Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • There is an environmental mystery afoot,

    環境ミステリーが進行中です。

  • and it begins with a seemingly trivial detail

    些細なことから始まる

  • that reveals a disaster of global proportions.

    それは世界的な大災害を明らかにします。

  • One day, you notice that the honey you slather on your morning toast

    ある日、朝のトーストにかけたはちみつに気づく。

  • is more expensive.

    の方が高いです。

  • Instead of switching to jam,

    ジャムに切り替える代わりに

  • you investigate the reason for the price hike.

    値上げの理由を調査します。

  • What you find is shocking.

    あなたが見つけたものは衝撃的です。

  • The number of domesticated honeybees in the US

    アメリカの家畜化されたミツバチの数

  • has been decreasing at an alarming rate.

    は驚くべき速さで減少しています。

  • This decline appears too big

    この落ち込みが大きすぎるように見える

  • to be explained by the usual causes of bee death alone:

    蜂の死の通常の原因だけで説明できるように

  • disease, parasites or starvation.

    病気、寄生虫、飢餓。

  • A typical crime scene has almost no adult bees left in the hive,

    典型的な事件現場では、巣箱の中に大人のミツバチがほとんど残っていない。

  • except, perhaps, a lonely queen and a few other survivors.

    孤独な女王と数人の生存者を除いてはね

  • It's full of untouched food stores and a brood of unborn larvae,

    手付かずの食料品店と生まれてもいない幼虫の群れでいっぱいです。

  • suggesting that the adults vacated without waiting for them to hatch.

    成虫が孵化するのを待たずに退去したことを示唆している。

  • But what's particularly eerie

    しかし、特に不気味なのは

  • is that there's no tell-tale mass of dead or dying bees nearby.

    それは、近くに死んだり死んだりしているミツバチの塊がないということです。

  • Either they have forgotten their way back to the hive,

    蜂の巣への帰り道を忘れたのか

  • or they have simply disappeared.

    それとも単に消えてしまったのでしょうか。

  • These mysterious disappearances aren't new.

    これらの謎の失踪は新しいものではありません。

  • Humans have been collecting honey for centuries.

    人間は何世紀にもわたって蜂蜜を集めてきました。

  • But it wasn't until European settlers in the 1600's

    しかし、1600年代のヨーロッパ人の入植者までは、それはありませんでした。

  • introduced the subspecies, Apis mellifera,

    が亜種のApis melliferaを導入した。

  • that we domesticated bees.

    私たちがミツバチを飼いならしたことを

  • Since the 19th century,

    19世紀になってから

  • beekeepers have reported occasional mass disappearances,

    養蜂家からは、時折、大量失踪が報告されています。

  • giving them enigmatic names

    謎めいた名前をつけて

  • like disappearing disease, spring dwindle disease

    消え病春枯病のように

  • and autumn collapse.

    と秋の崩壊。

  • But when in 2006 such losses were found to affect

    しかし、2006年にこのような損失が発見されたとき、その影響は

  • more than half of all hives in the US,

    アメリカではじんましんの半数以上を占めています。

  • the phenomenon got a new name:

    現象は新たな名前を得た。

  • colony collapse disorder.

    コロニー崩壊障害

  • The most frightening thing about this mystery

    この謎で一番怖いのは

  • isn't that we'll have to go back to using regular sugar in our tea.

    isn't that we't that we'll have to go to go back to using regular sugar in our tea.

  • We farm bees for their honey,

    私たちは蜂蜜のためにミツバチを養殖しています。

  • but they also pollinate our crops on an industrial scale,

    しかし、彼らは産業規模で私たちの作物を受粉させてくれます。

  • generating over 1/3 of America's food production this way.

    アメリカの食糧生産の1/3以上をこの方法で生産しています。

  • So, how can we find the culprit behind this calamity?

    では、この災難の犯人はどうやって見つけることができるのでしょうか?

  • Here are three of the possible offenders.

    ここでは、犯罪者の可能性のある3つを紹介します。

  • Exhibit A: Pests and Disease.

    出展A.害虫と病気

  • Most infamous is the varroa mite,

    最も悪名高いのはヒゼンダニです。

  • a minuscule red pest that not only invades colonies and feeds on bees,

    コロニーを侵略し、ミツバチを餌にするだけでなく、極小の赤い害虫。

  • but also transfers pathogens that stunt bee growth

    蜂の成長を阻害する病原体を転送するだけでなく

  • and shortens their life span.

    と寿命を縮めてしまいます。

  • Exhibit B: Genetics.

    出展B:遺伝学。

  • The queen is the core of a healthy hive.

    女王は健全な巣箱の中心です。

  • But nowadays, the millions of queen bees distributed

    しかし、今では数百万匹の女王蜂が配布されていて

  • in commercial hives are bred from just a few original queens,

    商業ハイブでは、わずか数匹のオリジナルの女王から繁殖しています。

  • which raises the worry about a lack of genetic diversity

    遺伝的多様性の欠如が懸念される

  • which could weaken bees' defenses against pathogens and pests.

    病原体や害虫に対する蜂の防御力を弱める可能性があります。

  • Exhibit C: Chemicals.

    出展物C.化学物質。

  • Pesticides used both on commercial beehives and agricultural crops to ward off parasites

    商業用の蜂の巣や農作物に使用されている寄生虫を防ぐための殺虫剤

  • could be getting into the food and water that honeybees consume.

    ミツバチが消費する食べ物や水に入ってしまう可能性があります。

  • Researchers have even found that some pesticides

    研究者は、いくつかの農薬が

  • damage the honeybees' honing abilities.

    ダメージミツバチ'ホーニング能力。

  • So we have a file full of clues

    手がかりの詰まったファイルがあるんですね。

  • but no clear leads.

    しかし、明確な手がかりはない。

  • In reality, scientists, the actual detectives on this case,

    実際には、科学者、この事件の実際の刑事。

  • face disagreement over what causes colony collapse disorder.

    コロニー崩壊障害の原因をめぐって意見の相違に直面する。

  • For now, we assume that several factors are the cause.

    とりあえず、いくつかの要因が原因であると仮定します。

  • Honeybees aren't necessarily in danger of extinction,

    ミツバチは必ずしも絶滅の危険にさらされていません。

  • but fewer bees overall means less pollination and higher food costs,

    しかし、全体的にハチの数が少ないということは、受粉量が少なく、食費が高くなるということを意味します。

  • so it's crucial that scientists solve the case of the vanishing bees.

    消えたミツバチの事件を科学者が解決することは非常に重要です。

  • Because while having less honey might be a buzzkill,

    蜂蜜の量が少ないのは 迷惑かもしれませんが

  • crop shortages are something that would truly sting.

    不作は本当に刺さるものです。

There is an environmental mystery afoot,

環境ミステリーが進行中です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed ミツバチ 害虫 コロニー 女王 蜂蜜

TED-ED】消えゆくミツバチの事件-エマ・ブライス

  • 1162 134
    VoiceTube に公開 2014 年 04 月 08 日
動画の中の単語