Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • The attachment theory argues that a strong emotional and physical bond to one primary caregiver in our first years of life is critical to our development.

    愛着理論は人生の最初の数年間において主に世話をしてくれる人に対する強い感情的、身体的絆が私達の発達にとってとても重要だと主張しています。

  • If our bonding is strong and we are securely attached, then we feel safe to explore the world.

    私達のきずなが強く、しっかりとその愛が感じられていれば私達は世界を探索するのに安心感を覚えます。

  • We know that there is always that safe base, which we can return to anytime.

    私達はいつも安全基盤があることを知っていて、そこにいつでも戻ることができます。

  • If our bond is weak, we feel insecurely attached.

    きずなが弱いと不安を感じてしまいます。

  • We are afraid to leave or explore a rather scary-looking world because we are not sure if we can return.

    戻れるかどうかわからないので、私達はかなり怖く見える世界を離れたり探索したりすることが怖いのです。

  • People who are securely attached are said to have greater trust, can connect to others, and as a result are more successful in life.

    しっかりと愛着を感じられる人は信頼度が高く、他者と繋がり、結果的に人生でもっと成功すると言われています。

  • Insecurely attached people tend to mistrust others, lack social skills, and have problems forming relationships.

    そうでない人は他者を疑い、社会的スキルに欠け、関係性構築に問題を抱える傾向にあります。

  • There is one type of secure attachment, and there are 3 types of insecure attachments...

    しっかりとした愛着には1つのタイプがあり、そうでないものには3つのタイプがあります。

  • Anxious/ ambivalent, anxious/ avoidant and anxious/ disorganized.

    不安・両価型愛着、回避型愛着、混乱型愛着の3つです。

  • In responses to distress, the first 3 react organized, while the last acts disorganized.

    苦痛への反応として、最初の3つは整理され、あとの1つは整理されませんでした。

  • To understand the theory better, let's look at Mister and Misses Smith, who have 4 children, Luka, Ann, Joe, and Amy.

    理論を深く理解するために、Smith 夫妻を見てみましょう。彼らには Luka 、 Ann、 Joe、 そして Amy の4人の子供がいます。

  • The Smiths are lovely parents, who cuddle, make frequent eye contact, speak warmly and are always there for their kids.

    夫妻は素晴らしい親で、抱き合ったりアイコンタクトを頻繁に行ったり、優しく話していつも子どもたちのそばにいます。

  • But one day Mister Smith falls very sick and dies.

    しかしある日お父さんはひどい病気にかかり亡くなってしまいました。

  • For Misses Smith life now becomes very difficult.

    お母さんの人生はとても困難なものになってしまいました。

  • She spends all day working, while at the same time trying to care for her childrenan impossible task.

    彼女は毎日働き、同時に子育てをしようとしましたが不可能です。

  • At 6 years of age, Luka's brain is for the most part developed, his character strong, and his world-view shaped.

    6歳の時、 Luka の脳はほとんど発達しきっており、性格は強く、彼の世界観は形作られていました。

  • The new situation does not affect him much.

    新たな状況は彼にそれほど大きな影響を与えません。

  • He knows there still is always mom⁠, his safe-haven.

    彼は未だ母親、つまり安全な逃げ場が残っていることを知っているのです。

  • He feels securely attached.

    彼は愛着を感じています。

  • Later, he turns into a trusting and optimistic young man.

    後に、彼は人を信じ、楽天的な青年に成長しました。

  • His self image is positive.

    彼の自己像はポジティブです。

  • Ann, who is 3, has problems coping with the new lack of attention.

    Ann は3歳ですが、彼女は注意が届かなくなったことに問題を抱えました。

  • To Ann, her mother now acts unpredictably.

    Ann にとって、母親は予想できない行動をとっているのです。

  • She is anxious about their relationship, and as a result becomes clingy.

    彼女は関係構築に飢えており、結果的に依存するようになってしまいます。

  • To get her mom's attention, she has to raise her emotional state and scream.

    母親の注意をひくために彼女は情緒状態を引き上げて叫ばなければなりません。

  • When her mum finally reacts with a predictable response, she herself acts ambivalent and doesn't show her true feelings.

    ようやく母親が期待通りの反応をしめしても彼女ははっきりしない行動を取り、本当の感情を見せません。

  • Later in life, others think Ann is unpredictable or moody.

    後々皆に Ann はよくわからなくて行動が予測できない人だと思われてしまいます。

  • Her self image is less positive.

    彼女の自己像はあまりポジティブではありません。

  • Her attachment style is anxious/ ambivalent.

    彼女の愛着タイプは不安・両価型愛着です。

  • Two-year-old Joe, spends his days with his uncle, who loves him, but thinks that a good education means being strict.

    2歳の Joe は彼を愛してくれるおじと日々を過ごしましたが、彼はよい教育とは厳格であることだと考えています。

  • If little Joe shows too much emotion or is too loud, his uncle gets angry and sometimes punitive.

    幼い Joe があまりに感情的になったりうるさくすると、おじは怒って厳しくなります。

  • This scares Joe.

    こうして Joe は怯えます。

  • He learns that to avoid fear, he has to avoid showing his feelings⁠— also in other situations.

    Joe は恐怖から逃げるためには他の状況においても感情を表さないようにしなければならないということを学びました。

  • As an adult he continues this strategy and has problems entering relationships.

    成人しても彼はこの戦略を取り、関係を構築するのに問題を持ってしまいます。

  • His image of himself is rather negative.

    彼の自己像はかなりネガティブです。

  • His attachment is anxious/avoidant.

    彼の愛着タイプは回避型愛着です。

  • Amy, who is just one year old, gets sent to a nursery.

    Amy はたったのまだ1歳ですが、彼女は託児所に送られました。

  • The staff there is poorly trained, overworked and often very stressed.

    スタッフの教育は良くなく、働きすぎでしばしばかなりストレスを感じていました。

  • Some are outright abusive.

    完全に暴力的なスタッフもいました。

  • Amy therefore becomes anxious of the very people she seeks security from.

    それゆえAmyは安全を提供してくれる人を恐れるようになりました。

  • A conflict which totally disorganizes her ideas about love and safety.

    愛と安全についての考えが完全にごちゃごちゃになってしまいました。

  • As she is experiencing fear without resolution, she tries to avoid all social situations.

    彼女は解決もなく恐怖を経験しているので、全ての社会的状況を避けようとします。

  • As an adult, she thinks of herself as unworthy of love.

    成人すると、自分は愛を受けるに値しない人間であると考えるようになります。

  • Her self image is very negative.

    彼女の自己像はかなりネガティブです。

  • Her attachment is anxious/disorganized.

    彼女の愛着タイプは混乱型愛着です。

  • Our attachment is formed in the very first years of our lives, a time when we are too young to communicate our anxiety, and as a result can experience high levels of stress.

    私達の愛着は幼すぎて不安を伝えることのできない人生の最初の数年間で形成され、結果的にかなりのストレスを経験する可能性があるのです。

  • Then our adrenal gland, an organ sitting on top of our kidneys, produces the stress hormones adrenaline and cortisol.

    私達の腎臓の上にある器官である副腎はストレスホルモンのアドレナリンとコルチゾールを生成します。

  • The heart rate increases, the blood pressure goes up and we become alert.

    心拍数は上がり、血圧も上がって注意力が高まります。

  • If that happens frequently, it is called toxic stress.

    頻繁に起こるようであれば、それは toxic stress (過剰なストレス) と呼ばれます。

  • Toxic, because it impairs the development of a child's brain and weakens the immune system.

    有毒と呼ぶのは、そのストレスは子供の脳の発達を損ない、免疫系統を弱めるからです。

  • In embryos or at a very young age, toxic stress can even switch the expressions of genes, which can affect our health many decades later.

    まだ未発達だったりとても若い年齢では、 toxic stress は遺伝子の発現が切り替わり、数十年後に私達の健康に影響を与える可能性もあります。

  • By simulating a Strange Situation, we can assess an attachment style, already by the age of 1.

    ストレンジ・シチュエーションを行うと、私達は1歳までに愛着タイプを評価することができます。

  • To do this, we let the child play with their mothers for a few minutes inside a room.

    これを行うために私達は部屋の中で数分間子供と母親に遊んでもらいます。

  • Then the child is left alone.

    それから子供に一人になってもらいます。

  • The key moment is the child's reaction when her mother returns.

    大事なのは母親が戻った時の子供の反応です。

  • Securely attached children first usually hug their mother...

    しっかりと愛を感じる子供は普通母親に抱きつき、

  • Then can calm down and eventually get back to playing.

    その後落ち着いてまた遊び始めます。

  • Insecurely attached children can be ambivalent and avoidant.

    そうでない子供ははっきりしない様子や回避行動が見られます。

  • Some can't stop crying or refuse to continue playing.

    中には泣き止まなかったり、遊び続けることを拒む子供もいます。

  • The long term effects of our attachment in the early years, are well documented.

    初期の私たちの愛情にまつわる長期にわたる影響は十分に文書にまとめられています。

  • Using the theory, researchers at Minnesota University were able to predict already at age 3, if a child would dropout of high school with 77% accuracy.

    この理論を用いて、ミネソタ大学の研究者たちは子供が3歳の時までに77%の精度で高校を中退するかを予測することができました。

  • In another study, undergraduates at Harvard were asked to assess how close they felt to their parents.

    別の研究では、ハーバードの大学生は両親とどのくらい親しいかを評価するように求められました。

  • 35 years later, they were ask about their health.

    35年後、彼らは自身の健康状態について尋ねられました。

  • 91% of those who said they had a rather broken relationship with their mother, were also diagnosed with health issues, including coronary artery disease, hypertension, and alcoholism.

    回答者の中で母親との関係が壊滅的に壊れていると答えた人の91%は冠動脈疾患、高血圧、アルコール依存症などを含んだ数々の健康問題が診断されていました。

  • For those that had reported a warm relationship, the figure of poor health diagnosis was just 45%.

    よい関係が築けていると報告した人については、良くない健康診断結果の数字はたったの45%でした。

  • But there is another reason why the early years deserve special attention.

    しかし、成長の初期に特に注意を払うべきとする理由は他にもあります。

  • They are the starting place for subsequent behaviors.

    この時期は次に繋がる行動の出発点であるのです。

  • A kid that feels securely attached at age 2, can make friends at kindergarten.

    2歳のときにしっかりと愛情を感じている子供は幼稚園で友達を作ることができます。

  • Their worldview gets reinforced with every interaction and they develop optimism.

    彼らの世界観はあらゆる交流によって強化され、楽観的な性格を養います。

  • As a result they make good relationships at school, then at college, and later at work.

    結果的に学校や大学、ゆくゆくは職場でも良い関係を築きます。

  • Highly insecurely attached children can miss out on this opportunity.

    愛情をほとんど受けずに育った子供はこれらの機会を逃す可能性があります。

  • Psychologist John Bowlby, a pioneer in attachment theory, allegedly said...

    伝えられるところでは愛着理論のパイオニアである精神学者 John Bowlby は

  • "What cannot be communicated to the mother, cannot be communicated to the self.".

    「母親に伝えられないものは自分にも伝えられない。」と言っています。

  • In other words: those who feel insecurely attached, might not quite understand themselves.

    言い換えると、愛情を感じていないひとは自分のことをよく理解していないのかも知れません。

  • To get to know who they are and what they feel, they might have to go way back in time.

    自分が何なのか、何を感じているのかを知るには、彼らは時間を遡る必要があるのかも知れません。

The attachment theory argues that a strong emotional and physical bond to one primary caregiver in our first years of life is critical to our development.

愛着理論は人生の最初の数年間において主に世話をしてくれる人に対する強い感情的、身体的絆が私達の発達にとってとても重要だと主張しています。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 母親 子供 タイプ 理論 愛情 発達

愛着理論-幼少期が人生に与える影響 (The Attachment Theory: How Childhood Affects Life)

  • 589 39
    jeremy.wang に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語