Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • [MUSIC]

    [MUSIC]

  • How do you come up with great ideas, and then make them happen? This is what I spend my days doing.

    どうやって素晴らしいアイデアを思いつき、それを実現するのか?ということを考えながら日々を過ごしています。

  • I run the Stanford Technology Ventures Program, which is in the Management, Science and Engineering department at the Stanford School of Engineering, and my goal is to help students figure out how to come up with the big ideas, and then bring them to life.

    私は、スタンフォード大学工学部の経営・科学・工学部門であるスタンフォード・テクノロジー・ベンチャーズ・プログラムを運営していますが、私の目標は、学生がどうやって大きなアイデアを思いつき、それを実現させるかを手助けすることです。

  • Now, I've been doing this for about 14 years, and I wanna tell you a secret.

    さて、私は約14年前からこの仕事をしていますが、秘密を教えてあげたいと思います。

  • I decided I wanted to write a book on creativity a few years ago, and, I started a file on my computer, and the file said, not another book about creativity. It's like, not one more book, how, this is not gonna be just one more book.

    数年前に創造性についての本を書きたいと決心しました。コンピュータ上のファイルを立ち上げたのですが、そのファイルには「創造性についてのもう一冊の本はいらない」と書かれていました。それは、もう一冊の本ではなく、どのように、これはただの一冊の本になるつもりはない、というようなものです。

  • And I sold the idea basically with the name, which is ingenious, and so the title was good enough that my publisher said that yes, let's do it.

    そして、基本的には名前を工夫して売ったので、出版社が「はい、やりましょう」と言ってくれるほど良いタイトルになりました。

  • But I got to the end of the first draft, and I realized, you know what? It was just one more book about creativity.

    でも最初の草稿が終わった時に気付いたのそれはただの創造性についてのもう一冊の本だった。

  • So I started over, and I started over, and I started over, until finally I realized I was looking at the material through much too tight a focus,

    だから私はやり直して、やり直して、やり直して、やっと気がついた時には、あまりにもピントが合いすぎて、素材を見ていたんです。

  • and I needed to open up the lens and look at the creative process and the process of bringing ideas to life through a dif, very, very different perspective.

    そして、私はレンズを開いて、クリエイティブなプロセスと、ディフで非常に異なった視点からアイデアを生み出すプロセスを見る必要がありました。

  • And I created a model, which I call the Innovation Engine.

    そして、私はイノベーションエンジンと呼ばれるモデルを作りました。

  • And what' I'm gonna do is, over the next few minutes, take it apart and put it back together, and I hope you agree with me that this is a really interesting way at looking at how do you come up with ideas, and how do you actually bring them to life.

    これから数分かけて分解して元に戻します。これは、どうやってアイデアを出して、どうやってそれを実際に実現するのかということを考える上で、とても興味深い方法だと思います。

  • Now, when you look at the innovation engine, you'll notice there are some things that are sort of the obvious place that you would start if you're talking about creativity.

    さて、イノベーションエンジンを見てみると、創造性について話している場合には当たり前のことですが、いくつかのことがあることに気づくでしょう。

  • You would typically start with thinking about imagination, right?

    普通は想像力を働かせることを考えるところから始めますよね。

  • So let's start there. Okay. Now we're all imaginative when we're kids, okay.

    そこから始めようそうだな子供の頃は想像力が豊かだった

  • We all go to school. We come up with really interesting things when we're in kindergarten, and over time we start seeing that creativity, and our sense of confidence in our creativity dwindling.

    誰もが学校に行く幼稚園の頃は本当に面白いことを思いつきますが 時間が経つにつれて その創造性が見えてきて 自分の創造性への自信が薄れていきます

  • Why is that? It's because a lot of the questions we get asked in school are like this.

    それはなぜでしょうか?それは、学校で聞かれる質問の多くがこのようなものだからです。

  • What is the sum of 5 plus 5? Now what's the answer to this question?

    5+5の和は何でしょうか? さて、この質問の答えは?

  • -Ten. -Great, okay. Come on, say it louder. Ten. Okay.

    -10 -いいわよもっと大きな声で言って(美咲)10(美咲)いいよ

  • We know it's ten because there's one right answer to this problem, and unfortunately, the more we go in school, the more we get questions like this.

    この問題の正解は1つだから10だとわかっていて、残念ながら学校に行けば行くほどこのような問題が出てきます。

  • Where and when was, you know, whatever. What's the number, Avogadro's number. Okay. It might get to be more complicated questions, but there's only one right answer.

    どこで、いつ、何時のことだったかというと、なんでもいいんです。アボガドロの番号は?もっと複雑な質問になるかもしれないが 正解は一つだけだ

  • Really creative people don't look at the world like this. They look at problems through different lenses, and they re-frame problem. For example, instead of teaching math like, what's the sum of 5 plus 5, you could ask a question like this.

    本当に創造的な人は、このように世界を見ません。彼らは別のレンズを通して問題を見て、問題を再フレーム化します。例えば、5+5の和は何か、というような数学を教える代わりに、このような質問をすることができます。

  • What two numbers add up to ten? How many answers are this to this? [INAUDIBLE] How many answers?

    2つの数字の足し算が10になるのは?これに対する答えはいくつですか?[INAUDIBLE] 答えはいくつですか?

  • -[INAUDIBLE] -A lot. Okay. How many a lot? -Infinite. -Infinite number, right? Negative number, fractions.

    -たくさん何個だ?-無限-無限だよね?負の数、端数

  • This is critically important, because often, the answer is baked into the question you ask, and so if you don't question the questions you're asking, you're not gonna come up with really innovative solutions.

    これは非常に重要なことで、多くの場合、答えは質問の中に組み込まれているので、質問していることに疑問を持たなければ、本当に革新的な解決策は出てこないからです。

  • I mean, I could give a very easy example that, to bring it to life.

    つまり、私は非常に簡単な例を挙げることができました、それを実現するために。

  • So this wonderful new book that 99U is coming out with we could right now brainstorm about a great launch party for this book.

    だから99Uが出てくるこの素晴らしい新しい本は、今、この本のための素晴らしいローンチパーティーについてのブレーンストーミングをすることができます。

  • And you might think that's a great question to ask. But I could change one word in that question and say, let's come up with a great launch celebration, and all of a sudden, we've opened up the range of possibilities from a party to a celebration.

    と、すごい質問だと思うかもしれません。でもその質問の中で一言変えて 素敵な打ち上げのお祝いを考えましょうと言えば 突然 パーティーからお祝いまで可能性の幅が広がりました

  • Does that make sense? Okay. So framing and re-framing problems is one fabulous way to increase your imagination, but there are other ways.

    理解できましたか?問題のフレーミングや再フレーミングは想像力を高める素晴らしい方法の一つですが、他にも方法はあります。

  • Okay, and this is just an example from Essure of how we are constantly re-framing and, and framing, even in a an image like this. Even in the same picture, you're challenged to look at things from different perspectives.

    これはEssureからの一例です 私たちはこのようなイメージの中でも 常にフレーミングを変えているのです同じ写真でも、異なる視点から物事を見ることに挑戦しています。

  • So another way to increase your imagination is by connecting and combining ideas. Now, most inventions don't come out of nowhere.

    ですから、想像力を高めるもう一つの方法は、アイデアをつなげたり組み合わせたりすることです。さて、ほとんどの発明はどこからともなく生まれてくるものではありません。

  • They come from putting things together in really interesting and surprising ways. I do this with my students in Stanford, by having them practice the art of Chindogu. Now, Chindogu was the Japanese art of creating un-useless inventions.

    それは、本当に面白くて驚くような方法で物事をまとめることから生まれるのです。私はスタンフォードの学生たちに チンドゥグを実践させています。チンドッグとは、無駄な発明を生み出す日本の技術です。

  • Now, what does that mean? It means putting things together in surprising ways. They're not useful, they're not useless, but when you put them together, interesting things happen.

    さて、それはどういう意味でしょうか?意外な方法で物事をまとめるということです。役に立たない、使えないものではありませんが、まとめると面白いことが起こります。

  • Let me co, show you a couple of examples. [LAUGH] Woops. Okay. We've got little umbrellas on shoes. Pretty cool. You laugh because it's really clever.

    いくつか例を紹介しようおっと。オーケー靴の上に小さな傘を置いたのかっこいいね本当に賢いから笑うのね

  • It's interesting and unexpected. What about this one? Shoes with dustpans. [LAUGH] A third way to increase your imagination is with challenging assumptions. It means going beyond the first right answer.

    意外性があって面白いです。こちらはどうでしょうか?ダストパンのついた靴想像力を高める3つ目の方法は、仮定に挑戦することです。最初の正解を超えることです

  • And I love to do this by giving assignments that are really surprising, that I've never seen before, and that really challenge the students to come up with very interesting solutions.

    私は、今までに見たことのないような、本当に驚くような課題を与えて、生徒たちに非常に興味深い解決策を考えさせることが好きです。

  • For example, here's a, a very an example of a design brief from one of the projects that I gave to a bunch of students all over the world.

    例えば、ここには、私が世界中の学生に与えたプロジェクトの一つからのデザイン概要の非常に例があります。

  • Their challenge was to create as much value as possible, value measured in any way they wanted starting with one trash can.

    彼らの課題は、可能な限り多くの価値を創造し、どんな方法でも価値を測ることで、1つのゴミ箱から始めることでした。

  • The contents of the trash can. Would you like to do this? Kind of fun? Well the wonderful thing is these students end up spending a bunch of time thinking about what is value to them.

    ゴミ箱の中身をこれやってみませんか?楽しい?さて、素晴らしいのは、これらの学生は、彼らにとって何が価値であるかを考えるために多くの時間を費やしてしまうことです。

  • They came up with some really interesting insights. Value was community and friendships. It was health, it was happiness. It was feeding your family.

    彼らは本当に興味深い洞察をしてくれました。価値はコミュニティと友情でした それは健康であり、幸せでした。それは家族を養うことでした。

  • And of course there was financial value. Let me show you a few examples of some of the things the students came up with.

    もちろん金銭的な価値もありました学生たちが思いついたものを いくつか例示してみましょう

  • This is a team from Ecuador. They started with a garbage can filled with yard waste. Yard waste. I probably wouldn't have started with this one.

    こちらはエクアドルのチーム。庭のゴミでいっぱいのゴミ箱から始めました。庭のゴミ。私ならこれで始めなかったかもしれません。

  • Here's what they did. Pretty amazing? Made a beautiful mural.

    これが彼らがやったことだ驚いた?美しい壁画を作った。

  • Or, a girl who was in Ireland. Her mother had just cleaned out the sock drawer, of, in her brother's sock drawer. All these old, holy socks. Different colors: black, grey, white, okay?

    あるいは、アイルランドにいた女の子。彼女の母親は兄の靴下の引き出しを 掃除していました古い靴下ばかりだった色違いで 黒、グレー、白、いいかな?

  • She took them, she cleaned them, she cut them up, sewed them back together and made this sweater.

    彼女はそれを取って、きれいにして、切って、縫い合わせて、このセーターを作った。

  • Pretty amazing? So creativity can be enhanced by re framing problems, connecting combining ideas, and by challenging assumptions. But you know what? This is not enough.

    かなり驚くべきことですか?だから創造性は問題を再フレーミングしたり 組み合わせたアイデアを繋げたり 思い込みに挑戦することで 向上させることができるのですしかし、あなたは何を知っていますか?これだけでは十分ではありません。

  • This is not enough, and it's certainly not enough if you wanna really make things happen. Because you need to start with a base of knowledge.

    これだけでは十分ではありませんし、本当に何かを実現したいのであれば、確かにそれだけでは十分ではありません。なぜなら、知識の基礎から始める必要があるからです。

  • Knowledge is the toolbox for your imagination. The more you know, the more you have to work with.

    知識は想像力の道具箱です。知れば知るほど 道具箱の数は増えていきます

  • Think about it. If I wanna come up with a brand new solar car or a cure for cancer, I need to know something about engineering and biology. I need something to work with.

    考えてみてくれ新しいソーラーカーや 癌の治療法を考え出すには 工学と生物学の知識が必要だ使えるものが必要なんだ

  • And so how do we, how do we get knowledge? Well, of course, you can come and listen to talks, you can read books.

    どうやって、どうやって知識を得るのか?もちろん、来て話を聞いたり、本を読んだりすることもできます。

  • But one of the most powerful ways to get knowledge about the world is by paying attention.

    しかし、世界の知識を得るための最も強力な方法の一つは、注意を払うことです。

  • We normally don't pay attention to our world in a way where we really find interesting opportunities and often the solutions waiting fra, right in front of us.

    我々は通常、我々は本当に興味深い機会を見つける方法で私たちの世界に注意を払うことはありませんし、多くの場合、ソリューションは、私たちの目の前で、フラを待っています。

  • A great example that I, I love because it's so mundane and yet so fascinating is that fellow named David Freeburg, who was commuting through San Francisco everyday, and he made an interesting observation just looking out the window of his car.

    それはとても平凡なので、私は、私はまだとても魅力的なので大好きな偉大な例は、デイビッド ・ フリーバーグという名前の仲間です。

  • He noticed that the bike rental station that was near the train, was closed on days when it rained, and he thought, wow, that's really interesting.

    電車の近くにあったレンタサイクルステーションが雨の日は閉まっていることに気がついたそうで、「うわぁ、これは面白いな」と思ったそうです。

  • How many other businesses are influenced by the weather? And he realized how many types of companies are effected by the weather.

    天候に左右される企業が他にどれだけあるのか?そして、天候の影響を受ける企業の種類の多さを実感したそうです。

  • Ended up starting a company called Climate Corporation where they basically sell weather insurance to all different types of companies. This would never have happened, if he hadn't been paying attention.

    結局、クライメイトコーポレーションという会社を立ち上げることになったのですが、そこで基本的にはあらゆる種類の会社に気象保険を販売しています。彼が注意を払っていなければ、こんな事にはならなかっただろう。

  • So we have imagination, we have knowledge, but there's another important part of your innovation engine, and that is your attitude.

    私たちには想像力があり、知識がありますが、イノベーションエンジンにはもう一つ重要な部分があります。

  • If you are not driven, motivated, and have the confidence that you can solve your problem, you will not solve it. It is not easy. It's not easy to come up with really big ideas, and it's certainly not easy to bring them to life.

    やる気がなく、やる気がなく、解決できる自信がなければ、問題は解決しません。それは簡単なことではありません。本当に大きなアイデアを思いつくのは簡単ではありませんし、それを実現するのは確かに簡単ではありません。

  • Unfortunately, most people see themselves as puzzle builders.

    残念ながら、ほとんどの人は自分自身をパズルビルダーと見なしています。

  • This means they're looking, they kind of have their box top, and they know what the picture looks like, and they know where they're trying to get, but here's the problem. What happens if you're a puzzle builder, and you're missing a piece in the puzzle?

    つまり、彼らは見ていて、箱のトップを持っていて、絵がどのように見えるか、どこに行こうとしているかを知っているのですが、ここで問題が発生します。もしあなたがパズルビルダーで、パズルのピースが足りないとしたらどうなるでしょうか?

  • What happens? You can't finish the puzzle. You're stuck. You know, you say to your boss, sorry. You know, that part is out of stock.

    どうなるの?パズルを完成させることはできません。行き詰ってしまう。上司に「すみません」って言うんだ。その部品は在庫切れなんだ。

  • Okay? You say, sorry we, can't get there. True innovators, true entrepreneurs are not puzzle builders. They're quilt makers.

    いいですか?君は残念だと言うが そこには行けない真の革新者 真の起業家は パズルビルダーではない彼らはキルトメーカーだ

  • They take all the things they have at their disposal, all the things, even if they're kind of strange and surprising, and they figure out how to leverage them to make amazing things happen.

    彼らは自分たちが自由に持っているすべてのもの、すべてのもの、たとえそれが奇妙で驚くようなものであっても、それらを活用して、驚くようなことを実現する方法を考え出します。

  • This is really important. You need to see yourself as a quilt maker, as opposed to a puzzle builder.

    これは本当に重要なことです。あなたは自分自身をパズルビルダーとは対照的に、キルトメーカーとして見る必要があります。

  • So now we have the inside of your innovation engine. And let me tell you how this works. It's really quite simple.

    これでイノベーション・エンジンの内部がわかりましたこれがどのように機能するのかお話ししましょうこれは非常に単純なことです

  • Your knowledge is a toolbox for your imagination, your imagination is the catalyst for the transformation of that knowledge into new ideas and your attitude is the spark that gets it going.

    あなたの知識はあなたの想像力のための道具箱であり、あなたの想像力はその知識を新しいアイデアに変換するための触媒であり、あなたの態度はそれを取得する火花です。

  • But here's the problem. I'm gonna ask you to have a show of hands. How many of you are really innovative folks who are stuck in environments that don't allow you to express your creativity, or have ever been?

    しかし、ここで問題がある。手を挙げてもらいます。自分の創造性を表現できない環境に身動きが取れなくなっている 本当に革新的な人がどれだけいるでしょうか?

  • Okay, quite a number of people. The reason is, no matter how innovative and entrepreneurial we each are, we're often find ourselves in environments or work with clients who are in environments that don't really foster this type of innovation.

    かなりの数の人がそうです。なぜかというと 私たちがどれだけ革新的で 起業家精神に富んでいても このようなイノベーションを 促進しない環境にいることや クライアントと一緒に仕事をしていることが多いからです

  • So we need to look at the outside of the innovation engine. So let's go there. Let's look at the first piece: habitat.

    だからイノベーションエンジンの外側を見る必要がありますそこに行ってみましょう最初のピースである「生息地」を見てみましょう。

  • Now, habitat is quite complex and multidimensional. They're the people you work with, they're the rules, the rewards, the incentives. But one of the things we'd often don't pay attention to is the physical space.

    さて、生息地は非常に複雑で多次元的です。あなたが一緒に仕事をする人たちです ルールや報酬、インセンティブがありますしかし、私たちがしばしば注意を払わないものの一つが 物理的な空間です

  • Now think about it. When we're kids, we get, are in classrooms like this, with lots of colors, with lots of manipulatives, with lots of flexibility.

    考えてみて私たちが子供の頃は こんな教室にいました たくさんの色があって たくさんの道具があって 柔軟性があります

  • Could you be creative in this type of environment? You bet. Okay? Then you graduate from kindergarten, and you go through school, and all of a sudden, you end up in places like this.

    このような環境で創造性を発揮できますか?だろうないい?幼稚園を卒業して、学校に通うと、突然、こんな場所に行くことになる。

  • Now you laugh because we've all been in these type of environments, where the chairs are lined up in rows and columns, or bolted to the floor.

    今、あなたが笑うのは、椅子が列や柱になって並んでいたり、床にボルトで固定されていたりする、こういう環境に誰もがいたからです。

  • If you talk, you get in big trouble. I spent my entire growing up writing, silence is golden, silence is golden.

    喋ると大変なことになる。沈黙は金になる、沈黙は金になる、と書きながら育ってきました。

  • [LAUGH] Guess what, that's why I'm a teacher now, okay?

    だから教師になったんだよ

  • So. [LAUGH] The fact is, you go into this environment, and you're very stifled, and then we worry about these kids aren't as creative anymore.

    だから実際、このような環境に入ると 抑制されてしまいます そして、私たちは、この子たちがもう創造的でないことを 心配しています。

  • And of course they're again being given these problems like what's the sum of 5 plus 5?

    そしてもちろん、5+5の和は何かというような問題がまた出題されます。

  • Okay, and then they graduate from there and they go and work in these environments, and again we worried about why are people not so creative.

    卒業して、その環境で働くことになるわけですが、なぜ人はそんなにクリエイティブではないのか、ということを改めて考えました。

  • I'm fortunate enough to teach my classes in the Design School, the D-School at Stanford, and our classroom looks much more like this.

    私は幸運にもスタンフォードのD-Schoolであるデザインスクールで授業をしていますが、私たちの教室はもっとこんな感じです。

  • Where everything was flexible and movable, and nothing is too precious. You know, you can write on the furniture. If someone spills something, no big deal. Anything can be moved.

    すべてのものが柔軟に動く場所で、何も貴重なものはありませんでした。家具の上に書いてもいいし誰かが何かをこぼしても大したことはない。何でも動かせる。

  • It's like, more like a stage that can be set for whatever you're doing. Because, guess what?

    何をするにしても舞台に立てるようなものです。だって、何だと思う?

  • The space is the stage on which you play your life, and when you stand on that stage or walk into that room, you know how you're supposed to behave. Now really innovative companies, and I'm sure many of you are in these situations, know this.

    空間は自分の人生を演じる舞台であり、その舞台に立ったとき、あるいは部屋に入ったとき、自分がどのように振る舞えばいいのかを知っています。今、本当に革新的な企業、そして多くの方がこのような状況に置かれていると思いますが、このことを知っています。

  • They create spaces that when you walk in, you go, this is a place where creativity, innovation, entrepreneurship, new ideas, are welcome.

    彼らは、あなたが歩いて入ったときに、あなたが行くようなスペースを作成し、ここは、創造性、イノベーション、起業家精神、新しいアイデアを歓迎する場所です。

  • You know, this is a picture I just found form Google in Zurich. You know, this is obviously, you walk in here, it's very playful. Or at Pixar, where they have a slide right in the, in the entryway.

    これはチューリッヒのグーグルで見つけた写真だこれは、明らかに、ここに入ると、とても遊び心がある。ピクサーでは、入り口に 滑り台があるんだ。

  • Again, you walk in, and you know this is really a, a place where fun and ideas are welcome. So habitat's important, but so are the resources that you have at your disposal.

    一歩足を踏み入れれば、ここは本当に楽しい場所であり、アイデアも歓迎される場所であることがわかります。生息地も大切ですが、自由に使える資源も大切です。

  • Now what's the first thing that anyone thinks about when they think about resources? Let's say it together.

    さて、誰もが資源のことを考えた時に 最初に考えることは何でしょうか?一緒に言ってみましょう。

  • Money, okay? People think of money. Okay, I've never asked that question and gotten a different answer. Okay?

    お金、いいですか?人はお金のことを考えるさて、私はその質問をして、異なる答えを得たことはありません。いいかい?

  • People think about money, and I'm often in places of the world where people say, you know what, I just don't have enough money I, to do things.

    人はお金のことを考えていて、私はよく人が言う場所にいます、あなたは何を知っていますか、私はちょうど十分なお金を持っていない私は、物事を行うために。

  • And I say, you know, you have to be kind of, you're, you're really limited in your thinking because most of the resources you have are, are well beyond money.

    私が言うのもなんですが、あなたは、あなたが持っている資源のほとんどは、お金をはるかに超えているので、あなたの考え方には、本当に限界があります。

  • Think about it. This is a spectacular space, built with a lot of resources. But you know what? If there were no people in the room, nothing would happen.

    考えてみてください。多くの資源を使って作られた壮大な空間ですでもね部屋に人がいなかったら何も起こらない。

  • Okay? This space is an exciting place because of the people who are here not because of the money that built this beautiful place that brought us here.

    いいですか?この空間がエキサイティングな場所であるのは、ここにいる人たちのおかげだ。この美しい場所を建てたお金のおかげではなく、私たちをここに連れてきてくれた。

  • There are also important things, natural resources that we often don't see, processes we put in place and the community that we can draw upon for our ideas.

    また、私たちがよく目にすることのない天然資源や、私たちが配置しているプロセス、私たちのアイデアのために引き出せるコミュニティなど、大切なものがあります。

  • So we need to think when we're building that quilt, that patchwork quilt, look at the resources we have far beyond the money we have, but all the other resources.

    だから、そのキルトやパッチワークキルトを作るときには、私たちが持っているお金をはるかに超えて、他のすべての資源に目を向けることを考える必要があります。

  • Now speaking of community, the last piece of the innovation engine, is culture. What is culture? Culture is something that infuses the entire organization.

    コミュニティといえば、イノベーションエンジンの最後のピース、それが文化です。 カルチャーとは何か?カルチャーとは、組織全体に浸透するものです。

  • One of the most important aspects of culture, is how we deal with failure. Now, I have to tell you, I don't like the word failure, because as a scientist, when I do things that have surprising results, what do you call that?

    文化の最も重要な側面の一つは、失敗との付き合い方です。私は失敗という言葉が好きではありません 科学者として 驚くような結果を出すことをした時 それを何と呼ぶのでしょうか?

  • You call it data. Okay. And when you're a scientist, and you get data that isn't expected, that's actually when most interesting things happen, is when you get things that are unexpected.

    それをデータと呼ぶのねそうですかあなたが科学者で、予想外のデータを手に入れた時、実際に最も興味深いことが起こるのは、予想外のことを手に入れた時です。

  • You can mine that, and come up with some really, really interesting inventions and ideas. Really innovative firms know this.

    それを採掘して、本当に本当に面白い発明やアイデアを生み出すことができるのです。本当に革新的な企業はこのことを知っています。

  • I'm gonna play you a short video clip that comes from IDEO. And I'm sure many of you know the design from IDEO.

    IDEOから出てきた短い動画を流しますねそしてIDEOからのデザインはご存知の方も多いと思いますが

  • This is, the prototype they put together for a iPhone app for kids called Monster Maker. And this was their way of dealing with doing short, little quick experiments, so that even if it fails, you haven't invested a lot of time or money or technology.

    これは、モンスターメーカーと呼ばれる子供向けのiPhoneアプリのために作られたプロトタイプです。これが彼らのやり方です 短時間でちょっとした実験をして 失敗しても 時間もお金も技術も投資しなくて済むようにしています

  • This is the way you wanna fail, by doing rapid prototypes that give you a lot of data quickly to determine if you're going in the right direction.

    これが失敗したくなる方法です。多くのデータがすぐに得られるラピッドプロトタイプをやって、正しい方向に進んでいるかどうかを判断します。

  • Cue music. So this is a [UNKNOWN] dance moves for Monster Maker. So, music starts, and I'm a player, so I come in and I touch the monster, and he gives me special dance moves.

    キューミュージック。これはモンスターメーカーのダンスムーブです。音楽が始まり、プレイヤーになった私がモンスターに触れると、特別なダンスムーブを披露してくれます。

  • [LAUGH] And I go and touch again, and he does a different one.

    私が行ってまた触ると、彼は別のものをしています。

  • And it can go for as long as I want. It has a few signature moods.

    そして、それは私が望むだけ長く続くことができます。いくつかの特徴的なムードがあります

  • And when I've had enough and I'm done dancing, I click the back button, and it pauses, and the music stops.

    そして、もういいやと思って踊り終わったら戻るボタンを押すと一時停止して音楽が止まるんです。

  • Monster maker! [LAUGH] -Cool! -He's all like, [LAUGH] [NOISE] -Anderson!

    モンスターメーカー!かっこいい!-アンダーソン!

  • So great. So this is an example of how you can do a short, quick experiment. Let me ask you. Was this effective?

    ということで、素晴らしいですね。そこで今回は短時間で短時間の実験ができる例ですあなたに聞いてみましょう。これは効果がありましたか?

  • Yes. You know, I showed this once to an auditorium, and there were some little girls sitting in the back. At the very end, they crawled up to the front and wanted to download the app.

    ある講堂でこれを見せたことがあるんですが、後ろの方に小さな女の子が座っていたんです。最後の最後に彼女たちは前に這い上がってきてアプリをダウンロードしようとしました。

  • Okay. That was a great experiment. And if it hadn't worked, you know what? They'd probably spend a few hours on this. They'd go back to the drawing board, and do something else.

    いいわよ素晴らしい実験だったもしうまくいかなかったら?彼らはおそらくこれに数時間を費やしただろう原案に戻って 何か他のことをするだろう

  • So being able to do lots of rapid prototyping and experimentation and celebrating the things that don't come out as you expect it.

    だから、ラピッドプロトタイピングや実験をたくさんして、思ったように出てこないことを祝うことができるのです。

  • But guess what? Culture is much broader then that. Culture is like the background music of any organization.

    でも、どうでしょう?文化はそれだけではありません。文化はあらゆる組織のBGMのようなものです。

  • It is so powerful that you, think about it. When you, when you go to see a movie and there's music, it tells you whether you should be in, whether it's a suspenseful or romantic scene.

    それは非常に強力なもので、あなたは、それについて考えてみてください。あなたが、映画を見に行って音楽が流れているとき、それがサスペンス的なシーンなのか ロマンチックなシーンなのか、あなたが入るべきかどうかを教えてくれます。

  • It actually tells you how to feel. And I'm gonna play you two video clips to demonstrate how this works. This is a video clip I found from a Coca Cola bottling plant in 1919.

    実際にどう感じるかを教えてくれますその仕組みを説明するために2つのビデオクリップを再生しますこれは1919年のコカ・コーラの 瓶詰め工場で見つけたビデオです

  • And it's a one-minute clip. I'm gonna play it twice, once with well, one type of music, another, the second time, with a different music.

    1分間のクリップです2回再生します 1回目はある種類の音楽で もう1回目は別の音楽で再生します

  • I want you to think about how it makes you feel, whether you'd wanna work there, and whether you wanna drink what's in those bottles.

    そこで働きたいかどうか、そのボトルの中身を飲みたいかどうか、その気持ちを考えてほしい。

  • [BLANK_AUDIO]

    [BLANK_AUDIO]

  • Okay. Kind of like Disneyland. Sort of a fun place. What about this one?

    そうかディズニーランドみたいな楽しい場所だこれはどう?

  • [MUSIC]

    [MUSIC]

  • I think you got the point, okay? Culture is important. The culture affects the way we feel, the way we think, we, the way we act.

    要点は分かったと思うが?文化は重要です。文化は私たちの感じ方、考え方、私たち、私たちの行動に影響を与えます。

  • And so we need to think about the culture when we, we create environments. So we, that if we want people to be really innovative and be willing to experiment especially if there's a fear that the results won't come out as expected.

    私たちが環境を作るときには、文化について考える必要があります。もし人々が本当に革新的になりたいと思うならば、特に期待通りの結果が得られないという恐れがある場合には、実験をすることを厭わないでしょう。

  • So, now we have the outside of your innovation engine, but let's put the whole thing together and see how this works all in concert.

    これでイノベーションエンジンの外側が見えてきましたが、全体をまとめて、これがどのように機能するかを見てみましょう。

  • Okay? Now, you might say, okay, these are all interesting parts, but why are they woven together in this Mobius type strip?

    いいですか?さて、あなたは言うかもしれませんが、これらはすべて興味深い部分ですが、なぜこのメビウスのようなストリップに織り込まれているのでしょうか?

  • The reason is that none of these things stand alone.

    その理由は、どれも一人で立っていないからです。

  • They all affect each other. And without one, the others can't function. For example, imagination and habitat are parallel, because the habitats we create are the external manifestation of our imaginations.

    互いに影響し合っているそして、一方がなければ、他のものは機能しません。例えば、想像力と生息地は平行しています。なぜなら、私たちが作り出す生息地は、私たちの想像力の外面的な現れだからです。

  • If we can't imagine it, we can't build it. And then the habitats we build, of course, affect the way we think and the way we act and certainly our imagination.

    想像できなければ、建てることはできません。そして私たちが作る生息地は もちろん 私たちの考え方や行動、そして確かに私たちの想像力に影響を与えます

  • This is true with resources and knowledge. The more we know, the more resources we can unlock. And the type of resources we have in our environment determines what we know.

    これは資源や知識にも当てはまります。知れば知るほど、より多くのリソースを解放することができます。 そして私たちの環境にある資源の種類によって 私たちが何を知っているかが決まります

  • For example, you know, the more fish I have in my environment, the more likely I know about fishing.

    例えば、自分の環境にある魚ほど、釣りのことを知っている可能性が高いですよね。

  • And the more I know about fishing, the more fish I'm gonna catch. Make sense? And finally, culture and attitude.

    そして、釣りを知れば知るほど、釣れる魚が増えていく。理にかなっていますか?そして最後に文化と態度。

  • The culture is the collective attitudes of the individuals, and every individual contributes to that culture. And of course, we're all affected by the ambient culture of the organization.

    文化とは個人の集合的な態度であり、一人ひとりがその文化に貢献しています。 そしてもちろん、私たちは皆、組織の周囲の文化の影響を受けています。

  • The wonderful thing, is that you can start anywhere on this innovation engine to get it started.

    素晴らしいのは、このイノベーションエンジンのどこからでも始められるということです。

  • There's no beginning, and there's oh, no end. You can start as an individual by building your base of knowledge. The more you know, the more you have to work with.

    始まりもなければ、ああ、終わりもない。知識のベースを作ることで、個人としてスタートできます。知れば知るほど、仕事の幅が広がります。

  • [UNKNOWN] right? The more I know about any topic, the more I have tools for my imagination. I can start if I manage a company by building a habitat that stimulates the imagination of other people I work there.

    UNKNOWN]ですよね?どんな話題でも知れば知るほど、想像力を掻き立てるための道具が増えていきます。会社を経営していても、そこで働く他の人の想像力を刺激するようなハビタットを作れば始められるんですよね。

  • I can start by leveraging the resources and knowing what they are and leveraging resource in my environment.

    自分の環境でリソースを活用して、リソースが何なのかを知り、リソースを活用することから始められますね。

  • The fact is, this innovation engine is so powerful, and we each have the key to our own innovation engine, and I invite each of you to turn it.

    実際、このイノベーションエンジンは非常に強力で、私たちはそれぞれが自分のイノベーションエンジンの鍵を持っています。

  • Thank you very much.

    ありがとうございました。

[MUSIC]

[MUSIC]

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 イノベーション エンジン 創造 想像 資源 アイデア

ティナ・シーリグ:本当にクリエイティブな人の6つの特徴

  • 2332 172
    VoiceTube に公開 2014 年 04 月 03 日
動画の中の単語