Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • INTRODUCTION

    はじめに

  • It is believed that the scene of this tale, and most of the information necessary to

    それは、に、この物語の場面、そして情報のほとんどが必要と考えられている

  • understand its allusions, are rendered sufficiently obvious to the reader in the

    その暗示を理解し、で読者に十分に明らかにレンダリングされます

  • text itself, or in the accompanying notes.

    テキスト自体、または添付の注記インチ

  • Still there is so much obscurity in the Indian traditions, and so much confusion in

    それでもインドの伝統にそんなにあいまい、とのように多くの混乱がある

  • the Indian names, as to render some explanation useful.

    いくつかの説明が有用なレンダリングするようにインドの名前は、。

  • Few men exhibit greater diversity, or, if we may so express it, greater antithesis of

    いくつかの男性は、私たちはので、それを表現する可能性がある場合、より大きなアンチテーゼをより大きな多様性を示す、または

  • character, than the native warrior of North America.

    北アメリカのネイティブの戦士よりも文字、。

  • In war, he is daring, boastful, cunning, ruthless, self-denying, and self-devoted;

    戦争で、彼は、大胆な大言壮語、狡猾、冷酷な、自己否定、自己献身的です。

  • in peace, just, generous, hospitable, revengeful, superstitious, modest, and

    平和で、ちょうど、ささやかな、迷信、復讐、親切、寛大な、と

  • commonly chaste.

    一般的に貞淑な。

  • These are qualities, it is true, which do not distinguish all alike; but they are so

    これらの資質である、それは同様にすべてを区別しないでいる、trueですが、彼らはそうです。

  • far the predominating traits of these remarkable people as to be characteristic.

    特性となるようにこれらの顕著な人々のはるかに優位な形質。

  • It is generally believed that the Aborigines of the American continent have

    それは一般的に北米大陸の原住民が持っていると考えられている

  • an Asiatic origin.

    アジア起源。

  • There are many physical as well as moral facts which corroborate this opinion, and

    この意見を裏付ける多くの物理的なだけでなく、道徳的事実は、存在すると

  • some few that would seem to weigh against it.

    それに対して、比較検討するように思われるそのいくつかのいくつか。

  • The color of the Indian, the writer believes, is peculiar to himself, and while

    インドの色は、作家は考えている、彼自身に特有であり、一方

  • his cheek-bones have a very striking indication of a Tartar origin, his eyes

    彼の頬の骨が彼の目、タルタルの起源の非常に印象的な指標を持っている

  • have not.

    持っていない。

  • Climate may have had great influence on the former, but it is difficult to see how it

    気候は、前者に多大な影響を与えたかもしれない、しかしそれはどのように確認することは困難です。

  • can have produced the substantial difference which exists in the latter.

    後者に存在する実質的な違いを作り出したことができる。

  • The imagery of the Indian, both in his poetry and in his oratory, is oriental;

    彼の詩で、彼の演説の両方のインドの画像は、、東洋のです。

  • chastened, and perhaps improved, by the limited range of his practical knowledge.

    鍛え、そしておそらく彼の実用的な知識の限られた範囲で、改善された。

  • He draws his metaphors from the clouds, the seasons, the birds, the beasts, and the

    彼は雲から隠喩、季節、鳥、獣、および描画

  • vegetable world.

    野菜の世界。

  • In this, perhaps, he does no more than any other energetic and imaginative race would

    この中で、おそらく、彼は他の精力的で想像力豊かなレースよりも上回るものはありませんでしょう

  • do, being compelled to set bounds to fancy by experience; but the North American

    、か経験によって空想に境界を設定することを強制されている、しかし、北米

  • Indian clothes his ideas in a dress which

    インドの服どのドレスで彼のアイデア

  • is different from that of the African, and is oriental in itself.

    アフリカのものとは異なっている、そしてそれ自体に東洋のです。

  • His language has the richness and sententious fullness of the Chinese.

    彼の言語は、中国の豊かさと格言膨満感を持っています。

  • He will express a phrase in a word, and he will qualify the meaning of an entire

    彼は単語のフレーズを発現するであろう、と彼は全体の意味を修飾する予定

  • sentence by a syllable; he will even convey different significations by the simplest

    音節での文は、彼はごく単純なことで別な意味を伝えるもの

  • inflections of the voice.

    声の抑揚。

  • Philologists have said that there are but two or three languages, properly speaking,

    言語学者は、適切に言えば、しかし、2つまたは3つの言語が存在すると述べている

  • among all the numerous tribes which formerly occupied the country that now

    今では以前は国が占有されているすべての多数の部族間

  • composes the United States.

    米国を構成。

  • They ascribe the known difficulty one people have to understand another to

    彼らは1つの人々がするお互いを理解する必要が知られている困難をものとみなす

  • corruptions and dialects.

    破損や方言。

  • The writer remembers to have been present at an interview between two chiefs of the

    作家は、次の2首長の間でのインタビューで存在していたために覚えている

  • Great Prairies west of the Mississippi, and when an interpreter was in attendance who

    偉大なミシシッピ川の西の草原、そしてときには通訳が出席していた人

  • spoke both their languages.

    両方彼らの言語を話した。

  • The warriors appeared to be on the most friendly terms, and seemingly conversed

    戦士たちは、最も懇意にしように見えた、と一見conversed

  • much together; yet, according to the account of the interpreter, each was

    ずっと一緒に、まだ、インタプリタのアカウントに応じて、それぞれにあった

  • absolutely ignorant of what the other said.

    他が言ったことの絶対に知らない。

  • They were of hostile tribes, brought together by the influence of the American

    彼らはアメリカの影響力によってひとつにまとめ、敵対的な部族のものであった

  • government; and it is worthy of remark, that a common policy led them both to adopt

    政府、そしてそれは一般的なポリシーがそれらの両方が採用につながったことを、発言の価値がある

  • the same subject.

    同じ主題。

  • They mutually exhorted each other to be of use in the event of the chances of war

    彼らは相互に戦争の可能性のイベントでの利用にはお互いをexhorted

  • throwing either of the parties into the hands of his enemies.

    彼の敵の手に当事者のいずれかをスローします。

  • Whatever may be the truth, as respects the root and the genius of the Indian tongues,

    ルートとインドの舌の天才の点として、真実が何であれ、

  • it is quite certain they are now so distinct in their words as to possess most

    それは彼らが今最もを所有するように彼らの言葉のように異なっている非常に確かである

  • of the disadvantages of strange languages;

    奇妙な言語の欠点の;

  • hence much of the embarrassment that has arisen in learning their histories, and

    それ故に彼らの歴史を学ぶことで生じている恥ずかしさのあまり、と

  • most of the uncertainty which exists in their traditions.

    彼らの伝統に存在する不確実性のほとんど。

  • Like nations of higher pretensions, the American Indian gives a very different

    高い自負の国々と同様に、アメリカインディアンは、非常に異なることができます

  • account of his own tribe or race from that which is given by other people.

    他の人によって与えられることから、自分の部族や人種のアカウント。

  • He is much addicted to overestimating his own perfections, and to undervaluing those

    彼はずっと彼自身の完全さを過大評価するために中毒になっている、とそれらを過小評価する

  • of his rival or his enemy; a trait which may possibly be thought corroborative of

    おそらくの裏付けとなると思われることが特徴。ライバルや敵の

  • the Mosaic account of the creation.

    創造のモザイクアカウント。

  • The whites have assisted greatly in rendering the traditions of the Aborigines

    白人はアボリジニの伝統をレンダリングで大きく支援しています

  • more obscure by their own manner of corrupting names.

    破損の名前の独自の方法によって、よりあいまいな。

  • Thus, the term used in the title of this book has undergone the changes of

    したがって、本書のタイトルに使用される用語は、の変化を遂げている

  • Mahicanni, Mohicans, and Mohegans; the latter being the word commonly used by the

    Mahicanni、モヒカン族、そしてMohegans、一般で使用される単語後者

  • whites.

    白人。

  • When it is remembered that the Dutch (who first settled New York), the English, and

    それが記憶されている場合は、オランダ(最初ニューヨークに定住者)、英語、および

  • the French, all gave appellations to the tribes that dwelt within the country which

    フランスは、すべて国内で住んでいた部族にアペラシオンを与えた

  • is the scene of this story, and that the

    この物語の場面があり、その

  • Indians not only gave different names to their enemies, but frequently to

    インディアンは彼らの敵に別の名前を与えたが、頻繁にするだけでなく、

  • themselves, the cause of the confusion will be understood.

    自分自身、混乱の原因が理解されるであろう。

  • In these pages, Lenni-Lenape, Lenope, Delawares, Wapanachki, and Mohicans, all

    これらのページでは、Lenni - Lenape、Lenope、デラウェア、Wapanachki、そしてモヒカン、すべての

  • mean the same people, or tribes of the same stock.

    同じ人、または同株式の部族を意味する。

  • The Mengwe, the Maquas, the Mingoes, and the Iroquois, though not all strictly the

    Mengwe、Maquas、Mingoes、とイロコイ、すべてではありませんが、厳密に

  • same, are identified frequently by the speakers, being politically confederated

    同じ、政治的にconfederatedされている、スピーカーによって頻繁に識別されます。

  • and opposed to those just named.

    とだけというものに反対した。

  • Mingo was a term of peculiar reproach, as were Mengwe and Maqua in a less degree.

    MengweとMaquaが少ない程度にあったようミンゴは、独特の非難の言葉だった。

  • The Mohicans were the possessors of the country first occupied by the Europeans in

    モヒカン族は最初にヨーロッパ人が占有している国の占有された

  • this portion of the continent.

    大陸のこの部分。

  • They were, consequently, the first dispossessed; and the seemingly inevitable

    彼らは、結果的に、最初に立ち退かされたされた、と一見避けられない

  • fate of all these people, who disappear before the advances, or it might be termed

    進歩する前に消える、またはそれが呼ばれる可能性のあるすべてのこれらの人々、の運命

  • the inroads, of civilization, as the

    として文明の進出、、

  • verdure of their native forests falls before the nipping frosts, is represented

    彼らの天然林の新緑は、ニップ霜の前に落ちる表現され

  • as having already befallen them.

    既にそれらをbefallの過去分詞形として示されることもあります。

  • There is sufficient historical truth in the picture to justify the use that has been

    されている使用を正当化するために画像で十分な歴史的真実がある

  • made of it.

    それで作られた。

  • In point of fact, the country which is the scene of the following tale has undergone

    実際の点では、以下の物語の場面である国が受けている

  • as little change, since the historical events alluded to had place, as almost any

    少しの変化として、歴史上の出来事以来、ほとんどすべてのように、持っていた場所をほのめかした

  • other district of equal extent within the whole limits of the United States.

    米国の全体の範囲内で同じ程度の他の地区。

  • There are fashionable and well-attended watering-places at and near the spring

    水まき - 場所で、スプリングの近くにファッショナブルとよく出席あります。

  • where Hawkeye halted to drink, and roads traverse the forests where he and his

    ホークアイは、飲み、そして道路は、彼と彼の森を通過する停止位置

  • friends were compelled to journey without even a path.

    友人であっても、パスなしで旅を余儀なくされた。

  • Glen's has a large village; and while William Henry, and even a fortress of later

    グレンのは、大きな村があり、としながらもウィリアムヘンリー、およびそれ以降の要塞

  • date, are only to be traced as ruins, there is another village on the shores of the

    日付は、唯一の遺跡としてトレースされるされる、のほとりに別の村がある

  • Horican.

    Horican。

  • But, beyond this, the enterprise and energy of a people who have done so much in other

    しかし、これ以上の、たくさんのことを行っている人々の企業やエネルギーの他に

  • places have done little here.

    場所は少しここに行っている。

  • The whole of that wilderness, in which the latter incidents of the legend occurred, is

    伝説の後者の事件が発生したその荒野の全体は、、です。

  • nearly a wilderness still, though the red man has entirely deserted this part of the

    赤の男は全くのこの部分を捨てているものの依然としてほぼ荒野、

  • state.

    状態。

  • Of all the tribes named in these pages, there exist only a few half-civilized

    これらのページで指定されたすべての部族のうち、ほんの数は半分文明が存在し

  • beings of the Oneidas, on the reservations of their people in New York.

    ニューヨークの彼らの人々の予約に関するOneidasの生き物、。

  • The rest have disappeared, either from the regions in which their fathers dwelt, or

    残りは、彼らの父親が住んでいる地域のいずれかから、姿を消し、またはしている

  • altogether from the earth. There is one point on which we would wish

    完全に地球から。我々が望んでいたその上の1点があります

  • to say a word before closing this preface.

    この序文を閉じる前に、単語を言うの。

  • Hawkeye calls the Lac du Saint Sacrement, the "Horican."

    ホークアイは、ラックデュサンSacrement、呼び出し、"Horicanを。"

  • As we believe this to be an appropriation of the name that has its origin with

    私たちは、これがその起源とされている名前の処分になると信じていますので

  • ourselves, the time has arrived, perhaps, when the fact should be frankly admitted.

    事実を率直に認めすべきときに自分自身が、時間は、おそらく、到着しました。

  • While writing this book, fully a quarter of a century since, it occurred to us that the

    この本を書いている間、完全以来四半世紀、それは私たちに起こったこと

  • French name of this lake was too complicated, the American too commonplace,

    この湖のフランス語の名前があ​​まりにも複雑で、あまりにも平凡なアメリカ人、

  • and the Indian too unpronounceable, for

    とするため、あまりにも発音しにくいインド

  • either to be used familiarly in a work of fiction.

    どちらかの小説の仕事に親しま使用される。

  • Looking over an ancient map, it was ascertained that a tribe of Indians, called

    古地図を見ている、それはインディアンの部族が、呼ばれることを確認した

  • "Les Horicans" by the French, existed in the neighborhood of this beautiful sheet of

    この美しいシートの近傍に存在していたフランス人で"レHoricans"、

  • water.

    水。

  • As every word uttered by Natty Bumppo was not to be received as rigid truth, we took

    すべての単語がナッティBumppoが発話堅い真実として受信することではなかったため、我々が取った

  • the liberty of putting the "Horican" into his mouth, as the substitute for "Lake

    "湖の代わりとして、彼の口の中に"Horicanを"置くことの自由

  • George."

    ジョージ。"

  • The name has appeared to find favor, and all things considered, it may possibly be

    名前は、好意を見つけるために出演している、と考えられるすべてのものは、それは可能性があります

  • quite as well to let it stand, instead of going back to the House of Hanover for the

    全く同様にそれを放置して、代わりのためハノーヴァー家に戻っての

  • appellation of our finest sheet of water.

    水の私達の最高級シートの名称。

  • We relieve our conscience by the confession, at all events leaving it to

    我々はそれを残してすべてのイベントで、告白で私たちの良心を和らげる

  • exercise its authority as it may see fit.

    それが適当として、その権限を行使する。

  • >

    >

  • CHAPTER 1

    第1章

  • "Mine ear is open, and my heart prepared: The worst is wordly loss thou canst

    "鉱山の耳は開かれており、私の心は準備:最悪はwordly損失汝二人称単数です。

  • unfold:-- Say, is my kingdom lost?"-- Shakespeare

    展開: - セイ、私の王国も失われていない" - シェイクスピアは?

  • It was a feature peculiar to the colonial wars of North America, that the toils and

    それは、北アメリカの植民地戦争に特有の機能だったtoilsことと

  • dangers of the wilderness were to be encountered before the adverse hosts could

    荒野の危険性、有害ホストができる前に遭遇することにした

  • meet.

    会う。

  • A wide and apparently an impervious boundary of forests severed the possessions

    森林の広いと明らかに不浸透性の境界は、所有物を断絶

  • of the hostile provinces of France and England.

    フランスとイングランドの敵対的な地方の。

  • The hardy colonist, and the trained European who fought at his side, frequently

    頻繁に、彼の側で戦った丈夫植民者、そして訓練されたヨーロッパ

  • expended months in struggling against the rapids of the streams, or in effecting the

    ストリームの急流に対して苦しんで、または差押に費やさヶ月

  • rugged passes of the mountains, in quest of

    のクエストの山々の頑丈なパス、

  • an opportunity to exhibit their courage in a more martial conflict.

    より多くの武道紛争でその勇気を発揮する機会。

  • But, emulating the patience and self-denial of the practiced native warriors, they

    しかし、練習ネイティブ戦士の忍耐と自己否定をエミュレートし、それら

  • learned to overcome every difficulty; and it would seem that, in time, there was no

    あらゆる困難を克服するために学び、そしてそれは時間で、何があった、ということなのででしょう

  • recess of the woods so dark, nor any secret

    ので、暗い森の凹部、またいかなる秘密

  • place so lovely, that it might claim exemption from the inroads of those who had

    それは持っていた人たちの進出の免除を主張する可能性がありますので、素敵な場所、

  • pledged their blood to satiate their vengeance, or to uphold the cold and

    彼らの血は彼らの復讐をあかすために、または風邪を維持することを誓約し、

  • selfish policy of the distant monarchs of Europe.

    ヨーロッパの遠い君主の利己的な政策。

  • Perhaps no district throughout the wide extent of the intermediate frontiers can

    おそらく中間のフロンティアの広い範囲を通してない地区はできません

  • furnish a livelier picture of the cruelty and fierceness of the savage warfare of

    の野蛮な戦争の残酷さと激しさの活発な画像を提供する

  • those periods than the country which lies

    ある国よりも、その期間

  • between the head waters of the Hudson and the adjacent lakes.

    ハドソンの水源と隣接する湖の間。

  • The facilities which nature had there offered to the march of the combatants were

    自然がそこに戦闘員の行進に提供していた施設があった

  • too obvious to be neglected.

    無視するにはあまりにも明白。

  • The lengthened sheet of the Champlain stretched from the frontiers of Canada,

    カナダの国境から伸縮シャンの延長シート、

  • deep within the borders of the neighboring province of New York, forming a natural

    ニューヨークの近隣の州の境界内において深く、自然を形成する

  • passage across half the distance that the

    その半分の距離で通過

  • French were compelled to master in order to strike their enemies.

    フランスは、彼らの敵を攻撃するために習得を余儀なくされた。

  • Near its southern termination, it received the contributions of another lake, whose

    その南の終了近くに、それは別の湖、の貢献を受けて

  • waters were so limpid as to have been exclusively selected by the Jesuit

    水域は排他的にイエズス会によって選択されているように透明だった

  • missionaries to perform the typical

    典型的に行うために宣教師

  • purification of baptism, and to obtain for it the title of lake "du Saint Sacrement."

    洗礼の精製、およびそれのために湖のタイトルを取得するために"デュサンのSacrementを。"

  • The less zealous English thought they conferred a sufficient honor on its

    あまり熱心な英語は、彼らがその上に十分な名誉を与えられると考え

  • unsullied fountains, when they bestowed the name of their reigning prince, the second

    彼らが支配する王子の名を授け汚されていない噴水、第二

  • of the house of Hanover.

    ハノーバーの家の。

  • The two united to rob the untutored possessors of its wooded scenery of their

    twoユナイテッドは彼らのその緑豊かな風景の素朴な占有者を奪うために

  • native right to perpetuate its original appellation of "Horican."

    の元の名称永続させるためのネイティブ権利"Horicanを。"