Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Romeo and Juliet by William Shakespeare

    ウィリアムシェークスピアロミオとジュリエット

  • THE PROLOGUE [Enter Chorus.]

    PROLOGUE [コーラスを入力してください。]

  • CHORUS Two households, both alike in dignity,

    CHORUS 2世帯、同様に尊厳の両方で、

  • In fair Verona, where we lay our scene, From ancient grudge break to new mutiny,

    我々は古代の恨みのブレークから新しい反乱に、私たちのシーンを築くフェアヴェローナ、、で

  • Where civil blood makes civil hands unclean. From forth the fatal loins of these two foes

    ここで、市民の血は、市民の手が汚れたことができます。これら二つの敵の致命的な腰などから

  • A pair of star-cross'd lovers take their life; Whose misadventur'd piteous overthrows

    スター- cross'd愛好家のペアは、彼らの命を奪う、誰misadventur'd哀れを誘うが打倒

  • Doth with their death bury their parents' strife. The fearful passage of their death-mark'd love,

    彼らの死と蓄えはご両親の争いを埋める。彼らの死mark'dの愛の恐ろしい一節、

  • And the continuance of their parents' rage, Which but their children's end naught could remove,

    そして彼らの両親の怒り、どれだけ子どもたちの終わりの無の継続は、削除することもできます

  • Is now the two hours' traffic of our stage; The which, if you with patient ears attend,

    今私たちの舞台の2時間のトラフィックであり、あなたは、患者の耳に出席する場合、これ、

  • What here shall miss, our toil shall strive to mend. [Exeunt.]

    ここで何を欠場しなければならない、私たちの労苦は修繕に努めます。 [退場する。]

  • ACT I. Scene I. A public place.

    ACT I.シーンI.公共の場所。

  • [Enter Sampson and Gregory armed with swords and bucklers.]

    [剣とbucklersとサンプソンとグレゴリー武装を入力してください。]

  • SAMPSON Gregory, o' my word, we'll not carry coals.

    サンプソングレゴリー、O'私の言葉は、我々は石炭を運ぶことはないでしょう。

  • GREGORY No, for then we should be colliers.

    GREGORYなしは、その後のために我々は、コリアにする必要があります。

  • SAMPSON I mean, an we be in choler we'll draw.

    サンプソン私は、私たちが描くだろう不機嫌になる、という意味。

  • GREGORY Ay, while you live, draw your neck out o' the collar.

    グレゴリーアイは、あなたは生きている間、O'襟アウトして首を引く。

  • SAMPSON I strike quickly, being moved.

    サンプソンは、私が移動される、すぐに打つ。

  • GREGORY But thou art not quickly moved to strike.

    GREGORYしかしなたはすぐに打つことを移動しません。

  • SAMPSON A dog of the house of Montague moves me.

    サンプソンは、モンタギューの家の犬は私を移動します。

  • GREGORY To move is to stir; and to be valiant is to stand:

    移動するにはグレゴリーは攪拌しであり、勇敢になると立ってすることです。

  • therefore, if thou art moved, thou runn'st away.

    したがって、なたが移動した場合、なたは離れてrunn'st。

  • SAMPSON A dog of that house shall move me to stand: I will take the wall of any man or maid of Montague's.

    サンプソンはその家の犬は私が立って移動しなければならない:私はモンタギューの任意の人やメイドの壁がかかります。

  • GREGORY That shows thee a weak slave; for the weakest goes to the

    なたの弱い奴隷示すGREGORY、最も弱いためには、に行く

  • wall.

    壁。

  • SAMPSON True; and therefore women, being the weaker vessels, are ever thrust to the wall: therefore I will push Montague's men

    サンプソンはTrue、それゆえ、女性は、弱い血管れ、これまで壁に押し出されています:それゆえ私はモンタギューの男性をプッシュします

  • from the wall and thrust his maids to the wall.

    壁から壁に彼のメイドを突き刺す。

  • GREGORY The quarrel is between our masters and us their men.

    GREGORY喧嘩は私たちのマスターと私たち男性の間です。

  • SAMPSON 'Tis all one, I will show myself a tyrant:

    サンプソン"あわすべて1つ、私は自分自身に暴君が表示されます。

  • when I have fought with the men I will be cruel with the maids, I will cut off their heads.

    私は私がメイドさんと残酷になる男性と戦ってきた時、私は彼らの頭部を切断されます。

  • GREGORY The heads of the maids?

    GREGORYメイドの頭?

  • SAMPSON Ay, the heads of the maids, or their maidenheads;

    サンプソンあぁ、メイドの頭、またはそれらのmaidenheads;

  • take it in what sense thou wilt.

    なたを感じるものでそれを取る。

  • GREGORY They must take it in sense that feel it.

    グレゴリーは、彼らはそれを感じるという意味でそれを取る必要があります。

  • SAMPSON Me they shall feel while I am able to stand: and 'tis known I am a pretty piece of flesh.

    私は肉のかなり部分です知られていると"は、TIS:サンプソン私は彼らは私が耐え時ながら感じてはならない。

  • GREGORY 'Tis well thou art not fish; if thou hadst,

    GREGORY"あわよくなたではない魚、汝hadst場合、

  • thou hadst been poor-John.--Draw thy tool; Here comes two of the house of Montagues.

    なたは貧しい-ジョンだった.--汝のツールを描画hadst、ここではモンタギュー家の家の二人は来る。

  • SAMPSON My naked weapon is out: quarrel! I will back thee.

    サンプソンは、私の裸の武器が不足しています:喧嘩!私は、なたをバックアップします。

  • GREGORY How! turn thy back and run?

    GREGORY方法!汝の背中と実行を回す?

  • SAMPSON Fear me not.

    サンプソンは私を恐れてはならない。

  • GREGORY No, marry; I fear thee!

    GREGORYいいえ、結婚し、私は、なたを恐れている!

  • SAMPSON Let us take the law of our sides; let them begin.

    サンプソンは、私たちの側の法律を見てみましょう、それらを開始させる。

  • GREGORY I will frown as I pass by; and let them take it as they list.

    グレゴリーは、私は私が通るように眉をひそめるでしょう、そして、それらが彼らのリストとしてそれを取ることができます。

  • SAMPSON Nay, as they dare. I will bite my thumb at them; which is

    彼らはあえてとしていやサンプソン、。私はそれらで私の親指をかむ、これは

  • disgrace to them if they bear it. [Enter Abraham and Balthasar.]

    それらの恥彼らがそれを負担する場合。 [アブラハムとバルタザールを入力してください。]

  • ABRAHAM Do you bite your thumb at us, sir?

    アブラハムはこの先生、私たちに親指をかむか?

  • SAMPSON I do bite my thumb, sir.

    サンプソン私は先生、私の親指をかむか。

  • ABRAHAM Do you bite your thumb at us, sir?

    アブラハムはこの先生、私たちに親指をかむか?

  • SAMPSON Is the law of our side if I say ay?

    私はayを言うならサンプソンは、我々の側の法則か?

  • GREGORY No.

    GREGORY号

  • SAMPSON No, sir, I do not bite my thumb at you, sir; but I bite my

    サンプソンは、いいえ、先生、私は先生、あなたに私の親指を噛んしませんが、私は私をかむ

  • thumb, sir.

    親指、先生。

  • GREGORY Do you quarrel, sir?

    グレゴリーは先生、あなたが喧嘩ですか?

  • ABRAHAM Quarrel, sir! no, sir.

    アブラハムは、先生のけんか!いや、先生。

  • SAMPSON But if you do, sir, am for you: I serve as good a man as

    サンプソンただし、その場合、先生、あなたのためです:私は、ほど良い男にサービスを提供

  • you.

    あなた。

  • ABRAHAM No better.

    アブラハムは良い。

  • SAMPSON Well, sir.

    サンプソンまあ、先生。

  • GREGORY Say better; here comes one of my master's kinsmen.

    グレゴリーは良く言って、ここに私の修士近親の一つが来る。

  • SAMPSON Yes, better, sir.

    サンプソンはい、良く、先生。

  • ABRAHAM You lie.

    アブラハムはうそをつく。

  • SAMPSON Draw, if you be men.--Gregory, remember thy swashing blow.

    サンプソンDrawは、あなたが男性.--グレゴリーなる場合、汝の強打を覚えている。

  • [They fight.] [Enter Benvolio.]

    [彼らは戦う。] [ベンヴォリオを入力してください。]

  • BENVOLIO Part, fools! put up your swords; you know not what you do.

    ベンヴォリオパート、愚か者!あなたの剣を立て、あなたは何をすべきかは知らない。

  • [Beats down their swords.] [Enter Tybalt.]

    [その剣をダウンビーツ。] [ティバルトを入力してください。]

  • TYBALT What, art thou drawn among these heartless hinds?

    ティバルト何が、これらの無情なハインズの間で描かなた?

  • Turn thee Benvolio, look upon thy death.

    なたベンヴォリオを回して、汝の死に見える。

  • BENVOLIO I do but keep the peace: put up thy sword, Or manage it to part these men with me.

    ベンヴォリオ私は行うが、平和を維持する:汝の剣を設置、また他の男性の私と一緒に部分にそれを管理する。

  • TYBALT What, drawn, and talk of peace! I hate the word

    ティバルト何が、描画、および平和の話!私は単語を嫌う

  • As I hate hell, all Montagues, and thee: Have at thee, coward!

    私は地獄を憎むように、すべてのモンタギュー、なた:、なたで臆病者を持っています!

  • [They fight.] [Enter several of both Houses, who join the fray; then enter

    [彼らは戦う。] [戦いに加わろうと両議院のいくつかを入力して、Enterキーを

  • Citizens with clubs.]

    クラブとの市民。]

  • 1 CITIZEN Clubs, bills, and partisans! strike! beat them down! Down with the Capulets! Down with the Montagues!

    1シチズンクラブ、請求書、およびパルチザン!ストライキ!それらを打ち負かす!ダウンキャピュレット家と!ダウンモンタギュー家と!

  • [Enter Capulet in his gown, and Lady Capulet.]

    [彼のガウンでキャピュレット、そしてレディキャピュレットを入力してください。]

  • CAPULET What noise is this?--Give me my long sword, ho!

    キャピュレットどんなノイズはこれです - ?私に私の長い剣、鎬を与えなさい!

  • LADY CAPULET A crutch, a crutch!--Why call you for a sword?

    LADYキャピュレット松葉杖、松葉杖 - !どうして刀のコール?

  • CAPULET My sword, I say!--Old Montague is come,

    キャピュレット私の剣、私が言う - !オールドモンタギューが来てさ、

  • And flourishes his blade in spite of me. [Enter Montague and his Lady Montague.]

    と私にもかかわらず、彼のブレードを繁栄する。 [モンタギューと彼の夫人のモンタギューを入力してください。]

  • MONTAGUE Thou villain Capulet!-- Hold me not, let me go.

    汝悪役キャピュレットをモンタギュー - !私にないホールド、私は手放す。

  • LADY MONTAGUE Thou shalt not stir one foot to seek a foe.

    LADYモンタギュー汝は敵を求めるために片足をかき混ぜるなかれ。

  • [Enter Prince, with Attendants.]

    [アテンダントで、プリンスを入力してください。]

  • PRINCE Rebellious subjects, enemies to peace, Profaners of this neighbour-stained steel,--

    PRINCE反抗科目、平和への敵、この隣人染色鋼のProfaners、 -

  • Will they not hear?--What, ho! you men, you beasts, That quench the fire of your pernicious rage

    彼らは聞くことはありません - 何、HO!お客様ご悪性の怒りの火を消す男性、あなたの獣、

  • With purple fountains issuing from your veins,-- On pain of torture, from those bloody hands

    拷問の痛みでは、それらの血の手から - あなたの静脈から発行紫泉、と

  • Throw your mistemper'd weapons to the ground And hear the sentence of your moved prince.--

    地面にmistemper'd武器を投げて、移動した王子の文を聞く.--

  • Three civil brawls, bred of an airy word, By thee, old Capulet, and Montague,

    三民事なたのことで、風通しの良い単語の飼育喧嘩、、古いキャピュレット、そしてモンタギュー、

  • Have thrice disturb'd the quiet of our streets; And made Verona's ancient citizens

    三度私たちの街の静かなをdisturb'dて、そしてヴェローナの古代の住民を作った

  • Cast by their grave beseeming ornaments, To wield old partisans, in hands as old,

    同じくらい古いの手で、振るう古いパルチザンに、彼らの墓beseeming飾りによってキャスト、

  • Canker'd with peace, to part your canker'd hate: If ever you disturb our streets again,

    あなたのcanker'd憎悪を一部に、平和とCanker'd:今まであなたが再び私たちの街を乱す場合、

  • Your lives shall pay the forfeit of the peace. For this time, all the rest depart away:--

    あなたの生活は平和剥奪を支払うものとする。この時点では、すべての残りの部分は離れて出発: -

  • You, Capulet, shall go along with me;-- And, Montague, come you this afternoon,

    また、キャピュレットは、私と一緒に行くものとする - そして、モンタギュー、あなたに今日の午後に来て、

  • To know our farther pleasure in this case, To old Free-town, our common judgment-place.--

    このケースで私たちの遠い喜びを知るためには、旧フリー町、私たちの一般的な判断 - 場所へ.--

  • Once more, on pain of death, all men depart. [Exeunt Prince and Attendants; Capulet, Lady Capulet, Tybalt,

    もう一度、死の苦痛に、すべての男性が出発します。 [退場する王子とアテンダント、キャピュレット、夫人キャピュレット、ティバルト、

  • Citizens, and Servants.]

    市民、そして使用人。]

  • MONTAGUE Who set this ancient quarrel new abroach?--

    この古代のけんか新しいの飲み口を開けるモンタギュー? -

  • Speak, nephew, were you by when it began?

    、甥を話す、それが始まった時によってあなたでしたか?

  • BENVOLIO Here were the servants of your adversary And yours, close fighting ere I did approach:

    ここベンヴォリオが近い私はアプローチをしたEREと戦う、あなたの敵とあなたのしもべであった。

  • I drew to part them: in the instant came The fiery Tybalt, with his sword prepar'd;

    私はそれらの部分に引いた:彼​​の剣はprepar'dで瞬時に燃えるようなティバルトは、来た;

  • Which, as he breath'd defiance to my ears, He swung about his head, and cut the winds,

    彼は私の耳に反抗的な態度をbreath'dとして、彼は、彼の頭の程度揺動し、風を切っている、

  • Who, nothing hurt withal, hiss'd him in scorn: While we were interchanging thrusts and blows,

    誰が、併せて傷つける何も、軽蔑の彼をhiss'd:我々は、推力と打撃を入れ替えている間、

  • Came more and more, and fought on part and part, Till the prince came, who parted either part.

    より多くの来て、王子が、来た部分のどちらかを別れた人までは、部分と部分を戦った。

  • LADY MONTAGUE O, where is Romeo?--saw you him to-day?--

    ?ロミオがモンタギューLADY Oは、 - もし彼日に見た? -

  • Right glad I am he was not at this fray.

    右嬉しい私は彼がこの争いではなかったです。

  • BENVOLIO Madam, an hour before the worshipp'd sun Peer'd forth the golden window of the east,

    ベンヴォリオマダム、worshipp'dの太陽が東の黄金のウィンドウを記載Peer'd時間前、

  • A troubled mind drave me to walk abroad; Where,--underneath the grove of sycamore

    問題を抱えた心は、私が海外に歩いてdrave、どこで、 - プラタナスの木立の下に

  • That westward rooteth from the city's side,-- So early walking did I see your son:

    、市の側から西方rootethその - だから初期の歩行はあなたの息子を私を参照してくださいでした。

  • Towards him I made; but he was ware of me, And stole into the covert of the wood:

    彼に向かって私は行ったが、彼は私のウェアであり、木材の密かに盗んだ。

  • I, measuring his affections by my own,-- That most are busied when they're most alone,--

    私自身が彼の愛情を測定する私、、 - 彼らはほとんど一人でいるときにほとんどがビジーされていることを、 -

  • Pursu'd my humour, not pursuing his, And gladly shunn'd who gladly fled from me.

    彼を追求し、そして喜んで私から逃げて誰が喜んでshunn'dではない、私のユーモアをPursu'd。

  • MONTAGUE Many a morning hath he there been seen,

    、彼がそこに見られてかれらの多くは朝モンタギュー

  • With tears augmenting the fresh morning's dew, Adding to clouds more clouds with his deep sighs:

    彼の深い溜め息と雲より雲に加え、新鮮な朝の露を増強涙で。

  • But all so soon as the all-cheering sun Should in the farthest east begin to draw

    しかし、すべてのようにすぐにすべての-応援として太陽は最も遠い東の描画を開始する必要があります

  • The shady curtains from Aurora's bed, Away from light steals home my heavy son,

    オーロラのベッドから怪しげなカーテン、アウェイライトを盗みます自宅から私の重い息子、

  • And private in his chamber pens himself; Shuts up his windows, locks fair daylight out

    と彼のチャンバーペン自身のプライベート、彼のウィンドウをシャットダウンは、公正な日光をロックアウトします。

  • And makes himself an artificial night: Black and portentous must this humour prove,

    と自ら人工夜です:このユーモアは、ブラックと偉そうなことを証明しなければならない

  • Unless good counsel may the cause remove.

    良い助言がない限り削除することがあります。

  • BENVOLIO My noble uncle, do you know the cause?

    ベンヴォリオ私の高貴な叔父は、原因を知っていますか?

  • MONTAGUE I neither know it nor can learn of him.

    私はどちらもそれを知っていることも、彼から学ぶことができるモンタギュー。

  • BENVOLIO Have you importun'd him by any means?

    ベンヴォリオはあなたがどんな手段で彼をimportun'dことがありますか?

  • MONTAGUE Both by myself and many other friends;

    自分自身と他の多くの友人たちによって両方をモンタギュー。

  • But he, his own affections' counsellor, Is to himself,--I will not say how true,--

    しかし、彼自身の愛情"カウンセラーは、、自分には - 私は、どのように真とは言わないが、 -

  • But to himself so secret and so close, So far from sounding and discovery,

    しかし彼自身にその秘密ととても近く、これまでのところから、鳴ってと発見

  • As is the bud bit with an envious worm Ere he can spread his sweet leaves to the air,

    彼は空気に彼の甘い葉を広げることができる嫉妬ワームのEREと芽のビットは同様に、

  • Or dedicate his beauty to the sun. Could we but learn from whence his sorrows grow,

    または太陽に彼の美しさを捧げます。我々は、彼の悲しみが成長でwhenceから学ぶこともできますが

  • We would as willingly give cure as know.

    我々は、喜んで知っているように治す与えるだろう。

  • BENVOLIO See, where he comes: so please you step aside; I'll know his grievance or be much denied.

    ベンヴォリオは、彼が来るどこに、参照してください:ので、あなたが身を引くしてください、私は彼の不満を知っているよかはるかに拒否される。

  • MONTAGUE I would thou wert so happy by thy stay

    私は汝は汝の滞在でとても幸せワートというモンタギュー

  • To hear true shrift.--Come, madam, let's away, [Exeunt Montague and Lady.]

    真のざんげを聞くために.--、是非、奥様、の先に聞かせ、[退場するモンタギューとレディー。]

  • [Enter Romeo.]

    [ロミオを入力してください。]

  • BENVOLIO Good morrow, cousin.

    ベンヴォリオグッド明日、いとこ。

  • ROMEO Is the day so young?

    ロメオはそんなに若い曜日ですか?

  • BENVOLIO But new struck nine.

    ベンヴォリオしかし、新たに9人を襲った。

  • ROMEO Ay me! sad hours seem long.

    ROMEOは、なんということか!悲しい時間は長いようです。

  • Was that my father that went hence so fast?

    私の父はそれ故に非常に速くなったことでしたか?

  • BENVOLIO It was.--What sadness lengthens Romeo's hours?

    ベンヴォリオはそれだった.--ロミオの時間を長く何悲しみ?

  • ROMEO Not having that which, having, makes them short.

    ロミオは、それらが短いなりますれ、持っている持っていない。

  • BENVOLIO In love?

    愛のベンヴォリオ?

  • ROMEO Out,--

    ロメオアウト、 -

  • BENVOLIO Of love?

    愛のベンヴォリオ?

  • ROMEO Out of her favour where I am in love.

    私は恋に午前彼女の好意​​のロミオアウト。

  • BENVOLIO Alas, that love, so gentle in his view,

    ベンヴォリオああ、彼の見解のように穏やかなその愛、、

  • Should be so tyrannous and rough in proof!

    証拠のようtyrannousとラフでなければなりません!

  • ROMEO Alas that love, whose view is muffled still,

    ああビューまだこもっている愛、そのロミオ、

  • Should, without eyes, see pathways to his will!-- Where shall we dine?--O me!--What fray was here?

    万一、目にすることなく、彼の意志に経路を参照してください - !どこで食事をしなければならない - ?私をO - !争いは、ここでは何でしたか?

  • Yet tell me not, for I have heard it all. Here's much to do with hate, but more with love:--

    まだ私はそれをすべて聞いたことがあるため、私をない言う。ここに憎悪と関係が多く、しかし愛よりです: -

  • Why, then, O brawling love! O loving hate! O anything, of nothing first create!

    なぜ、その後、Oは愛を喧嘩! O愛するが嫌い!何のOのものは、最初に作成!

  • O heavy lightness! serious vanity! Mis-shapen chaos of well-seeming forms!

    O重い軽さ!深刻な虚栄心!外見の良いフォームの誤形づくる混乱!

  • Feather of lead, bright smoke, cold fire, sick health! Still-waking sleep, that is not what it is!--

    リード、明るい煙の羽、冷たい火災、病気健康!それが何であるかではない、まだ覚醒睡眠、! -

  • This love feel I, that feel no love in this. Dost thou not laugh?

    この愛は、本書には愛を感じていないことを、私を感じる。なたは笑わないドースト?

  • BENVOLIO No, coz, I rather weep.

    ベンヴォリオいや、だって、私はむしろ涙を流す。

  • ROMEO Good heart, at what?

    ロミオグッドハート、何時?

  • BENVOLIO At thy good heart's oppression.

    汝の良い心の抑圧でベンヴォリオ。

  • ROMEO Why, such is love's transgression.--

    ロミオなぜ、そのような愛の罪です.--

  • Griefs of mine own lie heavy in my breast; Which thou wilt propagate, to have it prest

    私の胸の重い私自身の嘘のGriefs、なたはそれPERSTを持っているため、伝播

  • With more of thine: this love that thou hast shown Doth add more grief to too much of mine own.

    ザインの多くを持つ:汝が示すようになたことは、この愛は自分の私のあまりに多くの悲しみを追加して蓄え。

  • Love is a smoke rais'd with the fume of sighs; Being purg'd, a fire sparkling in lovers' eyes;

    愛はため息のヒュームとrais'd煙です。purg'd、愛好家の目に輝く火ビーイング。

  • Being vex'd, a sea nourish'd with lovers' tears: What is it else? a madness most discreet,

    vex'dされている、海は、恋人たちの涙とnourish'd:それは、他には何ですか?狂気最も控えめな、

  • A choking gall, and a preserving sweet.-- Farewell, my coz.

    窒息胆嚢、および維持甘い.--さらば、私だって。

  • [Going.]

    [ゴーイング。]

  • BENVOLIO Soft! I will go along: An if you leave me so, you do me wrong.

    ベンヴォリオソフト!私は一緒に行く:そのように私を残している場合、あなたは私が間違っているか。

  • ROMEO Tut! I have lost myself; I am not here:

    ロメオのツタンカーメン!私は自分自身を失っている、私はここにないです。