Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • OK, Thank you all for coming

    お越しいただきありがとうございます。

  • for this presentation.

    お越しいただきありがとうございます。

  • Loretta is in town from New York City

    ロレッタはニューヨーク市から来たので

  • So I thought I would take advantage of that

    今日のレッスンは特別で

  • and for anyone who's interested

    日本語がペラペラになったロレッタが

  • to hear how she became fluent in Japanese.

    語学のコツを紹介します。

  • L: Hi!

    こんにちは。

  • I'm going to talk today about Language Acquisition

    今日のテーマは第二言語の学習

  • and the idea of speaking, more than anything,

    特に、スピーキングのコツを紹介したいと思います。

  • Because that's obviously one of the hardest things

    なぜかというと、

  • that we all try to learn to do.

    スピーキングが一番難しいでしょう。

  • Writing, Listening, Reading...

    言葉を書く・聞く・読む・

  • those are all different functions but

    この三つは違う機能だけど

  • speaking is particularly difficult most of the time.

    スピーキングが最も難しいでしょう。

  • And, it shouldn't be!

    でも、そのはずはない!

  • So, when I first started studying Japanese

    私は日本語を勉強し始めた頃

  • I decided to start a YouTube channel

    ユーチューブやろうと思いました。

  • under the name "KemushiChan"

    「毛虫ちゃん」って言うチャンネルを作って

  • and one of the most common questions I got

    自分が日本語を喋っている姿を見せてから

  • now that I was publically speaking Japanese was:

    こんな質問をよく聞かれました:

  • "Why do you study Japanese?"

    「なぜ、日本語を勉強しますか?」

  • Why are you studying Japanese?

    「なぜ、日本語を選びましたか?」

  • The answer to that has changed over time

    実は、多様な理由があるんですけど

  • but the was a theme. Basically,

    裏では、ずっと思ったのは:

  • this idea that:"I want to become fluent."

    「ただ、ペラペラになりたい。」

  • And it only dawned on me a year ago

    でも、10年がたって

  • which is basically 10 years into it,

    去年、ようやく気付いたんです:

  • I don't know what "being fluent" really meant.

    「ペラペラ」とはどういうことか分からなかったのです。

  • I came to the point where I can speak conversationally

    今になって、自由に会話できます。

  • I can enjoy going out with friends

    日本人と出かけて色んな子と楽しめるけど

  • but when someone asks "Are you fluent?"

    「ロレッタ、日本語ペラペラ?」と聞かれたら

  • I still don't quite know

    どう答えればいいか

  • if the answer is yes or no.

    まったく分からなかったのです。

  • I didn't even know what "being fluent" is.

    そもそも、具体的にどういうことかも分からなかった。

  • But I think it's important for all of us to think of:

    でも、これが重要な質問です。

  • Why do you study language?

    あなたはなぜ言語を勉強しますか。

  • To think of the goal of what we're studing.

    ゴールを具体的に考えてみてください。

  • Not just saying "I want to be fluent!"

    思わずに「ペラペラになりたい」と言うんじゃなくて

  • But what is it that you want to achieve

    何を狙っているかという思いを搾って

  • by studying language.

    ゴールを識別してみてください。

  • So I actually want to ask you guys.

    じゃ、質問します。

  • Why do you study English?

    あなたはなぜ英語を勉強しますか。

  • That's a very big reason!

    それは重要な理由ですね。

  • Like, to be an actor?

    俳優になりたいと言うこと?

  • to be like... cool?

    クールになりたい?

  • the personality?

    または、その性格が好き?

  • English.... British?

    イギリスの英語?

  • English... American?

    アメリカの英語?

  • Any English is OK. :)

    どんな英語でもOKです。

  • Well, like we said, basically,

    じゃ、みんなが述べたように:

  • the main topics that people tend to focus on are:

    よくある理由はこちらです:

  • There are so many people who will say

    多くの人が

  • "to be fluent!"

    「ペラペラになりたい」という

  • to be able to live in this world

    別世界に行っても

  • and to be fluent

    言語の不自由もなくて

  • not having any obstacles.

    ちゃんと過ごせることがほしい。

  • But what is that?

    でも、本当にどういうことなんでしょう。

  • We may not know what being fluent is

    さて、「ペラペラ」は分からないだろうが

  • but we do know what it is

    分かることは

  • that get's in the way of becoming fluent.

    言語学習のハードルはよく知っているでしょう:

  • We all have these common hurdles that we face.

    語学の難関は知っています。

  • So that's really what's difficult.

    一番難しいのはこれです:

  • You can study all of these things

    作り出せる文章は山ほどあるけど

  • but still, what is the small bit that is correct?

    そのうちで、正しい文章は少ない。

  • And how do we keep using the correct ones

    自分で正しい言い方を見つかるのが難しい。

  • and not the incorrect ones.

    自分で正しい言い方を見つかるのが難しい。

  • What this is called is "Native Selection"

    この理論は「ネーティブ・セレクション」という。

  • But this is something that we want to acquire.

    思わずに正しい文章を自然にわかること。

  • We want to acquire that intuition.

    言語学習者として、これは絶対身に付けたい技術。

  • "I know it sounds wrong but I don't know why."

    「あぁ…なんとなく分かる」っていうこと。

  • We all try to acquire this skill

    皆、これを狙っているけど

  • but that in itself is very difficult.

    これが中々、まずかしいですよ。

  • So I want to ask a quick little quiz!

    いきなりですが、クイズします!

  • But the other ones are a little awkward.

    したの二つが妙に正しくないです。

  • But if you ask a native speaker why

    でも、ネーティブに聞いたら、

  • they may not know the rule or the reason

    正式的なルールとかは知らないでしょう。

  • but you just know, that for some reason

    ただ、なんとなく分かります。

  • these two sound wrong.

    「この二つが違います」と自然にわかる。

  • Here's another idea of Native Selection

    もう一つの例は、ネーティブが分かる、音韻論。

  • this intuition for what sounds correct:

    母語の正しい音韻もなんとなく分かります。

  • Past tense!:)

    例えば、過去形!

  • But still, native speakers just know

    ネーティブは思わずに

  • "Oh, it's HELD not HOLDED."

    「Held」じゃなくて、「Holded」の答えが分かります。

  • Another interesting one is this idea of Phonology

    もう一つの例は: ネーティブのパワー

  • what we hear and know what's right and wrong.

    どんな音韻が自分の言語に入っていることも分かります。

  • For example, in English:

    例えば、英語の場合は:

  • You know that that's not a word

    BLICKは言葉じゃないけど

  • but you know its possibly, it could be a word.

    英語っぽい音韻があるというのが分かります。

  • Whereas BNICK is not a word

    でもBNICKは言葉じゃない。

  • and could not be a word in English

    英語の音韻じゃ無理なことも分かります。

  • BNICK is not a sound that would be made in English.

    BNICKはやっぱり英語じゃないとネーティブがすぐ分かります。

  • In Japanese, I made these up,

    日本語の例を述べると、

  • "HASUMERU" ... is not a word.

    「はすめる」は言葉じゃない

  • but it could sounds like Japanese...

    でも、日本語っぽいところはありますね。

  • whereas, HA-MEU

    でも「はっめう」は

  • it definitely can't be a word in Japanese

    必ず日本語じゃない

  • and it just doesn't even sound like one at all.

    日本語の音もまったくしないですね。

  • Even if these are nonsense

    これらは意味のない言葉ですけど

  • but they still sound possible.

    音だけどで区別できます。

  • and that intuition of "ITS POSSIBLE"

    自然に「これありそう」な感じができます。

  • is what we're trying to zoom in on.

    その感じがポイントです。

  • So how do native speakers know this?

    ネーティブはどうやって分かります?

  • Where does this intuition come from?

    この「なんとなく」という気持ちの原因とは?

  • What is this actual ability that seems so impossible?

    なぜ、それを身に付けることが難しいですか。

  • Here is our champion!

    あぁ、語学のチャンピオンが登場しました!

  • Noam Chomsky is a philosopher

    ノーム・チョムスキーは優れた言語学者で

  • that's known as the "Father of Modern Linguistics"

    現代的な語学の理論の開拓者」と呼ばれる。

  • and he had this idea that

    チョムスキーの理論とは、

  • native speakers have sort of a machine

    ネーティブの脳は言語のマシーン的な機能があるっということです。

  • in their brain that knows exactly

    このマシーンが自然に正しいと正しくない

  • it knows all the rules, this machine can

    文疎を区別して

  • spit out all the words that are correct

    簡単に見分けることができます。

  • and keep out all the words that are incorrect.

    つまり、

  • So what is it that's missing

    ネーティブとの違いはこの機械ですか。

  • from a non-native speaker?

    それがあればペラペラになれるということ?

  • What is this X-Factor that would make us native?

    チョムスキーの脳の機械では

  • If it's this automated grammar machine

    正しい文法を全部入っていることが特徴なので

  • if it's knowing every rule like the back of your own hand

    文法を全部学習したら

  • then maybe, just memorizing grammar

    ネーティブの意識に近づけることですか。

  • would be the way to become fluent?

    それは本当ですか?

  • Is that right?

    NO!

  • NO!

    本当はそうではありません。

  • It is NOT correct!

    皆はそういう友達がいるでしょう。

  • We have so many friends who study from textbooks

    教科書をいっぱい勉強しても

  • they study rules, they study grammar

    実際に会話はできない人。

  • but the first time they're in a natural speaking environment

    文法だけじゃ、会話になれない。

  • Suddenly, all of that doesn't work.

    妙な話し方になる人。

  • It sounds strange

    この、文法だけじゃペラペラになれない

  • and that idea that GRAMMAR is not the key

    ということがやっぱり悔しいですね。

  • is one confusing element because we think

    じゃ、ネーティブに近づけるためには、何が必要?

  • if we study grammar, we'll be come fluent!

    文法を覚えること?

  • So what is this X-Factor difference?

    語彙を沢山知ること?

  • Is it memorzing grammar?

    でも、子供のネーティブは語彙分からなくても

  • Is it knowing vocabulary?

    語彙が充実していないのに

  • But a native child doesn't have a complete vocabulary

    言語学者と違ってまだ「ネーティブ」

  • they don't know every word

    自然に母語を分かることができます。

  • but yet they're still fluent. They're native.

    なので、語彙もそうじゃないですね。

  • They still have an intuition in their head.

    ネーティブさえ語彙を全部分からなくて

  • So it's not vocabulary either.

    文法のルールも知らないなら

  • If native speakers don't know every word

    「ペラペラ」とはどういうことでしょう?!

  • and every grammar rule perfectly

    語彙でもないし、文法でもないし、

  • Then what is fluency???

    どういうことなんですか。

  • If it's not vocabulary or grammar

    私が思うのがその自然な意識がポイント。

  • WHAT IS IT?!

    思わずに、言語を知るっていうのが

  • I believe that it is that intuition

    脳の中でのパターンがあるから

  • that idea that you know something is wrong

    自然に新しい言葉も分かるでしょう。

  • you hear it because you have a connection

    例えば、

  • in your brain of something you've heard in the past.

    あるパターンとか

  • So for example,

    知る言葉をベースにして

  • you know that there's a certain

    新しい言葉に当てはまることが

  • grammar or certain pattern

    新しい言葉と会っても

  • and you just apply new words

    なんとなく少しでもわかること。

  • if it's a new vocabulary you can just

    そういう意識がそうなんです。

  • insert a new word and still understand

    脳の中の網みたいな意識。

  • from the context of what you already know.

    この意識に加えて場合による使えたもポイント。

  • You have those connections.

    この意識に加えて場合による使えたもポイント。

  • There is also the idea of "Ritual Usage"

    つまり、文法が正しいのに

  • This basically means that there are

    ある時には使うと使わない

  • certain times when no matter what

    適切な表現もあります。

  • even if the sentence is grammatically correct

    例えば、

  • it is still not correct in the situation.

    だれかが「結婚してくれ!」というと

  • For example,

    こんな表現春でしょう。

  • If someone said "Will you marry me?"

    でも、ちょっと変えたら

  • This is a set phrase.

    「どうしても、ずっと、

  • But if I said

    あなたのそばにいたい」というと

  • "It is my deepest desire

    違う言い方もあるでしょう。

  • to spend the rest of my life with you."

    教科書に載っていないけど

  • That's another way to say it

    ネーティブは場合による適切な表現が分かる。

  • that you may not learn in a textbook.

    適切な表現をし善意わかります。

  • But its situationally from a different context.

    例えば、スラングもそうですほ。

  • A different time, a different context.

    英語でよく耳にする挨拶は

  • For example, Slang.

    「ワッツ・アップ」でしょう。

  • There are many times

    こういうスラングはカジュアルの場合に使う。

  • when you'll hear kids say 'WHAT'S UP?"

    それもネーティブの知識でしょう。

  • They may not necessarily

    なので、

  • say that in formal situations

    ただ文法とか語彙を覚えるだけじゃ

  • so the idea is that

    ペラペラになれないのです。

  • you cannot just simply force yourself

    この勉強に加えて

  • to memorize these grammars and phrases.

    自然な言語に没頭する必要があります。

  • And just become fluent.

    この自然に知識はどう見つかるのでしょう。

  • You have to immerse yourself in these situations.

    どうやってペラペラになるの?

  • How do we get to this intuition?

    私の勉強じゃ、

  • How do we get to this fluency?

    一番役に立つのは

  • One of the most imporant things

    具体的なゴールを持つこと。

  • that I found in my study

    具体的な目標をつきとめること。

  • is the idea of realizing that goal

    「ペラペラになりたい」だじゃなくて、

  • And being very specific with it.

    言語を使って、具体的なことをする。

  • So not just saying you want to be fluent

    例えば、私は料理するのが好き。

  • but specifically,

    なので、料理に関する言葉とか色んな言い方を

  • "I like to cook! "

    日本語で勉強したい。

  • So I want to be able to cook and explain how I cook

    又は、「編み物が大好き!」なので

  • in Japanese.

    日本語で好きな編み物が説明できるまで

  • Or "I like to Knit! "

    トピックを日本語でべんきょうします。

  • I want to be able to knit a sweater

    これがポイントです。

  • and talk about it in Japanese.

    具体的なゴールがあるからこそ

  • Something like that, this idea of

    時間を無駄にしません。

  • you know exactly why you're learning this language

    私の生活にすぐ使う言語を勉強します。

  • and you so you do not waste time

    そのほうが エキサイティングなの。

  • it stays very personal

    言語は心から習うものです。

  • and exciting to you.

    心から習うと

  • Language is personal.

    これがベスト

  • It should always be personal.

    自分の中であったかい熱心になります。

  • and that's the best way

    もう一つは、

  • to keep it alive within yourself.

    自分の独学の技術を改善しないとダメです。

  • On top of that,

    これは言語の四つの機能:

  • you have to improve your study methods.

    話す・書く・聞く・読む。

  • Here we have 4 functions of language:

    上の二つは

  • Speaking, Writing, Listening and Reading.

    積極的で、能動的に自分が作る言葉です。

  • Some of you may have heard this before.

    積極的で、能動的に自分が作る言葉です。

  • But these two on the top

    したの二つは受身的です。

  • SPEAKING and WRITING are things you create.

    言語を作らなくても、他だけ経験する機能です。

  • These are all proactive.

    言語を作らなくても、ただ経験する機能です。

  • Whereas LISTENING and READING

    私の場合は、本当にやくに立ったのはこれ:

  • are all passive.

    能動的に勉強することですよ。

  • These are things where you sit and take it in.

    日本語を勉強するなら、

  • And that's it.

    本を読むときは

  • End of story.

    口で、声を出してよむ。

  • What really helped me with my studies.

    何かを聞くときには

  • was focusing mostly on active learning.

    南下もリピートすることが

  • So no matter what,

    本当に大事です。

  • even if I was reading something

    勉強はただ言語を経験して

  • I read it aloud.

    舌の筋肉を使わないと

  • If I was listening to something

    ペラペラになれない。

  • I would still mouth along with it

    スピーキングなら舌で練習しましょう。

  • or repeating.

    耳じゃなくて。

  • Or doing something like that.

    そうできないとうまくいきません。

  • If you sit here and take in language.

    なので、これがポイントです:

  • But you never use the muscles

    能動的な勉強

  • that actually need to produce the language.

    具体的なゴールをもつこと。

  • If you never use your tongue to speak

    自然な英語の例文をいっぱい練習すること。

  • if you only use your ears

    声を出して、誰を真似することがポイント。

  • it's not going to work.

    よく聞かれますけど

  • These are separate!

    「ロレッタはどうやって思わずに日本語

  • So it's very important to make sure

    を話せるの?」というけど

  • to always be proactive

    本当は、考えていないからです。

  • when you are studying.

    舌で言葉の訓練をしたので

  • Always bring in new sources.

    この練習してきた舌の筋肉に任せる。

  • And find ways to repeat them, mimic them

    スムーズに話せるためには

  • I have a lot of friends who will ask

    本番の前に、自分で練習しなさい。

  • How do you speak without thinking about it?

    声を出して練習するのです。

  • How do you speak without processing it.

    新しい言葉が分かったら

  • It's because I'm NOT thinking.

    声を出して練習して

  • It's in my tongue's muscle memory.

    舌に頼りますのがポイント。

  • So I don't have to think!

    例えば、ロバート・デ・ニーロですけど

  • it's a loss if the 1st time you say something

    彼は憧れと言っていましたね。

  • and you stutter is only because

    それなら、

  • you've never actually said it aloud before.

    毎日、彼の物まねをすればいい。

  • If you know the phrase

    これの言い方を真似して

  • then you should be able to say it.

    英語をいっぱいみてから

  • and the way to say that is to practice it.

    映画のせりふを勉強するのです。それで、

  • Like Robert De Niro?

    どんどん、デ・ニーロさんの話し方に近づける。

  • If he's your favorite,

    それで、他の言語で新しい自分をつくる。

  • then If I were you

    それは私のやりかたなのです。

  • I would copy him everyday.

    Thank you!

  • I would copy his every word.