Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • ( music playing )

    ( 音楽演奏 )

  • - Uh-oh. - Ow, ow, ow, ow.

    - オゥ オゥ- オゥ オゥ オゥ オゥ オゥ

  • The pain. Ready? Ah!

    痛みだ準備はいいか?ああ!

  • We're in the middle

    私たちは真ん中にいる

  • of an ancient lake basin,

    古代の湖沼の

  • that scientists think

    科学者が考える

  • is one of the most Martian places on Earth.

    は、地球上で最も火星人が多い場所の一つです。

  • And we're stuck.

    そして、私たちは立ち往生しています。

  • We're stuck here because I had a question.

    質問があったので、ここで立ち往生しています。

  • NASA says the first humans

    NASAによると、最初の人類は

  • will set foot on Mars in the mid-2030s.

    2030年代半ばに火星に足を踏み入れるだろう。

  • It will be the most dangerous mission

    それは最も危険な任務になる

  • any human has ever taken.

    人間が取ったことのないような

  • My question is, what comes after that?

    私の質問は、その先に何があるのかということです。

  • Mars!

    マーズ!

  • Not how do we get there,

    どうやって行くかじゃなくて

  • but how do we survive, once we do?

    でも、どうやって生き残ればいいの?

  • ( music playing )

    ( 音楽演奏 )

  • Okay, here we go.

    よし、行くぞ

  • We've been dreaming about Mars for hundreds of years.

    何百年も前から火星の夢を見てきました。

  • In the 1870s,

    1870年代には

  • Italian astronomer Giovanni Schiaparelli

    イタリアの天文学者ジョヴァンニ・スキアパレッリ

  • mapped channels he saw on Mars.

    火星で見たチャンネルをマッピングした

  • In Italian, channels are "canale."

    イタリア語でチャンネルは "canale "です。

  • The word was mistranslated into English as "canals,"

    この言葉は英語では「運河」と誤訳されています。

  • implying deliberate construction and flowing water.

    意図的な施工と流水を暗示している。

  • Other scientists published their own maps,

    他の科学者も独自の地図を発表しています。

  • feeding this obsession with the idea

    想いの種

  • that Mars could be a lot like Earth.

    火星は地球に似ているかもしれない

  • People were skeptical, but they sort of wanted it to be true.

    人々は懐疑的だったが、彼らはそれが真実であることを望んでいた。

  • It became a public obsession.

    公然とした執着になってしまった。

  • The L.A. Times ran this piece in 1907.

    L.A.タイムズは1907年にこの記事を掲載した。

  • And I just love this headline in the New York Times.

    ニューヨーク・タイムズのこの見出しが好きだわ

  • They're just reporting on this stuff

    こういうのを報道してるだけで

  • as though there are Martians.

    火星人がいるかのように

  • This article includes a bit of reasoning.

    この記事にはちょっとした推理が含まれています。

  • People just want to believe.

    人はただ信じたいだけです。

  • The movies they made in the early 1900s

    1900年代初頭に作られた映画

  • depict a Mars that's not just habitable,

    ハビタブルではない火星を描く

  • but inviting.

    しかし、魅力的です。

  • 1918-- this is a silent film.

    1918年--これは無声映画だ

  • A couple of guys get to Mars and, oh, surprise--

    何人かの男が火星に着いて、ああ、驚いたことに...

  • they find a ton of beautiful women.

    彼女たちはたくさんの美女を見つけるんだ

  • They don't hate it.

    嫌われているわけではありません。

  • - 1930. - So this is Mars!

    - 1930. - これが火星か!

  • We got a spot like this three miles from my hometown.

    故郷から3マイル先にこんな場所があったんだ

  • 1952.

    1952.

  • Look at the canals.

    運河を見てください。

  • This isn't so different than sci-fi today.

    今のSFと大差ない。

  • But without any real pictures of Mars,

    しかし、火星の実物の写真がない。

  • there was still this sense of possibility.

    まだ可能性を感じていました。

  • Maybe, just maybe,

    もしかしたら、もしかしたら

  • Mars would be something like home.

    火星は家のようなものだろう。

  • And then this happens.

    そして、こんなことが起こります。

  • In 1965, and then again in 1969,

    1965年には、そして1969年には再び

  • NASA sent spacecraft to fly by Mars

    NASAが探査機を送り火星を飛行

  • and send back scientific measurements

    科学的な測定値を送り返す

  • and close-up photographs.

    とクローズアップ写真を掲載しています。

  • But the pictures of Mars

    しかし、火星の写真

  • showed a world of total desolation.

    完全に荒廃した世界を見せた。

  • There were no canals,

    運河はありませんでした。

  • no cities, no areas of cultivation.

    都市も耕作地もない

  • No possibility of life.

    命の可能性はない。

  • I can't imagine how devastating

    想像もつかないほど壊滅的な

  • that must have been.

    だったに違いない。

  • I've only ever lived in a time

    私は今までの人生の中で

  • when we had pictures of Mars.

    火星の写真があった時

  • Those images were concrete proof

    それらの画像は具体的な証拠

  • that Mars wasn't going to be the second home

    火星が第二の故郷になるわけではないことを

  • that some kind of still hoped for.

    ある種の希望が残っていることを

  • But we never stopped obsessing about life on Mars.

    しかし、私たちは火星での生活に執着することを止めたことはありませんでした。

  • Is there life on Mars? ♪

    ♪火星に生命体はいるか?

  • That YouTube clip, David Bowie's music video for "Life On Mars,"

    デヴィッド・ボウイの "ライフ・オン・マーズ "の ミュージックビデオだ

  • had its highest view-day

    最高の視聴率を記録した

  • when Mars was visible in the night sky

    火星が夜空に見えた頃

  • in January 2019.

    2019年1月に

  • We're still looking up at the Red Planet

    私たちはまだ赤い惑星を見上げている

  • and wondering about life surviving there.

    と、そこで生き残っている命について考えてみました。

  • So let me show you what we actually now know about Mars.

    火星について実際に分かっていることをお見せしましょう。

  • ( music playing )

    ( 音楽演奏 )

  • We're about to head out into that desert,

    今から砂漠に向かうところだ

  • because we're accompanying astrobiologist Kennda Lynch

    天体生物学者のケンダ・リンチに同行しているからだ

  • as she does research into extremophiles,

    彼女は 過激派の研究をしているので

  • which are microbial life that live in, well,

    に住んでいる微生物の生命体である、まぁ、いいか。

  • extreme environments like this one.

    このような極端な環境

  • And we're going to ride those ATVs,

    そして、それらのATVに乗ることになります。

  • and I've never ridden one before.

    と一度も乗ったことがありません。

  • - Uh-oh. - Yeah, we're going to have to stop.

    - おやおや- ああ、もうやめよう。

  • - Nah, he's stuck. Yep. - We'll get out.

    - 動けない出よう

  • Cleo: Since we're stuck, I'm going to tell you

    クレオ行き詰っているので、私が言うのは

  • a little bit about where we are.

    ここがどこなのか、少しだけ。

  • This place is one of the closest analogs that we have

    この場所は、私たちが持っている最も近いアナログの一つです。

  • to the type of environment that Mars used to have.

    火星がかつて持っていた環境のタイプに

  • Mars was once a wet planet.

    火星はかつて湿った惑星だった。

  • It had liquid water on its surface.

    表面に液体の水が付いていました。

  • When all that water went away,

    全ての水が消えた時

  • Mars still had an abundance of groundwater that stayed liquid,

    火星にはまだ豊富な地下水があり、液体のままでした。

  • and we still think it might be there

    あるかもしれないと思っています

  • in the deep subsurface today-- very, very deep.

    今日の地中深くでは...非常に、非常に深い。

  • So this is a good model for us to understand

    ということで、このモデルは、私たちが理解できるように

  • how life would've survived in this kind of environment on Mars.

    火星のこのような環境で生命がどのように生き延びていたのでしょうか?

  • - Cleo: It certainly looks Martian. - Yeah.

    - クレオ 確かに火星人のようだ- そうだね

  • Hey, Camille, you want to get some gloves on?

    カミーユ 手袋をしたいか?

  • - We're going to do some science here. - All right.

    - ここで科学をやってみよう- いいだろう

  • So we're just going to go ahead and take a nice surface core

    ということで、先に行って、素敵な表面のコアを

  • so we can actually do some really heavy DNA extraction

    実際に重いDNAを抽出することができます

  • and look at who's living in these sediments and what they're eating.

    堆積物の中に誰が住んでいて 何を食べているのか見てみましょう

  • And what is it about the microbes that are living in these sediments

    そして、これらの堆積物に住んでいる微生物についてはどうなっているのでしょうか?

  • and what they're eating that makes it useful for,

    と何を食べているのかを知ることで、それが役に立つのです。

  • potentially, humans to survive on a place like Mars?

    火星のような場所で人類が生き残る可能性があるのか?

  • Well, if we can understand how life survives on Mars,

    まあ、火星で生命がどうやって生き延びているのかがわかればね。

  • then we can understand how better to survive ourself.

    そうすれば、自分自身がどのようにして生き延びるかを理解することができます。

  • We're trying to study these microbes called perchlorate reducers.

    過塩素酸還元剤と呼ばれる微生物を研究しようとしています。

  • On this perchlorate, it's a chlorine molecule

    この過塩素酸塩には、塩素分子の

  • surrounded by four oxygen molecules.

    4つの酸素分子に囲まれています。

  • It's toxic to humans, and Mars has a lot of perchlorate.

    人間には有毒だし、火星には過塩素酸塩がたくさんある。

  • The number one thing we want to use on Mars is water on Mars,

    火星で使いたいもの第一位は火星の水。

  • and perchlorate likes to go wherever there's water.

    過塩素酸塩は水があればどこにでも行きたがる

  • So we're going to have to figure out how to get the perchlorate

    ということで、過塩素酸をどうやって

  • out of the water if we want to use that water.

    その水を使いたければ、水の外に。

  • It would help us to learn how microbes can kind of mitigate

    微生物がどのようにして

  • things like perchlorate, and maybe we can use that knowledge to help us

    過塩素酸塩のようなものを知っていて、その知識を利用して

  • detox the resources that we want

    欲しい資源をデトックス

  • to pull out and use from the Mars environment.

    を火星の環境から引き出して使うことができます。

  • We want to live within the environment of Mars.

    火星の環境の中で生きていきたい。

  • We want to utilize resources on Mars to help us live,

    火星の資源を活用して生活に役立てたい。

  • because we can't take everything we need with us.

    必要なものをすべて持っていくことができないからです。

  • Okay, so Kennda's research will help us

    ケンダの研究が 役に立つのね

  • use Martian materials to survive on Mars.

    火星の物質を使って火星で生き延びる

  • But the soil isn't the first thing

    しかし、土が第一ではありません。

  • that would kill us when we get there.

    そこに着いたら死んでしまう

  • Hey.

    ねえ。

  • Ooh.

    おう

  • This is Mars today.

    今日は火星です。

  • It's about half the size of Earth.

    地球の半分くらいの大きさです。

  • But it has all of the basics

    しかし、それはすべての基本を持っています。

  • that we think are necessary to support life.

    生命を維持するために必要と思われるもの

  • It has an energy source from sunlight, water,

    太陽光や水からのエネルギー源を持っています。

  • it has ice on the poles.

    極地に氷がある

  • And it has a few key elements--

    それにはいくつかの重要な要素があります

  • carbon, nitrogen, hydrogen, oxygen.

    炭素、窒素、水素、酸素

  • But for us, there's a slightly crucial piece that's missing.

    しかし、私たちにとっては、少し重要な部分が欠けています。

  • Mars' atmosphere is about one percent as dense as Earth's,

    火星の大気は地球の約1%の密度です。

  • meaning that if you stood on the surface of Mars,

    火星の表面に立っていたらという意味です。

  • the pressure exerted on you by the atmosphere would be very low.

    大気があなたに与える圧力は非常に低いでしょう。

  • Now, that might not sound so bad, but it's a big problem.

    さて、それは悪くないと思われるかもしれませんが、大きな問題です。

  • This is the boiling point of water

    これが水の沸点

  • as a function of atmospheric pressure.

    大気圧の関数として

  • Okay, so the more pressure,

    じゃあ、もっとプレッシャーをかけて

  • - the higher the boiling point. - Exactly.

    - 沸点が高いほど- その通りだ

  • Earth is here.

    地球はここにある

  • - Joss: Water boils at 212 degrees Fahrenheit. - Correct.

    - ジョス水は華氏212度で沸騰する- 正しい

  • - And that's at sea level. - At sea level.

    - それは海面だ- 海面下で

  • That works out great for us

    それは私たちのために素晴らしい仕事をしています

  • because our resting body temperature

    なぜなら、安静時体温が

  • is about 98.6 degrees

    は約98.6度

  • - Joss: I know that from a gum commercial. - ( Cleo laughs )

    - ジョスガムのCMで知ってるよ。- ( Cleo laughs )

  • This gap keeps us alive.

    このギャップが私たちを生かしてくれています。

  • - Mars is here. - Whoa!

    - 火星が来た- うわぁ!

  • What this is telling us is that because the temperature

    これが伝えていることは、気温が高いので

  • at which water boils on Mars

    火星の水が沸く温度

  • is significantly lower than our average body temperature,

    は、私たちの平均体温よりもかなり低いです。

  • if you stood on Mars, the water inside of your body

    火星に立っていたら体の中の水が

  • would just start to spontaneously boil inside of you.

    自分の中で自然と沸き上がってくるだろう

  • - Oh, no! - Which sounds like a really painful way to die.

    - 痛そうな死に方だな

  • That's why you need a suit, right?

    だからスーツが必要なんでしょ?

  • That's why you need a suit.

    だからスーツが必要なんだよ

  • The next thing that's going to kill you is the air itself,

    次に死ぬのは空気そのもの。

  • because there's not enough oxygen for you to breathe.

    呼吸するのに十分な酸素がないからだ。

  • And if you didn't suffocate, you'd freeze.

    窒息しなければ凍りついてしまう

  • Mars is really cold.

    火星は本当に寒い。

  • The average temperature on Mars

    火星の平均気温

  • is -81 degrees Fahrenheit.

    は華氏マイナス81度です。

  • Oh, jeez.

    ああ、なんてこった。

  • So you're freezing, but your blood's boiling

    凍えていても血が沸騰していても

  • and you can't breathe.

    と息苦しくなる。

  • - Yes. Exactly. - Cool.

    - そうですねその通りだ- いいね

  • - Cool. - Let's do it.

    - 凄いな。- やってみよう

  • Short-term survival in these conditions

    この条件での短期生存率

  • is a tough engineering problem,

    は難しい工学的な問題です。

  • but NASA's pretty convinced that we can do it.

    が、NASAはかなり納得している。

  • Basically, they say that we can protect ourselves

    基本的には自分の身は自分で守れると言われていますが

  • as long as we live in enclosed environments

    密閉された環境で生活している限り

  • and only go outside in space suits,

    と宇宙服を着て外に出るだけ。

  • kind of like in the movie "The Martian."

    映画「火星人」のように

  • You gotta science the ( bleep ) out of it.

    科学で調べろよ

  • There's a lot of radiation on Mars,

    火星は放射線が多いからな

  • and one of the theories is that we could protect ourselves

    との説があり、そのうちの一つは、自分たちの身を守るために

  • - by living underground. - Does radiation go through the domes?

    - 地下に住むことで- 放射能はドームを通過するのでしょうか?

  • - Ideally, not. - Okay.

    - 理想的にはね- いいわよ

  • I asked NASA scientist Chris McKay

    NASAの科学者クリス・マッケイに聞いてみた

  • about our chances for short-term survival.

    短期的な生存の可能性について

  • Really nice to meet you. Thanks for taking the time.

    本当に初めまして。時間を割いてくれてありがとう

  • - I'll just dive right in. - Yeah, please.

    - すぐに飛び込んできます。- ええ、お願いします。

  • How do we know that we can do the short-term survival on Mars?

    火星での短期生存が可能だということをどうやって知ったのか?

  • We've done experiments on space station

    宇宙ステーションの実験をしてきました

  • where we've put astronauts in space for a year,

    宇宙飛行士を1年間宇宙に置いてきました

  • which is roughly the time it takes to get to Mars.

    火星に着くまでにかかる時間は大体こんな感じです。

  • So, we're not at the hundred percent confidence level,

    つまり、100%の信頼度には達していないということですね。

  • but we're pretty sure that we could tough it out,

    でも、私たちはそれを乗り越えることができたと確信しています。

  • send a crew to Mars.

    火星にクルーを送る

  • They could survive the long trip.

    彼らは長旅を乗り切ることができました。

  • They'd be functional on the surface for some period of time.

    ある程度の期間は表面上は機能しているだろう。

  • It wouldn't necessarily be easy, but it would be doable.

    それは必ずしも簡単ではないだろうが、それは可能だろう。

  • We think all the pieces as we understand are in place.

    理解しているように全てのピースが揃っていると考えています。

  • It turns out the thornier question isn't what happens

    問題は何が起こるかではないことが判明した

  • after we land and plant the flag,

    着陸して旗を植えた後に

  • but how we as humans would consider

    しかし、人間としてどのように考えるかというと

  • long-term survival on a planet like Mars.

    火星のような惑星での長期生存

  • And a few scientists have a pretty out-there idea

    科学者の中には、かなり突飛な考えを持っている人もいます。

  • about how to do that.

    その方法について。

  • There's too little oxygen, no liquid water,

    酸素が少なすぎて、液体の水がない。

  • and too much ultraviolet light.

    と紫外線が強すぎます。

  • But all that could be solved

    しかし、それはすべて解決することができました。

  • if we could make more air.

    もっと空気を作ることができれば

  • Transforming the Martian environment itself,

    火星の環境そのものを変える

  • terraforming Mars.

    テラフォーミング火星

  • Eventually, you could transform Mars.

    最終的には火星を変形させることができました。

  • into an Earth-like planet.

    を地球のような惑星に

  • - Just warm it up. - With a blanket or with what?

    - 暖かくして- 毛布で?それとも何で?

  • There's the fast way and the slow way.

    早い道と遅い道がある。

  • Carl Sagan, Robert Zubrin, and Elon Musk

    カール・セーガン、ロバート・ズブリン、エロン・ムスク

  • are the three most prominent figures

    は三大傑出した人物

  • who think we can survive on a barren planet like Mars

    火星のような不毛の惑星で生きていけると思っている人

  • by changing it into something more like Earth-- terraforming it.

    地球のようなものに変えることで テラフォーミングするんだ

  • Proponents of this idea say it's a three-step process.

    このアイデアの支持者は、それが3段階のプロセスだと言っています。

  • Step one, create the magnetosphere.

    ステップ1 磁気圏を作る

  • Every day, we should all thank the huge magnetic fields that surround Earth.

    毎日、地球を取り囲む巨大な磁場に感謝しましょう。

  • They make up the Earth's magnetosphere,

    地球の磁気圏を構成しています。

  • which is what stops deadly particle blasts from the sun,

    太陽からの致命的な粒子爆弾を 止めるものです

  • innocuously called solar winds,

    無邪気に太陽風と呼ばれる

  • from ripping away our atmosphere.

    私たちの大気を引き裂くことから

  • Mars doesn't have a magnetosphere,

    火星には磁気圏がない

  • which is one reason why its atmosphere is so thin.

    それが大気が薄い理由の一つです

  • But scientists at NASA

    しかし、NASAの科学者たちは

  • think there might be a way to create one.

    作る方法があるのではないかと思います。

  • You could put a satellite that produces

    を生成する衛星を置くことができます。

  • a very strong magnetic field between Mars and the sun

    火星と太陽の間の強磁場

  • so it protects the Martian atmosphere behind it.

    火星の大気を守るためのものだ

  • Step two, build the atmosphere.

    ステップ2 雰囲気作り

  • By adding carbon dioxide into the atmosphere,

    大気中に二酸化炭素を入れることで

  • you could warm up the planet by trapping infrared light,

    赤外線をトラップすることで地球を暖めることができます。

  • just like carbon dioxide is doing in our atmosphere here on Earth.

    二酸化炭素が地球上の大気中でやっているように

  • The question is where those extra greenhouse gases would come from.

    問題は、それらの余分な温室効果ガスがどこから来るのかということです。

  • Well, there's some carbon dioxide

    まあ、二酸化炭素もあるし

  • trapped in the ground and the polar ice caps on Mars.

    地面に閉じ込められたものや、火星の極地の氷冠。

  • What Elon Musk means by "the fast way"

    エロン・ムスクの言う "早道 "とは何か?