Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • On Earth Day 2019, Google posted this video about the "urgency of radically addressing

    2019年のアースデイに、Googleは「根本的な対処の緊急性」について、この動画を投稿しました。

  • sustainability officer. Now she works to make Google a global leader in "reducing or even

    サステナビリティ・オフィサー。現在は、グーグルを「削減する、あるいは削減してもよい」グローバルリーダーにするために活動しています。

  • by 2017, they got that up to 100 percent. They've also managed to lower their total

    2017年には100%になりました彼らはまた、彼らの総計を下げることに成功しました

  • energy use with some help from a branch of artificial intelligence called machine learning.

    機械学習と呼ばれる人工知能の一部門の助けを借りて、エネルギーの使用を行っています。

  • A computer program takes in lots of data and trains itself to operate the centers as efficiently

    コンピュータプログラムは、多くのデータを取り込み、センターを効率的に運営するためのトレーニングを行います。

  • as possible. Here's energy use under human supervision, and when the AI is in charge.

    を可能な限り実現します。ここでは人間の監視下でのエネルギー使用、AIが担当した場合です。

  • The more data the AI trains on, the better it gets at reducing energy use. But here's

    AIを鍛えれば鍛えるほど、エネルギーの使用量を減らすことができます。しかし、ここでは

  • the thing: This same technology can be used to automate lots of other tasks, like fossil

    この同じ技術は、化石のような他の多くの作業を自動化するために使用することができます。

  • fuel discovery and extraction. And while Google is using AI to increase the efficiency of

    燃料の発見と抽出。そして、グーグルがAIを使って効率化を図る一方で

  • its operation, it's also using it to try and get as much oil and gas out of the ground

    その操作は、それを使用して、それはまた、地面から多くの石油とガスを取得しようとしています。

  • as possible. In 2018, Google hired Darryl Willis, a veteran of British Petroleum, to

    を可能な限り採用した。2018年、グーグルは英石油のベテラン、ダリル・ウィリス氏を採用した。

  • lead its new oil, gas, and energy division. Willis explained "our plan is to be the partner

    ウィリスは「私たちの計画では、石油・ガス・エネルギー部門のパートナーになることを目指しています」と説明しています。Willis氏は、「私たちの計画は、パートナーとなることです」と説明しています。

  • of choice for the energy industry." They've already signed a deal with Total, one of the

    エネルギー産業のための選択肢の一つです"彼らはすでに

  • world's biggest oil companies, to develop AI that will streamline oil and gas exploration

    世界最大手の石油会社、石油・ガス探査を効率化するAIを開発へ

  • and production. And Google's not alone. Microsoft and Amazon are also teaming up with the fossil

    と生産をしています。グーグルだけではない。マイクロソフトとアマゾンも手を組んで化石の

  • fuel industry. Big Tech has entered the oil business.

    燃料産業。ビッグテックが石油事業に参入

  • On June 15, 1957, the citizens of Tulsa, Oklahoma

    1957年6月15日、オクラホマ州タルサ市民は

  • buried a rather odd time capsule, a brand new Plymouth Belvedere. Sealed inside

    新品のプリマス・ベルヴェデーレという 奇妙なタイムカプセルが埋まっていました中に封印されていた

  • among commemorative plates, ash trays, t-shirts, and books that captured the spirit of the

    の精神を捉えた記念プレート、灰皿、Tシャツ、本などの中で

  • times, was a 16mm film reel. It showed a martian visiting the United States and learning that

    時代は16ミリフィルムのリールでしたそれは、火星人がアメリカを訪問して、

  • oil and competition made the nation prosper. Also included in the capsule were gasoline

    石油と競争が国を繁栄させたまた、カプセルの中にはガソリン

  • and motor oil. In 1957, it seemed like a very real possibility that these products wouldn't

    とモーターオイル。1957年には、これらの製品が

  • be around in 50 years when the Belvedere was scheduled to be disinterred. Newspapers around

    ベルヴェデーレの廃炉が予定されていた50年後のことです。周辺の新聞

  • the country were reporting that America's oil production would soon fall off. And as

    国はアメリカの石油生産量がすぐに落ちると報道していましたそして、このように

  • that cartoon martian learned, discoveries of new reserves were rare. "Only one well

    火星人が学んだのは、新たな埋蔵量の発見は稀であるということでした。"たった一つの井戸が

  • in nine finds any oil at all. And only one in almost a thousand makes a major discovery."

    9人に1人が石油を発見する大発見をするのは1000人に1人です"

  • Oil has always been really hard to find. America's first oil well was drilled in 1859 near a

    石油は常に見つけるのが本当に大変でした。アメリカで最初の油井は1859年に

  • particularly greasy creek in Pennsylvania. It was obvious there was oil seeping up from

    ペンシルベニア州の特に油の多い小川からからオイルが染み出ているのは明らかでした

  • the ground here, but it took Edwin Drake over a year and all his money to find a measly

    エドウィン・ドレイクが1年以上かけて 僅かな土地を見つけたのです

  • little pocket of black gold. Still, his discovery triggered an oil boom and a Pennsylvania paper

    黒い金の小さなポケットそれでも、彼の発見は石油ブームと ペンシルバニア紙の

  • was soon explaining that the substance could "illuminate, lubricate, make candles, and cure

    はすぐに物質が「照らす、潤滑剤になる、ロウソクを作る、治す」と説明していました。

  • most diseases from which humanity suffers." Not all of that proved true, but 100 years

    "人類が苦しむほとんどの病気"すべてが真実であると証明されたわけではありませんが、100年後には

  • later, petroleum had given the world "fabrics, toothbrushes, tires, insecticide, cosmetics,

    後に、石油は世界に「布、歯ブラシ、タイヤ、殺虫剤、化粧品」を与えていた。

  • weed killers, a whole galaxy of things to make a better life on Earth." And of course,

    草刈り機や、地球上でより良い生活を送るために必要なものは何でも揃っています。もちろん

  • fuel. The energy needs of the world have risen a lot since 1859. And from very early on there

    燃料を使用しています。世界のエネルギー需要は 1859年から大幅に増加しましたそして非常に早い時期からそこには

  • were fears that fossil fuels couldn't meet this demand. In 1909, some thought oil and

    化石燃料ではこの需要を満たせないとの懸念がありました1909年には石油と

  • gas would run out around 1937. In 1937, US oil supplies were supposed to disappear by

    ガスは1937年頃には枯渇してしまうと言われていた。1937年には、アメリカの石油供給は

  • 1952. And so on, and so on, as fossil fuels became more and more essential in every day

    1952.その後もそうでしたが、化石燃料が日々の生活に欠かせないものになっていきました。

  • life, predictions of a crash kept coming. But somehow, the oil kept flowing. "I couldn't

    人生、暴落の予感がし続けていました。しかし、どういうわけか、オイルは流れ続けていました。"私は、

  • imagine how this ever-increasing supply of oil was achieved. Until I found out that there's

    この増え続ける石油の供給がどのようにして実現したのかを想像してみてくださいあることを知るまでは

  • not just one but thousands of oil companies all competing with each other to discover

    1社だけではなく、何千社もの石油会社が互いに競って発見を競い合っています。

  • and develop new sources of oil." From the earliest days, competing companies invested

    と新たな石油資源の開発に取り組んでいます。"初期の頃から、競合する企業が投資していました。

  • in better technology to extract fossil fuels, better drills, better pumps, and they developed

    化石燃料を抽出するためのより良い技術、より良いドリル、より良いポンプで、彼らは開発しました。

  • better techniques for finding new oil reserves, creating seismic vibrations to see underneath

    埋蔵量を発見するための技術を向上させ、地下を見るために地震の振動を作成します。

  • the ground, using satellite LIDAR to reveal hidden structures, detecting subtle changes

    地上では、衛星LIDARを使用して隠れた構造物を明らかにし、微妙な変化を検出します。

  • in the Earth's gravity and magnetism. Thanks in part to these advances, by 2007, when a

    地球の重力や磁力の影響を受けていることがわかりましたこれらの進歩のおかげもあって、2007年には

  • very rusty Belvedere was exhumed, global oil production was still on the rise. In the US,

    非常に錆びついたベルヴェデーレが 掘り出された時 世界の石油生産量は まだ増加の一途をたどっていましたアメリカでは

  • it did look like oil was finally petering out, until investment in new technology, fracking

    石油はついに衰退したように見えましたが、新しい技術であるフラッキングへの投資が行われるまでは

  • and horizontal wells in vast shale formations, brought it roaring back. Today, once again,

    そして、広大な頁岩層の水平井戸が、それを復活させたのです。今日、再び。

  • if we just rely on current reserves and current tech, oil production will start to falter,

    今の埋蔵量と今の技術に頼っているだけでは、石油の生産量は低迷し始めるだろう。

  • but if new technology lets us squeeze more out of the reserves we already have and find

    しかし、新しい技術によって、すでに持っている埋蔵量をより多く搾り取ることができるとしたら

  • new sources of oil, we'll be able to meet the growing demand. It's just a matter of

    新たな石油の供給源が増えれば、需要の高まりに対応できるようになります。それはただ

  • finding the next technological leap. Of course, there's a problem with using fossil fuels

    次の技術的飛躍を見出すためにもちろん、化石燃料を使うことには問題があります。

  • to meet the world's energy needs. Climate change. Oil, gas and coal are a time capsule

    世界のエネルギー需要を満たすために気候変動です。石油、ガス、石炭はタイムカプセル

  • of a different sort, sealing ancient carbon deep below the Earth. When humans open that

    古代の炭素を地球の地下深くに封じ込めています人間がそれを開くと

  • time capsule and burn those fossil fuels, carbon reenters the atmosphere as the greenhouse

    タイムカプセルで化石燃料を燃やすと、炭素が温室効果ガスとして大気中に再放出されます。

  • gas CO2. Since 1859, CO2 levels have shot up and so has the planet's temperature. If

    ガスの二酸化炭素1859年以来 CO2のレベルは急上昇し 地球の温度も上昇していますもし

  • we keep going like this, if we burn all the fossil fuels we currently have access to,

    このままでは、現在利用できる化石燃料を全て燃やしても、このままです。

  • models suggest that the Earth could warm somewhere between 6.4 and 9.5 degrees. And so climate

    モデルは、地球が6.4度から9.5度の間のどこかで 暖かくなる可能性があることを示唆していますそのため、気候

  • activists say there's only one thing to do. "Keep it in the ground. Keep it in the ground.

    活動家は、やるべきことは一つだと言っています。"地中に置いておけ地面に置いておくのです

  • Keep it in the ground. Keep it in the ground." That's easier chanted than done. Currently,

    地面に置いておけ地面に伏せろ"唱えるのは簡単だ今のところ

  • the world relies on fossil fuels for 85 percent of its energy needs. Keeping it in the ground

    世界はエネルギー需要の85%を化石燃料に頼っていますそれを地中にとどめておくために

  • will require a huge shift to renewables and lower energy use in general. And big tech

    再生可能エネルギーへの大規模なシフトが必要になるでしょうし、一般的なエネルギー使用量の削減も必要です。そして、ビッグテック

  • companies have publicly rushed to be part of this effort. "Sustainability has been a

    企業はこの取り組みに参加することを公に急いでいます。"サステナビリティ "は、これまで

  • core value since our founding." "There had been pockets of sustainability living within

    創業以来の中核的な価値観です。"持続可能性のポケットがありました

  • Amazon's business since the very beginning." "One of the problems we can help solve is

    アマゾンが最初からやっているビジネス""私たちが解決できる問題の一つは

  • energy consumption." "We can invent our way out of this problem." "Innovation is the key

    "エネルギー消費""私たちはこの問題を解決する方法を発明することができます""イノベーションが鍵です

  • to solving this problem." "We can put artificial intelligence and digital technology to use

    この問題を解決するために""人工知能とデジタル技術を駆使して

  • to help our customers in every part of the economy become more sustainable themselves."

    経済のあらゆる分野のお客様が、より持続可能な生活を送れるように支援していきたいと考えています。

  • It turns out that same artificial intelligence technology is just what oil companies need

    石油会社が必要としているのは、同じ人工知能技術であることが判明しました。

  • to stay profitable. See the fossil fuel industry has amassed lots and lots of valuable data

    儲け続けるために化石燃料産業は貴重なデータをたくさん蓄積してきました。

  • as they've mapped Earth's crust in search of reserves. Take this patch of ocean floor

    彼らは埋蔵量を求めて 地球の地殻をマッピングしましたこの海底を見てみましょう

  • in the North Sea. In 1989, Dutch geologists painstakingly mapped the different rock layers

    北海にある1989年にオランダの地質学者は、さまざまな岩石層を丹念にマッピングしました。

  • using seismic scans. Researchers at IBM recently fed all that seismic data into a machine learning

    地震スキャンを使ってIBMの研究者は最近 その地震データをすべて機械学習に投入しました

  • algorithm and after about 10 minutes of training, the AI was able to label the rock layers nearly

    アルゴリズムを使用し、約10分間のトレーニングの後、AIは岩の層をほぼラベリングすることができました。

  • as accurately as human experts. Another group at Georgia Tech used machine learning to quickly

    人間の専門家と同じくらい正確にジョージア工科大学の別のグループは、機械学習を使って迅速に

  • identify structures important to oil discovery. You could imagine how an AI could train itself

    石油発見に重要な構造を特定するAIが自分自身を訓練する方法を想像してみてください

  • with all kinds of data to pinpoint the best places to drill. And once drilling begins,

    掘削に最適な場所をピンポイントで特定するために、あらゆる種類のデータを使用しています。そして一旦掘削が始まると

  • AI can streamline extraction to make it cheaper. That kind of efficiency can help the oil and

    AIが抽出を効率化して安くできる。そのような効率化は、石油や

  • gas industry compete with renewables and so it's no surprise that they spent an estimated

    ガス業界は再生可能エネルギーと競争しているので、彼らが見積もった金額を

  • 1.75 billion dollars on AI in 2018. Google, Microsoft, and Amazon are competing for a

    2018年にAIに17.5億ドル。グーグル、マイクロソフト、アマゾンが競っているのは

  • piece of that pie. Google has signed agreements with several fossil fuel companies. Microsoft

    そのパイの一部。グーグルは化石燃料企業数社と協定を結んでいますマイクロソフト

  • has teamed up with Exxon and Chevron, and just hired Daryl Willis away from Google.

    エクソンやシェブロンと手を組み、グーグルから離れてダリル・ウィリスを雇ったばかり。

  • And Amazon, who already provides cloud services to BP and Shell is marketing its ability to

    そして、すでにBPやシェルにクラウドサービスを提供しているアマゾンは、その能力をマーケティングしています。

  • accelerate and optimize exploration, drilling, and production of oil and gas. While they

    石油・ガスの探査、掘削、生産を加速し、最適化します。その一方で

  • talk up their commitment to sustainability, big tech is making sure the world can keep

    持続可能性へのコミットメントを語る、ビッグテックは世界が持続可能であることを確認しています。

  • burning plenty of fossil fuel. "And if you have both of these things, any goal is possible.

    化石燃料をたくさん燃やしていること"そしてこの両方を持っていれば どんな目標も可能です

  • It's destination unlimited."

    "目的地無制限"

On Earth Day 2019, Google posted this video about the "urgency of radically addressing

2019年のアースデイに、Googleは「根本的な対処の緊急性」について、この動画を投稿しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox 石油 化石 燃料 ai エネルギー

グーグルとアマゾンが石油事業に

  • 35 3
    林宜悉 に公開 2020 年 08 月 07 日
動画の中の単語