Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Chapter I

    マークトウェイン:トムソーヤーの冒険

  • "TOM!"

    第一章

  • No answer.

    "トム!"

  • "TOM!"

    回答なし。

  • No answer.

    "トム!"

  • "What's gone with that boy, I wonder?

    回答なし。

  • You TOM!"

    "という男の子と逝ってしまったのか、私のかな?

  • No answer.

    あなたはトム!"

  • The old lady pulled her spectacles down

    回答なし。

  • and looked over them about the room; then

    老婦人がダウンして彼女の眼鏡を引っ張って

  • she put them up and looked out under them.

    部屋については、それらを見渡した、次に

  • She seldom or never looked THROUGH them

    彼女はそれらを入れ、その下に外を見ました。

  • for so small a thing as a boy; they were

    彼女はほとんどまたはまったくそれらに目を通し、

  • her state pair, the pride of her heart,

    少年のように小さなものに、彼らがいた

  • and were built for "style," not service--

    彼女の状態のペアを、彼女の心の誇り、

  • she could have seen through a pair of

    とは、"スタイル"ではないサービスのために造られた -

  • stove-lids just as well.

    彼女はペアのを見ている可能性が

  • She looked perplexed for a moment, and

    ストーブ​​は同じようにも蓋。

  • then said, not fiercely, but still loud

    彼女は一瞬、当惑を見

  • enough for the furniture to hear:

    その後は激しいが、それでも大声で言った

  • "Well, I lay if I get hold of you I'll--"

    聞いて家具十分な:

  • She did not finish, for by this time she

    "まあ、私が取得する場合は、I'llのつかむ - "

  • was bending down and punching under the

    彼女はこの時、彼女のために、完了していない

  • bed with the broom, and so she needed

    ダウン曲げ下パンチされた

  • breath to punctuate the punches with.

    ほうきでベッド、彼女は必要に応じて

  • She resurrected nothing but the cat.

    息がパンチと強調すると。

  • "I never did see the beat of that boy!"

    彼女は何も猫を復活させた。

  • She went to the open door and stood in it

    "私はあの男の子のビートを参照してくださいことはなかった!"

  • and looked out among the tomato vines and

    彼女は開いたドアに行って、その中に立って

  • "jimpson" weeds that constituted the

    およびトマトのつるの中から外を見た

  • garden.

    構成"jimpson"雑草

  • No Tom.

    庭。

  • So she lifted up her voice at an angle

    いいえトム。

  • calculated for distance and shouted:

    そこで彼女は角度で彼女の声を上げて

  • "Y-o-u-u TOM!"

    距離の計算と叫んだ:

  • There was a slight noise behind her and

    "Youuトム!"

  • she turned just in time to seize a small

    わずかなノイズの背後にあった彼女と

  • boy by the slack of his roundabout and

    彼女は小さいをつかむにはちょうど間に合うようになって

  • arrest his flight.

    彼のロータリーとの緩みの少年

  • "There!

    彼の飛行を逮捕。

  • I might 'a' thought of that closet.

    "ほら!

  • What you been doing in there?"

    そのクローゼットの私があります'考えていた。

  • "Nothing."

    あなたはそこに行ってきた?"

  • "Nothing!

    "何もない。"

  • Look at your hands.

    "何もない!

  • And look at your mouth.

    あなたの手で見てください。

  • What IS that truck?"

    そして、あなたの口の中を見てください。

  • "I don't know, aunt."

    何がそのトラックですか?"

  • "Well, I know.

    "私は、叔母を知らない。"

  • It's jam--that's what it is.

    "まあ、私は知っている。

  • Forty times I've said if you didn't let

    これはジャムだ - それが何であるかということ。

  • that jam alone I'd skin you.

    私がした四十回では、聞かせていない場合、当該

  • Hand me that switch."

    それだけでジャム私はスキンを使用するといいでしょう。

  • The switch hovered in the air--the peril

    一方私は、そのスイッチ。"

  • was desperate--

    スイッチは、空気中の推移 - 危険を

  • "My!

    必死だった -

  • Look behind you, aunt!"

    "マイ!

  • The old lady whirled round, and snatched

    、あなたの後ろに叔母を見て!"

  • her skirts out of danger.

    老婦人は、ラウンドをくるりと身をひるがえし、誘拐

  • The lad fled on the instant, scrambled up

    彼女が危険からスカート。

  • the high board-fence, and disappeared over

    若者は、インスタントに逃げました交流スクランブル

  • it.

    高ボードフェンスと、姿を消した

  • His aunt Polly stood surprised a moment,

    それは。

  • and then broke into a gentle laugh.

    彼の叔母ポリーは、その瞬間を驚かせたに立っていた

  • "Hang the boy, can't I never learn

    そして穏やかな笑いに押し入った。

  • anything?

    "ハングは、少年、私は学ぶことができません。

  • Ain't he played me tricks enough like that

    何か?

  • for me to be looking out for him by this

    彼はそのような私にトリックをプレイしていないか

  • time?

    私はこれで彼を見ていることと

  • But old fools is the biggest fools there

    時間は?

  • is.

    しかし、古い愚か者は最大の愚か者がある

  • Can't learn an old dog new tricks, as the

    です。

  • saying is.

    ように、老犬に新しい芸を学ぶことはできません。

  • But my goodness, he never plays them

    ことわざされます。

  • alike, two days, and how is a body to know

    しかし、私の良さは、彼は決してそれらを果たしている

  • what's coming?

    同様に、二日間、どのように体が知っている場合があります

  • He 'pears to know just how long he can

    何が来るか?

  • torment me before I get my dander up, and

    彼は梨を知ってどれだけ彼ができる限り

  • he knows if he can make out to put me off

    私はフケを取得する前に、わたしを苦しめる

  • for a minute or make me laugh, it's all

    彼は私を先送りにして理解することができるかどうかを認識

  • down again and I can't hit him a lick.

    分か、私は笑って、それがすべてだ

  • I ain't doing my duty by that boy, and

    ダウン再び私は彼になめヒットすることはできません。

  • that's the Lord's truth, goodness knows.

    私は、その少年が自分の義務を実行していません

  • Spare the rod and spile the child, as the

    主の真理だと、良さを知っている。

  • Good Book says.

    ロッドを惜しめば子供をスパイルとして

  • I'm a laying up sin and suffering for us

    良い本は言う。

  • both, I know.

    私は罪を敷設し、私たちのために苦しんで

  • He's full of the Old Scratch, but laws-a-

    両方、私が知っている。

  • me!

    彼は、旧スクラッチの完全な法則-

  • he's my own dead sister's boy, poor thing,

    私!

  • and I ain't got the heart to lash him,

    彼は、自分の死んだ妹の少年は、かわいそうだ

  • somehow.

    私は、彼を鞭にする心を持っていないです

  • Every time I let him off, my conscience

    なぜか。

  • does hurt me so, and every time I hit him

    たびに私は、私の良心が彼を逃がす

  • my old heart most breaks.

    とので、私を傷つけるしないたびに私は彼を打つ

  • Well-a-well, man that is born of woman is

    私の昔の心を最もブレーク。

  • of few days and full of trouble, as the

    裕福なだけでなく、女性の生まれている人は、

  • Scripture says, and I reckon it's so.

    数日のトラブルのフルとして

  • He'll play hookey this evening, * and [*

    聖書は言って、私はそうだ数える。

  • Southwestern for "afternoon"] I'll just be

    彼はフックのこの夜には、*と[*プレーする

  • obleeged to make him work, to-morrow, to

    "午後"]の南西部は、私だけだろう

  • punish him.

    とに、明日、彼を動作させるためにobleeged

  • It's mighty hard to make him work

    彼を罰する。

  • Saturdays, when all the boys is having

    それは彼を動作させるために強大なのは難しい

  • holiday, but he hates work more than he

    土曜日は、すべての男の子を有するとき

  • hates anything else, and I've GOT to do

    休日は、しかし、彼は彼よりもより多くの仕事嫌い

  • some of my duty by him, or I'll be the

    何か他の嫌って、私がするんだ

  • ruination of the child."

    彼は私の義務のいくつか、または私がだろう

  • Tom did play hookey, and he had a very

    子どもの荒廃。"

  • good time.

    トムは再生かぎがあるのか​​、彼が持っていた非常に

  • He got back home barely in season to help

    時間が良い。

  • Jim, the small colored boy, saw next-day's

    彼が支援するシーズンのホームかろうじて戻ってきた

  • wood and split the kindlings before

    ジムは、小さな色の少年は、翌日のを見た

  • supper--at least he was there in time to

    木材や分割kindlings前に

  • tell his adventures to Jim while Jim did

    夕食は - 少なくとも、彼には時間にあった

  • three-fourths of the work.

    ジムはなかったしながらジムに彼の冒険を教えて

  • Tom's younger brother (or rather half-

    三作業の四分の。

  • brother) Sid was already through with his

    Tomさんの弟(というか、ハーフ

  • part of the work (picking up chips), for

    兄は)Sidはとを介して、すでに彼の

  • he was a quiet boy, and had no

    仕事(チップを拾う)のための一部

  • adventurous, troublesome ways.

    彼は、静かな少年だったとはいた

  • While Tom was eating his supper, and

    冒険、面倒な方法。

  • stealing sugar as opportunity offered,

    トムは、彼の夕食を食べていたが、

  • Aunt Polly asked him questions that were

    、提供の機会として砂糖を盗んで

  • full of guile, and very deep--for she

    おばさんポリーは彼にされた質問

  • wanted to trap him into damaging

    その他のguileの、非常に深いフル - 彼女のための

  • revealments.

    損傷に彼トラップしたい

  • Like many other simple-hearted souls, it

    revealments。

  • was her pet vanity to believe she was

    他の多くの純真な魂と同様に、

  • endowed with a talent for dark and

    彼女のペットの虚栄心は、彼女が信じていた

  • mysterious diplomacy, and she loved to

    暗いの才能に恵まれている

  • contemplate her most transparent devices

    神秘的な外交、彼女は愛さ

  • as marvels of low cunning.

    彼女の最も透明なデバイスをもくろむ

  • Said she:

    低狡猾の驚異である。

  • "Tom, it was middling warm in school,

    彼女は言った:

  • warn't it?"

    "トムは、それが、学校で暖かいまあまあだった

  • "Yes'm."

    それをwarn't?"

  • "Powerful warm, warn't it?"

    "Yes'm。"

  • "Yes'm."

    "ウォーム強力な、それをwarn't?"

  • "Didn't you want to go in a-swimming,

    "Yes'm。"

  • Tom?"

    "あなたは水泳に行くのは嫌でした

  • A bit of a scare shot through Tom--a touch

    トム?"

  • of uncomfortable suspicion.

    恐怖のビットはトムを撃ち抜いた - タッチ

  • He searched Aunt Polly's face, but it told

    不快な疑いの。

  • him nothing.

    彼は叔母ポリーの顔を検索し、それは言った

  • So he said:

    彼は何も。

  • "No'm--well, not very much."

    それで、彼は言った:

  • The old lady reached out her hand and felt

    "No'm - まあ、それは非常に。"

  • Tom's shirt, and said:

    老婦人は彼女の手を伸ばして、感じて

  • "But you ain't too warm now, though."

    Tomさんのシャツは、言った:

  • And it flattered her to reflect that she

    "しかし、あなたもかかわらず、今ウォームされていません。"

  • had discovered that the shirt was dry

    そして、それは彼女が反映するようにうれしく、彼女

  • without anybody knowing that that was what

    シャツは乾いていたことを発見した

  • she had in her mind.

    誰もなしにそれがであることを知ってか

  • But in spite of her, Tom knew where the

    彼女は念頭に置いていた。

  • wind lay, now.

    しかし、彼女にもかかわらず、トムは知っていた場所

  • So he forestalled what might be the next

    風は今、横たわっていた。

  • move:

    そこで彼は、どのようなものか未然に次の

  • "Some of us pumped on our heads--mine's

    移動:

  • damp yet.

    "私たちのいくつかは我々の頭の上に励起 - 鉱山の

  • See?"

    まだ湿って。

  • Aunt Polly was vexed to think she had

    を参照してください?"

  • overlooked that bit of circumstantial

    おばさんポリーは考えてイライラした彼女がいた

  • evidence, and missed a trick.

    状況のそのビットを見落とし

  • Then she had a new inspiration:

    証拠は、トリックを逃した。

  • "Tom, you didn't have to undo your shirt

    それから彼女は新たなインスピレーションを持っていた:

  • collar where I sewed it, to pump on your

    "トムは、あなたのシャツを元に戻すには持っていなかった

  • head, did you?

    襟、私はそれを縫ったここで、上のポンプに

  • Unbutton your jacket!"

    頭ですよね?

  • The trouble vanished out of Tom's face.

    ボタンを外す上着!"

  • He opened his jacket.

    問題は、トムの顔から消えてしまった。

  • His shirt collar was securely sewed.

    彼はジャケットを開いた。

  • "Bother!

    彼のシャツの襟がしっかりと縫った。