Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • This video was brought to you by Tab for a cause.

    このビデオはTab for a causeがお送りしました。

  • Earn money for charities of your choice every time you open a new tab without costing yourself a thing by downloading the browser extension linked in the description below.

    以下の説明でリンクされているブラウザ拡張機能をダウンロードすることで、新しいタブを開くたびに、自分の好きなチャリティ団体にお金を寄付することができます。

  • What do Emperor Xerxes Freddie Mercury and Ireland's richest citizen blondie mystery have in common.

    皇帝クセルクセス・フレディ・マーキュリーとアイルランドで最も裕福な市民ブロンド・ミステリーの共通点とは?

  • All of them are Zoroastrians, the ancient religion of Iran.

    彼らはみな、イランの古代宗教であるゾロアスター教徒である。

  • This is one of the oldest ongoing religions and altered the course of human history.

    これは現在も続いている最も古い宗教のひとつであり、人類の歴史の流れを変えた。

  • But in influencing Judaism, Christianity, Islam and Greek philosophy, but today it only has a fraction of the millions of followers it once had.

    しかし、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、ギリシア哲学に影響を与えたが、今日ではかつての数百万人の信者のほんの一部に過ぎない。

  • So what is our Atrian is?

    では、我々のアトリアンは何なのか?

  • What do Z Atrian believe?

    Zアトリアンは何を信じているのか?

  • And where do others fit into all of this?

    そして、この中で他の選手はどのような位置づけになるのだろうか?

  • Well, let's find out Zoroastrianism was born in ancient Iran at least 3500 years ago.

    ゾロアスター教は少なくとも3500年前の古代イランで生まれた。

  • It all began around 1500 BCE give or take a few centuries with the prophet Zarathustra or Zoroaster as the ancient Greeks called them.

    その始まりは、紀元前1500年頃、数世紀を前後して、預言者ツァラトゥストラ(古代ギリシャではゾロアスターと呼ばれていた)であった。

  • And so English speakers do too while we call the religion.

    私たちが宗教と呼んでいる間は、英語圏の人々もそうしている。

  • Zoroastrianism, actual Zoroastrians tend to call it Mazda, Yasna, meaning worshiper of Mazda.

    ゾロアスター教では、実際のゾロアスター教徒はマツダ、ヤスナ、つまりマツダの崇拝者と呼ぶ傾向がある。

  • No, not that Mazda, but it actually was named after the Mazda that I'm to explain.

    いや、そのマツダではなく、実は私が説明するマツダの名前が由来なんだ。

  • Shortly.

    まもなくだ。

  • Zoroastrianism was the chief religion of Iran for around 1000 years between the sixth century BCE and the 10th century C.

    ゾロアスター教は、紀元前6世紀から紀元前10世紀までの約1000年間、イランの主要な宗教であった。

  • It was the state religion of three huge Iranian empires.

    イランの3つの巨大帝国の国教だった。

  • The came in an empire of 300 fame along with the Parthian and Samian empires.

    パルティア帝国、サミア帝国とともに300の名声を誇った帝国である。

  • Back then, the priests of nationalism were known as Magi.

    当時、ナショナリズムの司祭たちはマギと呼ばれていた。

  • The ancient Greeks thought these Magi had secret magical knowledge since they understood complex astronomy.

    古代ギリシャ人は、マギたちが複雑な天文学を理解していたことから、秘密の魔法の知識を持っていると考えた。

  • This led to the English world, magic, mage and magician.

    これが英語の世界、マジック、メイジ、マジシャンへとつながっていった。

  • The Mai would even show up in the Bible.

    舞は聖書にも登場する。

  • According to the gospel of Matthew, three, Zor Tri and Mai came to visit the baby Jesus.

    マタイによる福音書によれば、3人、ゾートリ、マイが赤ん坊のイエスを訪ねてきた。

  • These three wise men as they are known in English are still celebrated by Christians around the world on January 6th.

    英語では三賢人と呼ばれるこの三賢人は、今でも世界中のキリスト教徒によって1月6日に祝われている。

  • Eventually the Sian Empire would fall to the Muslim Arabs during their invasion of Iran in the seventh century ce which started the decline and persecution of Zaro Asan in Iran following this in the 10th century.

    やがてシアン帝国は7世紀のイラン侵攻でイスラム教徒のアラブ人に滅ぼされ、10世紀にはイランのザロ・アサーンが衰退し、迫害を受けるようになる。

  • Some I or Austrians fled to India forming the Parsi community named after where they came from which the Indians called Persia.

    私やオーストリア人の一部はインドに逃れ、インド人がペルシャと呼んでいた出身地にちなんでパールシー・コミュニティーを形成した。

  • This one refugee community now forms the largest group of Zar Atrian anywhere on Earth.

    この難民コミュニティは現在、地球上のどこを探しても最大のザール・アトリア人グループを形成している。

  • And they've settled in quite well.

    そして、彼らもすっかり馴染んでいる。

  • One of India's largest businesses tata group was founded by Zar Atrian and parties played a massive role in winning Indian independence from Britain.

    インド最大の企業のひとつであるタタ・グループは、ザール・アトリアンによって設立され、イギリスからのインド独立を勝ち取るために大きな役割を果たした。

  • Zoroastrians can now be found all over the world.

    ゾロアスター教徒は今や世界中にいる。

  • Historically, they've emigrated to areas such as Singapore, Hong Kong and parts of Africa, such as the island of Zanzibar where Freddie Mercury's parsi parents would later emigrate from to the UK.

    歴史的に見ると、彼らはシンガポール、香港、アフリカの一部、たとえばフレディ・マーキュリーの両親が後にイギリスに移住したザンジバル島などに移住している。

  • In the last 100 years, small Zar Atrian populations have moved to the UK US, Australia and Canada.

    過去100年の間に、ザール・アトリア人の小さな集団がイギリス、アメリカ、オーストラリア、カナダに移住した。

  • Today, there are about 200,000 Zar tris left about 60,000 live in India.

    現在、ザール・トリスは約20万人おり、そのうち約6万人がインドに住んでいる。

  • While the second largest group of about 25,000 lives in Iran with a religion being called Zar Atrian is I think maybe it's about time we spoke about Zoroaster.

    イランには、ザール・アトリアと呼ばれる宗教を持つ約25,000人の2番目に大きなグループが住んでいるが、そろそろゾロアスターについて話してもいい頃だと思う。

  • We don't know much about Zar Astra's life.

    私たちはザール・アストラの人生について多くを知らない。

  • We can't even pinpoint when he lived.

    彼がいつ生きていたのかさえ特定できない。

  • The Greeks thought he lived 6000 years before the death of Plato.

    ギリシャ人はプラトンが死ぬ6000年前に生きていたと考えていた。

  • So around 6347 BCE ish, while modern historians place him somewhere around 1700 to 1000 BCE.

    つまり、紀元前6347年頃ということになるが、現代の歴史家は紀元前1700年から1000年頃と推定している。

  • During this time, the peoples of Iran believed in many different gods, some of which were similar to the gods of their ancient Hindu neighbors.

    この時代、イランの人々はさまざまな神々を信仰しており、その中には古代ヒンドゥー教の隣人たちの神々に似たものもあった。

  • What we do know is that Zoroaster was the priest of the pre Zoroastrian religion of Iran and that he was outraged by his society, roving bands of drunken warriors would have ravaged the countryside, they pillaged, tortured and slaughtered at will.

    わかっているのは、ゾロアスターはイランのゾロアスター教以前の宗教の司祭であり、彼はその社会に憤慨していたこと、酔っぱらった戦士の放浪の一団が田舎を荒らしまわっていたこと、彼らは略奪、拷問、殺戮を自由自在に行っていたことだ。

  • The common people lived in constant fear and misery.

    庶民は絶え間ない恐怖と悲惨の中で暮らしていた。

  • While priests obsessed over obscure rituals and sacrifices that offered little guidance or hope to the suffering.

    司祭たちは、曖昧な儀式や生け贄に執着していたが、それは苦悩にほとんど指針も希望も与えなかった。

  • So Ester couldn't stand this injustice.

    だから、エスターはこの不公平に耐えられなかった。

  • So when he was 30 years old, so Ester went down to a river to fetch water for a ceremony.

    彼が30歳のとき、エスターは儀式のために川へ水を汲みに行った。

  • There, he received a vision from a being of pure light and goodness a Mazda who revealed that they were the one true God.

    そこで彼は、純粋な光と善の存在であるマツダから幻視を受け、彼らが唯一の真の神であることを明かした。

  • The truth of how the universe worked was revealed to Zora.

    宇宙の仕組みの真実がゾラに明かされたのだ。

  • And he knew that it was now his divine mission to spread this truth to his fellow humans.

    そして、この真理を仲間たちに広めることが、今の彼の神の使命であることを知っていた。

  • So what are the core beliefs of Zar Ash is well, one aura Mazda and anger.

    では、ザール・アッシュの核となる信念は何かというと、そう、マツダのオーラと怒りだ。

  • Manu Zoroastrians worship one uncreated eternal god known as a Mazda, which means wise.

    マヌー ゾロアスター教徒は、賢者を意味するマツダとして知られる、創造されなかった永遠の神を崇拝している。

  • Lord Zoroaster describes Ahura Mazda as the Lord of order, something completely good, loving, infinitely wise and the creator of the world and all good things.

    ゾロアスター神は、アフラ・マズダを秩序の主、完全に善なるもの、愛に満ちたもの、無限に賢明なもの、世界とあらゆる善きものの創造者として描写している。

  • Ahura Mazda is supported by six holy immortals known as the Emesa spent.

    アフラ・マズダは、エメーサと呼ばれる6人の聖なる仙人たちによって支えられている。

  • These six holy immortals are normally compared to arch angels in Christianity.

    これら6人の聖なる仙人は、キリスト教では通常、大天使に例えられる。

  • If that helps you kind of figure out what their position is.

    それが彼らの立場を理解する助けになるのであれば。

  • Sometimes there is 1/7 spent called spent Manu, but maybe he's all.

    時々、1/7を費やしたマヌと呼ばれる選手がいるが、もしかしたら彼がすべてかもしれない。

  • So the Holy Spirit of Ahura Mazda, sometimes a Mazda also has a parent called Servan who is time itself, but that's considered heresy at this point.

    だから、アフラ・マズダの聖霊は、時にはマズダにも時間そのものであるサーヴァンという親がいる。

  • Look, we don't have a lot of time to get into it.

    時間がないんだ。

  • Honestly, it's a very old religion.

    正直言って、とても古い宗教だ。

  • There have been many different interpretations over the last 3000 years.

    この3000年間、さまざまな解釈がなされてきた。

  • I'm really just simplifying and providing the most commonly accepted current beliefs.

    私は本当に単純化して、現在最も一般的に受け入れられている信念を提供しているだけだ。

  • So keep that in mind.

    だから、そのことを覚えておいてほしい。

  • And as always, there's more information in the description opposed to her.

    そしていつものように、彼女とは対照的な説明にはもっと多くの情報がある。

  • ASDA is anger Manu, the destructive spirit and his evil minions known as Davis.

    ASDAは、破壊的なスピリットであるアンガーマヌと、デイヴィスとして知られる彼の邪悪な手先である。

  • Anger Manu is the complete polar opposite of Ahura Mazda.

    怒りのマヌーとは、アフラ・マズダの正反対である。

  • He is darkness, deceit, death and decay.

    彼は闇であり、欺瞞であり、死であり、腐敗である。

  • He is a corrupting parasite seeking to destroy Ahura Mazda's creation and is responsible for all negative things in the world.

    彼はアフラ・マズダの創造物を破壊しようとする堕落した寄生虫であり、この世のすべての否定的な事柄に責任がある。

  • Ahura Mazda is light and Grau is darkness.

    アフラ・マズダは光であり、グラウは闇である。

  • Ahura Mazda is the creator and Grau the destroyer.

    アフラ・マズダは創造者であり、グラウは破壊者である。

  • Ahura Mazda created light fire, compact Japanese vehicles, joy, humanity puppies probably.

    アフラ・マズダは軽い火、小型の日本車、喜び、人間性のある子犬を創造したのだろう。

  • And Graman gave the world disease rust and mold darkness and that little piece of skin that pops up around your fingernail that hurts so much.

    そしてグラマンは、世界に病気のサビとカビの闇、そしてとても痛い、爪の周りに飛び出た小さな皮膚のかけらを与えた。

  • Why?

    なぜですか?

  • And Grau why Zor Astri think everything is a battle between these two opposites or Mazda represents the truth.

    そしてグラウは、なぜゾル・アストリは、すべてがこの相反する2人の戦いであると考えるのか、あるいはマツダが真実を表していると考えるのか。

  • And Gra Manu, the lie for humans, life is a constant choice between the truth and the lie, which may be difficult because Angra Manu can be very deceiving.

    グラ・マヌは人間にとっての嘘であり、人生は常に真実か嘘かの選択である。

  • Before time began.

    時が始まる前。

  • Ahura Mazda and Manu were separated by an infinite void.

    アフラ・マズダとマヌは無限の空虚によって隔てられていた。

  • They respectively lived in infinite light and infinite darkness.

    彼らはそれぞれ、無限の光と無限の闇の中に生きていた。

  • Then Ahura Mazda created the physical or gig world.

    そして、アフラ・マズダは物理的な世界、すなわち地上世界を創造した。

  • Manu crawled into this new world and polluted it.

    マヌはこの新しい世界に入り込み、汚染した。

  • They made the ocean salty, they turned the good earth into desert, killed the first human made plants wither and polluted fire with smoke.

    海を塩辛くし、良い大地を砂漠に変え、最初の人類を殺し、植物を枯れさせ、火を煙で汚した。

  • We now live in a time.

    私たちは今、この時代に生きている。

  • Zor Ash referred to as the Gomez or the mixture, good and evil truth and the lie both exist together in our world.

    ゾーアッシュはゴメス、あるいはミクスチャーと呼ばれ、善と悪、真実と嘘の両方がこの世界に共存している。

  • But anger Mannus presence is temporary.

    しかし、マンナスの怒りは一時的なものだ。

  • They are a stain on the world rather than a permanent fixture.

    彼らは永久的な存在ではなく、むしろ世界の汚点なのだ。

  • So Tris see the physical world as a trap that a Mazda lured anger Manu into now trapped in the physical world.

    つまり、トリスは物理的世界を、マツダが怒りのマヌーに誘い込まれて物理的世界に閉じ込められた罠と見ているのだ。

  • Anger manu can be defeated slowly by the good thoughts, good words and good deeds of humans.

    アンガーマヌは、人間の善意、善言、善行によって徐々に打ち負かすことができる。

  • Working with a Mazda two heaven and hell.

    マツダとの仕事は天国と地獄。

  • Zoroastrians believe that when a person dies, their soul leaves their body, their soul is then led to the bridge of judgment.

    ゾロアスター教徒は、人が死ぬと魂が肉体を離れ、魂は裁きの橋へと導かれると信じている。

  • Above this bridge lies heaven below hell.

    この橋の上に天国があり、その下に地獄がある。

  • Here, the soul's good and bad deeds are weighed on a scale depending on the balance of good to evil deeds.

    ここでは、魂の善行と悪行は、善行と悪行のバランスによって天秤にかけられる。

  • The soul ascends to heaven, a paradise of infinite bliss called the abode of song or falls down to hell to suffer.

    魂は、歌の住処と呼ばれる無限の至福の楽園である天国に昇るか、苦しみのために地獄に落ちる。

  • Quote long age of my, the darkness, bad food and the crying of woe.

    引用:私の長い時代、暗闇、不味い食事、そして悲痛な叫び。

  • This is called England.

    これがイングランドという国だ。

  • I mean, sorry, sorry.

    つまり、ごめん、ごめん。

  • This is called Du Zach.

    これをデュ・ザックと呼ぶ。

  • There is also a medium place for people who are neither good nor evil where they kind of just float and experience nothing servants as well as masters can reach paradise.

    また、善でも悪でもない人々のための中庸の場所もあり、そこではただ浮遊し、何も経験しない。

  • People will be judged according to how they chose to live their lives rather than wealth or prestige.

    人々は、富や名声ではなく、どのような生き方を選んだかによって判断されるだろう。

  • For as our Atrian death represents the highest form of pollution.

    私たちのアトリアンのように、死は最高の汚染を意味するからだ。

  • Death only exists because of Reagan upon the death of a czar.

    死が存在するのは、皇帝の死がレーガンにもたらしたものだ。

  • Atrian, a priest will be called to perform a ceremony after which the soul of the person will no longer be considered connected to the body.

    アトリアンは、司祭を呼んで儀式を執り行わせ、その後、その人の魂はもはや肉体とつながっていないとみなされる。

  • The family then says their goodbyes without touching the body and the body will be placed on a stone slab and carried away by special corpse bearers.

    その後、遺族は遺体に触れることなく別れを告げ、遺体は石板の上に置かれ、特別な遺体運搬人によって運ばれる。

  • Since dead bodies are so polluting Zor Asians would never think to pollute any of the sacred elements with them.

    ゾール・アジア人は死体で神聖な要素を汚染しようとは思わないだろう。

  • Those being fire water, earth, et cetera.

    火、水、土、などだ。

  • So the traditional method to dispose of bodies used for thousands of years has been the tower of silence.

    だから、何千年も使われてきた伝統的な死体処理方法は、沈黙の塔だった。

  • Within these open roofed stone towers located on the top of barren hills, bodies will be laid to rest on stone slabs as to not pollute the earth and then eaten by vultures.

    不毛の丘の頂上にある、屋根のない石造りの塔の中で、遺体は大地を汚さないように石板の上に安置され、ハゲワシに食べられる。

  • Normally within a few hours, the bones are bleached in the sun and quickly disintegrate into dust by feeding the birds to the sea offers up one final good deed of charity before crossing over the bridge.

    通常は数時間で、骨は太陽の光を浴びて漂白され、すぐに分解されて塵となる。鳥を海に放つことで、橋を渡る前に最後の慈善行為を行うのだ。

  • However, in the 19 thirties, the Iranian government banned the use of the towers and currently towers in India are suffering from a shortage of birds due to increased urbanization and pollution.

    しかし1930年代、イラン政府はタワーの使用を禁止し、現在インドのタワーは都市化の進展と汚染により鳥不足に悩まされている。

  • Today, many Atrian communities use special burial grounds or have turned to electrical cremation or even using solar reflectors to harness the power of the sun to break down the bodies rather than polluting fire.

    今日、多くのアトリアンのコミュニティでは、特別な埋葬地を使ったり、電気火葬にしたり、あるいは火で汚染するのではなく、太陽の力を利用して遺体を分解する太陽反射板を使ったりしている。

  • Three, the apocalypse, the battle between a Mazda and anger Manu will continue for thousands of years.

    三、黙示録、マツダとマヌの怒りの戦いは何千年も続く。

  • But eventually a savior or so, Shan will be born to a virgin mother who will lead people against the forces of evil.

    しかし、やがて処女の母から、悪の力に対抗して人々を導く救世主か、そうでなければシャンが生まれるだろう。

  • And bring about the end times, the earth will be swallowed by fire.

    そして終末の時をもたらし、大地は火に飲み込まれる。

  • Molten metal will cover everything.

    溶けた金属がすべてを覆ってしまう。

  • The good people will pass through this molten river while the bad people will burn and be purified.

    善人はこの溶けた川を通過し、悪人は燃えて浄化される。

  • The gates of hell would open the souls of the damned will be released and redeemed and everyone will live together in eternal bliss.

    地獄の門は開かれ、呪われた魂は解放され、救済され、誰もが永遠の至福の中で共に生きることになる。

  • Honestly, it all sounds pretty meadow and manu finally defeated by a Mazda and humanity's good thoughts, words and deeds will we tossed back into the black abyss they crawled out of and defeated forever.

    正直なところ、すべてが草原に聞こえるし、マヌはついにマツダに敗れ、人類の善意、言葉、行いは、彼らが這い出てきた黒い奈落の底に投げ戻され、永遠に敗れ去るだろう。

  • This last judgment slash apocalypse is called the fra OK, meaning renewal as in the renewal of a Asda's originally perfect creation or the three Gs.

    この最後の審判、つまり黙示録は、アスダが元々完璧だった創造物や3つのGを更新するように、更新を意味するfra OKと呼ばれる。

  • The most important concept in Zoras after Hura Mazda is ASHA.

    フーラ・マツダに次いでゾラスで最も重要な概念はアシャである。

  • This is an ancient ave in word and is difficult to translate is truth, wisdom, goodness, justice, perfection, order and progress.

    真理、知恵、善良さ、正義、完全性、秩序、そして進歩である。

  • All rolled into one word.

    すべてがこの一言に集約されている。

  • ASHA is the path of Ahura Mazda.

    ASHAはアフラ・マズダの道である。

  • Zor Tris.

    ゾール・トリス

  • Try their best to follow the path of ASHA to help humanity follow ASHA.

    人類がアシャに従うことができるよう、アシャの道に従うよう最善を尽くす。

  • Mazda gave them vou mana or good mind.

    マツダは彼らにヴー・マナ(善の心)を与えた。

  • This allowed humans to recognize right from wrong.

    これによって人間は善悪を認識できるようになった。

  • Good mind lets us see injustice and feel that it is unjust through good mind who Mazda gave humans free will.

    マツダは人間に自由意志を与えた。

  • This means a lot to Zoroastrians because choice is extremely important to their belief.

    ゾロアスター教徒にとって、選択は非常に重要なことだからだ。

  • From our good mind.

    私たちの良い心から。

  • We can have good thoughts and from good thoughts, follow good words and then good deeds, doing good thoughts, good words and good deeds is the core of Zoroastrian belief, good deeds such as taking part in your community, supporting others through tough times, standing up against injustice, fighting poverty, nursing, the sick, and subscribing to education on youtube channels.

    善い考えを持ち、善い考えから、善い言葉に続き、善い行いをすることができる。善い考え、善い言葉、善い行いをすることが、ゾロアスター教の信念の核心である。善い行いとは、地域社会に参加すること、困難な時に他人を支援すること、不正義に立ち向かうこと、貧困と闘うこと、病人を看護すること、ユーチューブ・チャンネルで教育を購読することなどである。

  • all help in the battle against Angra manu.

    アングラ・マヌとの戦いにすべての力を貸す。

  • This is why in India, Zor Astri ins are known for the support of orphanages, shelters and many different charities.

    そのためインドでは、ゾル・アストリ・インスは孤児院や保護施設、さまざまな慈善団体を支援していることで知られている。

  • It was or as that said, happiness comes to them who bring happiness to others.

    他人に幸福をもたらす者には幸福がもたらされる。

  • Five fire, Zoroastrians see fire as the sacred symbol of Ahura Mazda.

    ゾロアスター教徒は、火をアフラ・マズダの神聖なシンボルと見なしている。

  • It is considered to be pure and represents the truth inside Zoroastrian fire temples.

    ゾロアスター教の火神殿では、この火は純粋であり、真実を表していると考えられている。

  • Their priests conduct all rituals in front of fire because it shows the presence of a Mazda but the fire is never actually worshiped itself.

    マツダの存在を示すためであるが、火そのものを崇拝することはない。

  • This is very important.

    これはとても重要なことだ。

  • Z Atrian do not worship fire.

    Zアトリアンは火を崇拝しない。

  • Z Tri is also isn't a con of religion.

    Zトライも宗教の詐欺ではない。

  • Most worship is done at home and so Tris tend to only go to fire temples during the seven holy days or festivals they have each year.

    ほとんどの礼拝は自宅で行われるため、トリスは年に7回ある聖なる日や祭りの時だけ、火の寺院に行く傾向がある。

  • The most sacred fires in Zar tri is need to be made up of fire from 16 different sources.

    ザール・トライで最も神聖な火は、16の異なるソースからの火で構成される必要がある。

  • One of which needs to be ignited by lightning.

    そのうちの一つは雷で発火する必要がある。

  • Six, the Avesta, the Avesta is the holy book of the Czar Atrian and one of the oldest scriptures, it is written in an ancient language known as AVA and which was the language spoken by Zara roughly 3500 years ago.

    アヴェスタは、アトリアン皇帝の聖典であり、最古の経典のひとつである。アヴェスタは、およそ3500年前にザラが話していた言語であるAVAとして知られる古代語で書かれている。

  • The vase that contains hymns from Zara himself known as gas.

    ガスと呼ばれるザラ自身の賛美歌が入った壺。

  • These 17 gas are deeply important to Zar Atrian and most Zar Atrian belief is based on them due to the violence, Zar Atrian have suffered throughout history.

    これら17のガスはザール・アトリア人にとって深く重要であり、ザール・アトリア人が歴史を通じて受けてきた暴力のため、ほとんどのザール・アトリア人の信仰はこれらに基づいている。

  • Only a fraction of the Eva to survive today.

    現在生き残っているエヴァはほんの一部である。

  • For example, Zar Atrian believe that when Alexander the great conquered the ACA Empire, he burned the royal path at Persepolis and its library to the ground, destroying a complete copy of the Avesta written in gold on 12,000 gold skins.

    たとえば、ザール・アトリアンは、アレクサンダー大王がACA帝国を征服したとき、ペルセポリスの王宮とその図書館を焼き払い、12,000枚の金の皮に金で書かれたアヴェスタの完全なコピーを破壊したと信じている。

  • This might be why he isn't called Alexander the great in Iran, but rather Alexander the accursed even more of the eve that was lost during the Arab turkic Mongol invasions of Iran.

    そのためか、彼はイランではアレクサンダー大王と呼ばれることはなく、アラブ・トルコ・モンゴルのイラン侵攻で失われた前夜をさらに呪われたアレクサンダーと呼ばれている。

  • Yeah.

    そうだね。

  • So Tris really couldn't catch a break there for a while.

    だからトリスはしばらく休めなかった。

  • You can read the Vesta online for free and a lot of it is extremely beautiful and thought provoking.

    ヴェスタはオンラインで無料で読むことができ、その多くは非常に美しく、示唆に富んでいる。