したいと思いました。

  • to understand them.

    を理解することができます。

  • "Average" and "mean", now, "average" and "mean" are synonyms, they essentially mean the same thing.

    "平均 "と "平均"、今、"平均 "と "平均 "は同義語で、本質的には同じ意味です。

  • We use "mean" more with math.

    数学では「平均」を多用しています。

  • We use "average" more with other things, like everyday things as well.

    私たちは、日常的なものと同じように、他のものと一緒に「平均」をもっと使います。

  • But they mean the same thing.

    でも意味は同じです。

  • So when you're looking for the average or the mean, you're taking all the values...

    平均値や平均値を探すときには、すべての値を取ることになりますが...

  • So in this case we have one, two, three, four values, you add them up, you take the total

    この場合、1、2、3、4つの値があるので、それらを足し合わせて、合計を計算します。

  • and then divide it by the number of values you started with.

    で割ってみて、最初に出した値の数で割ってみてください。

  • So the...

    だから...

  • We have four values, the total 20 divided by 4, and the average of these values is 5.

    合計20を4で割った4つの値があり、その平均値は5です。

  • Okay?

    いいですか?

  • So that's "average" or "mean".

    それが「平均」か「平均」なんですね。

  • Now, on the other hand, you want to sometimes look for the "median".

    さて、その一方で、たまには「中央値」を探したくなります。

  • Now, some...

    さて、いくつかの...

  • In some situations you don't want the mean or the average because the extremes, the top

    状況によっては、平均値や平均値を求めないこともあります。

  • or the bottom are so far apart that the average will not give you a right idea of what's going

    底辺と底辺が離れすぎていて、平均値では何が起こっているのかわからない。

  • on with whatever values you're looking at, so what you want is the "median".

    のように、あなたが見ている値が何であれ、あなたが欲しいのは "中央値 "です。

  • The "median" is more like the middle number that has an equal number of values above it

    中央値」はどちらかというと、その上に等しい数の値を持つ中間の数字に近いです。

  • and an equal number of values below it.

    とそれ以下の値が同数であることを示しています。

  • So that's a little bit more representative of the situation you're looking at.

    それはそれで、あなたが見ている状況の代表的なものですね。

  • Okay, so now we're going to look at these symbols.

    では、この記号を見てみましょう。

  • We got this one, this one, this one, and this one - four of them.

  • Now, this one, when you have the bigger size open and then it goes to the smaller size

    さて、これは、大きなサイズを開いた後、小さなサイズに移動します。

  • means y is larger than x.

    は、yがxよりも大きいことを意味します。

  • Larger, smaller, right?

    大きくて小さくて?

  • So, y is larger than x, y is greater than x, y is more than x.

    つまり、yはxよりも大きい、yはxよりも大きい、yはxよりも大きいということです。

  • Don't forget the "than" because, again, you have a comparative here.

    "than "を忘れないでください。

  • And if you turn it around, y is smaller than, y is less than x.

    裏を返せば、yはxよりも小さく、yはxよりも小さくなります。

  • Now, sometimes you might see these symbols with a line underneath, in which case:

    さて、時々、これらの記号の下に線が引かれているのを見ることがありますが、その場合は、その下に線が引かれています。

  • y is greater than or equal to x. Okay?

    yはx以上かそれ以上だ いいか?

  • Y is greater than or equal to x, y is less than or equal to...

    Y は x 以上、y は x 以下、...

  • Sorry, y is greater...

    すみません、yの方が大きいです...。

  • Less than or equal to x.

    x以下。

  • And now, this one you have...

    そして今、あなたが持っているのはこれ...

  • Basically you have the equal sign, but then you have a squiggly line.

    基本的には等号を持っていますが、その後にスクイッグラインを持っています。

  • This means it's approximately equal to, so it's an approximation, not exactly equal.

    これは、ほぼ等しいという意味なので、近似値であって、完全に等しいというわけではありません。

  • And then you have the equal sign with a strike through, and in this case it's just not equal.

    そして、ストライクスルーのイコールサインがありますが、この場合はイコールではありません。

  • Okay, pretty straightforward stuff.

    簡単なことだ

  • Let's move on to some other more complicated things.

    では、もう少し複雑な話に移りましょう。

  • Okay, let's look at some more math stuff.

    さて、もう少し数学を見てみましょう。

  • We're going to look at shapes.

    形を見ていきます。

  • Okay?

    いいですか?

  • So, first of all we're going to start with our "rectangle", means the two sides...

    まず最初に "長方形 "から始めましょう 2つの辺の意味は...

  • All four sides are not the same length.

    四辺がすべて同じ長さではありません。

  • You have the "width", you have the "length".

    幅」もあれば「長さ」もあります。

  • Okay?

    いいですか?

  • Now, when you add a "height" or a "depth", both okay, depending on what you're looking at, then you...

    さて、"高さ "や "深さ "を追加すると、どちらも大丈夫ですが、何を見ているかにもよりますが、その後...

  • First of all, you've created a box.

    まずは箱を作りましたね。

  • So, a rectangle is two-dimensional, a box is three-dimensional.

    だから、長方形は二次元、箱は三次元。

  • Width, length, height or depth, both okay.

    幅、長さ、高さ、奥行き、どちらもOK。

  • Now, when you measure these, when you measure...

    さて、これを測ってみると...

  • Like, basically you want to measure the inside space, then you're measuring the area.

    基本的には、内部の空間を測りたいから、面積を測っているようなものです。

  • So you do length times width, and then the answer is whatever the number is.

    だから、長さ×幅でやって、答えは何でもいいんです。

  • So let's say you have two feet by four feet, so you have eight, and then the measure...

    2フィート×4フィートだとすると、8つになるので、メジャーは...