Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Franz Kafka is regarded as one of the greatest literary figures in recent history.

    フランツ・カフカは、近年の歴史の中で最も偉大な文学者の一人とされています。

  • He is known for his uniquely dark, disorienting, and surreal writing style

    彼は、ユニークな陰鬱さがあり、方向性を失った、そしてシュールな文体で知られています。

  • A style and quality still particular to him that anything that resembles

    カフカに特有のスタイルと特質は、それに似ているものは何であれ、

  • it has come to be known and referred to as Kafkaesque. To understand his writing in the qualities of Kafkaesque

    「カフカエスク」と呼ばれるようになりました。カフカエスクの特質をもつ彼の文章を理解するには、

  • it is helpful to understand his early life.

    彼の生い立ちを理解するのが役立ちます。

  • Kafka was born in Prague in 1883 to a man named Hermann and a woman named Julie. His father was a highly successful well-to-do

    カフカは1883年にプラハでヘルマンという男とジュリーという女の間に生まれました。彼の父親は、大成功を収めた裕福な

  • business man who, through sheer force of will and a brash aggressive personality, managed to rise from the working-class, build a successful business,

    ビジネスマンで、意志の力とがむしゃらで攻撃的な性格によって、労働者階級から成り上がり、事業を成功させました。

  • marry a well-educated woman and become a member of higher middle society. As parents tend to do,

    そして教養のある女性と結婚して、より高い中間社会の一員になりました。両親にありがちなことですが、

  • Hermann hoped for a child that would measure up to his ideal stature of a person.

    ヘルマンは自分の理想とする人物像に見合う子供を望んでいました。

  • Franz Kafka was not that. Franz was born a small,

    フランツ・カフカはそうではありませんでした。フランツは小柄で、

  • anxious, and sickly boy and he mostly remained that way. As a result through no fault of his own

    臆病で、病弱な少年として生まれて、ほとんどそのような状態のままでした。その結果、彼自身の過失ではないのに

  • Franz would become a great source of disappointment for his father and a sort of psychological

    フランツは父親にとって、大きな失望の源であり、ある種の心理学的な

  • punching bag for him as he attempted to mold Franz into who he wished he was but could never be.

    サンドバッグになるでしょう。フランツを彼が望むような人間にしようと試みますが決してそうはなれませんでした。

  • Throughout his adolescence Franz developed an urge to write as a means of dealing with his increasing sense of anxiety, guilt, and self-hatred.

    思春期を通して、フランツは増してゆく不安感、罪悪感、自己嫌悪感に対処する手段として書きたいという衝動に駆られるようになりました。

  • Of course,

    もちろん、

  • his father did not allow him to pursue writing and ultimately defined the borders around Kafka's life, forcing him to pursue law as a profession.

    父親は彼が執筆を追求することを許さず、最終的にはカフカの人生の境界線を決めつけてしまい、職業として法律を追求することを余儀なくされました。

  • During his time studying law in college, Kafka continued writing and met one of his only real friends, Max Brod. Another writer who would eventually

    大学で法律を勉強している間、カフカは執筆を続け、彼の本当の友人の一人であるマックス・ブロートに出会いました。別の作家であり、最終的に

  • convince Kafka to publish his first 3 collections of work. These pieces sold very poorly however and essentially went unnoticed.

    カフカを最初の3つの作品を集めたものを出版するように説得した人です。しかし、これらの作品は売れ行きが非常に悪く、基本的に注目されませんでした。

  • After college Kafka would go on to work in a law office and then for an insurance company.

    大学卒業後、カフカは法律事務所に就職し、次に保険会社に就職します。

  • Here, Kafka would become subject to long hours, unpaid overtime,

    ここではカフカは、長時間で、無給の残業、

  • massive amounts of paperwork, and absurd, complex bureaucratic systems.

    膨大な量の事務処理、不条理で複雑な官僚制度を体験することになるでしょう。

  • Kafka was understandably miserable.

    カフカは当然のことながら惨めな思いをしていました。

  • While working at the insurance company, Kafka continued writing on the side,

    保険会社で働きながら、カフカは副業で執筆を続けました。

  • producing some of his most notable pieces including "The Trial, The Castle," and "America."

    「審判」、「城」、「アメリカ」などの 代表的な作品を制作しました。

  • He did not attempt to publish any of these at the time, however,

    しかし、彼は同時これらの作品をひとつも出版しようとはせず、

  • and even left much of his work unfinished believing it to be unworthy.

    作品の多くは、価値がないものと思い込んで未完のままにしておきました。

  • Kafka continued working at the insurance company for the majority of his remaining short life while continuing to write around his work schedule.

    カフカは残りの短い人生の大半を保険会社で働き続け、一方で仕事の予定に合わせて執筆を続けました。

  • In 1924, he died of tuberculosis at age 41.

    1924年、彼は結核で亡くなりました。41歳でした。

  • Kafka never went on to publish any more of his writing, nor did he ever personally receive any success or

    カフカは、自分の執筆のいずれも出版に踏み切ることもなく、個人的な成功や

  • recognition for the small amount he did. He died believing that his work wasn't any good. On his deathbed,

    彼のわずかな実績が認められることはありませんでした。自分の作品は良くないと思ったまま死んでしまいました。死に際に、

  • he even instructed Max Brod to burn all of his unpublished manuscripts following his death.

    彼はマックス・ブロートに、死後、未発表の原稿をすべて燃やすように指示しました。

  • Obviously, Brod did not follow Kafka's instructions, because here we are 100 years later talking about him.

    もちろんブロートはカフカの指示に従いませんでした。理由は、100年後に私達は彼の話をしているからです。

  • After Kafka died, Brod spent the following year or so working to organize and publish his notes and manuscripts. Over the decade following,

    カフカが死んだ後、ブロートは彼のノートや原稿を整理して出版するのに翌年を費やしました。それから十数年で、

  • Kafka would become one of the most prominent literary and philosophical figures of the 20th century.

    カフカは20世紀を代表する文学者であり哲学者の一人となりました。

  • In other words,

    言い換えれば、

  • one of the greatest writers and thinkers of the century lived his life with his work buried in some drawer,

    世紀の偉大な作家であり思想家の一人が、自分の作品を引き出しの中に埋めて人生を生きており、

  • aware, unaware or indifferent to the fact that he was sitting on some of the most significant works in recent history.

    自分が近年の歴史の中で最も重要な作品を伏せていたという事実に気づいていたのか、気づかなかったのか、あるいは無関心だったのです。

  • He lived his life in the eyes of his father: an inadequate disappointment. And yet in the eyes of history,

    彼は父親の視点で人生を送っていました。それは不適切な失望でした。それなのに歴史的な視点では、

  • he's an immensely important individual. One can only wonder how many individuals like Kafka have and continue to walk this earth,

    彼は非常に重要な人なのです。人は疑問に思います。カフカのような人物がどれだけいて、この地球上を歩き続けているのでしょうか。

  • completely disconnected or restricted from ever seeing who they really are or could be. How many Kafkas have lived and died without ever sharing their voice

    自分の本当の姿、なれたかも知れない姿を見ることができないまま。カフカのような人達が何人生きて、そして死んでいったのでしょうか?彼らの意見を、

  • with the world whose voice would have changed it forever? How many people never know who they'll be after they're gone?

    それを永遠に変えてくれる意見を持っていたであろう世界と分かち合うことさえできずに。死後に自分がどんな人になるのか分からない人がどれだけいるでしょうか?

  • Fortunately for everyone other than Kafka, his work was saved and an entirely new genre of thinking and writing developed in his name:

    カフカ以外の人にとって幸いなことに、彼の作品は保存され、思考と文筆の全く新しいジャンルが彼の名の下で発展しました。

  • Kafkaesque.

    カフカエスクとして。

  • Generally, the term Kafkaesque tends to refer to the bureaucratic nature of capitalistic, judiciary, and government systems. The sort of complex,

    一般的にカフカエスクという用語は、資本主義、司法制度、統治制度の官僚的な性質を指す傾向があります。ある種の複雑で、

  • unclear processes in which no one individual ever really has a comprehensive grasp on what is going on,

    何が起こっているのかを誰も本当に包括的に把握していない不明確なプロセス、

  • and the system doesn't really care. But the quality of Kafkaesque also seems to extend much further than this.

    そしてシステムはさほど重要ではありません。しかし、カフカエスクの特質もまた、これをはるかに超えたところにあるようです。

  • It is not necessarily exemplified merely by what these systems are,

    必ずしもこういったシステムが何であるかによって例示されているわけではなく、

  • but rather the reaction of the individuals subjected to them and what it might represent.

    むしろ体験した人の反応とそれが何を表しているのかということです。

  • And one of his most famous novels, "The Trial,"

    彼の最も有名な小説のひとつである「審判」では

  • the protagonist, Joseph K., is suddenly arrested at his home one morning. The officers do not inform K why is being arrested, though.

    主人公のジョセフ・Kはある朝、突然自宅で逮捕されます。しかし警察官はなぜKが対応されるかを知らせません。

  • And he's then forced through a long absurd trial in which nothing is ever really explained or makes much sense.

    そして彼は、実際に何の説明も意味もなく筋も通っていないばかげた裁判を強いられることになります。

  • The trial is riddled with corruption and disorderliness, and by the end of the novel after having meandered the entire thing

    その裁判は汚職と無秩序に満ちており、この小説の終わりにかけて全体が入り組んだ後にも

  • K. is never told why he was arrested, and yet he remains guilty of his final conviction.

    Kはなぜ逮捕されたのかは語られていないのですが、それでも最終的には有罪判決を受けています。

  • In another one of his more popular stories, "Metamorphosis,"

    もっと人気のある物語のひとつである 「変身」では、

  • the protagonist, Gregor Samsa, awakes into having suddenly been turned into an insect with no clear explanation.

    主人公のグレゴール・サムサは、目覚めると突然、明確な説明もなく虫に変わってしまっていました。

  • The first and recurring issues Gregor faces throughout the novel, are the problems of getting to work, dealing with his boss and

    グレゴールが小説を通して直面する最初の、そして繰り返される問題は、職場にたどり着き、上司の応対をし、

  • providing financially for his inconsiderately needy family. Gregor, of course, cannot do this.

    思いやりがなく貧しい彼の家族のために経済的な援助することです。グレゴールは、もちろん、これをすることができません。

  • He is a bug, and so he experiences increased dread trying to deal with his situation while becoming a useless nuisance to his family.

    彼は虫なので、家族にとって役立たずの迷惑者になりながら、自分の状況に対処しようとすることに恐怖感を募らせていきます。

  • In both stories, the protagonists are faced with sudden absurd circumstances.

    どちらの物語でも、主人公は突然の不条理な状況に直面します。

  • There are no explanations and in the end there's no real chance of overcoming them. They're outmatched by the arbitrary senseless obstacles...

    説明がつかず、結局は乗り越えられる見込みが実際にありません。直面する横暴でばかげた障害に負けてしまいます。

  • They face. In part, because they can't understand or control any of what is happening.

    ひとつには、彼らが起こっていることを理解もコントロールもできないからです。

  • The crux of Kafka's style and work seems to be carried by this confrontation with the absurd.

    カフカのスタイルと作品の核心が伝えられているように思えます。

  • A conflict in which a character's efforts, reasoning, and sense of the world are met with inescapable parameters of senselessness.

    この不条理さとの対決によって。 キャラクターの努力、推理、世界観が無意味という逃れられない要因と遭遇する対決です。

  • Wherein success is both impossible and in the end ultimately pointless.

    そこでは成功は不可能であり、結局無意味となります。

  • And yet, they try anyway.

    それなのに、彼らはとにかく努力します。

  • It's fair to argue that one interpretation is that these circumstances are emblematic of Kafka's take on the human condition.

    これらの状況は、カフカによる人間の状況についての見解だという解釈もあります。

  • Specifically, the unyielding desire for answers and conquest over the existential problems of anxiety, guilt...

    具体的には、不安、罪悪感、不条理、苦痛などの実存的な問題に答えを求め、克服しようとする不屈の願望です。

  • Absurdity, and suffering. Paired with an inability to ever really understand or control the source of the problems and effectively overcome them.

    問題の源を本当に理解やコントロールができず、効果的に問題を解決できないこととは対になっています。

  • But the kicker, and perhaps most important part is, even in the face of absurd despairing circumstances, Kafka's characters don't give up.

    しかし、思いがけない展開、つまり最も重要な部分かもしれないところは、たとえばかげた絶望的な状況と対面しても、カフカのキャラクターたちはあきらめないということです。

  • At least initially, they continue on and fight against their situations trying to reason...

    少なくとも最初は。彼らは進み続け、状況と戦います。推理し、

  • Understand or work their way out of the senselessness. But in the end it is ultimately to no avail.

    理解し、この無意味さから抜け出す方法を探し出そうとしながら。しかし、最終的には無駄に終わります。

  • Perhaps in this, Kafka is suggesting that the struggle to find solace and understanding is both inescapable and impossible.

    これにおいては、おそらくカフカは、安らぎや理解を求めようとする努力は不可避であり不可能であると言っているのでしょう。

  • As conscious rational beings, we fight against the absurdity, trying to resolve the discrepancy between us and the universe.

    意識を持った合理的な存在として、私達は不条理と戦い、自分達と宇宙の間の矛盾を解決しようとします。

  • But ironically we only serve to self perpetuate the very struggle...

    しかし皮肉なことに、私達は解決しようと自分で苦労し続けているだけなのです。

  • We are trying to resolve by trying to resolve the unresolvable. And in this sense on some level we almost want the struggle.

    解決できないものを解決しようとすることで。このレベルの感覚では、私達は苦労を望んでいるのです。

  • Of course, this is just one interpretation.

    もちろん、これはひとつ解釈に過ぎません。

  • Ultimately, because of its vague, surreal, and inexplicable quality, Kafka's work lends itself to nearly as many interpretations as readers.

    最終的には、その曖昧で、シュールで、不可解な特質のために、カフカの作品は、読者の数とほぼ同じくらいの数だけ解釈できます。

  • Perhaps the idea is that we should accept our absurd condition.

    おそらく、私達は自分自身の不条理な状態を受け入れ、

  • And not take it so seriously.

    あまり深刻に受け止めるべきではないということなのでしょう。

  • Perhaps the ideas that we should and must struggle against it. Or perhaps the idea is that we can't know what the idea is.

    もしかしたら、闘うべきであり、闘わなければならないということなのかもしれません。あるいは、その思想が何を意味するのかが分からないということなのかもしれません。

  • In truth, only Kafka will ever have known exactly what his work meant, and it's fair to speculate that in some sense.

    実際、作品の意味を正確にわかるのはカフカだけでしょうし、ある意味では

  • Perhaps not even him. What is undeniable though is that Kafka's work has left a lasting impact on literature, philosophy, and humanity at large.

    彼でさえ分からないのだろうと推測するのが正しいです。しかし、否定できないのは、カフカの作品が文学、哲学、そして人類全体に永続的な影響を与えたということです。

  • It has helped readers around the world feel less alone in their own hunches of truth and moments of Kafkaesque experiences.

    カフカの作品によって、世界中の読者が、自分自身の真実やカフカエスクな体験の瞬間において孤独感をあまり感じなくなります。

  • Kafka's own story is not necessarily unusual: his father, although cruel.

    カフカ自身の物語は必ずしも珍しいものではありません。彼の父親は残酷ですが、

  • His life, although sad, neither were nor are all that uncommon.

    彼の人生は悲しいものでしたが、珍しいことではありませんでした。

  • To be born into a faulty family, bad place in the world or a weak body or brain.

    欠陥のある家庭に生まれたこと、世界の中で悪い場所に生まれたこと、体や脳が弱いこと。

  • To live and die having never recognized one's full potential; to have been stuck in a bureaucratic cog of a business organization or government system.

    自分の可能性を十分に認識せずに生きて死ぬこと、企業の組織や政府のシステムの官僚的な歯車にはまっていること。

  • To have felt that guilt and anxiety of existence for no clear reason: we've all at least at times.

    明確な理由もなく、存在に対する罪悪感や不安を感じたこと。私達は少なくとも時折、

  • Experienced the Kafkaesque. Kafka's work is not considered great because it describes something profoundly unique.

    カフカエスクを体験しました。カフカの作品は偉大なものとはみなされません。奥が深くユニークなものは描いていないからです。

  • But because it describes something mundanely common in a profound way.

    しかし、深い意味でありふれて一般的なことを描いているからです。

  • An encapsulation of an often indescribable experience, a part of life that touches us all.

    言葉では言い表せないことが多い体験のカプセル化であり、私達全員の心に触れる人生の一部なのです。

  • When referring to Kafka, writer Anne Rice once said that his work helped her realize the following approach in her own work.

    作家のアン・ライスは、カフカについて述べる際に、彼の作品によって彼女自身の作品において次のようなアプローチの実現ができたと語ったことがあります。

  • "Don't bend; don't water it down; don't try to make it logical; don't edit your own soul according to the fashion. Rather, follow your most intense obsessions mercilessly."

    「曲げるな。骨抜きにするな。論理的にしようとするな。流行に合わせて自分の魂を編集するな。むしろ容赦なく自分の最も激しい執念に従うんだ。」

  • Kafka's works ought not to alleviate the soul through remedies of false hope or delusion but rather through the direct confrontation with the darker aspects of self.

    カフカの作品は、偽りの希望や妄想という救済ではなく、自分の暗い側面と直接向かい合うことによって

  • By distorting reality to map more accurately onto his own sense of human experience.

    魂をなだめるべきです。現実を歪めて自分の人間としての体験の感覚へとより正確に投影することで、

  • He revealed a certain remedy of unhindered self-examination...

    邪魔されることのない自省という救済法を明らかにしました。そして、

  • And carved out a place in the world for others to do the same.

    他の人が同じことをできる場所を世界で探し出してくれたのです。

  • "I think we ought to read only the kind of books that wound or stab us. If the book we're reading doesn't wake us up with a blow to the head, what are we reading for? So that it will make us happy? Good Lord, we would be happy precisely if we had no books."

    「僕は自分を傷つけたり刺したりするような本だけを読むべきだと思う。読んでいる本が僕らの頭に一撃くらわせて目覚めさせてくれないなら、何のために読んでいるのだろうか?幸せになるためか?何てことだろう、本がなければ僕らは幸せなのだろうに。」

  • wrote Kafka in a letter to a friend.

    カフカは友人への手紙の中でこう書いています。

  • Although you might not have shared this explicitly.

    このことを明確に分かち合わなかったかもしれませんが、

  • Kafka's work embodies and reminds us not that we wish to give up but that despite all the absurdities and problems...

    カフカの作品は、私達があきらめたいのではなく、すべての不条理や問題にもかかわらず、進み続けて行きたいと願っていることを具体的に表現し、思い出させてくれます。

  • We wish to continue. We wish to struggle against the universe and forge our own way.

    宇宙と闘って、自分の道を切り開きたいと願っています。

  • We wish to find and connect over honesty, however hard it may be.

    それがどんなに困難なことであっても、率直さを越えたところで探してつながりたいと願っています。

Franz Kafka is regarded as one of the greatest literary figures in recent history.

フランツ・カフカは、近年の歴史の中で最も偉大な文学者の一人とされています。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 作品 出版 父親 体験 作家 官僚

カフカエスクとは何か?- フランツ・カフカの「哲学 (What Is Kafkaesque? - The 'Philosophy' of Franz Kafka)

  • 96 3
    jeremy.wang に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語