Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi everybody, welcome to www.engvid.com, I'm Adam.

    皆さんこんにちは、ようこそwww.engvid.com、アダムです。

  • In today's video, I have a grammar lesson for you, and specifically we're going to look

    今日のビデオでは、あなたのために文法のレッスンをしています。

  • at copula or linking verbs.

    コピュラや連結動詞で。

  • Copula - linking verbs, same thing, different names.

    Copula - 動詞をつなぐ、同じものをつなぐ、違う名前のもの。

  • Most people don't really know or have never heard of this word - copula.

    ほとんどの人はこの言葉を知らないし、聞いたこともない。

  • Sometimes it's an adjective, it's called copular verbs, but the more common one is the linking verbs.

    形容詞であることもありますが、コピュラー動詞と呼ばれることもありますが、より一般的なのは連結動詞です。

  • And I'll show you in a moment what is actually being linked.

    そして、実際に何がリンクされているのか、すぐにお見せしましょう。

  • So, the most common copula verb is the "be" verb, and in its different forms, different

    ですから、最も一般的なコピュラ動詞は「be」動詞であり、その形の違いで、異なる

  • tenses, I should say.

    時制というべきか

  • Am, is, are, was, were, etc.

    am, is, are, was, wereなど。

  • The most common other copula verbs are seem and appear, and you can combine them with

    他のコピュラ動詞で最も一般的なのは seem と appear で、これらを組み合わせて

  • "to be".

    "なるように"

  • And I'll show you examples, but appear to be, seem to be, and you can also use this

    また、例を挙げておきますが、 appear to be, seem to be, and this

  • to make a passive structure, which I'll show you as well.

    を使って、受動的な構造を作ることができます。

  • And look, and then you have your sense verbs.

    そして、見てください、そして、あなたのセンス動詞があります。

  • Sound, taste, smell, and feel.

    音、味、匂い、感触。

  • These are also state verbs, and they can also be action verbs, but we're going to look at

    これらは状態動詞でもありますし、行動動詞にもなりますが

  • them as copula verbs.

    をコピュラ動詞として使用しています。

  • And you'll notice that all of these copula verbs are not action verbs.

    そして、これらのコピュラ動詞はすべて行動動詞ではないことに気づくでしょう。

  • There is no action happening.

    アクションは起きていません。

  • So, be careful with these four, because you can use them as action verbs as well.

    なので、この4つは行動動詞としても使えるので注意が必要です。

  • Like, if you say something, I say "Yeah, that sounds right".

    何か言われたら「うん、そうだね」みたいな。

  • Or, I can sound the alarm, I can "ding ding ding ding ding ding", etc.

    あるいは、アラームを鳴らしたり、「チンチンチンチンチンチンチン」などと

  • So, action - active or not.

    だから、行動-能動的かどうか。

  • And then become and get.

    そして、なること、得ること。

  • And I split these up for a reason, and I'll show you that reason in a moment.

    理由があって分割したんだその理由はすぐにお見せするよ

  • So, first thing to remember - there is no action involved with copula verbs.

    だから、最初に覚えておくべきことは、コピュラ動詞には作用がないということです。

  • What they are doing is they are linking, they are joining or showing some sort of relationship

    彼らがしていることは、リンクしていること、参加していること、何らかの関係性を示していることです。

  • between the subject of a sentence and the subject complement.

    と文の主語と主語の補語の間にある

  • So, as an example, "He is tall".

    なので、例として「彼は背が高い」ということになります。

  • So, if you think about this sentence, a lot of people will think "Subject, verb, object".

    そこで、この文章を考えてみると、多くの人が「主語、動詞、目的語」と考えるでしょう。

  • But "tall" is not an object to the verb "is".

    しかし、「背が高い」は動詞「is」の目的語ではありません。

  • Tall is the subject complement to the subject "he".

    Tallは主語「彼」の主語補語です。

  • Essentially, what this means is he, tall, same person.

    本質的には、これが意味するのは、彼、背の高い、同じ人です。

  • Same thing we're focusing on.

    同じことに集中しています。

  • The "be" verb acts like an equal sign, showing that these two things are the same thing.

    "be "動詞は、この2つが同じものであることを示すイコールサインのような働きをします。

  • I'm describing or talking about the same thing.

    同じことを記述したり、話したりしています。

  • And it doesn't have to be an adjective, it can also be a noun.

    また、形容詞である必要はなく、名詞にもなります。

  • A noun can also be a subject complement, not an object.

    名詞は目的語ではなく主語の補語になることもあります。

  • "He is a teacher."

    "彼は教師だ"

  • "He - a teacher", same person.

    "彼-先生"、同一人物。

  • Same thing, if you want to think about it that way.

    同じことだよ、そういう風に考えるなら。

  • And that's where the link is.

    そして、そこにリンクがある。

  • So, you're linking subject complements to subject, right?

    主語補語と主語補語をリンクさせているわけですね。

  • So, very important not to think of it as an object.

    だから、物として考えないことが非常に重要なのです。

  • And the same applies to the other verbs.

    また、他の動詞も同様です。

  • "Seem" does not take an object.

    "見える "は対象物を取らない。

  • "Appear to be" does not take an object.

    "Appear to be "は対象を取らない。

  • All of these do not take an object.

    これらはすべて対象物を取らない。

  • Another thing that's very important to remember is that these - all of these verbs, because

    もう一つ覚えておきたいのは、これらの-これらの動詞のすべて、because

  • they're not in a subject, verb, object structure, will be followed by an adjective but never

    は形容詞の後に続きますが、形容詞が続くことはありません。

  • by an adverb.

    副詞によって

  • Okay?

    いいですか?

  • And I'll give you an example of this as well.

    そして、その一例をご紹介します。

  • Let's look at "seems".

    らしい」を見てみましょう。

  • Another very important point to remember - we treat, except for "be" verb, of course - we

    覚えておくべきもう一つの非常に重要なポイント - 私たちは、"be "動詞を除いて、もちろん - 私たちを扱う

  • treat all of these copular verbs like action verbs, meaning in a third person singular,

    これらの連用動詞はすべて、三人称単数形の意味を持つ作用動詞のように扱います。

  • we're still going to add the "s", okay?

    まだ "s "を追加するつもりだよ?

  • So, it's very important to remember that it looks like an action verb, but there's no

    ということで、非常に重要なことですが、見た目は動詞のように見えますが

  • action happening.

    アクションハプニング。

  • Now, what's the difference, the main difference, between a "be" verb and seem, appear, and

    さて、主な違いは何でしょうか?"be "動詞と "見える"、"現れる"、"見える"、"見える "の違いは?

  • look?

    見て

  • These three also act like an equal sign, except a "be" verb is stating a fact.

    この3つは、"be "動詞が事実を述べていることを除いては、イコールサインのような働きをします。

  • He is tall means that's the fact, tall.

    彼が背が高いということは、それが事実、背が高いということです。

  • "She seems nice" means that it's a possibility that she's nice.

    "She seems nice "というのは、彼女がいい人である可能性があるという意味です。

  • She looks nice, she appears to be nice, she seems nice.

    見た目もいいし、見た目もいいし、いい感じに見える。

  • All of these mean the same thing that I think she's nice, but I might be wrong.

    どれも同じ意味で、彼女はいい人だと思うけど、私が間違っているかもしれない。

  • She is nice - it's a fact.

    彼女はいい人だ - それは事実です。

  • I'm not wrong, it's a fact.

    間違ってはいない、事実だ。

  • There's not wrong or right, there's is or isn't, as it were.

    間違っているとか正しいとかではなく、あるかないかということです。

  • So, she seems nice.

    だから、いい人そうなんだよね。

  • Adjective describing "she".

    彼女」を表す形容詞

  • "She seems to be married."

    "結婚しているようです"

  • So, I'm still using an adjective, but now I'm using "to be", because "She seems married"

    ということで、まだ形容詞を使っていますが、今は "to be "を使っています。"She seems married "だからです。

  • doesn't make much sense.

    はあまり意味がありません。

  • I'm describing her situation.

    彼女の状況を説明しています

  • Here, I'm describing her.

    ここでは、彼女を描写しています。

  • Here, I'm describing her situation.

    ここでは、彼女の状況を説明しています。

  • So, I need to put that into more of a context of existence or being something.

    だから、それをもっと「存在する」とか「何かである」という文脈に落とし込む必要があるんです。

  • And again, "She seems to be an executive".

    そしてまたもや「彼女は幹部らしい」。

  • I can't say, "She seems an executive".

    幹部らしい」とは言えない。

  • I'm talking about her situation again.

    また彼女の状況を話しています。

  • Here, it's her marriage situation.

    ここでは、彼女の結婚事情です。

  • Here, it's her career.

    これが彼女のキャリアだ

  • Now, again, very important.

    さて、またしても、とても重要なことです。

  • She seems to be an executive.

    幹部のようです。

  • Maybe she's dressed in a suit, like a business suit.

    ビジネススーツみたいな服を着ているのかもしれませんね。

  • She has a bag.

    彼女はバッグを持っている。

  • She looks very professional.

    彼女はとてもプロ意識が高いように見えます。

  • Whether it's true or not, I don't know.

    それが本当かどうかは知らない。

  • That's why she seems to be, she appears to be.

    だからこそ、彼女はそのように見える、そのように見えるのです。

  • She looks like an executive, and you actually add "like" here as well.

    幹部のように見えて、実はここにも "いいね "を付けているんですね。

  • She looks like something, right?

    何かに似てるよね?

  • Maybe she is, maybe she's not.

    そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

  • Keep in mind, though.

    とはいえ、覚えておいてください。

  • When you say, "He looks like his father", that's a different use of "look".

    彼は父親に似ている」と言われても、それは「見た目」の使い方が違います。

  • This is more about the actual physical appearance.

    こちらの方が実際の身だしなみについてです。

  • I can - it's a fact.

    できる - それは事実だ

  • It's not a possibility.

    可能性があるわけではありません。

  • But "look like" as a copula means possibility, maybe.

    でも、コピュラとしての「ように見える」は可能性を意味しています、たぶん。

  • Okay?

    いいですか?

  • Now, sound, taste, smell, and feel.

    さて、音、味、匂い、感じ方。

  • You're going to describe how certain things affect the senses.

    あるものがどのように感覚に影響を与えるかを説明してくれます。

  • So, the song sounds nice.

    だから、曲がいい感じに聴こえる。

  • The food tastes delicious.

    料理の味は美味しいです。

  • Notice the "s".

    "s "に注目してください。

  • The flower smells lovely.

    花の香りが素敵です。

  • The cat's tongue feels rough, when it licks me, etc.

    猫の舌が荒れていると感じる、舐められた時など

  • So, I'm describing sense.

    だから、私はセンスを記述している。

  • Now, keep in mind that these are also stative verbs, and if you're not sure what a stative

    さて、これらも動詞であることを覚えておいてください。

  • verb is, Rebecca, who is another teacher here at www.engvid.com , has made a lesson about that.

    動詞は、レベッカは、ここ www.engvid.com で別の先生ですが、そのことについてのレッスンをしました。

  • You can look for the link somewhere here to learn more about stative verbs.

    ここのどこかにリンクがあるので探してみてください。

  • These are a part of the stative verbs.

    これらは主格動詞の一部です。

  • Now, become and get, they're a little bit trickier.

    さて、becomeとget、彼らは少し厄介です。

  • So, I'm going to look at them individually and I'll give you some more examples.

    そこで、個別に見ていくことにして、いくつか例を挙げてみます。

  • Okay, so now we're going to look at a few more examples and notice a few more specific

    さて、ここでもう少し例を見て、いくつかの具体的な例を見つけてみましょう。

  • grammatical points.

    文法上のポイント

  • "The house appears to have been damaged in the storm."

    "家は嵐で被害を受けたようです"

  • So, right away, you notice that I have the option of using copula verbs in passive situations

    だから、すぐに、私は受動態でコピュラ動詞を使うという選択肢があることに気づくでしょう。

  • as well.

    と同様に。

  • You just have to adjust according to the time, according to the situation.

    その時の状況に合わせて、時間に合わせて調整すればいいだけです。

  • Here, I just want to point out a couple of other things.

    ここで、他にもいくつか指摘しておきたいことがあります。

  • "She seems intelligent", and "The food tastes delicious".

    "頭が良さそう」「料理が美味しそう」などの声が寄せられています。

  • Notice it's not "intelligently" and not "deliciously".

    知的に」ではなく、「美味しく」ではないことに注意してください。

  • So, it's very, very important to remember, just because you have a verb that's not a

    ということで、非常に、非常に重要なことなのですが、動詞があるからといって

  • "be" verb, it doesn't mean that you must have an adverb.

    "be "動詞、副詞がないといけないという意味ではありません。

  • Copula verbs are not followed by adverbs, only adjectives or noun complements.

    コピュラ動詞は副詞の後には続かず、形容詞か名詞の補語のみとなります。

  • That's very important to remember.

    それはとても重要なことです。

  • Another thing to remember is that all of the verbs so far, the "be" verb, the "appear,

    もう一つ覚えておいてほしいのは、これまでの動詞、「be」の動詞、「come」の動詞はすべて「現れる」ということです。

  • seem" and all the sense ones, they don't take an "-ing" form.

    seem "や意味のあるものはすべて"-ing "の形をとりません。

  • Right?

    だろ?

  • Because they're a bit of a state verb.

    状態の動詞だから。

  • There's no action happening.

    何のアクションも起きていない。

  • On the other hand, "get" and "become" can take all the different forms.

    一方、「得る」と「なる」は、あらゆる形をとることができます。

  • And while all of these basically - they're like an equal sign, so the food tastes delicious,

    そして、これらのすべてが基本的に - イコールサインのようなものなので、食べ物がおいしいです。

  • and the food is delicious mean the same thing.

    と料理が美味しいというのは同じ意味です。

  • This is just a more specific verb.

    これはもっと具体的な動詞にすぎません。

  • And it basically means equal.

    そして、基本的には平等という意味です。

  • Food = delicious.

    食べ物=美味しい。

  • Same thing.

    同じことだ

  • Become and get are verbs that are copular.

    beomeとgetは共役の動詞です。

  • They're still linking verbs, but they suggest a change.

    相変わらず動詞をリンクさせているが、変化を示唆している。

  • And this is very important, and this is where a lot of people get confused with these two verbs.

    そして、これはとても重要なことで、多くの人がこの2つの動詞と混同してしまうのです。

  • Become and get, when they're used in this context, like copular verbs, always suggest change.

    Become と get は、この文脈で使われるときは、共動詞のように、常に変化を暗示しています。

  • And it's very important to remember that.

    そして、それを覚えておくことはとても大切なことです。

  • "She got married", okay.

    "彼女は結婚した "か

  • That doesn't mean - there's no action here.

    だからといって、ここにはアクションがない。

  • "Married" here is being used - it's a participle - it's being used as an adjective.

    ここでは "Married "が使われていますが、これは分詞で、形容詞として使われています。

  • "She got married" or "She was married", both okay.

    "彼女は結婚した "でも "彼女は結婚していた "でも、どちらでも構いません。

  • "She is getting married."

    "彼女は結婚する"

  • Now here, I can use this as an "-ing", but I'm still explaining the situation.

    さて、ここでは、これを「-ing」として使うことができるのですが、それでも説明をしています。

  • This is actually referring to the future.

    これは実は未来のことを指しています。

  • So, now she is single.

    で、今は独身です。

  • She is getting married.

    彼女は結婚することになりました。

  • She will become a married woman.

    人妻になります。

  • There's no action involved.

    何のアクションもありません。

  • She's not getting anything.

    彼女は何も得ていない

  • It's not a receiving verb, it just - the changing situation verb.

    受け身の動詞ではなく、ただ-状況を変える動詞です。

  • If I wanted to use the action verb, I would just simply say "married".

    動詞を使おうと思えば、単純に「結婚した」と言えばいいだけなんですけどね。

  • "She married Bob."

    "彼女はボブと結婚した"

  • It means she had a wedding and put on a ring, signed some papers, got married.

    結婚式を挙げて指輪をして書類にサインして結婚したってことだよ

  • Same thing with "become".

    なる」と同じこと。

  • You can use it in all the different forms, and always notice there's a change.

    いろんな形で使えて、いつも変化に気づくことができます。

  • "She has become too powerful."

    "彼女はあまりにも強力になった"

  • There should be a period here, actually.

    ここにはピリオドがあるはずだ

  • She has become - it's not a sudden action.

    彼女はそうなってしまった--それは突然の行動ではない。

  • She has become too powerful over time, which is why I'm using the present perfect tense.

    彼女は時間が経つにつれて力を持ちすぎてしまったので、現在完了形を使っています。

  • And I'm suggesting a change.

    そして、私は変化を提案しています。

  • I could say, "She is too powerful".

    彼女の力が強すぎる」と言ってもいいくらいです。

  • It means it's a fact now.

    今では事実になっているということです。

  • She was, or she will be too powerful, all talking about specific situation - has become

    彼女は、または彼女はあまりにも強力になるだろう、すべての特定の状況について話していた - となっています。

  • over the time she has been in this position.

    彼女がこの地位にいる間に

  • "He is becoming rich."

    "彼は金持ちになっている"

  • He's getting more and more money.

    どんどんお金が入ってきています。

  • It doesn't mean he's rich yet, but he's certainly on his way.

    まだ金持ちというわけではありませんが、確かにその道を歩んでいます。

  • His situation is changing, changing.

    彼の状況は変化している、変化している。

  • "He will become mean."

    "意地悪になる"

  • When he has more money, the more money he has, the more he will become mean.

    お金が増えれば増えるほど意地悪になる。

  • Like a mean person, because some people become mean when they have money.

    意地悪な人と同じで、お金があると意地悪になる人もいるから。

  • Why?

    なぜ?

  • Because "The more money he has, the more arrogant he becomes."

    "金があればあるほど傲慢になる "からだ。

  • And again, I'm using it as a single with the "s" for the single third person.

    またまた、シングルの三人称に「S」をつけてシングルとして使っています。

  • But again, change, change.

    しかし、またしても、変化、変化。

  • As money changes, as the money amount changes, his personality changes, right?

    お金が変われば、金額が変われば、性格も変わるんですよね。

  • So, it's all about change.

    つまり、変化が大事なんですね。

  • And this is more like an actual fact, when I use a present simple, I'm stating it more

    そして、これはどちらかというと、現在のシンプルなものを使うときに、より実際の事実に近い形で述べています。

  • like a fact.

    事実のように

  • The other ones are more a possibility.

    他はもっと可能性がある

  • Okay?

    いいですか?

  • So, these are the main copula verbs.

    ということで、これらが主なコピュラ動詞です。

  • There are some others, but these are the ones you need to understand to be able to read

    他にもいくつかありますが、これらは理解していないと読めないものです。

  • and to write especially.

    と特に書くこと。

  • Because these are the ones that give people the most trouble, I believe, when it comes

    これらの人たちが一番迷惑をかけているからだと思います。

  • to understanding how to use them.

    の使い方を理解することができます。

  • Now, of course, it's a little bit tricky.

    さて、もちろん、ちょっと厄介なことになりました。

  • "Become", a lot of people confuse the verb "become" with the verb "be".

    "become"、多くの人が動詞の "become "と動詞の "be "を混同しています。

  • These are two different verbs.

    この2つは違う動詞です。

  • Make sure you remember that, because how you're going to use them will affect the meaning

    どのように使うかで意味が変わってくるので、それを忘れないようにしましょう。

  • of the sentence, right?

    の文面ですね。

  • Depending on which one you use.

    どちらを使うかにもよりますが

  • But there, that's a very basic understanding of copula verbs.

    でもそこは、コピュラ動詞の基本的な理解ですね。

  • If you're not sure and you want a little bit more practice, go to www.engvid.com and take

    よくわからないし、もう少し練習したいという方は、www.engvid.com にアクセスして

  • the quiz.

    クイズのことです。

  • And of course, ask me questions in the comment section.

    もちろんコメント欄で質問もしてね。

  • I'll be very happy to help you out if you need a little bit more explanation about this.

    この件に関しては、もう少し説明が必要な場合は、私がお世話になることになると思います。

  • And that's it.

    そして、それだけです。

  • If you like the video, give me a like.

    動画が気に入ったら「いいね!」を押してください。

  • I hope you liked it.

    気に入っていただけたなら幸いです。

  • Don't forget to subscribe to my channel.

    私のチャンネルを購読することを忘れないでください。

  • There's also a little bell at the top there at the subscribe, you can ring that and you'll

    また、そこの上部には小さなベルがあります。

  • get notifications of future videos.

    今後の動画の通知を受ける

  • So you can get more grammar vocab and other English helping tools, hopefully.

    だから、うまくいけば、より多くの文法ボキャブラや他の英語支援ツールを得ることができます。

  • Okay?

    いいですか?

  • Until next time, bye bye.

    次回まで、バイバイ。

Hi everybody, welcome to www.engvid.com, I'm Adam.

皆さんこんにちは、ようこそwww.engvid.com、アダムです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 動詞 主語 形容 結婚 変化 事実

英文法:動詞をつなぐ(コプラ (English Grammar: Linking Verbs (Copula))

  • 23 1
    Summer に公開 2020 年 09 月 12 日
動画の中の単語