Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hey, this is me home stroll a few days ago.

    やあ、これは数日前の家の散歩の時のものです。

  • During this walk I noticed something,

    この散歩の途中で気付いたことがありました。

  • so I started taking pictures of it.

    ということで、写真を撮り始めました。

  • Eventually I got my co-workers to join in.

    最終的には同僚にも参加してもらいました。

  • Mac took this picture,

    マックが撮ってくれました。

  • and Agnes took this one.

    とアグネスがこれを持って行った。

  • What we all noticed was this font.

    みんなが気づいたのは、このフォント。

  • If you've somehow managed to never see it on a storefront,

    どうにかして店頭で見ないようにしていたら

  • you've definitely seen it elsewhere.

    確かに他で見たことがあるでしょう。

  • Because it's everywhere.

    どこにでもあるから。

  • Strip away the candy wrappers,

    キャンディの包み紙をはがして

  • movie posters, album covers,

    映画のポスター、アルバムカバー。

  • and corner store signs, and you're left with this typeface.

    と角店の看板を見て、この書体を残すことになります。

  • It's called Cooper Black, and the story

    クーパー・ブラックという名前で、ストーリーは

  • of how it became so popular has everything to do with its versatility,

    どのようにして人気が出たかというと、その汎用性がすべてに関係しています。

  • because these letters have been around for a century's worth of changes in

    なぜなら、これらの文字は100年分の変化のために存在しているからです。

  • technology

    ぎじゅつ

  • and pop culture.

    とポップカルチャーを紹介しています。

  • To set the stage for the story, I talked to Stephen Heller.

    物語の舞台を整えるために、スティーブン・ヘラーに話を聞いた。

  • Bear with me while I move to another part of the apartment.

    私がアパートの別の場所に移動する間、私と一緒に我慢してください。

  • Among other things, he's written like a library's worth of books about design.

    とりわけ、彼はデザインに関する本を文庫本のように書いています。

  • Okay, I'm back.

    よし、戻ってきた。

  • And this is Bethany Heck.

    そして、こちらはベサニー・ヘック。

  • I am a designer who writes about typefaces.

    書体について書いているデザイナーです。

  • She runs the Font Review Journal where she deconstructs the history and design of notable typefaces

    彼女はフォント・レビュー・ジャーナルを運営しており、注目すべき書体の歴史とデザインを分解しています。

  • like Cooper Black. If you give me like two minutes I can run and find an actual

    クーパー・ブラックのように2分くれれば、実際に

  • like physical piece of wood type and I can talk through some of this.

    木のタイプの物理的な部分のようなもので、私はこのいくつかを介して話をすることができます。

  • While she's doing that, let's travel back in time a hundred years to the city of Chicago

    その間に100年前にタイムスリップして シカゴの街に行こう

  • where our story begins. It's 1919 right after World War 1.

    私たちの物語はどこから始まるのか第一次世界大戦の直後の1919年。

  • Advertising was reaching an early zenith at that point because with the end of

    の終わりとのため、広告は、その時点で初期の全盛期に達していた。

  • the war there was a great resurgence of product and demand. The two dominating

    戦争が始まると、製品と需要の大きな復活がありました。2つの支配的な

  • materials for commercial printing were wood and metal. Wood was cut out of the

    商業印刷の材料は、木材と金属でした。木材を切り出したのは

  • end pieces hard wood, they were usually large size typefaces that were used for

    エンドピースハードウッド、彼らは通常のために使用されていた大きなサイズの書体でした。

  • large-scale advertising and posters. The bold typefaces you see in old wanted

    大規模な広告やポスターなど昔のWANTEDで見た太字の書体

  • posters? Those were made from wood type. Metal was the process that was created

    ポスター?あれは木型で作られていました。金属で作られていました。

  • by Gutenberg when he designed the type for his Bible. Each individual character

    グーテンベルクが聖書のために活字をデザインしたときに個々の文字

  • was physically formed into words, and those words were cast into tiny lines of

    が物理的に言葉になり、それらの言葉は小さな線の中に投げ込まれました。

  • text. Those molds allowed for smaller more precise blocks of type. That's the

    テキストを作成しました。この型を使うことで より小さな正確な文字の塊を作ることができますそれが

  • kind of type that was used for most commercial purposes, from book publishing

    梓活字

  • to magazine publishing. By the turn of the 20th century huge Rube Goldberg-like

    から雑誌出版まで。20世紀の変わり目には、巨大なルーブ・ゴールドバーグのような

  • machines called linotypes drastically sped up this process.

    リノタイプと呼ばれる機械は、このプロセスを飛躍的に加速させました。

  • This is the world Oswald Cooper, Chicago's preeminent letterer and

    これは、シカゴの卓越した書家である世界のオズワルド・クーパーと

  • illustrator, lived in. In 1918, after years of making custom hand lettered ads for

    イラストレーター、住んでいました。1918年には、カスタムの手書きの広告を作っていた年の後に

  • car companies and banks, he designed a fully-formed

    自動車会社や銀行を設計し、完全な形で

  • typeface dubbed Cooper. It took a classic Roman form and softened to the edges.

    クーパーと呼ばれる書体。それは古典的なローマ字の形を取り、エッジを柔らかくした。

  • Seeing promise in Cooper's design and the prior success of his lettering work, the

    クーパーのデザインと彼のレタリングの仕事の前の成功を見て

  • type foundry Barnhart Brothers and Spindler asked him to make a bold

    タイプファウンドリーのバーンハート・ブラザーズとスピンドラーは、彼に思い切ったことを頼みました。

  • display typeface based on the font. Around 1920, Oswald Cooper released

    をベースにした表示書体。1920年頃、オズワルド・クーパーが

  • Cooper Black, and it was an immediate hit. It was used for newspaper headlines and

    クーパー・ブラックで、すぐにヒットしました。新聞の見出しに使われたり

  • large-scale posters. It sold cars, cold medicine, music lessons, turntables,

    大型ポスター。車や風邪薬、音楽教室、ターンテーブルなどを売っていました。

  • and ginger ale. With Cooper Black, it was like somebody took an air pump to a tire

    ジンジャーエールクーパー・ブラックの時は 誰かが空気ポンプをタイヤにつけたような感じだった

  • and blew up that tire. I mean this ad for Cooper Black credits the font for

    とタイヤを吹っ飛ばしました。クーパー・ブラックの広告はフォントのクレジットで

  • getting five thousand customers into their client's new store on opening day.

    開店日に5000人の顧客を獲得した

  • And in countless reviews, it was considered the most popular typeface

    そして、数え切れないほどのレビューで、それは最も人気のある書体と考えられていました。

  • design of the time. So what made it work so well? For one, its curves. Perhaps the

    当時のデザイン。なぜうまくいったのか?一つには、その曲線です。おそらく

  • most unconventional aspect of the curves are that willingness to be unafraid to

    カーブの一番の型破りな面は

  • curve the bottom parts of the letter forms. So if you look at the bottom parts

    文字の形の下の部分をカーブさせますだから下の部分を見ると

  • of the stems of the "A" like there's no flat edges on that, which is very strange.

    の茎の上に平らな縁がないような、とても不思議な感じです。

  • If you look at most typefaces, they have flat bottom somewhere. Even Cooper Black's

    ほとんどの書体を見ると、どこかに平底がある。クーパー・ブラックの

  • imitations like Goudy Heavy and Pabst Extra Bold failed to fully break tradition.

    Goudy HeavyやPabst Extra Boldのような模倣品は、伝統を完全に壊すことができませんでした。

  • You want that consistent line for legibility, and so the fact that Cooper

    読みやすさのために一貫性のある線が必要なんだよね クーパーがそうだったから

  • doesn't have that means that it's very forgiving to irregularities. Like the

    がないということはイレギュラーに非常に寛容ということですのような

  • baseline serif of one character naturally flows right into the curve of

    一文字のベースラインセリフは、自然に

  • another even when the characters are slightly uneven. Those irregularities

    文字がわずかに不揃いであっても、別の文字を使用しています。それらの不規則性

  • look more like mistakes than quirks in straighter edged designs. The fact that

    直線的にエッジの効いたデザインではクセよりもミスに見えます。事実は

  • Cooper doesn't necessarily need to be laid in a straight line to look good is

    クーパーは必ずしも直線的に並べる必要はありません。

  • an advantage. Let's talk about this weird F. It's an identifiable feature of Cooper

    優位性があるこの奇妙なFについて話しましょう クーパーの特徴としては

  • Black. Turns out it's pretty genius. Draw a rectangle around that F, and you have

    黒だこれはかなり天才的なことがわかったそのFの周りに四角形を描くと

  • to think like "okay I've got a draw of really bold F

    と思っていると、「よし、本当に大胆なFのドローを手に入れた」というように

  • and I only have this rectangle of space to play with." You've got the crossbars,

    遊べるのはこの長方形のスペースだけだ"クロスバーを手に入れた

  • and then you've got the hook at the top, and the serif at the bottom, you're kind

    上にフック、下にセリフがあります。

  • of like running out of space. The shape of this negative space in the ascender

    空間を使い果たしたようなアセンダーのこの負の空間の形は

  • allowed Cooper to make the F as bold as possible for as much as possible while

    クーパーはFを可能な限り大胆にすることを可能にしながらも

  • still maintaining legibility, which wasn't always the case for heavy

    の場合は必ずしもそうではありませんでしたが、読みやすさを維持しています。

  • typefaces of the time. This is actually a good example, like this is a very bold

    の書体を使っています。これは実は良い例で、例えばこれは非常に大胆な

  • four, and you can see that like the counter space in there is like really

    4つのカウンタースペースがあるのがわかります

  • tiny. The tininess is what makes the four look bold and heavy, but that four

    ちっちゃいちっちゃいからこそ大胆に重く見えるのですが、その4つの

  • could get sort of like filled up with ink and then essentially vanish. These

    インクで満たされたようになって 消えてしまうかもしれませんこれらの

  • negative spaces within each character made Cooper Black incredibly light and

    それぞれのキャラクターの中にあるネガティブな空間が、クーパー・ブラックを信じられないほど軽やかにし

  • friendly while still commanding attention. The fact that it worked both

    友好的でありながらも注意を喚起していますそれが両方とも機能していたという事実

  • big and small was a huge selling point. Every character of Cooper Black has its

    大なり小なりが大きなセールスポイントになっていました。クーパー・ブラックのすべてのキャラクターには

  • own little quirks. The G is always the thing that I think about first, it has

    自分の小さなクセがあるGはいつも私が最初に考えていることです。

  • like this sort of anthropomorphic quality. I think it looks like a duck. Now

    こういう擬人化された感じが好きでアヒルに似ていると思いますさて、これで

  • that you say that, the Q kind of looks like a snail. Weird. At any rate, I

    そう言われてみると、Qはなんだかカタツムリのように見えますね。変な感じ。とりあえず、私は

  • think the letter that shows just how fun and functional Cooper Black can be, has

    クーパーブラックがどのように楽しく、機能的なものであるかを示す手紙は、持っていると思います。

  • to be the O. A lot of typefaces have a vertical stress, so the oval inside would

    多くの書体は垂直方向のストレスがあるので、内側の楕円形は

  • just point straight up and down. Cooper's tilts back, and while it looks

    真っ直ぐ上下に向けるだけです。クーパーのは後ろに傾いていて、それが見える間は

  • off-kilter on its own, when placed in a word or phrase it always seems to

    頓珍漢なことを言う

  • compliment the letters around it. The central conflict that a type designer is

    周りの文字を褒め称えるタイプデザイナーが抱える中心的な葛藤は

  • facing is how do I make something that feels cohesive as a whole design system

    向き合っているのは、デザインシステム全体としてまとまりのあるものを作るにはどうしたらいいかということです。

  • as opposed to a beautiful collection of letters. Somehow Cooper achieved both.

    美しい手紙のコレクションとは対照的にどういうわけか クーパーは両方を達成した

  • Oswald Cooper believed Cooper Black was at its best when there was thin spacing

    オズワルド・クーパーは、クーパー・ブラックは間隔が狭い時に最高の状態になると考えていました。

  • between the words and not much leading between the lines. Basically it worked

    言葉と言葉の間、行間のリードはあまりありません。基本的にはうまくいったのですが

  • best when the letters were all cramped together. But that sometimes posed a

    文字がぎゅうぎゅうに詰まっている時が 一番いいのですがしかし、それは時々

  • problem. Even when Cooper Black was first designed, like just the act of squishing

    の問題。クーパーブラックが最初に設計された時でさえも、ただひたすら

  • type together tight was like in some cases extremely difficult or impossible

    タイトなタイプを一緒にすることは、場合によっては非常に困難または不可能なようでした。

  • to do. In the 1950s, two dramatically new ways of printing made it easier to push

    するために1950年代には、2つの劇的に新しい印刷方法があったことで、より簡単に

  • letters closer together, and that thrust Cooper Black into the second half of the

    クーパー・ブラックを後半に押し込んだのは

  • 20th century. There was a basic change in the material of which type is made, a

    20世紀。どのタイプが作られているかという基本的な変化がありました。

  • change from lead to paper or film. The first was photo type hot metal

    鉛から紙やフィルムへの変化最初は写真タイプのホットメタル

  • typecasting was replaced by film strips in dark rooms and by the early 1960s

    タイプキャスティングは、暗室でのフィルムストリップに置き換えられ、1960年代初頭には

  • machines like the phototypositor were small enough to fit in local print

    フォトポジッターのような機械は、ローカルプリントに収まるように小型化されていました。

  • shops the other was the invention of dry rub transfers which just required a

    もう一つは、乾式摩擦転写の発明でした。

  • ballpoint pen and a piece of paper it was perfect for customizing headlines

    ボールペンと紙で見出しをカスタマイズするのに最適でした

  • letter set the company that made them marketed it as fast simple and

    手紙は、それらを迅速かつシンプルに販売した会社を設定します。

  • economical these two technologies opened up graphic design to more adventurous

    経済的なこの2つの技術は、グラフィックデザインをより冒険的なものに開放しました。

  • compositions something wood and metal had struggled to do and cooper black

    木と金属が苦労していた何かを構成し、クーパーブラック

  • flourished it thrived as always in advertising it's friendly curves fit the

    それはいつものように広告で繁栄した、それはそれのフレンドリーな曲線がフィットします。

  • tongue-in-cheek aesthetic of the 1960s and 70s but it also showed up in

    1960年代から70年代にかけての美的センスの良さはもちろんですが、それは

  • magazines movies and hundreds of album covers Pet Sounds was like the

    雑誌の映画や何百枚ものアルバムカバーのペットサウンズは

  • quintessential setting just look at the way the D works with the E and the Y and

    DがEやYと連動しているのを見てください。

  • boys fits so nicely over the oh it it's fluidity is what makes it special

    ボーイズはオー・イットの上にとてもよくフィットしていて、その流動性こそが特別なのです。

  • and it's boldness makes it special I think all type designers would come in

    そして、その大胆さが特別なものになっています。

  • and say like they have an idea of how a typeface is is meant to be used but I

    書体がどのように使われているかを知っているような言い方をしますが、私は

  • think that a typeface doesn't really reach its full potential

    書体の力を借りていると思う

  • until it's put into somebody else's hands because Cooper black was readily

    誰かの手に渡るまでは クーパー・ブラックは容易に

  • available in letras at int I posit or catalogs it was no longer just in the

    仝それはもう、ただではありませんでした。

  • hands of professionals and designers it was in the hands of the DI wires of the

    のDIワイヤーの手の中にあったのは、プロやデザイナーの手の中。

  • counterculture movement it seamlessly jumped from Burger King to underground

    バーガーキングからアンダーグラウンドへとシームレスにジャンプしたカウンターカルチャーのムーブメント。

  • posters and magazines and became a staple the idea of using something

    ポスターや雑誌の定番となり、「何かを使う」という発想が定着しました。

  • that's basic vernacular but using it with intention to make a statement is

    それは基本的な言い回しだが、意図して使うのは

  • something that you see throughout design or cultural history

    ばんぐみ

  • these early hip-hop posters are actually the perfect example of Cooper blacks

    これらの初期のヒップホップのポスターは、実際にはクーパーの黒子の完璧な例です。

  • adaptability and its legacy like take a look at this one it doesn't really

    順応性とその遺産のようなものを見てみましょう......それは本当にありません。

  • matter that these are two lowercase LS because the S fits so perfectly next to

    問題は、これらは2つの小文字のLSであることをSは完全に次のように収まるので

  • them and the types ability to be squeezed as tightly as possible and

    それらとタイプの能力は、可能な限りきつく絞られると

  • still be incredibly legible holds up even under extreme circumstances it's

    酷使されても読み通せる

  • always fun to look at something that's used an assertive lowbrow way and then

    胡散臭いものを見るのも楽しい

  • to realize that this isn't like some cheap tacky thing this is actually like

    これは安っぽいダサいものではないことに気づくためには

  • very good that's why Cooper black is just as

    非常に良い、それはなぜクーパー黒が同じようにある理由です。

  • popular today as it was when it was first made from corner store signs and

    角店の看板や

  • fashion brands to food packaging grassroots movements and hip-hop album

    ファッションブランドから食品包装、草の根運動、ヒップホップアルバムまで

  • covers Cooper's ability to work as like rebel

    クーパーが反逆者のように働く能力をカバーしています。

  • and letterings and in photo type and as movable type and also now like in

    と文字、写真タイプと可動タイプとして、また、現在のように

  • digital that's why it's everywhere and that's something that Oswald Cooper

    デジタルだからこそ、どこにでもあるし、オズワルド・クーパーもそう思っています。

  • couldn't have predicted

    予想外

  • you

    此方

Hey, this is me home stroll a few days ago.

やあ、これは数日前の家の散歩の時のものです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox クーパー 書体 ブラック タイプ ポスター

なぜこのフォントはどこにでもあるのか (Why this font is everywhere)

  • 4 1
    林宜悉 に公開 2020 年 08 月 18 日
動画の中の単語