Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Recognize this?

    これに見覚えは?

  • It's been used in hundreds of TV shows and films.

    何百ものテレビ番組や映画で使われています。

  • It's so famous that if you can't remember this, you can just googlethat famous cello

    あまりにも有名なので、覚えていない方は「あの有名なチェロ」でググってみてください。

  • songand it will invariably pop up.

    歌」と言っても必ず出てきます。

  • Yes, this prelude is well known, but perhaps what's most compelling about it is how incredibly

    そう、この前奏曲はよく知られていますが、おそらくこの曲で最も説得力があるのは

  • simple it is.

    それは簡単です。

  • The whole thing takes up just two pages of music and it's composed for an instrument

    全体で2ページの音楽で、楽器のために作曲されています。

  • that has just four strings.

    弦が4本しかない

  • Yet, it's considered a masterpiece that world class cellists and even everyday music

    とはいえ、世界的なチェリストや日常の音楽でさえも名曲とされている

  • listeners have revered for years.

    リスナーが長年崇拝してきた

  • So, what makes this composition so memorable, timeless, and beautiful?

    では、この構図は何が記憶に残りやすく、時代を超越した美しいものなのでしょうか?

  • Well that's what Alisa is going to help me deconstruct.

    アリサが解体するのを 手伝ってくれるんだ

  • My name is Alissa Weilerstein, and we are talking about the Prelude from Bach's first

    私の名前はアリッサ・ヴァイラーシュタインです。バッハの第1番の前奏曲についてお話しします。

  • cello suite in G Major.

    チェロ組曲 ト長調

  • This is Bach.

    これがバッハです。

  • And these are his six cello suites.

    そしてこれらは彼の6つのチェロ組曲です。

  • Within each suite are various movements named for dances, and they each have very strict

    各組曲の中には、ダンスの名前が付けられた様々な動きがあり、それぞれが非常に厳密に

  • structures.

    構造物を使用しています。

  • These movements are all masterpieces in music, and they get increasingly complex.

    これらの楽章はいずれも音楽の名曲であり、どんどん複雑になっていきます。

  • But before these dances begin, there's always a Prelude.

    しかし、これらのダンスが始まる前には、必ずプレリュードがあります。

  • In the Bach suites, it's a way to establish the key, to establish the motives, and it's

    バッハのスイートでは、キーを確立するために、動機を確立するために、それは

  • also a kind of improvisation.

    即興の一種でもある。

  • And this prelude in particular is revered because it achieves a lot with just a few

    そして、この前奏曲は特に、それがわずかな数で多くのことを達成しているので、尊敬されています。

  • very simple concepts.

    非常にシンプルな概念です。

  • To understand how, you first have to understand the very basics of the song.

    どうやって理解するかというと、まずは曲の基本をしっかりと理解することが必要です。

  • There's two main chords and keys you need to remember here, G and D.

    ここで覚えておかなければならないのは、GとDの2つの主要な和音とキーです。

  • Bach plays them off each other the entire prelude.

    バッハは全体の前奏曲をお互いにオフにそれらを再生します。

  • G is the home key for this composition - it's called the tonic.

    Gはこの曲のホームキーで、トニックと呼ばれています。

  • And every tonic has a dominant - that's the note a fifth above it.

    そして、すべてのトニックにはドミナントがあります。

  • If this is all going in one ear and out the next don't worry.

    これが片方の耳に入って次の耳から出てくるなら、心配しないでください。

  • Just remember this, the tonic and dominant work really well together.

    これだけは覚えておいてください、トニックとドミナントは本当にうまく機能します。

  • Where the dominant represents tension, the tonic represents release.

    ドミナントが緊張を表す場合、トニックは解放を表します。

  • And the cello is the perfect vessel to showcase this relationship.

    そして、チェロはこの関係性を表現するのに最適な器なのです。

  • This is a cello.

    これはチェロです。

  • It's the closest in range and in ability to express to the human voice.

    それは人間の声に最も近い範囲と表現能力を持っています。

  • You start from the very low range down here.

    君はこの下の非常に低い範囲から始めるんだ

  • You can imagine a really bass baritone type of sound to way up here.

    ここまで来ると、本当に低音バリトンのような音が想像できます。

  • This is really a violin range.

    これは本当にバイオリンの音域ですね。

  • Because the prelude is written in G major, it allows for a lot of open strings on the

    前奏曲はト長調で書かれているため、この曲では多くの開放弦を使用することができます。

  • cello, which gives the song a very natural resonance.

    チェロは、この曲に自然な響きを与えています。

  • An open string means I don't stop it with a finger.

    弦が開いているということは、指で止めないということです。

  • So if I do nothing with my left hand, this sounds a G.

    だから左手で何もしないと、これはGに聞こえる。

  • With a G major chord, two out of the three notes are open.

    ト長調のコードでは、3つの音のうち2つが開いています。

  • This natural sounding quality is what defines the G major prelude, and it's exactly what

    この自然な響きこそがト長調の前奏曲を定義するものであり、まさにその通りです。

  • Bach exploits starting with its first few measures.

    バッハは、その最初のいくつかの措置で始まる悪用します。

  • During the first half of the composition Bach is constantly arpeggiating chords.

    作曲の前半の間、バッハは常に和音をアルペッジしています。

  • It's a simple technique that enriches the harmony.

    シンプルなテクニックで和を豊かにしてくれます。

  • So this will be a G major chord.

    これはト長調のコードになるんですね。

  • And then arpeggiated.

    そしてアルペジオ。

  • There's a separation between the notes.

    音符と音符の間に分離がある

  • And then you go on.

    とか言って、先に進みます。

  • But he also does something else.

    しかし、彼は他にも何かをしている。

  • For me, one of the most profound aspects of this is the pedal point.

    私にとって最も奥が深いのは、ペダルポイントです。

  • Which means that the bass note remains constant even while the harmony is changing.

    つまり、ハーモニーが変化していても低音が一定であることを意味します。

  • The bass note through the first four measures is that very natural open G - its job is to

    最初の4小節までの低音は、非常に自然なオープンGです。

  • keep you rooted in the key of the song.

    曲のキーに根を張ったままで

  • With the bass.

    ベースと一緒に

  • So then you have that gravitas in there, even while the harmony is moving around.

    ハーモニーが動き回っていても、そこには重厚感があるんですね。

  • After these four measures though, things start to shift.

    しかし、この4つの対策の後には、物事がシフトし始めます。

  • Bach starts to pull the song away from the tonic to the dominant.

    バッハはトニックからドミナントへと曲を引っ張り始める。

  • Then we loose the pedal.

    そして、ペダルを緩める。

  • So this is the first shift, right?

    これが最初のシフトなんですね。

  • And then here we land in D major, the dominant.

    そして、ここでは支配的なニ長調に着地します。

  • You have a diminished chord here.

    ここの和音が弱くなっていますね。

  • Kind of cloud in the sky.

    空に浮かぶ雲のようなもの

  • A minor.

    マイナーです。

  • Then we climb again from here.

    そしてここからまた登っていきます。

  • Just like that, we're back to that familiar G pedal point.

    それだけで、おなじみのGペダルポイントに戻ってきました。

  • Listen for the bottom G.

    下のGを聴きます。

  • Home again.

    また家に帰ってきた

  • Near the end of the first half, Bach again drifts away from G major and reaches even

    前半の終わり近くになると、バッハは再びト長調から離れていきます。

  • deeper into the cello's bass range with a low C. Listen to this.

    チェロの低音域を低めのCで深みのある音にしてみてください。

  • The chord is [plays chord] with a D. Here.

    コードはDで[コードを弾く]です。

  • But he flips it on its head.

    しかし、彼はそれをひっくり返す。

  • With a C on the bottom.

    下にCをつけて

  • By the end of the first half Bach has pulled us completely into D major.

    前半の終わりまでに、バッハは私たちを完全にニ長調に引き込んでくれました。

  • He's warming our ears up for the second half of the composition which is all about

    彼は私たちの耳を温めてくれています。

  • exploring that dominant key.

    その支配的なキーを探ります。

  • At the beginning of the second half of the movement, right after the fermata which means

    後半の冒頭、フェルマータの直後、つまり

  • to hold on the note, then you have a very improvisatory section coming up.

    音符を押さえていると、非常に即興的なセクションが出てきます。

  • And this is actually I think my favorite moment of it with this E flat.

    そして、これは実は私がこのE♭で一番好きな瞬間だと思っています。

  • This dissonance.

    この不協和音。

  • And all of that just to get to D major.

    ニ長調になるためにも

  • We know that we have to get back to G major somehow.

    どうにかしてGメジャーに戻らなければならないことはわかっています。

  • How are we going to do it?

    どうやってやるんだ?

  • Now we start to kind of climb down.

    今、私たちは下に降り始めました。

  • C

    C

  • B

    B

  • A

    A

  • Still in D major

    まだニ長調

  • Bach pushes us more firmly into the world of D major with a technique called bariolage.

    バッハは、バリオラージュと呼ばれるテクニックで、私たちをよりしっかりとニ長調の世界に押し込んでくれます。

  • It's when you're making string crossings and it's actually supposed to kind of create

    弦を交差させている時に、それは実際に、ある種の創造をすることになっています。

  • this kind of feeling of disorder.

    こんな感じの乱れた感じ。

  • We have a constant open A string.

    定数開いたAの文字列があります。

  • Which is this.

    これはどれだ?

  • It's only one note that we're just repeating over and over again.

    何度も何度も繰り返しているだけの一音です。

  • And this is what causes all this mayhem, right?

    これがこの騒動の原因なんだよね?

  • All these attempts to get out of D major and he can't do it.

    ニ長調から出ようとしているのに、彼はそれができない。

  • Now we're in G major!

    これでト長調だ!

  • If you didn't catch that, something really quite perfect happened.

    あなたがそれをキャッチしていない場合は、何か本当に非常に完璧なことが起こった。

  • Let's play it again.

    もう一回やってみましょう。

  • You just wound up exactly where you started, D major.

    最初の場所に戻っただけだ、少佐

  • And then you have a chromatic scale up.

    そして、半音階が上がっているんですね。

  • And you land on this high G here.

    そして、この高いGの上に着地する。

  • And that's when we feel this kind of ecstatic feeling.

    そして、このような恍惚とした気持ちになる時です。

  • Leading up to G major's big reveal, Bach brings back that familiar pedal point from

    ト長調の大舞台に向けて、バッハはお馴染みのペダル・ポイントを復活させました。

  • the intro, but instead of using the G as the bass note, he flips the chord and uses the

    イントロでは、Gをベース音として使う代わりに、コードを反転させて

  • dominant D.

    ドミナントD

  • The bass note remains constant.

    低音は一定のままです。

  • Even as we're going up the chromatic scale.

    半音階を上げても

  • Listen, I'll do it slow.

    聞いてくれ ゆっくりやるよ

  • OK, now I know where I'm going.

    行き先が分かったわ

  • And we're so happy about it that we have to just keep kind of wandering around it.

    そして、私たちはそれがとても嬉しくて、その周りをうろうろし続けなければならないのです。

  • And, going back to one.

    そして、1に戻る。

  • Cellist all over the world wrestle with this prelude and the cello suites as a whole every

    世界中のチェリストがこの前奏曲とチェロ組曲全体と格闘しています。

  • single day.

    単一の日。

  • We cellist, we always feel sort of unworthy of it.

    私たちチェリストは、いつもそれにふさわしくないと感じています。

  • The music is so pure, so sublime, so emotional, so intellectual.

    音楽はとても純粋で、とても崇高で、とても感情的で、とても知的です。

  • They must be played, and yet we feel like we can't we can't really ever do them justice.

    彼らは演奏されなければならないのに、私たちはそれができないと感じています......私たちは本当に彼らを正当化することができません。

Recognize this?

これに見覚えは?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox チェロ ペダル 和音 低音 コード

あの有名なチェロの前奏曲を分解して (That famous cello prelude, deconstructed)

  • 12 3
    林宜悉 に公開 2020 年 09 月 10 日
動画の中の単語