Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Martina: It is October 30th and we are celebrating Halloween at Disney Sea

    マルティナ:10月30日ですが、ディズニーシーでハロウィンをお祝いしています。

  • Simon: This isn't just a video of us playing around,

    サイモン:これはただの遊びのビデオじゃないんだ。

  • Simon: This is also going to be an informative video...

    サイモン:これも参考になる動画になりそうですね...。

  • Simon: ... so we are going to tell you what all of the delicious food tastes like

    サイモン: ...だから、美味しいものがどんな味なのか教えてあげよう。

  • Simon: We're going to try as much as we can ... for your sake Martina: Take a hit for the team.

    シモン:私たちはできる限りのことをするつもりです......あなたのためにもマルティナ:チームのために一撃を浴びせてください。

  • Simon: so you can learn about Disney and Japanese culture and

    サイモン:だからディズニーや日本の文化を学べるし

  • Simon: let's go on rides!

    サイモン:乗り物に行こう!

  • Simon:Let's go on rides!

    サイモン:乗り物に行こうよ!

  • *whacking sound*

    *パチパチ音*

  • Martina: He punched me in the boob Ow!

    マルティナ:彼は私のおっぱいを殴ったわ!

  • Martina: How come every time we go to a theme park, you punch me in the boob?

    マルティナ:テーマパークに行くたびに、どうして私のおっぱいを殴るの?

  • Martina: Ow! Ow! Your Go-Pro hurts so much! Martina & Simon: *laughing*

    マルティナ:痛っ!痛っ!あなたのゴープロはめちゃくちゃ痛いわよ! マルティナ&サイモン.*笑*

  • Martina: You don't understand Everyone: *laughing*

    マルティナ:エブリワンを理解していない。*笑*

  • Simon: Oh... I had the Go-Pro... *everyone still laughing*

    サイモンああ、ゴープロを持っていた...*皆、まだ笑っている*

  • Simon: Ducky, I'm sorry

    サイモンダッキー すまない

  • Martina: It's fine (agonized voice)

    マルティナ:大丈夫です(悶々とした声

  • Martina: Oh yeah, Dan's here too

    マルティナ:そうそう、ダンも来てるよ

  • Dan: Hi

    ダン: ハイ

  • Martina: Your bat* boy (*unclear) Simon: He's got the Christmas cheer about him

    Martina: あなたのコウモリ*の男の子 (*unclear) Simon: 彼はクリスマスの陽気な感じがします。

  • Dan: Yeah Martina: *laughs*

    Dan: ええ、マルティナ。*笑*

  • Martina: You're gonna, you're gonna love it Dan I swear

    マルティナ あなたはきっと好きになるわ ダン 誓うわ

  • Dan: *hesitantly mumbles agreement*

    Dan: *ためらうようにつぶやく同意*。

  • Dan (more confident now): it's going to be great... right?

    ダン(今はもっと自信を持って):すごいことになっている......よね?

  • *groovy music*

    *groovy music*

  • *sad, depressing music*

    *sad, depressing music*

  • *groovy music*

    *groovy music*

  • *depressing music, people wailing*

    *depressing music, people wailing*.

  • *cheerful music*

    *cheerful music*

  • Martina: Those are my pig hats.

    マルティナ:それは私の豚の帽子よ。

  • Martina: Those are ... that's my pig hat.

    マルティナ:それは......私の豚の帽子よ。

  • Martina: and I am really sad that I didn't bring my pig hat because ... it has become very special to me as you guys know

    マルティナ:豚の帽子を持ってこなかったのが本当に残念だわ......あなたたちが知っているように、それは私にとってとても特別なものになっているから

  • Martina: and so now I can't bring him out in public because I can't risk losing him

    マルティナ: だから今は人前には出せないのよ 彼を失うリスクがあるから

  • Martina: but there are many pig hats for me to see

    マルティナ:しかし、私には豚の帽子がたくさんあります。

  • Martina: I wish I'd brought my pig hat!

    マルティナ:豚の帽子を持ってきていればよかったな~。

  • Martina: So make sure you take advantage of the Fast Pass System.

    マルティナ:だから、ファストパスシステムを活用するようにしましょう。

  • Martina: On the back of your ticket, its got a little QR code.

    マルティナ:チケットの裏には小さなQRコードがついています。

  • Martina: Not every ride has it. But (some) rides will have these little fast pass stations.

    Martina: すべての乗り物にあるわけではないわ。でも(いくつかの)乗り物には小さなファストパスステーションがあるわ。

  • Martina:You scan it and then it gives you a Fast Pass Ticket. Which allows you to get in quickly at a specific time.

    マルティナ:これをスキャンすると、ファストパスチケットが発行されます。それをスキャンするとファストパスチケットが発行されるの。

  • Martina: Annnnd today our specific time is like... Simon: 8:30 to 9:30

    マルティナ: 今日の具体的な時間は...Simon: 8:30から9:30

  • Martina: Nighttime (Simon: We got eight hours!) so we may not use this particular one. I'll be honest with you. But ...

    マルティナ:夜(シモン:8時間もあるんだぞ!)なので、この特定のものは使わないかもしれません。正直に言うと。でも......

  • Martina: Don't forget to use the fast pass system!

    マルティナ:ファストパスシステムの利用を忘れずに

  • *spooky music*

    *spooky music*

  • Martina: We are approaching the Mayan ruins

    マルティナ:マヤの遺跡に近づいています。

  • Martina: We are heading to buh-buh-buh-buuuuuh Simon & Martina: buh-buh-buhhhhhh, buhhh buhhhhhhh (Indiana Jones theme song)

    マルティナ:向かっているのはブッブッブッブッサイモン&マルティナ:ブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッブッ(インディ・ジョーンズのテーマ曲)。

  • Martina: It's a very calm ride (Simon: super chill) nothing to be concerned about

    マルティナ:とても穏やかな乗り心地です(シモン:超冷え性)何も気にすることはありません。

  • Simon (calm voice): Indiana Jones and the reclining chair

    サイモン(落ち着いた声)。インディ・ジョーンズとリクライニングチェア

  • Martina (calm): Indiana Jones and the relaxing tea and book

    マルティナ(落ち着いた)。インディ・ジョーンズとのんびりお茶と本

  • Simon (still calm): Indiana Jones and the Sunday afternoon crossword puzzle

    サイモン(まだ落ち着いている)。インディ・ジョーンズと日曜の午後のクロスワードパズル

  • Martina: can't separate at this point

    マルティナ:この時点では分離することはできません

  • Martina: It's jaguars, and jaguars with guns.

    マルティナ:それはジャガーで、銃を持ったジャガーです。

  • Martina: Jaguar's guns are filled with bees

    マルティナ:ジャガーの銃には蜂がいっぱい

  • Martina: and the bees are filled with ...

    マルティナ:そして、蜂が満たされている...

  • Simon: There's a single rider line.

    シモン:シングルライダーのラインがあるんですよ。

  • Simon: So... see ya, see ya later...

    じゃあ...また後で...

  • Dan: Alright, alright. Bye!

    ダン:わかった、わかった。さようなら!

  • Simon and Martina: Come on!

    シモンとマルティナ:さあ!

  • Simon: So last night after my workout,

    サイモン:昨夜の運動後のことです。

  • Simon: I sat in a weird position for an hour and then I got up with terrible back spasms.

    サイモン:1時間も変な姿勢で座っていたら、背中の痙攣がひどくて起き上がってしまった。

  • Simon: Yes, this is an old people problem. And Martina said...

    シモン:そう、これは老人の問題なんだ。 マルティナが言っていたのは

  • Simon (imitating Martina): "Hey are you going to be good enough to go to Disney Sea tomorrow because your back spasms?"

    シモン(マルティーナの真似)。"明日ディズニーシーに行っても大丈夫か?背中が痙攣してるから"

  • Simon: and I said "I don't care how much I am suffering"

    サイモン:そして私は言った "私がどれだけ苦しんでいるかは気にしない"

  • Simon: I am in throngs of pain right now

    サイモン:私は今、スラムの痛みの中にいます。

  • Simon: but it's all gonna be worth it for this amazing ride

    サイモン: でも、この素晴らしい旅のために、すべての価値があります。

  • Fellow Disney Guest: *unintelligible*

    ディズニーゲストの仲間たち。*unintelligible*

  • Simon & Martina: Ohhhh thank you

    サイモン&マルティナ:あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

  • Martina: We are now entering the temple

    マルティナ:今からお寺に入ります

  • (Simon: of Doooooooooom) Martina: It will be a slow trek

    (シモン:Doooooooooomの) マルティナ:それはゆっくりとしたトレッキングになります。

  • Martina: I smell garlic and popcorn and other delicious things that we definitely should have gotten.

    マルティナ:ニンニクの香りがするし、ポップコーンとか、絶対にゲットしておくべきだった美味しそうなものがあるんだよね。

  • Martina: pro-tip: get a snack Simon: We should have gotten a snack beforehand.

    Martina: pro-tip: おやつを手に入れる Simon: 事前におやつを手に入れておくべきだった。

  • Simon: But Martina said "Nooo, I must get in line right now!"

    シモン: でもマルティーナは "今すぐ列に並ばないと!"って言ったのよ

  • Martina: I apologize for that... I take it back-si

    マルティナ:申し訳ありませんでした...。私はそれを受け止めて...

  • Simon (proud/noble voice): Next time trust your husband in everything that he says and does

    シモン(誇り高き/控えめな声)。次はご主人の言動をすべて信頼してください。

  • Martina: No, sir! Simon (accent turning kinda Indian): Let this be a lesson to you.

    Martina: いいえ、先生!サイモン(訛りがインド風になる).これはあなたへの教訓にしましょう。

  • Martina: Your accent is going a little Indian, I'll be honest

    Martina: あなたのアクセントが少しインド風になってきたわね。

  • Simon (accent): I was trying to be an old grandmother.

    シモン(訛り)。年老いたおばあちゃんになろうとしていました。

  • Martina: oh a... a grandmother? Simon: Yes!

    マルティナ:ああ...おばあちゃん?シモン: そう!

  • Martina: I thought he was being an old Indian man.

    マルティナ:インド人のおっさんかと思った。

  • Simon: That's racist!

    サイモン:それは人種差別だ!

  • Simon: Ahhhhh, only another 50 minutes to wait.

    サイモン:あーあ、あと50分しか待ってない。

  • Martina (laughing): With no food.

    マルティナ(笑)。食べ物がない状態で。

  • *spooky/funky music*

    *spooky/funky music*

  • Simon: One of the great things about waiting in line at Disney rides is ...

    サイモンディズニーの乗り物で並んで待っていることについての素晴らしいことの一つは、...

  • Simon: even though waiting in line sucks, you're waiting in line somewhere that's interesting looking

    シモン:並んで待っているのがクソだとしても、どこかで面白そうに並んで待っています。

  • Simon: you could look around and time goes by a lot more quickly... if your in the middle of a set like this

    Simon: あなたは周りを見回してもいいし、時間はもっと早く過ぎていく...もしあなたがこのようなセットの途中であれば。

  • Simon: it's just a great experience

    サイモン:それは素晴らしい経験です。

  • Simon: Okay, we are just about to get on the ride.

    サイモンよし、今から乗るぞ。

  • Simon: I don't think I'm going to be able to record any of this but you have the mic, you can hear me scream.

    サイモン:録音はできないと思うけど、マイクを持っているから、僕の叫び声が聞こえてくるよ。

  • *screaming (of various types)*

    *鳴き声

  • Simon: Holy F*

    Simon: Holy F*.

  • Martina: I love Indiana Jones. Everytime I come here, I think it's totally worth the wait

    マルティナ:私はインディ・ジョーンズが大好きなの。ここに来るたびに、待つだけの価値があると思うわ。

  • Martina: It's not one of those awful rides that you go on and you're like "That sucked!"

    マルティナ: あんなひどい乗り物に乗って "最悪だった!"ってなるようなものではないわ。

  • Martina: It's great and fun and awesome and I don't know where to look

    マルティナ:最高だし、楽しいし、最高だし、どこを見ていいかわからないし

  • Simon: There's no loop-de-loops, it's just ...

    Simon: ループとループがないんだよ、ただ...

  • Simon & Martina: FUN!

    シモン&マルティナ:FUN!

  • Simon: We were so hungry and cranky going into it beforehand, but now I just feel totally rejuvenated

    サイモン:事前にお腹が空いて不機嫌になっていたんだけど、今はすっかり若返った気分だよ。

  • Simon: and ready to go on with the rest of my day. This was tremendous.

    サイモン:そして今日の残りの一日を 過ごす準備ができた。 これはすごかった

  • Martina: Let's go get some delicious food!

    マルティナ:美味しいものを食べに行こうよ。

  • Simon: 5 out of 5, would highly recommend! Martina: Would do it again!

    Simon: 5点満点中5点。マルティナ: また行きたいと思います。

  • Simon: Let's get back in line! Martina: Would go again, yes!

    サイモン列に戻ろう!マルティナ: また行きます、はい!

  • Simon: We've eaten at Saito Sushi

    サイモン:斉藤寿司で食べたことがあります。

  • Simon: We've eaten at Kyoto Kitcho

    サイモン:京都吉兆で食べてきました。

  • Simon: And today we are eating at the Expedition Eats

    サイモン:そして今日は探検隊イーツで食事をしています。

  • Simon: Got some sausage rolls

    ソーセージを持ってきた

  • Simon: Got no ketchup

    ケチャップがない

  • Simon: no nothing on 'em

    サイモン:何も付いていない

  • Simon: Just sausage and bun

    サイモンソーセージとパンだけ

  • *crunching sound*

    *crunching sound*

  • Simon: mmmmmmmmm

    サイモン:うーんうーんうーん

  • Martina: It tastes like breakfast links

    マルティナ:朝食のリンクのような味がする

  • Martina: Like a giant breakfast link jammed inside of a baguette

    マルティナ:バゲットの中に詰め込まれた巨大な朝食のリンクのように

  • Martina: I mean... it's just delicious

    マルティナ:というか...とにかく美味しい

  • Simon: The crunchiness of the baguette with the softness of the sausage makes for a very good, salty meal

    シモン:バゲットのカリカリ感とソーセージの柔らかさが、塩味の効いたとても良い食事になります。

  • Simon: for our first meal of the day, way too late in the day Martina: *laughing*

    サイモン:一日の最初の食事のために、あまりにも遅い日のマルティナの方法。*笑*

  • *train horn sounds*

    *列車のホーンの音*

  • Simon: Excuse me! I am trying to record a YouTube video here!

    サイモン:すみません!私はここでYouTubeのビデオを録画しようとしているんだ!

  • Simon: This is delicious! 10 out of 10, would buy again!

    シモン: これは美味しいですね!10点満点中10点。

  • Martina & Simon: *laughing*

    マルティナとサイモン* laughing*

  • Martina: It's honestly good

    マルティナ:素直にうまい

  • *spooky/funky music*

    *spooky/funky music*

  • Simon: You gotta wear it all day girl Martina: It's so hot though... *music continues*

    Simon: You gotta wear it all day girl Martina: It's so hot though...*音楽が続く*

  • Simon: You already are

    サイモン:あなたはすでにそうしています。

  • Martina (sing-songy) : I'm so hot

    マルティナ(歌謡曲) : I'm so hot

  • Simon & Martina: Wow!

    シモン&マルティーナ:うわー

  • *laughing*

    *笑*

  • Martina:It doesn't feel like you're visiting an amusement part that has has been made a certain way

    マルティナ:それはそれで、それなりに作られた遊技場に行っている感じがしないんですよね。

  • Martina: It feels like your actually in the world

    マルティナ: それはあなたが実際に世界の中にいるような感じがします。

  • Martina: This is an actual river that's flowing around and ducks live...

    マルティナ:これは実際に川が流れていて、アヒルが住んでいて......。

  • Simon: Hate to break it to you those are robot ducks

    言いたくはないが...あれはロボットのアヒルだ

  • Martina: They're not robot ducks

    マルティナ:彼らはロボットアヒルではありません

  • Simon: This is all Westworld right now

    今はこれがウエストワールドだ

  • Martina: Those aren't robot ducks, those are chubby big boy ducks

    それはロボットアヒルじゃないわ ぽっちゃりした大きな男の子のアヒルよ

  • Simon: Who's a big boy?

    サイモン:誰が大物なんだ?

  • Martina: Those are ducks that have been fed (Simon: very well) a huge amount of food

    Martina: それらは大量の餌を与えられたアヒルです(Simon: very well)。

  • Simon: They are living the life, these ducks

    サイモン: 彼らは人生を生きている アヒルたち

  • *funky music*

    *ファンキーな音楽*

  • Martina: I just need you to turn around a second

    マルティナ: ちょっと後ろを向いてほしいの

  • Simon: There's more ducks

    サイモン: 他にもアヒルがいる

  • Martina: So we are at Seaside Snacks.

    マルティナ:だから、シーサイドスナックにいるんだよ。

  • Martina: Now, what's cool about Disney Sea is they have different kinds of food stall locations that are not necessarily all over the park

    マルティナ:ディズニーシーのクールなところは、パーク内にあるとは限らない、様々な種類の屋台があることです。

  • Martina: So this location is the only location that does like a shrimp steam bun

    マルティナ:だから、エビ蒸しパンみたいなのをやっているのはここだけなんだよね。

  • Martina: I had it before. I like hunted it down.

    マルティナ:前にもあったわ。私はそれを追い詰めたようなもの

  • Martina: It was soooo good.

    マルティナ:すごく良かったです。

  • Martina: But this one is not only a shrimp steam bun, it's a Halloween special edition one!

    マルティナ:でも、これはエビ蒸しパンだけじゃなくて、ハロウィン特別仕様のものなんですよ!(笑)。

  • Martina: *excited exhale*

    マルティナ*興奮した吐息*

  • Martina: That's why there is a big line up and Simon is dancing like a crazy person.

    マルティナ:だから大行列ができて、サイモンが狂ったように踊っているんです。

  • Martina: Let's just ignore him and people will think he's just dancing in line like a total weirdo.

    マルティナ:無視しようよ、ただ並んで踊ってるだけの変人だと思われちゃうよ。

  • *music: baby when you move your body, baby when you move your body

    *音楽:Baby when you move your body、Baby when you move your body

  • Martina: we don't know this man

    マルティナ:私たちはこの男を知らない

  • Simon: Well you won't get any dumplings then.

    サイモン:そうか......それじゃ餃子は手に入らないな。

  • Martina: We know this man

    私たちはこの男を知っています

  • Dan & Martina: *laughing*

    ダン&マルティーナ。* laughing*

  • Simon: Look at that gorgeous steam

    サイモンあのゴージャスな蒸気を見て

  • Simon: and white (Marina - shrimp and pork) meaty thing

    シモン:と白(マリーナ~エビと豚肉)の肉質的なもの

  • Simon: Those are some sweat onions you can smell in there Martina: Yep

    Simon: この中には汗でできた玉ねぎの匂いがするよ Martina: うん。

  • Simon: Oh, Yeah!

    サイモンああ、そうだ!

  • Simon: This is amusement park food done right Martina: mmm-hmm

    Simon: これは遊園地の食べ物だよ Martina: うーん、うーん。

  • Simon: It's a delicious bun

    シモン:おいしいパンですね。

  • Simon: Great seasoned stuffings

    サイモン:味付けされた詰め物は最高です。

  • Martina: and I think because the lineup was so long, it doesn't over steam them.

    マルティナ:それに、ラインナップが長かったからこそ、蒸らしすぎないようにしているんだと思います。

  • Martina: These are just like... still in like that perfect fluff-wah stage, you know? Simon: *making happy sounds*

    Martina: これは...まだ完璧な毛羽立ちの段階なんだよね。サイモン:*making happy sounds*

  • Martina: Shrimp, huge shrimp. Huge pork.

    マルティナ:エビ、巨大なエビ。巨大な豚肉。

  • Simon: Youcould taste a little bit of the purple as well in the dough Martina: mmmmm

    Simon: Youcould taste a little bit of purple as well in the dough Martina: mmmmmmm.

  • Simon: Special steam buns. Highly recommend. 5 out of 5, would eat them again.

    シモン:特製スチームバンズ。お勧めです。5点満点中5点、また食べたい。

  • Martina: We have, this is our second time.

    マルティナ:ありますよ、2回目です。

  • Martina: I mean... I've said too much! Simon: I'm not lying!

    マルティナ:つまり...。私、言い過ぎちゃった!?シモン:嘘じゃないよ!

  • *spooky, fun music*

    *spooky, fun music*

  • *whispers, unintelligible*

    *whispers, unintelligible*

  • *spooky, fun music*

    *spooky, fun music*

  • Simon: Tah-dahhhhhh

    サイモン:タァーダァーダァー

  • Simon: It's Thumper! We're thumping together!

    サイモン:Thumperだよ!一緒に叩いてるよ!

  • Simon: I'm way too excited about this!

    シモン:これには興奮しすぎですよ!(笑)。

  • Simon: Thank you! Hug! Yeah!

    サイモン:ありがとう!ハグ!イェーイ!

  • Simon: okay, bye-bye

    バイバイ

  • Martina: These might be real pumpkins.

    マルティナ:これは本物のカボチャかもしれないわね。

  • Martina: I haven't seen a pumpkin like this in a long time

    マルティナ:こんなカボチャを久しぶりに見たわ

  • Martina: It's a very North American Halloween feeling and I'm glad I felt it.

    マルティナ:北米らしいハロウィン感があって、それを感じられてよかったです。

  • Martina: and you can hear the music of my heart playing around me *Titanic/My Heart Will Go On/Irish... I can't tell what style it is music playing but it's a "longing for a distant shore" type vibe*

    Martina: and you can hear the music of my heart playing around me *Titanic/My Heart Will Go On/Irish...どのようなスタイルの音楽が流れているのかはわかりませんが、「遠い岸辺へのあこがれ」的な雰囲気ですね*。

  • Martina: Hang on

    マルティナ: ちょっと待って

  • Simon & Martina (to tune of amusement park music): dun-dun-dun-dun-dun-dun

    サイモン&マルティナ(遊園地音楽に合わせて):ダンダンダンダンダンダンダン

  • Simon (starts getting off beat): dun-dun-dun-dun Martina (staying with the beat): dun-dun-dun-dun

    サイモン(ビートが外れ始める):ダンダンダンダンマルティーナ(ビートに留まる):ダンダンダンダンダン

  • Simon: continues dun-dun-dun-ing Martina: Now, you see I was actually singing the song.and your just... k, ready?

    Simon: continues dun-dun-dun-dun-dun-ing Martina: Now, you see I was actually singing.and your just...k, ready?

  • Simon (still dun-ing to his own rhythm) Martina: Ok, ready? ready? ready?

    シモン(まだ自分のリズムに合わせてダンシングしている) マルティナ:よし、準備はいいか?

  • Simon (continues...) Martina: *laughing*

    シモン(続けて...) マルティナ:*笑*。

  • Martina: Welcome to America

    マルティナ:アメリカへようこそ

  • *Colonel Bogey March*

    *Colonel Bogey March*

  • Martina: Awh, you're right in the sun. You look like Captain Jack Sparrow.

    マルティナ:あわわわ、太陽の下で正解。ジャック・スパロウ船長に似ているわ

  • Martina: ... it's like sunbursts and everything.

    マルティナ:......太陽の光を浴びるとか。

  • Martina: It's crazy timing!

    マルティナ:めちゃくちゃなタイミングですね。

  • Martina: Oh yes, nothing like a cold refreshing beer while I'm at Disney Sea.

    マルティナ:そうそう、ディズニーシーにいる間、冷えた爽やかなビールほど美味しいものはないわ。

  • Martina: That's right! They sell alcohol at this location.

    マルティナ:そうなんですよ。この場所でお酒を売っているのよ。

  • Martina: This place "Barnacle Bill's" always does a special beer.

    マルティナ:ここ「バーナクル・ビルズ」はいつも特別なビールを出してくれるの。

  • Martina: Today, it's pomegranate beer.

    マルティナ:今日はザクロビールです。

  • Martina: The last time we were here, it was elderflower.

    マルティナ:前回はエルダーフラワーでした。

  • Martina: Cheers!

    マルティナ:乾杯

  • Martina (strained voice): That's some sweet beer!

    マルティナ(緊張した声)。甘いビールだね!

  • Martina: Yeah... that's some sweet beer.

    マルティナ:うん...甘いビールだね。

  • *fun music*

    *ファンミュージック*

  • Simon: Look how gorgeous they are!

    サイモン見ろよ、なんてゴージャスなんだ!

  • Simon: They are stuffed with deliciousness

    シモン:美味しさが詰まっています。

  • Simon: Last time we only got one.

    サイモン前回は一人だけだった

  • Simon: This time... we know to get one EACH!

    今回は...1つのEACHを手に入れよう!

  • Martina: mama didn't raise no fool

    マルティナ:ママはバカを育てなかった

  • Simon: Dan ain't here so I didn't buy $#!% for him right now

    サイモンダンはここにはいない だから今は買わなかった

  • Martina: Where you at Dan? Simon: Where you at Dan? Martina: Where you at?

    Martina: Where you at Dan?ダンはどこ?マルティナ:どこにいるの?

  • Martina: (Where my microphone?)

    マルティナ:(私のマイクは?

  • Simon: These little Toy Story Mochi's - you cannot miss these when you come to Disney Sea. Martina: No, this is, this is like a must.

    サイモン:この小さなトイ・ストーリーのお餅......ディズニーシーに来たら見逃せませんね。マルティナ:いや、これは、これは、これは必須のようなものです。

  • Simon: These are the best things you can get at Disney Sea

    サイモン:ディズニーシーで手に入る最高のものはこれだ

  • Martina: These little guys... each of them have a different stuffing

    マルティナ:このちびっ子たち...それぞれ違う詰め物をしています。

  • Martina: and they are are kinda cold, so almost like a frozen Mochi.

    マルティナ:それに、ちょっと冷たくて、凍ったお餅みたいな感じ。

  • Simon: Ah! I can feel how cold this one is.

    シモン:あー!これは冷たさが伝わってきますね。

  • Martina: Mmmmm

    マルティナ:うーん

  • Martina: Mine's strawberry cream Simon: I had the chocolate cream one

    マルティナ: 私のはストロベリークリーム シモン: 私はチョコクリームを食べたわ

  • Simon & Martina: *making sounds of yumminess*

    シモン&マルティーナ。*making sounds of yumminess*

  • Simon: Such a plump and moist little mochi.

    サイモン:そんなふっくらとしたしっとりとした小さなお餅。

  • Martina: *unintelligible* Simon: and the cream is really dense as well

    マルティナ.*Simon: そしてクリームはとても濃厚なんです。

  • Simon: it's not like a light whipping cream with tons of air Martina: nuh-uh

    サイモン:それは空気のトンと光ホイップクリームのようなものではありません マルティナ:ヌ-ウン-ウン

  • Simon: Mmmm (talking with mouth full) this is better one Martina: I know right!

    Simon: うーん(口いっぱいに話して)これはより良いものです マルティナ: 私は右を知っている!私は、このようなことはありませんが、私はそれを知っています。

  • Martina: Oh my god. This is the custard one. So custard, strawberry, and chocolate. Simon: *making sounds of delight*

    マルティナ:あらあら。これはカスタードのやつ。カスタード、イチゴ、チョコレートですね。サイモン.*喜びの音を作る*

  • Martina: This $#!% is amazing! Simon: The strawberry is much better than the chocolate.

    マルティナ:この$#!シモン:チョコよりイチゴの方がずっと美味しいよ。

  • Martina: The custard one is better than the strawberry

    マルティナ:いちごよりもカスタードの方がいいですね。

  • Simon: Is it?! Martina: Whoa!!!

    シモン:そうなのか!?マルティナ:うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

  • Simon: I got the custard one next!

    サイモン:次はカスタードのやつだよ!

  • Martina: My Ghaaaa

    マルティナ:マイ・ギャア

  • Martina: Don't! *goat bleating sound*

    マルティナ:やめて!*ヤギの鳴き声*

  • *chewing sound effect*

    *チューイング効果音*

  • Martina: Mine!

    マルティナ:私の!

  • Simon: I love you though we're supposed to share with each other.

    サイモン:愛してるよ、お互いに分かち合うことになってるけどね。

  • Martina: Mine!

    マルティナ:私の!

  • Simon: Give me your last chocolate one.

    サイモン:最後のチョコをくれ

  • Simon: Give it to me!

    よこせ!

  • Simon: quick tip - if you are coming to Disney Sea, make sure you hang around Americaland for sunset

    Simon: quick tip - あなたがディズニーシーに来ている場合は、サンセットのためにアメリカーンドの周りにぶら下がっていることを確認してください。

  • Simon: because it just gets beautifully gorgeous and gorgeously beautiful

    Simon: なぜなら、それはただ美しく華やかに美しくなるだけだからです。

  • Martina: *unintelligible* Mount Fuji! Simon: That's wild right?!

    マルティナ*unintelligible* 富士山!シモン:それはワイルドだよね?

  • *happy music*

    *happy music*

  • *thunder noise* Martina: And now we'll be terrified

    *thunder noise* Martina: And now we'll be terrified.