Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - Hello everybody, welcome to my birthday vlog,

    - 皆さん、こんにちは、私の誕生日ブログへようこそ。

  • today's my birthday, I turn 37.

    今日は私の誕生日で、37歳になりました。

  • You know what I got for my birthday?

    誕生日に何をもらったか知ってる?

  • An ingrown hair.

    巻き毛。

  • No, for real, what I got from Martina,

    いや、マジで、マルティナからもらったもの。

  • I got this cool little scratcher map,

    かっこいいスクラッチマップを手に入れた

  • so we can scratch off all the countries that we went to,

    行った国のことを全て掻き消すことができるように

  • 'cause we've been to a lot of countries, this is amazing.

    いろんな国に行ってきたんだから、これはすごいよ。

  • My ducky is very sweet,

    うちのアヒルちゃんはとても甘いです。

  • and you know what else she set up for me?

    他に何を用意してくれたか知ってるか?

  • So, when I come downstairs in the morning,

    だから、朝、階下に降りてくると

  • I had...

    私は...

  • You see that?

    見たか?

  • She put all this tinsel?

    この飾りは彼女がつけたの?

  • Is it called tinsel?

    ティンゼルというのでしょうか?

  • What is this called?

    これは何と呼ばれているのでしょうか?

  • Arts and crafts girl, what's this called?

    図工少女、これは何て言うんだっけ?

  • My ducky doesn't want me to vlog this anymore.

    私のアヒルはもうこれをブログに書くのを望んでいません。

  • Martina hates when these, you ready?

    マルティナはこれが嫌いなんだ 準備はいいか?

  • Wee!

    ウィー!

  • Happy birthday to me!

    お誕生日おめでとうございます

  • Oh (sheep bleating) I got tangled.

    ああ(羊の鳴き声)絡まれた。

  • Oh my sweet girl, I'm gonna cry,

    ああ.........可愛い子..........泣きそう。

  • she made me a little breakfast bento

    朝ごはんのお弁当を作ってくれた

  • look, you have the little toothpicks on there.

    見て、そこに小さな爪楊枝があるわ。

  • Ducky, this is amazing!

    ダッキーさん、これはすごいですね!

  • It's such a small toothpick!

    こんなに小さい爪楊枝なのに!?

  • Oh my God, Ducky come here, beautiful girl.

    なんてことだ、ダッキー来てくれよ、美少女。

  • We are now on our way to-- - Shinjuku-eki.

    今から新宿駅に向かっています。

  • - And then where are we going from there?

    - そして、そこからどこへ行くのか?

  • - Well I'm not gonna tell you,

    - まあ............言わないけど。

  • when you're trying to put me on camera

    私を撮ろうとすると

  • but I'm not gonna do it to you.

    と言っても、私はあなたにはしません。

  • - It's a surprise.

    - 驚きです。

  • - But I did just get an alert saying that there is a delay,

    - ただ、遅延が発生しているというアラートが出ました。

  • because there's some kind of an accident between Harajuku,

    原宿と原宿の間に何か事故があるから

  • and Shinjuku, and Shibuya-eki,

    と新宿、そして渋谷駅。

  • so hopefully we'll make it to Shinjuku.

    新宿まで行けるといいですね。

  • - Oh.

    - ああ

  • - We have to get there by 3:30.

    - 3時半までには着かないといけない。

  • - Is it ram, oh my gosh, look at that,

    - ラムなのかな?

  • I should not have zoomed in. - Oh wow.

    拡大しなければよかった。- うわー。

  • - Tell me where we're going, answer me!

    - どこに行くのか教えてくれ!答えろ!

  • - No.

    - 駄目だ

  • - One of the big things for our birthdays

    - 誕生日の大きなものの一つ

  • that we always do--

    いつものことだが...

  • (Martina speaking in a foreign language)

    (外国語で話すマルティナ)

  • Is we always have to try to surprise each other

    私たちは常にお互いを驚かせようとする必要がありますか?

  • on our birthdays.

    私たちの誕生日に

  • It happened for, Martina mentioned it once,

    マルティナが一度だけ言ってたけど

  • at the beginning of our relationship,

    付き合い始めの頃は

  • and we've been doing it ever since.

    と、それ以来ずっとやっています。

  • - When will it stop?

    - いつになったら止まるの?

  • - When will it stop?

    - いつになったら止まるの?

  • So much work. - Please,

    これだけの仕事があるんですね。- お願いします

  • I'm tired of it, no more.

    もう飽きたよ、もう。

  • Blue Bottle Coffee's here,

    ブルーボトルコーヒーはこちら

  • I was so excited when it finally came,

    ようやく来た時には興奮してしまいました。

  • and then I realized it was a nightmare

    と思ったら悪夢だった

  • because Shinjuku Station always sucks,

    新宿駅はいつも糞だからな

  • and it's always filled with 97 people with no tables.

    で、いつもテーブルのない97人で埋まっています。

  • - True.

    - そうだな

  • - There's other good coffee shops,

    - 他にも美味しい喫茶店があります。

  • which you're gonna find out in this video later on,

    後でこのビデオを見ればわかると思います。

  • but Simon doesn't know (vocalizing).

    が、シモンは知らない(発声)。

  • - Ah, so we're going to a nice coffee shop!

    - あー、じゃあ、素敵な喫茶店に行くんだ!」と。

  • - [Martina] Not right now, but it's a hint.

    - 今は違うけど ヒントになるわ

  • - Oh!

    - うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

  • - [Martina] Eat that hint.

    - そのヒントを食べて

  • - I just had to turn on the camera, Martina, tell me more.

    - カメラのスイッチを入れただけだよ マルティナ もっと教えてくれよ

  • - No.

    - 駄目だ

  • - [Simon] Spill your guts.

    - 腹を割ってみろ

  • - No.

    - 駄目だ

  • So there are a bunch of shops that, hey wait a second!

    だから、ちょっと待って!というお店がたくさんあるんです。

  • - Martina's telling me more!

    - マルティナがもっと教えてくれた!

  • - Did you have that on the whole time?

    - ずっとつけてたの?

  • Seriously? - I did.

    (アルマン)マジで?- やったよ

  • You just turn on the camera and she confesses all.

    カメラのスイッチを入れるだけで、彼女はすべてを告白します。

  • Tell me your deepest darkest secrets.

    あなたの最も深い闇の秘密を教えてください。

  • - [Martina] No.

    - いいえ

  • - [Simon] What else are you hiding from me?

    - 他に何を隠している?

  • - Uh BTS'-- - Oh my God,

    - BTSのことだよ

  • are you (duck quacks) crazy?

    頭がおかしいのか?

  • This is my birthday, now it's my death day!

    今日は私の誕生日、今は私の死の日です!

  • - No, no, stop.

    - いや、やめてくれ。

  • (light bouncy music)

    (軽快な弾むような音楽)

  • - We have finally arrived at the location, we are at...

    - ようやくロケ地に到着しました、私たちは...

  • I'm not sure yet.

    まだよくわからない。

  • What?

    何だと?

  • - The last order's, shoot.

    - ラストオーダーは、シュート。

  • - At three? - It wasn't on the website,

    - 3で?- サイトには載ってなかった

  • it said that it closes at 3:30,

    3時半に閉まると書いてありました。

  • but I thought the last order would be 3:30

    と思っていたが、ラストオーダーは3:30

  • 'cause they usually close at four.

    普通は4時に閉まるから

  • - Gotcha.

    - 捕まえた

  • - But they close at three. - Ah it's alright.

    - でも3時で閉まる- ああ...大丈夫だよ

  • - Shoot, darn, and dang it.

    - 撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!撃て!

  • - Well there's lots of other cool stuff

    - まあ、他にもカッコいいものはたくさんあるんだけどね

  • we saw on the way.

    途中で見た

  • - [Martina] So, 11:30 to 2:30, the last order's at three.

    - 11:30から2:30でラストオーダーは3時。

  • - [Simon] Well we learned something new about restaurants.

    - レストランの事を学んだわ

  • - Well we didn't--

    - 私たちは...

  • - [Simon] If you ever see a sign about when it closes--

    - 閉店のサインを見たら...

  • - Give it half an hour.

    - 30分だけ待ってくれ

  • - [Simon] Yeah give it half an hour.

    - 30分後だ

  • - We did a video on food, remember?

    - 食べ物の動画をやったの覚えてる?

  • We talked about looking at orders and stuff,

    注文とかを見て話をしていました。

  • we've talked about how many times

    何度話したことか

  • we've been bamboozled by it but it's never caught on camera.

    私たちはそれに惑わされていますが、それはカメラに収まることはありませんでした。

  • Oh, I have a second back up.

    ああ、もう一つバックアップがあるんだ。

  • - Oh! - But she didn't,

    - でも彼女はしなかった

  • she searches wildly on her map that she's pinned from before

    前から貼ってある地図で必死に検索している

  • knowing that near everything is closed,

    すべてのものが閉じられていることを知っています。

  • now that it nears 3:30.

    3:30に近づいた今

  • (light bouncy music)

    (軽快な弾むような音楽)

  • Okay, we're in official ramen hunting mode now.

    よし、正式にラーメン狩りモードに入ったぞ。

  • - Yep.

    - そうだな

  • - This is my favorite kinda mode,

    - これは私の好きなキンダモードです。

  • we don't often coincide on ramen hunting days,

    ラーメン狩りの日はあまり重ならないのですが

  • like there's some days where Simon's like,

    サイモンのような日があるように

  • "I just really wanna smash a greasy bowl of ramen,"

    "脂っこいラーメンをぶっ潰したいだけなんだ"

  • and I'm like "Yeah I don't feel like that today."

    とか「うん......今日はそんな気がしない」とか。

  • And then we're like "Dang it,"

    そして、私たちは、"クソッ "となった。

  • and then there's another time when I'm like,

    って感じの時もあります。

  • "Let's go for some greasy-ass ramen,"

    "脂っこいラーメンを食べに行こう"

  • and Simon's like, "I just worked out and I don't want that."

    サイモンは "鍛えたばかりだし そんなのいらない "って

  • And I'm like...

    そして私は...

  • But today, a miracle has happened.

    しかし、今日は奇跡が起きました。

  • - We both have agreed. - It's a birthday miracle,

    - 二人の意見が一致しました。- 誕生日の奇跡です。

  • we're both like "Let's go smash a bowl of ramen."

    二人で "ラーメンを潰しに行こう "って感じで

  • And we're both like "Yes!"

    二人で "やったー!"って感じで

  • I'm sorry.

    済みませんでした。

  • This is really (speaks in foreign language) honestly.

    これは本当に(外国語で話す)正直なところ。

  • It's temporarily closed, it's a total fluke.

    一時的に閉鎖されていて、完全にフクザツだな。

  • It's temporarily closed.

    一時的に閉鎖されています。

  • - [Simon] Yeah, all right.

    - そうだな

  • What else you got on this list here?

    他に何があるんだ?

  • - See, this is when people don't understand

    - これは人々が理解していない時だ

  • when we say ramen hunt.

    ラーメンハントと言えば

  • - We've been walking for hours.

    - 何時間も歩いてきました。

  • (Martina vocalizing)

    (マルティナの発声)

  • I think we might finally have found a place that's open.

    やっと空いているところを見つけたかもしれませんね。

  • We're going for Hakata style ramen--

    博多ラーメンを食べに...

  • - And Hakata style ramen is so good, it's so creamy.

    - そして、博多風ラーメンはクリーミーでとても美味しいです。

  • - Okay, let's go girl, let's go.

    - よし、女の子、行こうぜ。

  • (light upbeat music)

    (軽快なアップビートの音楽)

  • Yeah boy!

    イェーイ!

  • Yes everybody,

    はい、皆さん。

  • we are wearing matching shirts on my birthday.

    誕生日にお揃いのシャツを着ています。

  • Cheers love. - Cheers.

    乾杯- 乾杯

  • And I look like a gigantic woman,

    そして、私は巨大な女性のように見えます。

  • and you look like a tiny boy.

    と、ちっちゃい男の子のような顔をしています。

  • - Oh no! - Oh no!

    - あーあ、ダメだ。

  • (Simon speaks in foreign language)

    (サイモンは外国語で話す)

  • Did you say (speaks in foreign language)

    とおっしゃいましたか

  • as though you live in Busan?

    まるで釜山に住んでいるかのように?

  • - Stop it, you're so huge.

    - やめて、あなたはとても大きいのよ。

  • - Do you have your tiny half drink halfling?

    - ちっちゃいハーフドリンクのハーフリングはあるのか?

  • Yours is poured in but a thimble.

    あなたのは注ぎ込まれているが、指ぬきではない。

  • - Ready?

    - 準備はいいか?

  • Cheers.

    乾杯

  • - Ding!

    - チン!

  • I don't know how I'm going to get through this.

    どうやって乗り切ればいいのかわからない。

  • - Gorgeous egg.

    - ゴージャスな卵。

  • We are starving but we are dedicated, alright?

    飢えていますが、私たちは献身的です、いいですか?

  • - That's enough.

    - もういいでしょう。

  • - That's enough. - We need to eat.

    - もういいわ- 食べないと

  • We need to eat. - It's time for me to eat.

    食べる時間だ- 私が食べる時間です。

  • - [Narrator] Oh, Hakata style ramen,

    - ナレーター】あ、博多風ラーメンですね。

  • you are a dirty, tonkatsu ramen with a thick oily top,

    お前は脂っこい上に汚いとんかつラーメンだな。

  • unforgiving with your lush broth

    潤いのあるスープには容赦がない

  • clinging to those thin noodles.

    その細い麺にしがみついている

  • Ooh, light, bouncy,

    おー、軽い、弾む。

  • but not too overpowering for them.

    しかし、彼らにはあまり無理はさせません。

  • I can't wait to slurp these up, heck yes,

    早くこれを飲み干したいわ。

  • I could eat these everyday.

    これなら毎日でも食べられそうですね。

  • (record scratches) - Why you keep meowing?

    (レコードスクラッチ) - なぜ鳴き続けるの?

  • Why do you keep meowing?

    なぜ鳴き続けるの?

  • Explain yourself to me tiny sir, huh?

    説明してくれないか?

  • I'm trying to do a voice over, hm?

    声優やってみたんだけど、ん?

  • Mommy's trying to do a sexy food porn voice over, and you,

    ママはセクシーフードAVの声優をやろうとしているのに、あなたは

  • where are you going?

    どこへ行くの?

  • Do you wanna go up here?

    上に行きたいのか?

  • Come on, let's get you up here, wanna smell the window?

    さあ、ここに来て 窓の匂いを嗅ぐか?

  • There you go, hi-yah, for you.

    ほら、ハイハイ、あなたのために。

  • I know you like that, I do indeed.

    あなたが好きなのは知っていますよ、確かに。

  • - [Narrator] And these tiny Fukuoka style Gyoza,

    - そして、このちっちゃい福岡風の餃子。

  • they are sinful, you could eat 10 of these just by yourself.

    これは罪深い、一人で10個食べても大丈夫。

  • Oh danger, we are in danger.

    ああ危険だ、危険だ。

  • Oh my God, this egg, it's been smoked,

    やばい、この卵、燻製になってる。

  • it literally tastes smokey,

    文字通りスモーキーな味がする

  • and delicious soft yoke at the same time, ooh.

    と美味しそうなソフトヨークを同時に、おっと。

  • - I would say that was quite the scrumptious meal,

    - それは、かなり豪華な食事だったと言ってもいいでしょう。

  • wouldn't you say so, darling?

    そうだろう?

  • - I would indeed, I liked smashing that bowl of ramen,

    - 確かに、あのラーメンのどんぶりを叩き潰すのは好きだったな。

  • and those 10 gyozas, along with the lemon sour.

    レモンサワーと一緒に、その10個の餃子も。

  • - Burning secret question is, where are we going next?

    - 燃える秘密の問題は、次はどこに行くのか?

  • - Okay, now we're going on an adventure.

    - よし、これから冒険に出るぞ。

  • - So we have left our little shop now, wait, what?

    - だから私たちは今、小さな店を出た、待って、何?

  • We've left our...

    私たちは、私たちの...

  • I'm going to try this again.

    これはもう一回やってみようと思います。

  • So we just left our ramen shop,

    ということで、ラーメン屋さんを後にしました。

  • and now we're on our way for coffee, it's 4:30 p.m,

    今からコーヒーを飲みに行く 4時半です

  • I know we shouldn't drink coffee this late,

    こんなに遅くまでコーヒーを飲んではいけないのはわかっている。

  • but if we don't, we're gonna die.

    でも、そうしないと死んでしまう。

  • That's it, so we gotta have some coffee, or we're gonna die.

    コーヒーを飲まないと死ぬぞ

  • (upbeat quirky music)

    (アップビートな風変わりな音楽)

  • So we are at the-- - 4/4 Seasons Coffee.

    4/4シーズンズコーヒーにいます。

  • - 4/4 Seasons Coffee, this is the first time

    - 4/4シーズンズコーヒー、初めてです。

  • I've ever had to wait in line for coffee.

    コーヒーを飲むために並んで待ったことがあります。

  • What?

    何だと?

  • Waiting in line?

    並んで待ってるの?

  • For coffee?

    コーヒーに?

  • This better be good. - I have a theory.

    これは良いことだ- 私には推理がある

  • - [Simon] Let's hear it.

    - 聞かせてくれ

  • - Okay, some shops are very meticulous

    - いいですよ、細かいところまで気を配っているお店もありますし

  • with their hand dripping.

    手を滴らせながら

  • That's what they wanna do.

    それが彼らのやりたいことだ

  • And there might only one barista, or two baristas,

    そして、バリスタは一人しかいないかもしれないし、二人しかいないかもしれない。

  • and so what you're waiting for is really good coffee,

    だから、あなたが待っているのは、本当に美味しいコーヒーなのです。

  • in a neighborhood that is surrounded by a lot of chains,

    チェーン店が多い地域で

  • because we are in the Shinjuku area,

    新宿界隈だから

  • it's like a lot of chains,

    鎖が多いような気がします。

  • and so it's like you gotta wait in line

    並んで待っているようなものだから

  • for someone to drip each person a coffee,

    誰かが一人一人にコーヒーをドリップするために。

  • and every coffee takes what, three to five minutes?

    コーヒーを飲むのに3分から5分かかるの?

  • - Alright, let's see what this coffee is all about.

    - さてさて、このコーヒーがどんなものか見てみましょう。

  • Because I need it, all about, inside of my stomach.

    私には必要だからだ、すべては、私の胃の中で。

  • (people chattering)

    (人々のおしゃべり)

  • - Almost everyone has the pudding.

    - ほとんどの人がプリンを持っています。

  • - [Simon] Yeah, I hope they're not sold out.

    - 売り切れてなければいいが。

  • - Okay so I wasn't even gonna go for pudding,

    - プリンを食べに行くつもりはなかったんだ。

  • I should have known,

    知っておくべきだった

  • the first thing on the list said pudding,

    リストの最初にプリンと書いてあった。

  • of course should get it.

    もちろん、それを取得する必要があります。

  • I have to try the pudding, that's like my,

    プリンを食べてみないと、それは私のもののようです。

  • I have to put it up against my own, you know?

    自分と重ね合わせないといけないんだよ。

  • - [Simon] You'll be putting it up against your own.

    - 自分のものと照らし合わせることになる。

  • (horn honks)

    (クラクションが鳴る)

  • Can't light it.

    火をつけられない

  • - [Martina] It's a representation of your age, 30--

    - あなたの年齢を表現しているのよ 30歳の...

  • - [Simon] Okay you don't have to put that many

    - そんなにたくさん入れなくてもいいよ

  • candles in my pudding, hey. - This is 30.

    プリンにロウソクを入れてね- これは30です。

  • - [Simon] Hey.

    - やあ

  • - Come again.

    - また来てくれ

  • (Martina mumbles)

    (マルティナがつぶやく)

  • It was so lovely, it's called 4/4 Seasons Coffee

    4/4シーズンズコーヒーという名前で、とても可愛かったです。

  • in Shinjuku, and they were so crazy busy when we got here,

    新宿に来た時はめちゃくちゃ忙しくて

  • as you saw, and I asked them if it's always like this,

    を見たように、「いつもこんな感じなのかな」と聞いてみました。

  • and she's like they just got really popular

    人気が出てきたみたいで

  • from their pudding, and originally I wasn't gonna get it,

    元々私はそれを手に入れるつもりはなかったんです