Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It really makes a difference what we say.

    私たちの口にする言葉は大切です。

  • I learned this from a woman who survived Auschwitz.

    これは、アウシュビッツから生き抜いたある女性が教えてくれましたの。

  • She went to Auschwitz when she was fifteen years old, and her brother was eight, and the parents were lost.

    彼女は15歳の時、8歳の弟とともに、アウシュビッツに連れていかれ、両親は行方不明でした。

  • And she told me this, "We were in the train going to Auschwitz, and I looked down, and I saw my brother's shoes were missing.

    彼女はこう言いました:「アウシュビッツに向かう列車の中で、ふと足下を見ると、弟が靴を履いていないのに気づきました。

  • And I said, 'Why are you so stupid? Can't you keep your things together? For goodness sake!'

    「なんてバカなんだろう!自分のものくらいちゃんとできないの?しょうがない子ね!」

  • The way an elder sister might speak to a younger brother."

    姉が弟に言うような言い方で言ったんです」

  • Unfortunately, it was the last thing she ever said to him because she never saw him again.

    残念ながら、それは彼女が弟に言った最後の言葉となりました。その後、彼女は二度と彼に会わなかったからです。

  • He did not survive.

    彼は生き残れなかったです。

  • And so when she came out of Auschwitz, she made a vow.

    アウシュビッツから出てた時、彼女は誓いを立てました。

  • She said, "I walked out of Auschwitz into life."

    「私はアウシュビッツから生き抜いて」と言いました。

  • And the vow was, "I will never say anything that couldn't stand as the last thing I ever say."

    そして、「それがその人への最後の言葉になったとしても、公開することのないように言葉を選ぼう」と心に誓ったんです。

  • Now, can we do that? No.

    私たちはそれをできるでしょうか?いや。

  • But it is a possibility to live into.

    しかし、それは心がけることです。

  • Thank you.

    ありがとうございます。

It really makes a difference what we say.

私たちの口にする言葉は大切です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TED-Ed アウシュビッツ 誓い 残れ 列車 教訓

TED-ED】アウシュビッツからの教訓。言葉の力 - ベンジャミン・ザンダー

  • 19795 1581
    Gabriel に公開 2014 年 04 月 26 日
動画の中の単語