Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In much of Western Europe and America, seasonings mean salt and pepper.

    西欧やアメリカの多くでは、調味料とは塩と胡椒のこと。

  • They are so strong a pairing that we even use them to describe people --think of George Clooney and his trademark salt and pepper hair.

    彼らは非常に強力なペアリングであるため、私たちは人々を記述するためにそれらを使用することさえあります。ジョージ・クルーニーとトレードマークのソルト&ペッパーヘアを思い浮かべてみてください。

  • But where did they come from, and why do they form such a ubiquitous pairing?

    しかし、彼らはどこから来たのでしょうか。なぜこのようなユビキタスなペアリングを形成しているのでしょうか?

  • Salt is essential for life, and it's been used since prehistoric times, either scraped from saltwater deposits, harvested from salty lakes, or mined from underground.

    塩は生活に欠かせないもので、太古の昔から使われてきました。塩水鉱床から削り取ったものか、塩分の多い湖から採取したり、地下から採掘したりしています。

  • It's one of the earliest food industries, and one of the most important commodities in the world.

    初期の食品産業の一つです。と世界で最も重要な商品の一つです。

  • It makes food taste better, but it's also vital for preservation - whether of meat or vegetables.

    食べ物を美味しくしてくれますが、保存にも欠かせません。肉でも野菜でも

  • Methods for producing and controlling it were developed by all the classic civilisations, most notably the Romans, who left their mark on modern day language with their word for saltsal.

    製造方法及び管理方法はすべての古典文明によって開発されました。特にローマ人。げんだいごのかみ塩を意味する彼らの言葉を使って - sal.

  • Roman soldiers received their salarymoney to buy saltand salads were vegetables and greens seasoned with salt.

    ローマの兵士は給料をもらっていた - 塩を買うためのお金。とサラダは塩で味付けされた野菜や青菜でした。

  • In the medieval period salt was expensive, and frequently controlled by the state.

    中世の塩は高価なものでした。と頻繁に国家によって制御されています。

  • Huge, ornate vessels for the table were made out of gold and silver, dominating dinner tables, and indicating very clearly who was of high status.

    テーブルのための巨大で装飾的な器は、金と銀で作られていました。食卓を支配していると非常に明確に誰が高い地位にあったことを示しています。

  • Sitting below the salt--i.e. not on the highest table--well, clearly you weren't exactly exalted.

    塩の下に座る、つまり一番高いテーブルの上には座らない。明らかに高貴ではなかったな

  • Having salt on the table was as much for show as practicality.

    テーブルの上に塩を置くことは、実用性と同じくらい見せ場でした。

  • For dishes were seasoned in the kitchen, but adding salt to one's meat--with the tip of the knife--was common practice, and the uncertain noble could buy written advice on exactly how salt etiquette worked along with the even thornier question of how to carve.

    料理用の味付けがされていました。刺身に塩を付けるが一般的でした。迷うほどの貴公子も文句を言う塩の作法について、どのように彫るのかという、さらに困難な問題と一緒に。

  • But how did pepper come to join it?

    しかし、胡椒はどうやって参加するようになったのでしょうか?

  • It was one among a wide range of spices available to the medieval cook, and it was expensive--in the 1430s one pound of peppercorns cost as much as a pig.

    様々な香辛料の中の一つでした。中世の料理人にも使えるし、値段も高かったし1430年代には、1ポンドの胡椒の実が豚と同じくらいの値段だったそうです。

  • In the late 15th Century, the Portuguese took control of Malabar in east India, and started cultivating black pepper on a large scale.

    15世紀後半には、ポルトガル人が東インドのマラバルを支配した。と、大規模な黒胡椒の栽培を開始しました。

  • Prices fell, in line with over supply, and pepper became more readily available.

    物価は供給過剰に伴い下落した。と胡椒が手に入りやすくなった。

  • By the 16th Century the phrase "peppercorn rent" was in use, to mean a nominal sum.

    16世紀には「ペッパーコーン・レンタル」という言葉が使われるようになりました。を使用して、名目上の合計を意味します。

  • The real boost though, came with a change in culinary fashion to favour the French.

    しかし、本当のブースト。フランス人に好まれるように料理のファッションが変化してきました。

  • They loved black pepper, and their chefs were busy tidying and simplifying medieval cuisine, delineating more firmly sweet from savoury, and codifying which ingredients worked with which.

    彼らは黒胡椒が大好きでした。とその料理人たちは、中世の料理の整理整頓と簡素化に奔走していました。香ばしいものから甘いものをよりしっかりと。どの成分がどのように作用するかを成文化しました。

  • Salt was obviously savoury.

    塩は明らかに香ばしいものでした。

  • Pepper tended that way, and so the fashionable French-style dishes of the next century used both, together, and with fewer and fewer other spices.

    ペッパーはその傾向がありました。ということで、オシャレなフレンチスタイルのお料理、次の世紀の人々は、両方を一緒に使っていました。と、他のスパイスが少なくなってきています。

  • By the Victorian age, salt and pepper were coming together as standard seasonings.

    ヴィクトリア朝時代までに、塩コショウが定番の調味料としてまとまっていました。

  • However, other forms of pepper vied with black, and cayenne also appeared frequently in cookery books.

    しかし、他の形態の胡椒は黒と競合していました。とカイエンも料理本によく登場します。

  • Salt was still on the table, now in small salt cellars, no longer just for the privileged few.

    塩がテーブルの上に残っていました-。今は小さな塩蔵で、もはや特権階級のためだけのものではありません。

  • In 1911 the Morton Salt Company of Chicago patented an easy-flow salt and salt shakers could finally take off.

    1911年、シカゴのモートンソルトカンパニーはイージーフローソルトの特許を取得と塩振器がようやく離陸できた。

  • During the 20th Century, pepper shakers joined them.

    20世紀には、ペッパーシェーカーも加わった。

  • Then, as package holidays introduced Brits to freshly ground pepper at the table, pepper mills replaced the shakers.

    その後、パッケージホリデーが導入されたことで、イギリス人はをテーブルの上で挽きたての胡椒にペッパーミルはシェーカーの代わりに

  • Phew.

    ふぅ

  • It's not a ubiquitous combination everywhere though--other cultures might still have the salt but replace the black pepper with chilli.

    しかし、どこにでもあるようなユビキタスな組み合わせではありません。他の文化にはまだ塩があるかもしれない。しかし、黒胡椒を唐辛子に置き換えてください。

  • And let us not forget the pickles, the sambals, the vinegars, the fish sauces and the salsas.

    ピクルスやサンバルも忘れてはいけません。酢の物、魚のソース、サルサ。

  • Can I make room on my table and have them all?

    テーブルの上にスペースを作って、全部持っていてもいいですか?

In much of Western Europe and America, seasonings mean salt and pepper.

西欧やアメリカの多くでは、調味料とは塩と胡椒のこと。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 胡椒 ペッパー 料理 テーブル 世紀 中世

塩と胡椒の簡単な歴史|エディブルヒストリー 第7話|BBCアイデア (A brief history of salt and pepper | Edible Histories Episode 7 | BBC Ideas)

  • 5868 292
    Summer に公開 2020 年 08 月 25 日
動画の中の単語