Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Translator: Kaori Nozaki Reviewer: Riaki Poništ

    翻訳: Maki Sugimoto 校正: Kaori Nozaki

  • Aloha!

    アローハ!

  • I was born and raised in Hawaii.

    僕はハワイで生まれ育ちました

  • Very excited to be here at TEDxTokyo.

    TEDxTokyoに登壇できて とても興奮しています

  • I met that Patrick over there at TED a few months ago,

    数カ月前にTEDで会った (オーガナイザーの)パトリックは

  • just an amazing individual, and he's been a huge inspiration for me.

    非常に素晴らしい人物で 僕は大いに刺激を受けました

  • So it truly is an honor to be here.

    この場に立てて とても光栄です

  • I'm just going to tell you a little bit about myself before I start playing.

    まず演奏の前に少しだけ 僕自身についてお話しします

  • This is my ukulele.

    これは僕のウクレレで

  • And I've been playing since I was four years old.

    4歳から弾いています

  • My mom, she played and she taught me how to play.

    母がもともと弾いていて 僕に教えてくれました

  • And I've been passionate about this instrument ever since.

    それ以来ずっと この楽器に情熱を注いでいます

  • I truly believe that -

    僕は本気で こう信じています

  • well, here's an idea for you:

    そのアイデアとは

  • I actually believe that the ukulele is the instrument of peace.

    ウクレレは平和の道具であるということ

  • It's the instrument of peace because I truly believe

    なぜならみんなが ウクレレを弾けば

  • that if everyone played the ukulele, this world would be a better place.

    世界はもっと素敵になるからです

  • (Laughter)

    (笑)

  • So I'm going to try to prove that to you in a bit.

    そのわけを証明してみせましょう

  • But I started out playing a lot of Hawaiian music, things like this.

    ウクレレを始めた頃はこんな ハワイアン音楽ばかりでしたが

  • (Playing ukulele conventional style)

    (典型的なウクレレ演奏)

  • And then over the years as I got older,

    年月と年齢を重ね

  • I started listening to different styles of music.

    いろんな種類の音楽を聴くようになり

  • Then those three chords became things like -

    基本の3コードを卒業して こうなりました

  • (Intro riff from "Sunshine of Your Love")

    (「サンシャイン・オブ・ ユア・ラブ」のイントロ演奏)

  • I start really rocking out on this thing.

    ノリのいい曲も 演奏するようになりました

  • So, I'm going to play a little tune for you.

    ではちょっと演奏してみせましょう

  • This is a piece that was inspired by one of my favorite flamenco guitar players,

    これは偉大なフラメンコギター演奏者の

  • the great Carlos Montoya.

    カルロス・モントーヤに 刺激を受けた曲

  • This is a piece entitled "Let's Dance."

    「レッツ・ダンス」です

  • (Ukulele arpeggio)

    (ウクレレでアルペジオ)

  • And here's something I call "flamenco ukulele."

    名付けて「フラメンコ ウクレレ」

  • (Laughter)

    (笑)

  • (Playing ukulele: "Let's Dance")

    (ウクレレ演奏「レッツ・ダンス」)

  • (Playing ends)

    (演奏終了)

  • (Cheers) (Applause)

    (歓声)(拍手)

  • [Jake Shimabukuro Let's Dance / Ave Maria]

    [ジェイク・シマブクロ レッツ・ダンス/アヴェ・マリア]

  • (Tuning ukulele)

    (ウクレレのチューニング)

  • Well, I'm going to try something, something a little different here.

    次はちょっと毛色の違う演奏をします

  • I've always loved -

    僕はこれまで

  • I loved all different styles of music when I was growing up,

    成長と共にさまざまなスタイルの 音楽を好きになりました

  • and Franz Schubert was always one of my favorite composers.

    そんな中 フランツ・シューベルトは ずっと前からお気に入りの作曲家です

  • So here's one of my favorite Franz Schubert pieces.

    中でも特に好きな曲をお届けします

  • (Tuning ukulele)

    (ウクレレのチューニング)

  • Here's an arrangement of one of the most gorgeous melodies, I think.

    優雅さではおそらく世界屈指のメロディを アレンジしたものです

  • Here's "Ave Maria" in the key of C major.

    「アヴェ・マリア」 キーはCメジャーです

  • (Tuning ukulele)

    (ウクレレのチューニング)

  • (Playing ukulele: "Ave Maria")

    (ウクレレ演奏「アヴェ・マリア」)

  • (Playing ends)

    (演奏終了)

  • (Applause)

    (拍手)

  • Thank you. Thank you.

    ありがとう ありがとう

  • (Applause)

    (拍手)

  • Thank you.

    ありがとう

  • (Applause)

    (拍手)

  • Thank you.

    ありがとう

  • (Applause)

    (拍手)

  • Thank you very much. Thank you.

    どうもありがとう

  • (Applause)

    (拍手)

  • Wow!

    ワーオ

  • (Chuckles)

    (笑)(スタンディングオベーション)

  • Weren't expecting this.

    これは予想外でした

  • (Chuckles)

    (微笑)

  • Patrick Newell: Just for your information, we do have another song planned.

    (パトリック・ニューエル) 確かもう1曲予定してたよね?

  • (Laughter)

    (笑)

  • Bring it on!

    (パトリック)じゃ よろしく!

  • Jake Shimabukuro: Thank you.

    (ジェイク・シマブクロ)ありがとう

  • (Cheers)

    (歓声)

  • A few months ago, I was invited to England

    数カ月前に英国に招待されて

  • to perform for Queen Elizabeth there,

    エリザベス女王の前で演奏しました

  • and it was one of the most incredible experiences in my life.

    今でもウソみたいと思うほど 印象深い体験でした

  • It's called the Royal Variety Performance that they put on each year.

    ロイヤル・バラエティー・ パフォーマンスという 毎年恒例のショーです

  • And some of the other performers were people like Bette Midler, Lady Gaga.

    ベット・ミドラーやレディ・ガガも 演奏者として招待されていました

  • They had Michael Boublé.

    マイケル・ブーブレも

  • And then there was me, a ukulele player from Hawaii.

    そこへ ハワイのウクレレ奏者の 僕も呼ばれたんです

  • And the highlight for me that evening was after the show

    この時の一番の思い出は ショーの終演後

  • when we were greeted by the Queen.

    エリザベス女王に 接見した時のこと

  • And just a quick story.

    ちょっとしたエピソードを

  • We're all standing backstage.

    舞台裏で待機している時

  • I was standing in between Bette Midler - and Lady Gaga was here.

    僕はベット・ミドラーと レディ・ガガにはさまれて

  • I was so nervous.

    とても緊張していました

  • I was just like, "What am I going to say?"

    「何を話せばいいの?」って感じです

  • But moments before she arrived, the producer of the show came down,

    女王がいらっしゃる前に ショーのプロデューサーが来て

  • and he said, "I just want to go over some of the rules,

    こう言いました

  • the proper protocol when her majesty arrives."

    「女王が到着したら 次のルールを守って行動してください」

  • So I thought, "OK, this is great."

    「これはいい」と思いました

  • So he said, "Just remember three things.

    彼は言いました 「3つ 覚えてください」

  • The first thing is you're not allowed to reach for her hand.

    「第1に 自分から 握手を求めてはいけません

  • You have to wait

    待っててください

  • until she extends her hand to you, and then you can shake your hand."

    女王が手を差し出したら 握手していいです」

  • I thought, "OK, I'll just keep my hands in my pocket and I'll be safe, right?"

    「じゃあ両手をポケットに 入れておけば安心だ」(笑)

  • "The second thing is," he said,

    「第2に」とプロデューサーが言うには

  • "you're not allowed to speak to her unless she speaks to you first."

    「女王から声をかけられるまで 何も言わないでください」

  • So I thought "Okay, I'll keep my mouth shut and it should be fine."

    「なるほど 口を閉じておけばいいんだ」

  • "And the third thing is," he said, "in this situation,"

    「そして最後に 今回は―」

  • because we were at the Blackpool Opera House

    この時 僕たちは ブラックプール・オペラハウスの

  • just at the backstage, he said, "it's not necessary to bow.

    バックステージにいたので

  • You don't have to bow or curtsy."

    「膝を曲げたりお辞儀したりする 必要はないです」と言われました

  • So I thought, "OK, one less thing for me to worry about."

    「これは心配ないな」と思いました

  • So I thought, "OK, I'm ready to meet the Queen," right?

    「よしこれで準備オーケーだ」

  • And I don't know if it's the Japanese in me,

    僕のルーツが日本人だからかもしれませんが

  • (Laughter)

    (笑)

  • but as soon as she entered the room, I started doing this.

    女王が部屋に入ってこられた瞬間 僕は思わず こうしてました

  • (Laughter)

    (笑)

  • (Applause)

    (拍手)

  • And I was the only one.

    僕だけでした

  • (Laughter)

    (笑)

  • But I've always been a huge Beatles fan,

    ところで僕は 昔から ビートルズの大ファンなので

  • so performing there in England was just a dream come true.

    英国での演奏は まさに夢が叶った瞬間でした

  • That was my first visit there.

    これが初めての英国訪問でした

  • (Tuning)

    (チューニング)

  • And here is one of my favorite songs to perform.

    では続けて 僕のお気に入りを もう1曲 演奏します

  • It was written by the great George Harrison of the Beatles.

    ビートルズの偉大なメンバー ジョージ・ハリスンの曲です

  • And he's had a few elbow rubs with the Queen himself.

    彼も女王と交流がありました

  • So here's one of my favorites.

    そのお気に入りの曲です 聞いてください

  • Here's "While My Guitar Gently Weeps."

    「ホワイル・マイ・ギター・ ジェントリー・ウィープス」

  • (Playing ukulele: "While My Guitar Gently Weeps")

    (ウクレレ演奏「ホワイル・マイ・ギター・ ジェントリー・ウィープス」)

  • (Playing ends)

    (演奏終了)

  • (Cheers) (Applause)

    (歓声)(拍手)

  • Thank you very much.

    どうもありがとう

  • (Cheers) (Applause)

    (歓声)(拍手)

  • Thank you.

    ありがとう

  • (Cheers) (Applause)

    (歓声)(拍手)

  • Thanks, Patrick.

    ありがとう パトリック

  • (Cheers)

    (歓声)

  • PN: For those of you that want to leave for a break time you can,

    (パトリック)ここでブレイクです 外に出たい人はどうぞ

  • those of you who want to stay,

    でも 残りたい人のために…

  • and maybe we could get one more song from Jake.

    ジェイク もう1曲いい?

  • What do you guys think?

    皆さんどうでしょう?

  • (Cheers)

    (歓声)

  • I mean you're welcome to go on break or listen to Jake.

    ブレイクでもいいし ジェイクの演奏を聴くのもいい

  • (Jake laughs)

    (笑)

  • It's a tough decision, right? You don't mind? Would you?

    究極の選択ですね? ジェイクはいい?

  • JS: Sure. I'd be honored. PN: Thanks! Phew!

    (ジェイク)もちろん 光栄です (パトリック)ありがとう

  • JS: Oh, thank you very much. Wow.

    (ジェイク)みんな本当に どうもありがとう

  • (Laughs)

    (笑)

  • (Laughter)

    (笑)

  • (Tuning ukulele)

    (ウクレレのチューニング)

  • You know, one of the things that I love about being a ukulele player

    ウクレレ奏者でよかったなと いつも僕が思うことがあります

  • is that no matter where in the world I go to play,

    世界中どこで演奏しても

  • the audience has such low expectations.

    観客の期待値が低いことです

  • (Laughter)

    (笑)

  • A huge plus, for sure.

    これほど有利なことはありません

  • OK, I'll try this piece here. This is a -

    ではこんな曲を

  • (Tuning ukulele)

    (ウクレレのチューニング)

  • This is actually the song that I performed for Her Majesty that night.

    これはその夜 実際に 女王の前で演奏した曲です

  • And it's another one of my favorite Beatles tunes.

    僕の好きなビートルズナンバーから もう1曲

  • I love the Beatles and -

    ビートルズが本当に大好きなので

  • Here 's one called "In My Life."

    「イン・マイ・ライフ」

  • (Playing ukulele: "In My Life")

    (ウクレレ演奏「イン・マイ・ライフ」)

  • (Playing ends)

    (演奏終了)

  • (Applause)

    (拍手)

  • Thank you very much.

    どうもありがとう

  • Enjoy the rest of TEDxTokyo.

    引き続きTEDxTokyoを楽しんで

  • (Applause)

    (拍手)

  • JS: Thank you guys. Thanks, Patrick.

    (ジェイク)ありがとう皆さん ありがとうパトリック

  • PN: Thank you.

    (パトリック)ありがとう

Translator: Kaori Nozaki Reviewer: Riaki Poništ

翻訳: Maki Sugimoto 校正: Kaori Nozaki

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ウクレレ 演奏 ジェイク 拍手 女王 歓声

TEDxTokyo ジェイク・シマブクロ - 05/15/10 (日本語) (TEDxTokyo Jake Shimabukuro - 05/15/10 (English))

  • 21 1
    Takaaki Inoue に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語