Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Every day, especially in the era of social media (from the mental health perspective,

    毎日、特にソーシャルメディアの時代(メンタルヘルスの観点から。

  • probably the single worst invention of modern times), we are likely to face enemies. People

    おそらく現代の単一の最悪の発明)では 敵に直面する可能性が高いのです人々は

  • who disagree with us, people who tell us we're 'bad', people who say we should be ashamed

    反対する人、悪いと言う人、恥を知れと言う人

  • of ourselves - or even be destroyed.

    自分自身の-あるいは破壊されることさえある。

  • The common-sense advice, from well-meaning friends, is not to listen, to shrug it off,

    良識ある友人からの常識的なアドバイスは、耳を貸さず、肩身の狭い思いをすることです。

  • to assert that no one cares, that the bully is 'mad' or mentally unwell - and to suggest

    誰も気にしていない、いじめっ子は「気が狂っている」とか「精神的に病んでいる」と主張して

  • a change of scene. It's very kind - and, sadly, usually, for many of us, entirely ineffective.

    場面転換ですそれはとても親切ですが、悲しいことに、通常、私たちの多くにとっては、全く効果がありません。

  • The question then emerges: why is it that some people find it extremely hard to defend

    そこで疑問が湧いてきます。

  • themselves, either in the sense of practically answering back to an enemy or simply of not

    吾輩自身が

  • caving in internally in the face of an attack? Why is it that, when they are being bullied

    攻撃を受けた時に内部的に屈服する?なぜかというと、いじめられているときに

  • at work, some people are able to mount a polite, calm fightback, while others melt into self-loathing

    しょくばつのきくんもいれば、しょくばつのきくんもいる

  • and despair? Why is it that if they are criticised unfairly in a romantic context, some people

    と絶望してしまうのでしょうか?なぜ、恋愛で不当に批判されると、一部の人は

  • are able to point out that the criticism is not right and get their side of the story

    は、批判がおかしいと指摘して自分の言い分を通すことができます。

  • across and feel steady and solid, while others descend at once into paranoia?

    他の人はパラノイアに一度に下降している間に、横切って、安定した堅実さを感じていますか?

  • We might put it like this: in order to be able to defend oneself against an external

    外敵から身を守れるようになるには

  • foe, one has to be on one's own side. And this is not - for some of us - as easy as

    敵の味方でなければならない。そして、これは、私たちの中には、以下のような簡単なことではありません。

  • it sounds. Without us necessarily even quite realising the fact, our entire personalities

    そう聞こえます私たちがその事実に気づかないうちに、私たちの全体の人格は

  • may be geared towards interpreting ourselves as bad, wrong, a mistake, shameful and a piece

    は、悪い、間違った、間違い、恥ずべきと作品として自分自身を解釈することに向けてギアリングされている可能性があります。

  • of shit. This may sound dramatic and we know, in our intellectual adult selves, that this

    くだらないこれはドラマチックに聞こえるかもしれませんが、知的な大人の自分たちの中ではわかっています。

  • can't be entirely right. Nevertheless, deep down, this isn't only slightly right, it's

    完全に正しいとは言えませんそれでも、心の奥底では、これはわずかに正しいだけではなく

  • the fundamental truth about us.

    私たちについての根本的な真実

  • A first step towards dealing with an external enemy is realising that our personalities

    外敵に対処するための最初のステップは、私たちの人格を実現することです。

  • are built up in such a way that we're going to have a big problem on our hands whenever

    が構築されていて、いつ

  • we face opposition. We should expect to find this hard and we do. We are, and there is

    私たちは反対に直面しています私たちはこれが難しいと予想すべきであり 私たちはそうしています私たちはそうしていますし、そこには

  • no pejorative association around this whatsoever, a bit mentally fragile or unwell in this area.

    このあたりは、何の蔑称もなく、精神的にもろいのか、このあたりの体調不良なのか、ということです。

  • We therefore need to call for help, extend a lot of compassion to ourselves and devote

    そのためには、助けを求め、自分自身に多くの慈悲の心を注ぎ

  • all the critical care we're going to need to get through the crisis. We then need to

    危機を乗り切るために必要な クリティカルケアは全て揃っていますそれから、必要なのは

  • take on board that - unfortunately - the real enemy we're harbouring is not so much currently

    肝心の敵は今のところそれほどではないことを肝に銘じる

  • outside of us (though they are there too) as inside of us.

    私たちの外に(彼らもいるが)私たちの中にあるように

  • We need to ask ourselves: why does the accusation feel so true? Our conscious minds give us

    私たちは自分自身に問う必要があります:なぜ非難はそれほど真実だと感じるのか?私たちの意識的な心は私たちを与える

  • access to only a fraction of the information about us. Just as we can't intuitively understand

    私たちの情報のごく一部にしか アクセスできません直感的に理解できないのと同じように

  • how a cell operates in our very own body, so the make up of most of our emotional brain

    細胞が自分の体の中でどのように機能しているか、だから感情的な脳の大部分を構成しています。

  • is sunk in darkness. However, there will be a history to our self-loathing. We hate ourselves

    は闇に沈んでいます。しかし 私たちの自己嫌悪には歴史があるでしょう私たちは自分自身を憎み

  • because somewhere along the line, we were not properly loved. Somewhere in the past,

    なぜなら、どこかで、私たちは適切に愛されていなかったからです。過去のどこかで

  • we heard a story - you are a piece of shit, you don't deserve to be, f*** off… - and

    話を聞いた - お前はクズだ、お前にはふさわしくない、失せろ。

  • the story has stuck.

    話が詰まってしまった。

  • How could someone facing an accusation that they are an idiot but who inside has a voice

    自分はバカだが中の人は声がある、という非難に直面している人がどうやって

  • saying that they're a moron ever get the strength to defend themselves? They know in

    アホだと言ってる奴は自衛する気力が湧いてこないのか?彼らは知っている

  • the adult part of the mind that they should be fighting back, but they can't, because

    大人の心の中では、反撃すべきなのに反撃できないのは

  • inside all they hear is: you are everything your enemy is saying you are. They identify

    彼らの心の中では、「あなたは敵が言っていることのすべてだ」と聞いています。彼らは識別する

  • entirely with their aggressor.

    完全に彼らの侵略者と一緒に。

  • This can get pretty dangerous pretty fast. If the external enemy is vicious enough, and

    これはかなり危険な状態になることがあります。外敵が十分に悪質な場合と

  • joins artfully enough with the internal enemy, there can be suicidal thoughts - and perhaps

    内的な敵と十分に芸術的に結合すると、自殺願望があるかもしれません。

  • suicide itself. The defenceless are the opposite of self-righteous. To their enemies, they

    自殺そのもの。無防備な者は独善的な者とは正反対の存在である。敵に対しては

  • are implicitly saying: I hate myself more than you ever could. I want to kill myself

    と暗黙のうちに言っています。あなたよりも自分を憎んでいる自分を殺したい

  • more than you want to kill me.

    私を殺すよりも

  • The solution to this is a large naive word we'll have heard before but which we need

    これを解決するために必要なのは、聞いたことがあるであろう大きなナイーブな言葉です。

  • to grasp in its life-saving dimension: love. We need to hear often enough and clearly enough

    命を救う次元である愛を把握するために。私たちは、十分に頻繁に、十分に明確に聞く必要があります

  • from other human beings - and they don't need to be romantic partners - that contrary

    他の人間から - そして、彼らは恋愛相手である必要はありません - その逆

  • to what the internal enemy is saying, we are decent enough, not perfect but that isn't

    内なる敵が言っていることに対して、私たちは十分にまともで、完璧ではありませんが、そうではありません。

  • the criterion for deserving to exist. We need to fix ourselves by absorbing, properly absorbing,

    存在するに値する基準です。きちんと吸収することで 自分を固定する必要があります

  • the kindness of others.

    人の優しさ

  • The problem is that people who feel they are pieces of shit aren't very good at letting

    問題なのは、自分をクズだと思っている人が、自分をクズだと思っている人に

  • others take care of them. They don't know how to ask for help, and when help is given,

    他の人が自分の面倒を見てくれます。彼らは助けを求める方法を知らず 助けが与えられた時には

  • they may initially push it away, accusing the kind friend of being weird or inadequate

    怪しいと思って押しのけてしまう

  • (why would they be seeking to help a freak?).

    (なぜ変人を助けようとするのか)。

  • We know from the condition known as body dysmorphia that it's no use telling someone who feels

    私たちは、身体異形症として知られている状態から、感じている人に言っても無駄だということを知っています。

  • they are disgusting that they are in fact very nice looking. We need to help them understand

    彼らは実際にはとても素敵な容姿をしていることを 嫌悪しています私たちは彼らに理解してもらう必要があります

  • how they grew to hate themselves so much and show them, via a friendship, that there could

    どのようにして彼らはそんなに自分自身を憎むように成長し、友情を介して、それらを示すことができます。

  • be another way of relating to who they are. We have some hints about how our minds work

    自分との関係性のもう一つの方法になります私たちの心の働きについて いくつかのヒントがあります

  • from the way we acquire language: children fluently pick up incredibly complex patterns

    言葉の習得方法から:子供は信じられないほど複雑なパターンを流暢に覚えます。

  • of speech from listening to those around them in the early years. A parallel emotional process

    幼児期に周りの人の話を聞くことから言葉の並行して行われる感情のプロセス

  • is going on. If someone when we were little was speaking hate, and shame and guilt to

    が進行しているのではないでしょうか。私たちが小さい頃に誰かが 憎しみや恥や罪悪感を口にしていたら

  • us, we will have started to speak like that to ourselves - and it won't be easy, in

    私たちは、私たち自身にそのように話すようになっているでしょう - そして、それは簡単ではありません。

  • adulthood, to learn a new language, let alone to come to speak it fluently to ourselves.

    大人になって、新しい言語を学ぶことはおろか、自分自身に流暢に話せるようになることも。

  • Telling someone mired in self-hatred to 'cheer up' or 'like themselves a bit more'

    自己嫌悪に陥っている人に「元気出して」「もう少し自分を好きになって」と言い聞かせる

  • is going to be as impatient as telling someone from England to 'just speak Bulgarian'.

    は、イギリス人に「ブルガリア語で話せ」と言うのと同じくらいせっかちになりそうです。

  • It's going to take time and a lot of training.

    時間もかかるし、修行も大変そうです。

  • Nevertheless, if we want to think about what an ambitious project for humanity would look

    それでも、人類のための野心的なプロジェクトがどのように見えるかを考えるならば

  • like, it would be a giant programme of learning to replace the internalised languages of hate

    憎しみの内在化された言語を置き換えるための巨大な学習プログラムになるだろう。

  • and enmity with those of love and compassion. We've trying to do this for a couple of

    と敵意を愛と憐れみの心を持った者との間で私たちはこれをしようとしています

  • millenia at least. But we've done a pretty poor job of it so far - and the project feels

    少なくとも千年。しかし、これまではかなりお粗末な仕事をしてきました - そして、プロジェクトは感じています。

  • more urgent than ever. We might start today, by speaking a few stumbling phrases of love

    これまで以上に緊急性が高まっています。今日は、愛のつまずきのフレーズをいくつか話すことから始めることができるかもしれません。

  • to the self-hating part of ourselves and to someone we know near us who is perhaps right

    自分自身の自己嫌悪の部分と、おそらく正しいと思われる身近な人に

  • now mired in shame and inadequacy.

    今は恥と不完全さに浸っている

  • At The School of Life we run regular virtual classes for adults. These mini life courses cover such topics as;

    スクール・オブ・ライフでは、大人のためのバーチャルクラスを定期的に開催しています。 これらのミニライフコースは、次のようなトピックをカバーしています。

  • how to help relationships work, coping with anger and anxiety, career guidance, finding meaning and purpose in life and using culture as a therapeutic tool.

    人間関係の改善、怒りや不安に対処する方法、キャリアガイダンス、人生の意味や目的を見つける方法、文化を治療ツールとして使用する方法。

Every day, especially in the era of social media (from the mental health perspective,

毎日、特にソーシャルメディアの時代(メンタルヘルスの観点から。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 自身 嫌悪 クズ 大人 十分 必要

もっと自分を愛することを学ぶ方法

  • 288 12
    Summer に公開 2020 年 08 月 12 日
動画の中の単語