Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I think there's something very profound and maybe irreversible happening to human

    人間には何か非常に深いものがあり、多分取り返しのつかないことが起きていると思います。

  • attention in the digital age. I think it's more than just distraction, and it's more

    デジタル時代の注意気を散らすだけではなく、それ以上に

  • than even just addiction. It could actually be the defining political and moral challenge

    ただの中毒よりも政治的、道徳的な挑戦の定義になるかもしれません。

  • of our time. I want to start with clearing the ground with

    私たちの時間をとのクリアリングから始めたいと思います。

  • an observation that Herbert Simon made in the 1970s – “when information becomes

    ハーバート・サイモンが1970年代に行った観察である。

  • abundant, attention becomes the scarce resource”. This is an observation that I think we're

    豊かになると注意が希少資源になる」とあります。これは、私たちが考えている観察では

  • only just starting to understand what it means for human life and society.

    それが人間の生活や社会にとって何を意味するのかを理解し始めたばかりです。

  • This whole environment that has emerged in the last couple of years to compete for our

    ここ数年の間に出てきたこの全体の環境は、私たちの競争のために

  • attention in scientific, systematic ways is often called the attention economy.

    科学的、体系的な方法で注意を払うことは、しばしば注意経済と呼ばれています。

  • If you think about the goals that you have for yourself, your life, today, this week,

    自分の人生、今日、今週の目標を考えてみると

  • this yearthey're probably things like, I want to spend more time with family, I want

    今年は家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時間を増やしたい、家族との時

  • to learn how to play the piano, I want to take that trip I've been thinking about

    ピアノが弾けるようになるまで、ずっと考えていた旅行に行きたいです。

  • and reflect on my lifethese are real human goals.

    と自分の人生を振り返り、これが本当の人間の目標です。

  • But if you look at the goals that technologies have for usthey're not usually these

    しかし、テクノロジーが私たちにもたらす目標を見てみると、それは通常、このような目標ではありません。

  • thingsthey're things like - maximise the amount of time we spend with them, time

    共に過ごす時間を最大にする、時間を最大にする、というようなことです。

  • on site, or the number of clicks, the number of times we can scroll or tap, the number

    サイト上でのクリック数や、スクロールやタップの回数や

  • of page views or ad viewsthings like this.

    ページビューや広告の表示 - このようなもの。

  • There's a deep fundamental gap here, between the goals we have and the goals our technologies

    ここには、私たちが持っている目標と私たちの技術が持っている目標との間に、深い根本的なギャップがあります。

  • have for us. And so, I think there is this kind of inconvenient truth that we either

    私たちのために持っていますそれで、このような不都合な真実があると思います。

  • kind of ignore, or maybe don't know about a lot of the time, which is that the attention

    無視しているような、あるいは多分知らないことが多い、ということは注目されているということです。

  • economy, by and large, is not on our side. Its goals are not our goals. We trust these

    経済は、全般的に、我々の味方ではありません。その目標は我々の目標ではありません私たちはこれらを信頼しています

  • things to be GPS for our lives, but really they're directing us to these petty engagement

    私たちの生活のためのGPSだと思っていても実際にはこれらの些細な婚約に私たちを誘導しています

  • goals. And this is very well known by the people

    目標ですそして、これは人々に非常によく知られています。

  • who create themthe CEO of Netflix a little while back said in addition to Snapchat and

    それらを作成する人 - NetflixのCEOは少し前にSnapchatに加えて言った

  • YouTube, one of their major competitors was sleep. Steve Jobs did not let his children

    YouTube、彼らの主要な競争相手の1つはスリープだった。スティーブ・ジョブズは子供たちに

  • use the iPad, right? Broadly speaking, what's happened in the

    はiPadを使っていますよね?で起きたことを大まかに言うと

  • last couple of decades is our knowledge of psychology, and particularly our non-rational

    ここ数十年の間に、心理学の知識、特に非合理的なものは

  • biases, these vulnerabilities in our brain, you know, non-rational dynamics of decision

    バイアスがかかっていて 脳の脆弱性があるんですよね 非合理的な意思決定のダイナミクスがあるんです

  • making, we've developed an enormous catalogue of these things, and at the same time this

    膨大なカタログを作成してきました。

  • system has emerged on the internet – a system of measurement, message delivery, optimisation

    インターネット上に出現したシステム - 測定、メッセージ配信、最適化のシステム

  • and experimentationand these two trends have come into conversation now in the attention

    と実験 - そして、これらの2つの傾向は今、注目の中で話題になっています。

  • economy. What this means now is that this industrial-scale persuasion is now the primary

    の経済を支えているのです。これが今何を意味するかというと、この産業規模の説得が

  • business model of our first really major global communications medium.

    当社初の本当にメジャーなグローバルコミュニケーションメディアのビジネスモデル。

  • And this isn't widely talked about. We still call companies like Facebook or Google social

    そして、これはあまり広く語られていません。私たちは今でもFacebookやGoogleのような企業をソーシャルと呼んでいます

  • media companies, but they're not selling social media, they're selling our attention.

    メディア企業ですが、彼らはソーシャルメディアを売っているのではなく、私たちの注目を売っているのです。

  • But I think another factor that makes this so urgent is this power to shape people's

    しかし、これを急務としているもう一つの要因は、人の心を形づくる力だと思います。

  • attention, to persuade people to one end or another, is increasingly centralised in the

    人々を説得するための注意は、ますます集中化しています。

  • hands of just a few people, in a few companies, in one state, in one country.

    僅かな人の手で、僅かな会社で、僅かな人の手で、僅かな国で、僅かな州で、僅かな人の手で

  • It's a weird irony that the whole point of the internet was that it was decentralized

    インターネットの要点が分散化されていたのは変な皮肉だが

  • in its infrastructure, but then the platforms that have emerged on it have been so so centralized

    しかし、その上に出現したプラットフォームは非常に中央集権的なものでした。

  • so that literally there are people who would probably fit in this room who have their hands

    文字通り、この部屋に収まるであろう人たちの中には、自分の手を持っている人たちがいます。

  • on levers that can control the attentional habits of over 2 billion people on Planet

    地球上の20億人以上の人々の注意力の習慣をコントロールすることができるレバーについて

  • Earth. What I realised when I was working at Google

    地球のこと。Googleで働いていて気づいたこと

  • is, looking across at the industry, at the state of the attention economy and how little

    は、業界を横断して、注目経済の状態を見て、どのように少し

  • it was being talked about it society and then feeling its effects in my own life, honestly

    社会で話題になり、その影響を自分の生活の中で感じていたのが正直なところです。

  • that there was more technology around me than ever before but it was harder somehow

    - 私の周りには以前よりも多くの技術がありましたが、それは何となく難しいものでした。

  • to do what I wanted to do - I felt we'd made the same mistake that Aldous Huxley talked

    自分のやりたいことをするために - アルダス・ハクスリーが話したのと同じ過ちを犯していると感じました。

  • about when he was lamenting that the defenders of freedom in his own time had failed to take

    彼は自分の時代の自由の擁護者たちが

  • into account man's almost infinite appetite for distractions.

    人間の気晴らしのための無限の食欲を考慮に入れる。

  • I want to suggest that if we're at all serious about promoting freedom or autonomy in the

    自由や自律を促進することに真剣に取り組んでいるのであれば

  • digital age, it's really urgent for us to look at this situation and to start taking

    デジタル時代には、この状況に目を向け、行動を起こすことが急務となっています。

  • into account our infinite appetite for distractions. I think what that would entail is starting

    気晴らしのための無限の食欲を 考慮に入れていますそれが何を必要とするかというと

  • to assert and defend our freedom of attention.

    注意の自由を主張し、守るために

I think there's something very profound and maybe irreversible happening to human

人間には何か非常に深いものがあり、多分取り返しのつかないことが起きていると思います。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 家族 時間 目標 注意 注目 経済

私たちの注意力は売り物ですか? (Is Our Attention for Sale?)

  • 19 1
    Summer に公開 2020 年 08 月 28 日
動画の中の単語