Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Simon: Ladies and gentlemen I am pissed off.

    サイモン皆さん、私はムカついています。

  • Simon: That pizza video that we did- we were really expecting to have something gross- for once, in Japan.

    サイモン:あのピザのビデオは、日本でも一度だけグロいものが出てくると思っていたんです。

  • Simon: But we were sorely mistaken because that pizza was delicious. Today, though-

    サイモン:でも、あのピザは美味しかったから、私たちは大間違いだった。今日は、しかし...

  • Simon: We are going to have something that we know is going to be absolutely vile and that is Japan's obsession with flavored water

    サイモン:私たちは、絶対に下品になるとわかっていることを、日本のフレーバーウォーターへの執着を紹介します。

  • Simon: So what's gonna happen is Dan is going to pour flavored water into our glasses,

    ダンがグラスにフレーバーウォーターを注いでくれるんだ。

  • Simon: We're going to taste it, write down what we think it is on here-whoever gets it right, gets a point

    サイモン:味見をして、何が入っていると思うかを書きます。

  • Simon: Whoever has the least amount of points faces a terrible Frankenstein punishment at the end

    サイモン:ポイントの少ない人は、最後に恐ろしいフランケンシュタインの罰に直面しています。

  • Martina: As we drink the flavored water we will be pouring the remains into this bottle and it will slowly create a concoction of disgusting flavors or maybe really good (flavors)!

    マルティナ:フレーバーウォーターを飲みながら、このボトルに遺骨を注ぎ、ゆっくりと嫌な味の調合物を作っていきます。

  • Martina: It will like- It'll neutralize and taste like water Simon: Who knows?

    中和されて水のような味がするだろう

  • Simon: Exactly, it'll just taste like water

    水の味がするだけだ

  • Martina: So someone will have to chug a bottle of Frankenstein water

    マルティナ: だから誰かがフランケンシュタインの水のボトルを一気飲みする必要があります。

  • Martina: I hope it's not me. The power of Big Bang is with me!

    マルティナ:私じゃないといいな。ビッグバンの力は私と一緒だよ!」と言っていました。

  • Simon: I am so excited to try (Martina: I call upon you, Spudgy!) something gross for once! (Be there for me, boy!)

    シモン:一度でいいからグロいものを(マルティーナ:呼びかけるよ、スパッディ!)試してみたいと思っています。(私のそばにいてね!)

  • Martina: *imitating Spudgy* I love my mom!

    マルティナ*Spudgy*を模倣する私は私の母を愛しています!

  • Simon: Are you ready?

    サイモン:準備はいい?

  • Simon: Dan, let's start round one!

    サイモンダン 第一ラウンドを始めよう!

  • *Martina imitating Spudgy*: Hello, my name is Spudgy!

    *マルティナはスパッジーの真似をしています。こんにちは、私の名前はSpudgyです!

  • *Martina imitating Meemers*: And I'm the Meemers!

    *ミーマーズの真似をするマルティナ。そして、私はMeemersです!

  • *Martina imitating Spudgy*: And we will be your hosts for today's bizzare show, (both Spudgy&Meemers)"Water You Drinking?!"

    *マルティナがスパッジーの真似をしています。そして私たちが今日の司会を務めます。

  • Martina: Hm, looks like water. No- don't smell it!

    マルティナ:うーん、水みたいだね。匂いを嗅がないで!

  • Simon: Okay

    サイモンオーケー

  • Martina: Now we just need to reach for it right now- Simon: Just reach for it and don't smell, okay.

    今すぐ手を伸ばせばいいのよ匂いを嗅がないでください。

  • Martina: Reach for it, and take it down. Ready? Simon: Round one.

    マルティナ手を伸ばして取り押さえて準備はいいか? サイモンラウンド1

  • Martina: Aaand, go.

    マルティナ:行って、行って。

  • Martina: Come on

    マルティナ: さあ

  • Martina: Oh- okay. Simon: Oh, oh oh. Martina: Alright.

    Martina: ああ、わかった。シモン.ああ、ああ、ああマルティナ:わかった。

  • Dan: three..

    ダン:3...

  • Dan: Two...

    ダン:二人...

  • Dan: One!

    ダン:1つ!

  • Martina: Simon? Simon: Yeah.

    サイモン?サイモン:そうだな。

  • Dan: And, reveal!

    ダン:そして、明らかに!(笑)。

  • Dan: The answer was:

    ダン:答えはそうでした。

  • Dan: Strawberry!

    続いて:ストロベリー

  • Simon: Yeah, what did you get? Martina: What?

    シモン:ええ、何かあったの?マルティナ:何が?

  • Simon: YEAH! Ha ha ha ha ha!

    イエーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • Martina: Shh, there are CHILDREN

    Martina: Shh, there are CHILDREN

  • Simon: There are children here.

    サイモン:ここには子供たちがいます。

  • Martina: I also had about five pounds of medicine today, so...

    マルティナ:私も今日は薬を5キロくらい飲んだから......。

  • Martina: I don't know if I'm in the right place. I'm in a lot of pain today.

    マルティナ:自分でもよくわからない。今日は、かなり苦しいです。

  • Simon: That tasted like a dissolved... starburst.

    溶けたような味がした...スターバーストのような。

  • Martina: Why would you want to drink this? No. I-I can't even say that cuz I know someone out there like-

    なぜこれを飲みたいの?そんなことは言えないわよ

  • *Martina imitating someone*: I love flavored water.

    *誰かの真似をするマルティナ*。私はフレーバーウォーターが大好きです。

  • Martina: I'm like- *retching noises*

    Martina: I'm lik- *retching noises*

  • Martina: I wish I had some water to wash out the water

    マルティナ:洗い流す水があればいいんですけどね

  • Simon: Pour in the Frankenstein water.

    フランケンシュタインの水を注ぐ。

  • Simon: So- what you're saying is that the loser has to drink your backwash?

    負けた方が背水の陣を 飲むことになるのか?

  • Simon: ugggghhhh

    サイモン:うぐっうぐっう

  • Martina: Ichigo- really? Simon: Ichi-go away. This is terrible. Martina: I want puns for every one, Simon.

    マルティナ:イチゴ......本当に?シモン: 一ゴ... あっち行ってこれはひどいマルティナ: 一人一人にダジャレが欲しいわ、シモン。

  • Martina: That's enough, that's enough! Sir, that is enough. Simon: Okay

    マルティナ:もういいですよ、もういいですよ。サー、それだけで十分です。シモン.オーケー

  • Simon: One point for Simon, I like the way this is going.

    サイモンサイモンに一点だけだが、私はこのやり方が好きだ。

  • Simon: You ready?

    サイモン:準備はいいか?

  • Simon: Alright. Martina: Here we go.

    サイモン: よしマルティナ: 行くわよ

  • Simon: Round two Martina: Oh, boy. Here we go

    シモン第2ラウンド マルティナ: やれやれ始めるぞ

  • Simon: Okay, Martina: You want some water?

    シモンマルティナ: 水を飲む?

  • Simon: You want some water?

    水が欲しいか?

  • Martina: It doesn't taste good, Simon: For special times.

    マルティナ:美味しくないわよ、シモン。特別な時のために

  • Martina: Okay, you ready? Simon: Here we go.

    マルティナ:よし、準備はいいか?サイモン: 行くわよ

  • Martina: I feel so sad, Simon: Ohhh M: I feel so sad. S: Oh, go-

    マルティナ:とても悲しい気分よ、シモン。あーあ M: 私はとても悲しい気分。S: ああ、行って

  • S: OHHHHHH M: OH,

    S:OHHHHHHHHHHHHM:OH。

  • Simon: Oh, that second bit of aftertaste

    サイモンああ、あの後味の悪さ

  • S: What is that- ah, do you know what it is? M: No, and I drank all mine, so now I'm out of evidence.

    S:S: それは何ですか?M: いや、俺は全部飲んじゃったから、これで証拠隠滅だよ。

  • Martina: What?

    マルティナ:え?

  • M: Okay, S: Okay, M: I don't think this is right.

    M:よし、S:よし、M:これでいいのかな。

  • Simon: I don't think this is right either.

    サイモン:これも正しいとは思いません。

  • Simon: Okay ready, three, two... one

    サイモン準備できたわ 3、2、1...

  • *Dan chuckles*

    *Dan chuckles*

  • Simon: Ho- Who- What'd you write?

    何を書いたの?

  • Dan: You're both wrong!

    ダン:二人とも勘違いしている!?

  • Martina: What is it?

    マルティナ:どうしたの?

  • Dan: It's Calpis

    ダン: カルピスです

  • Martina: Ahhhhhh

    マルティナ:あーあー

  • Martina: Sodesu ne (Trans: That's right!) *Simon 'ohhhhhs' in the background*

    マルティナ:そーでねー(トランス:そうなんだよ!)※シモン「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

  • Martina: Calpis!

    カルピス!

  • Martina: Why would you need Calpis FLAVORED water?

    マルティナ:なぜカルピスフレーバーの水が必要なの?

  • Simon: Why would you do that?

    サイモン:なぜそんなことを?

  • Martina: But who was the closest, Dan? Calpis definitely is a creamy, orange flavor, right? *Simon cuts in* S: No, no, no. None of us got it right. Calpis-

    マルティナ:でも、一番近かったのはダン?カルピスは確かにクリーミーなオレンジ味だよね? *Simon cut in* S: いやいやいや。誰も正解しなかったわ。カルピス

  • Martina: Doesn't- Dan: Neither of you wrote Calpis, so

    マルティナは...二人ともカルピスを書いてないから

  • Simon: Calpis is it's own distinct flavor *Martina cuts in* Martina: But look, I got a 'C'. Which- Simon: Look,

    サイモン:カルピスはそれ自身の明確な味です*マルティナはカットイン*マルティナ:しかし、見て、私は 'C'を得ました。サイモン.見てください。

  • Martina: Look 'cream orange WTF'. I think I am the closest, leave your votes in the comments section below.

    マルティナ:ルック 'クリームオレンジWTF'。私は私が最も近いと思う、下のコメント欄にあなたの投票を残してください。

  • Martina: Why does it go in there?

    マルティナ:なんでそこに入るの?

  • Simon: Oh. Martina: Oh, you put your spitty backwash in- Simon: I put my backwash in *both laugh*

    サイモンおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉMartina: Oh, you put your spitty backwash in- Simon: I put my backwash in *both laugh*.

  • Martina: You literally said to me, "Don't put your spitty backwash in"

    マルティナ: あなたは文字通り私に言ったわね "唾液を逆流させるな "って。

  • Martina: And then you're all like "I'll just put my spitty backwash in" Simon: Mix that in there.

    マルティナ:それに「唾液を逆流させてやる」みたいな感じで、サイモン:そこに混ぜるんだ。

  • *Martina laughs* Simon: This thing got some strawberry, Calpis- Martina: I really hope you lose,

    *Martina laughs* Simon: This thing got some strawberry, Calpis- Martina: I really hope you lose.

  • *Simon laughs now* Martina: after making me

    *Simons laughs now* Martina: after making me.

  • Spudgy: Gosh, things sure are heating up! Meemers: Mmhhm

    Spudgy: Gosh, Gosh, sure things are heated up! Meemers.Mmhhm

  • Spudgy: Why don't we take a rare behind the scene look at the contestants?

    スパッディ:出場者のレアな舞台裏を見てみませんか?

  • Meemers: Great idea!

    ミーマーズいい考えだ!

  • Simon: Hang in there, monkey butt. Martina: I thought this would be a lot easier, if I'm being honest with you

    シモン:頑張れよ、猿の尻マルティナ:正直に言うと、もっと簡単になると思っていたのですが...。

  • *Simon laughs* Simon: I thought that I would know- Martina: I thought that I would know

    *Simon laughs* Simon: I thought that I would be know- Martina: I thought that I would know.

  • Simon: I thought I would know what this is about? Martina: Oh, this is bad sign. Bad sign!

    シモン:これが何のことかわかると思っていたのですが?Martina: ああ、これは悪い兆候だ。悪い兆候だ!

  • Simon: Bad sign! Martina: Bad sign! Simon: Bad, bad sign

    Simon: Bad sign! Martina: Bad sign! Simon: Bad, bad sign!

  • Dan: Alright- *Martina speaks in an undefinable language* Simon: Lemme just say, Fidel Castro does not approve of this

    マルティナは、定義不可能な言語で話しています。言っておくが、フィデル・カストロはこれを承認していない

  • *bell dings* Simon: Here we go. Martina: Ready? Simon: Ready? Both: 3, 2, 1

    *bell dings* Simon: さあ、行きましょう。 マルティナ.準備はいい? サイモン:準備はいい?3, 2, 1

  • *gags*

    *ギャグ*

  • Simon: Ah, that's the worst one of all Martina: This tastes like it's made out of plastic

    マルティナ:これはプラスチック製の味がします。

  • Simon: What is this? Martina: This tastes like someone melted down children's toys

    シモン:これは何?マルティナ:これは誰かが子供のおもちゃを溶かしたような味がする。

  • Martina: You know those scratch and sniff toys? And then they melted it down with the plastic and then they poured it in.

    マルティナ:スクラッチ&スニフのおもちゃ知ってる?それをプラスチックで溶かして流し込んだのよ

  • Simon: What is this? Who likes this?

    サイモン:これは何ですか?誰が好きなの?

  • Simon: This is terrible! Martina: What is this? This is awful

    シモン:これはひどいマルティナ:これは何?これはひどい

  • Simon: I'm just breathing it in- Martina: This is like erasers this tastes like er-

    マルティナ:これは消しゴムのような...これは...

  • *sniffs*

    *sniffs*

  • Martina: I can't even guess from the smell, it smells so bad.

    マルティナ:匂いからは想像もつかないくらい臭うんですよ。

  • *groans and sad laughter*

    *groans and sad laugh laugh*

  • *gurgling*

    * gurgling*

  • *record scratch* Simon: Oh, wait I think I might have unlocked the flavor by gargling it. Martina: Me too. *laughs*

    *サイモンああ、ちょっと待って、うがいをすることで味が解けたかもしれないわ。Martina: 私もよ。*laughs*

  • Dan: Ready, 3,- Simon: Yeah. Dan: 2, 1

    ダン: 準備できた 3, サイモン: ああダン: 2, 1

  • Martina: Honey lemon water. Simon: Poison berry!

    マルティナ:はちみつレモン水シモン:ポイズンベリー

  • *Dan chuckles* Dan: Nooooope *buzzer sound*

    *Dan chuckles*ダン。Nooooope *ブザー音*

  • Martina: None of us?! *Simon mixes words with nervous chuckling, creating a sentence that I cannot define*

    マルティナ:誰もいないの?*Simonは緊張した笑い声で言葉を混ぜ、私が定義できない文章を作ります*。

  • Dan: Nooooope. Simon: What is it?

    Dan: いやいや。 サイモン:どうしたの?

  • Dan: It's nashi, it's y- pear

    段:梨です、梨です。

  • M: That's not nashi! S: It's pear? M: Has anyone had a pear before? S: Have you ever tasted a pear? M: That's not pear!

    M:それはナシじゃない!?S:梨ですか?M:梨を食べたことある人いますか?S: あなたは梨を食べたことがありますか?M: それは梨じゃないよ

  • Martina: That tasted like- Simon: aPEARently you haven't!

    マルティナ: 今の味は・・・ サイモン: 明らかに違うわね!

  • (Martina's reaction is me) XD

    (マルティナの反応は私)XD

  • *crickets chirp*

    *コオロギのチャープ*

  • *lone pan flute plays*

    *lone pan flute plays*

  • Simon: Oh my gosh. Martina: For the record, the nashi one, the pear, is the worst one. Simon: The pear is the worst one

    サイモンあらまぁMartina: 言っておくけど、梨の方が一番悪いのよ。Simon: 梨は最悪の梨です。

  • Martina: It is the worst one. Simon: You know what? Martina: It is awful- Dan, you don't like it do you?

    マルティナ:それは最悪のものです。 Simon: 何を知ってるの?Martina: それはひどい... Dan, あなたはそれが好きじゃないの?

  • Dan: Wait, wait, wait, it's alright!

    ダン:待って、待って、待って、大丈夫だよ!

  • *horrified gasps*

    *horrified gasps*

  • Martina: The pear one?! Dan: I like it.

    マルティナ:梨のやつ?ダン:好きだよ。

  • Martina: Have you even tried it?! Simon: You're-

    マルティナ:試したことあるの? シモン: あなたは...

  • Dan: I'd buy it, with money. And-

    ダン:お金があれば買いますよ。そして...

  • Simon: You'd actually pay your own money, Dan: I'd pay money for this.

    サイモン:実際には自分でお金を払うだろう、ダン:これにはお金を払うよ。

  • Simon: That's just absolutely, horribible (yes he did say that XD)

    Simon: それは本当に恐ろしい(そう、彼はそう言っていた)。

  • Martina: I feel like I just found out about Dan, like something when you find, like a friend kicks puppies.

    マルティナ:ダンのことを知ったばかりのような気がするわ、何かを見つけたときに、友達が子犬を蹴るような。

  • Martina: And then you're like, I can't be friends with you 'cus you kick puppies. Simon: That's just- Martina: Dan's like, 'I'd buy this nasty water and I like it'

    Martina: それからあなたは「子犬を蹴るから友達になれない」って言うのね。 マルティナ: ダンは「この汚い水を買ってもいいと思ってるし、好きだから」って言ってたわ。

  • Simon: I'll tell you what I am so happy that this is gross. Our pizza video was just so disappointing,

    シモン:これがキモくて嬉しくて仕方がない。私たちのピザのビデオはとても残念なものでした。

  • Simon: This is the right level of gross, Japan you have not let me down. This water is vile!

    サイモン:これがちょうどいいレベルのキモさだよ、日本......君は僕を失望させてくれなかった。この水は下品だ!

  • *in accent* Martina: Oh gosh. Simon: Oh gosh, doncha know?

    *in accent* Martina: Oh gosh.サイモン.おやおや、知らないの?

  • Martina: I'm just so sad, doncha know? Simon: Oh go-. I just, I just so sad this (T.T)

    マルティナ:私はただただ悲しいだけなのよ。サイモン.ああ...私は、私はただ、私はただとても悲しいこの(T.T.

  • *sarcasm kicks in* Martina: Oh, we're doing really well. Simon: We're doing real well

    *Martina: Oh, we're doing really well.Simon: 私たちは本当にうまくやっているわ

  • *at same time* Simon: I got 1! Martina: We're doing great!

    *at same time* Simon: I got 1! Martina: 私たちは素晴らしいことをしています!

  • *Dan laughs in the background*

    *Danは背景に笑う*。

  • Simon: Hey I got 1 point

    サイモン: おい 1点だ

  • Martina: This is a bad luck location. We have scouted for a new table. We're moving, I've had it!

    マルティナ:ここは運が悪い場所です。新しいテーブルを探してスカウトしました。私たちは引っ越しをしている、私はそれを持っていた!私はそれを持っていた。

  • Martina: Don't bring your water Dan

    マルティナ:水を持ってこないでダン

  • Simon: So for this week's food adventure program, we're gonna start having some food

    サイモン:今週の食の冒険プログラムでは、まず食べ物を食べようと思います。

  • Martina: Right, Dan? Simon: What? Martina: You got us good food??

    マルティナそうだよね、ダン? シモン:え? マルティナ:美味しいもの持ってきてくれたの?

  • Simon: No? *in background* Dan: Uhhhhhhh... Martina: Still water? Simon: Still drinking poison filth?

    Simon: いいえ? *in background* ダン.マルティナ:まだ水?Simon: まだ毒を飲んでいるのか?

  • Dan: Alright

    ダン: わかった

  • *bell dings* Simon: Alright. We're ready? Dan: Yup.

    *bell dings* サイモン: さてさて。準備はいいか?Dan: うん

  • Simon: Oh hell.

    サイモン何てこった

  • Martina: This is a- you poured a lot in here, sir. Simon: Yeah, hold it, you gotta chill with these portion sizes, alright?

    マルティナ: これは... あなたはここにたくさん注いでいますねちょっと待ってくれ この分量で冷静になるんだ いいね?

  • Martina: Everyone around us is like, 'Are they drinking vodka, like or not?' Simon: It's not just water. Okay?

    マルティナ:周りのみんなが『彼らはウォッカを飲んでいるのか、飲んでいないのか』サイモン:水だけじゃないんだよ。いいかい?

  • Martina: Alright. Simon: Here we go. Cheers... (Don't you guys just feel the enthusiasm? XD)

    マルティナ: よしサイモン: 行くわよ乾杯...(意気込みが伝わってこないか?)

  • *baby crying*

    *baby crying*

  • Martina: Feel sad.

    マルティナ:悲しい気持ちになる。

  • Martina: Feel sad. :(

    マルティナ:悲しい気持ちになる。:(

  • Dan: 3...2...1

    ダン:3...2...1

  • Simon: What do you have? Martina: Vitamin C orange.

    シモン:何を持っているの?マルティナ:ビタミンCオレンジ。

  • Simon: Vitamin C? I have orange *Martina joins* sewage bilge cream.

    シモン:ビタミンC?私はオレンジを持っています*マルティナは*下水のビルジークリームを結合します。

  • Dan: It's actually Mikan flavor.

    段:実はみかん味なんですよ。

  • Simon: Mikan! *some undefineable words '-.-* Martina: Mikan is an orange!

    シモン:みかん!*マルティナ:みかんはオレンジなんだよ!

  • Dan: Yeah, yeah. But orange and Mikan are slightly different.

    ダン:そうそう。でも、オレンジとみかんは微妙に違うんですよ。

  • Martina: But I wrote orange and Simon wrote sewage bilge cream. Dan: And you both wrote orange...

    Martina: でも、私はオレンジと書いたし、Simonは下水のビルジクリームと書いたわ。ダン.二人ともオレンジと書いて...

  • Simon: So we both get- we're both the same

    二人とも同じだな

  • Dan: I'll give you both a point.

    ダン:2人に1点ずつあげるよ。

  • Martina: You wwwwwanker! Simon: YAAAAAAASSSSSSS!!!

    マルティナ:お前wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwシモン:yaaaaaaaasssssssss!

  • Simon: Did you read the ingredients on the back to see if they have any like, *Martina joins* sewage bilge?

    シモンあなたは彼らが持っているかどうかを確認するために、背面の成分を読んだ、*Martinaは*下水ビルジに参加しますか?

  • Simon: In there? 'Cus I'm pretty sure it does.

    この中に?確かにそうだ

  • Martina: It smell a bit like sewage to me. Simon: It tastes like a Ninja Turtle's urinal. Martina: It does, actually.

    マルティナ:ちょっと下水のような匂いがするわ。Simon: ニンジャタートルの小便器みたいな味がするわ。Martina: そうだね。

  • Simon: Pure crappity, crap, crap, crap Martina: crap, crap (What is going on here? XD)

    シモン:純粋にくだらない、くだらない、くだらない、くだらない マルティナ:くだらない、くだらない(どうなってるんだXD

  • Martina: There's children around! Simon: Sorry. Stop saying bad words.

    マルティナ:周りに子供がいる!?サイモン:ごめんね。悪口を言うのはやめて。

  • Martina: No. Bad words are not allowed.

    マルティナ:ダメだよ、悪口はダメだよ。

  • Martina: You don't have to pour any near here.

    マルティナ:近くで注がなくても大丈夫ですよ。

  • Martina: See?! Does it?!

    マルティナ:ほら!?そうなの?

  • Martina: Soo, wait.

    マルティナ:すー、待って。

  • Dan: L- l- look. Martina: No, hang on. Simon: No, that's not the flavor of it.

    ダン: あ、あ、あ、あ、見てマルティナ: いや、ちょっと待ってSimon: いや、そんな味じゃないよ。

  • Martina: But, what I'm saying is, when I tasted this, it tasted like those Vitamin C drinks they give people

    Martina: But, what I'm saying is, I tasted this, itasted like those Vitamin C drinks they give people.

  • where you shake it up and it tastes like fake Vitamin C.

    振ったら偽物のビタミンCみたいな味がするところ。

  • Simon: Look everything we had, had Vitamin C in it Martina: Which technically-

    サイモン私たちが持っていたすべてのものを見て、それにビタミンCを持っていた マルティナ:それは技術的にどのようなものです。

  • Simon: There is no retroactive giving of points- Martina: Of course there is! It's like when you get a ti-

    マルティナ:もちろんあるわよ。それはあなたがティアを取得するときのようなものです...

  • Martina: Just right now, the TFC, something happened. They had something taken from them and now

    マルティナ:ちょうど今、TFCに何かが起こったの。彼らは彼らから何かを奪っていた そして今

  • they're referring to the referee condition(?) to look at the video tape and find out- Simon: But look, that's soccer.

    彼らはビデオテープを見て、それを見つけるために審判の条件(?)を参照しています - サイモン: しかし、見てください、それはサッカーです。

  • Simon: That's not a real sport.

    サイモン:それは本当のスポーツではありません。

  • *Simon laughs nervously* Martina: OOOOOOOOHHHHHHHHHHH

    *Simonは神経質に笑う* Martina: OOOOOOOOOOOOHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHH。

  • Simon: You can't even compare it.

    シモン:比較することすらできない。

  • Martina: I would like to request minus 1 point from Simon for the comments *more nervous laughter*

    マルティナ:コメントはシモンさんにマイナス1点お願いしたいと思います*緊張感のある笑*。

  • Martina: Maybe stricken from the records. Simon: It's not even a real sports.

    マルティナ:記録から剥奪されるかもしれない。サイモン:それは本当のスポーツですらない。

  • Simon: Sooooo. Martina: I simply asked. Simon: I have 2 points, you have 1. Martina: Yes.

    シモン:スースー。Martina: 私は単純に聞いただけです。Simon: 私は2点、あなたは1点。 Martina: はい。

  • *whiny mode on* Simon: You punched me really hard, by the way. Martina: I- I'm a really good puncher.

    *whiny mode on* Simon: ところで、あなたは本当に強く私をパンチしました。Martina: 私は- 私は本当にパンチが得意なの。

  • Simon: You got me right in my pressure point.

    サイモン:私のツボを突いてくれましたね。

  • Spudgy: Woah. Dan sure is turning out to be a pedantic wanker. Meemers: Mmhhm.

    スパッディ:うわー。ダンは確かに衒学的なバカになってきたな。ミーマーズ.Mmhhm.

  • Spudgy: Let's go behind the scenes. Meemers: Great idea!

    スパッディ:舞台裏に行ってみよう。ミーマーズいいね!

  • Martina: Is the back of this board also a white board?

    マルティナ:このボードの裏も白板なんですか?

  • Martina: How's that look, Simon?

    マルティナ:どうだい、シモン?

  • Simon: Cool. Martina: Pretty good?

    サイモン: いいねマルティナ: いい感じ?

  • Simon: It does.

    サイモン:そうだな。

  • Martina: Uhh.. For the record, this was not a white board side.

    マルティナ:えっと・・・ハッキリ言って、これは白板側ではありませんでした。

  • Martina: And it is there, forever. Simon: Aw sh*baahh*t

    Martina: そして、それは永遠にそこにある。Simon: Aw sh*baahhh*t

  • Martina: What'd you make?

    マルティナ:何を作ったの?

  • Simon: Uhh.. How's this one look?

    これはどうかな?

  • *Simon laughs* Simon: This is- Martina: Can I see yours? Simon: How does this one look?

    *Simon laughs* Simon: This is- Martina: Can I see your yours?Simon: これはどう?

  • *bell dings* Martina: Okay, Dan. Simon: 'Kay. Here we go.

    *bell dings* Martina: Okay, Dan.Simon: 'Kay.行くぞ

  • Dan: All right. Ready? Simon: Pour that gross water

    ダン: よし準備はいいか?Simon: そのキモい水を注ぐんだ

  • Dan: Alright. Go for it. Simon *mumbles*: Here we go.

    ダン: わかった。頑張れ。Simon *mumbles*.さあ、行くぞ。

  • *groans of digust/despair*

    *groans of digust/despair*.

  • Simon: Okay...

    サイモンそうか...

  • Simon: What's this one? Here we go.

    これは何だ?これだよ

  • Simon: Cheers... (Quite the enthusiastic cheers you got there Simon)

    Simon: 乾杯...(熱狂的な声援を受けて、サイモン)

  • Martina: I got this one, instantly. Simon: I got this one.

    マルティナ:私はこれを手に入れたわ、すぐにね。サイモン: これは私に任せて

  • Simon: Awww it's so bad. Martina: It's not good, though. (x2)

    シモン:あーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあマルティナ:良くないけどね。(x2)

  • Simon: It's so bad. I wanna describe it more.

    Simon: それはとても悪いことだ。もっと説明したい。

  • Simon: It's so vile.

    サイモン:下品だな。

  • Both: Ready?

    両方とも準備はいい?

  • Dan: 3, 2, 1!

    ダン:3, 2, 1!

  • Dan: Pretty much royal milk tea.

    ダン:かなりロイヤルミルクティーですね。

  • Simon: What do you have? Martina: Wait, what did you write?

    シモン:何を持っているの?マルティナ:待って、何を書いたの?

  • Simon: I have *together* royal milk tea.

    サイモン:私はロイヤルミルクティーを持っています。

  • Dan: It- it's premiu-, no, morning premium tea.

    ダン:それは...プレミア...いや、モーニング・プレミアム・ティーだよ。

  • Simon: Morning premium tea- Martina: Premium MORNING tea. It's not royal,

    サイモン:モーニングプレミアムティー マルティナ:モーニングプレミアムティー。それは王室御用達ではない

  • Simon: Now here's- Martina: It's just premium

    これは... マルティナは高級品よ

  • Simon: Here's what's upsetting to me. TEA, is already, diluted flavors of stuff. Martina: Yup.

    サイモン:ここで私が動揺していることがあります。TEAは、すでに、希釈されたフレーバーのものです。Martina: Yup.

  • Simon: Why do you have to dilute something that's already diluted?

    サイモン:すでに希釈されているものを、なぜ希釈する必要があるのですか?

  • Simon: Look. Tea's already gross to begin with. Like, why have apple tea? Just eat an apple.

    サイモン見てそもそも紅茶はキモいなぜアップルティーを飲むの?リンゴを食べればいいじゃん。

  • Martina: I disagree. Simon is really trying to make enemies today.

    マルティナ:そうは思わないわ。サイモンは今日は本当に敵を作ろうとしている。

  • Martina: He said football isn't real. *punch* Simon: Football sucks.

    Martina: 彼はサッカーは現実ではないと言った。*punch*サイモン。サッカーは吸う。

  • Martina: Canadian football sucks. *punch* Simon: You know what?

    マルティナ:カナダのサッカーは吸う。*punch* Simon: You know what?

  • Martina: And tea sucks. *punch*

    マルティナ:そして、お茶は最悪です。*punch*

  • Simon: And you know what?

    サイモン:それで?

  • Simon: Donald Trump, he's kinda weird.

    サイモンドナルド・トランプって変な人だよね

  • XD

    XD

  • *Martina laughs* Simon: I said it. Alright? Martina: I said it.

    *Martina laughs* Simon: I said it.いいですか?Martina: I said it.

  • Simon: Think he's- think he's a little weird Martina: Unpopular opinion

    サイモン: 彼はちょっと変な人だと思う マルティナ: 不評の意見

  • Simon: May be an unpopular opinion. There you go.

    不評な意見かもしれないがそこに行きましょう。

  • Martina: You're adding it- I thought it was only for the losers?

    マルティナ:追加するんですね......負け犬だけじゃないんですか?

  • Simon: No! I- with- the-. The loser has to drink the whole concoction.

    ダメだ!私は...負けた方が全部飲まないといけない。

  • Simon: That's a lot of water so- *slurred words that are undefinable '-.-* *Dan laughs in the background* Simon: Oh, it's too much water.

    サイモン:それは水の量が多いですね〜〜*定義できない言葉をスラスラと言う*ダンは背景に笑う*サイモン。ああ、水が多すぎる。