Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • You have a culture you describe in your book which is very unique. And let me just go through a couple of things you say that I found stunning as somebody who's helped to run a company myself that has publicly traded.

    あなたの著書で触れられている、すごくユニークな文化がありますね。上場企業の経営に携わった者として、素晴らしいと思ったことを、いくつか言わせてください。

  • For example, you have a system where people can take whatever vacation they want to take. There's no limit.

    例えば、社員が欲しいだけ休暇を取れるシステムをとっていますよね。上限なしで。

  • People can take any time off they want, no limit.

    社員は、休みたいだけ休めて、上限はなし。

  • Where did you get that idea from?

    この考えはどこから得たのですか?

  • Well, in the industrial economy like factories, we measured people by how many hours they did on the job: nine to five, eight to six, whatever that is.

    工場のような工業経済においては、何時間仕事したかで計測していましたよね。9時から5時とか、8時から6時とか。

  • And we really want people to focus on ideas on generating important work, and so, you know, we don't measure them during the day. We don't clock our people in.

    弊社では、「重要な仕事を生み出す」という考えに、焦点を当ててほしいんです。だから日中は、人をはかったりはせず、時間管理もしません。

  • And if we're not gonna tell whether someone is working five to nine or nine to five, which is a two-to-one difference in hours, why are we tracking whether they do 50 weeks or 48 weeks a year, you know, at work. That's in the noise.

    5時から9時まで、あるいは9時から5時まで…これって時間数で見れば、2倍の差です。その時間働けと指示しないなら、その人が年間50週働くか、48週働くかなんて、どうして確認します?不必要な情報でしょう。

  • And so unlimited vacation, you know, is sort of like saying, "dress how you want." You know, and people still don't come to work naked.

    無限の休暇っていうのは、「好きな服装をしてください」というようなものです。こう言ったって、裸で仕事に来る人なんていないでしょう。

  • There are some cultural assumptions about appropriate clothing for work, and we don't need to specify that.

    仕事向けの適切な服について、文化的な想定があるわけです。そういうことを、具体化する必要はありません。

  • And in the same way with vacation, people understand getting work done and they get to live more flexibly.

    休暇と同様、社員は仕事を終わらせるということを理解しているし、より柔軟に生きることができます。

  • Okay, well, you also say in your book, you don't have to please at your company, your boss. What you can go ahead and do what you think is best and your boss doesn't agree, that's okay. Is that easy to run a company that way?

    それから、御社では、「上司を喜ばせなくても良い」とも本で触れていますよね。自分がベストだと思うことをやれば良い。上司が同意しなくても良い、ということですね。そうやって会社を運営するのは、簡単ですか?

  • You know, again, we're really focused on inspiration over supervision.

    もう一度言いますが、私たちは管理より、インスピレーションを大事にしています。

  • So the traditional paradigm is that good management is close management. It sets objectives, manages tightly and all of that's appropriate and safety-critical environments, airlines, producing vaccines et cetera.

    伝統的なパラダイムでは、良いマネジメントとはしっかりと管理することですね。 目標を立てて、しっかりと管理して…そういったことは、安全が必要不可欠な環境では、全て適切な要素です。航空会社、ワクチン製造などですね。

  • But in a creative business, you don't care so much about what goes wrong; you care about (whether) enough of the right things get done.

    でもクリエイティブなビジネスでは、何を間違うかについて、そこまで重視していません。大事なのは、正しいことが十分になされるかどうか、です。

  • And so we really focus on inspiring... inspiring our people and having it be very open and collaborative, and from that, you get amazing technical innovation and you get amazing content innovation.

    だから私たちは、インスピレーションをすごく大事にしています―社員にインスピレーションを与え、非常にオープンな、協調性のある環境にするのです。そこから、素晴らしい技術革新が生まれ、コンテンツの革新が生まれるのです。

You have a culture you describe in your book which is very unique. And let me just go through a couple of things you say that I found stunning as somebody who's helped to run a company myself that has publicly traded.

あなたの著書で触れられている、すごくユニークな文化がありますね。上場企業の経営に携わった者として、素晴らしいと思ったことを、いくつか言わせてください。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 社員 休暇 インスピレーション 管理 大事 上司

Netflix の社員は好きなだけ休暇がとれるって本当!?

  • 16550 897
    erikayokoyama に公開 2020 年 11 月 07 日
動画の中の単語