Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER VII

    第七章

  • 'Now, indeed, I seemed in a worse case than before.

    "今、確かに、私は以前より悪い場合には思えた。

  • Hitherto, except during my night's anguish at the loss of the Time Machine, I had felt

    、タイムマシンの損失で私の夜の苦悩の間を除き、私がこれまで感じていた

  • a sustaining hope of ultimate escape, but that hope was staggered by these new

    維持究極の脱出の希望、しかしその希望は、これらの新しいことに驚きました

  • discoveries.

    発見。

  • Hitherto I had merely thought myself impeded by the childish simplicity of the

    これまで私は単に自分自身の子供じみた単純さに邪魔と思っていた

  • little people, and by some unknown forces which I had only to understand to overcome;

    小さな人々は、と私が持っていたいくつかの未知の力によってのみ克服するために理解する。

  • but there was an altogether new element in

    しかしで完全に新しい要素があった

  • the sickening quality of the Morlocks--a something inhuman and malign.

    モーロックの不快感を覚える質 - 非人間的と悪性か。

  • Instinctively I loathed them.

    本能的に私はそれらが嫌い。

  • Before, I had felt as a man might feel who had fallen into a pit: my concern was with

    男がピットに落ちた人感じるかもしれませんが前に、私は感じていた:私の心配はしていました

  • the pit and how to get out of it. Now I felt like a beast in a trap, whose

    ピットとどのようにそれから抜け出す。今私はその、トラップ内の獣のように感じた

  • enemy would come upon him soon.

    敵はすぐに彼に来る。

  • 'The enemy I dreaded may surprise you. It was the darkness of the new moon.

    "私は恐ろしい敵はあなたを驚かせることができる。それは新月の闇だった。

  • Weena had put this into my head by some at first incomprehensible remarks about the

    ウィーナはについての最初の不可解な発言でいくつかのことで頭の中にこれを入れていた

  • Dark Nights.

    暗い夜。

  • It was not now such a very difficult problem to guess what the coming Dark

    それは、今何を来てダーク推測するような非常に難しい問題ではなかった

  • Nights might mean. The moon was on the wane: each night there

    夜は意味するかもしれません。そこにそれぞれの夜:月が衰退しつつあった

  • was a longer interval of darkness.

    暗闇のより長い間隔があった。

  • And I now understood to some slight degree at least the reason of the fear of the

    そして私は今の恐怖の少なくとも理由の一部もう少し理解

  • little Upper-world people for the dark.

    暗いために少しアッパー世界の人々。

  • I wondered vaguely what foul villainy it might be that the Morlocks did under the

    私はそれが下のモーロックがやったことになるかもしれないものファウル極悪漠然と疑問

  • new moon. I felt pretty sure now that my second

    新月。私は今では私の第二かなり確信して感じた

  • hypothesis was all wrong.

    仮説は、すべて間違っていた。

  • The Upper-world people might once have been the favoured aristocracy, and the Morlocks

    アッパー世界の人々は、かつて有利な貴族、そしてモーロックをだったかもしれない

  • their mechanical servants: but that had long since passed away.

    それらの機械的な召使い:しかし、ずいぶん昔に他界していた。

  • The two species that had resulted from the evolution of man were sliding down towards,

    人間の進化に起因していた二つの種は、向かって下にスライドされ、

  • or had already arrived at, an altogether new relationship.

    または既に完全に新たな関係、に到着していた。

  • The Eloi, like the Carolingian kings, had decayed to a mere beautiful futility.

    エロイは、カロリング朝の王のように、単なる美しい無益に減衰していた。

  • They still possessed the earth on sufferance: since the Morlocks,

    彼らはまだ黙認されて地球を所有していた:モーロックので、

  • subterranean for innumerable generations, had come at last to find the daylit surface

    無数の世代のための地下、昼光面を見つけるために最後に来ていた

  • intolerable.

    耐え難い。

  • And the Morlocks made their garments, I inferred, and maintained them in their

    そしてモーロックたちは彼らの衣服を作り、私は推測し、それらのそれらを維持

  • habitual needs, perhaps through the survival of an old habit of service.

    おそらく、サービスの古い習慣の生存を通じて常習的ニーズ、。

  • They did it as a standing horse paws with his foot, or as a man enjoys killing

    彼らは彼の足で立っている馬の足としてそれをしなかった、または男性が殺害楽しんとして

  • animals in sport: because ancient and departed necessities had impressed it on

    スポーツにおける動物:古代と出発必需品は上に印象づけていたので

  • the organism.

    生物。

  • But, clearly, the old order was already in part reversed.

    しかし、明らかに、古い秩序はすでに部分的に逆転した。

  • The Nemesis of the delicate ones was creeping on apace.

    繊細なもののネメシスは順調に忍び寄るされました。

  • Ages ago, thousands of generations ago, man had thrust his brother man out of the ease

    とっくの昔に、前の世代の何千人もが、人間は容易に彼の兄弟の男を推力ていた

  • and the sunshine. And now that brother was coming back

    そして太陽の光。そして今、その兄弟が戻って来ていた

  • changed!

    変更!

  • Already the Eloi had begun to learn one old lesson anew.

    すでにエロイは、新しいもの、古い教訓を学ぶために始めていた。

  • They were becoming reacquainted with Fear.

    彼らは恐怖と再認識になってきていた。

  • And suddenly there came into my head the memory of the meat I had seen in the Under-

    そして突然、私はアンダーで見た肉の記憶が頭の中にそこに来た

  • world.

    世界。

  • It seemed odd how it floated into my mind: not stirred up as it were by the current of

    それは私の心に浮かべて、どのように奇妙に見えた:言ってみれば、現在のことで、最大攪拌しない

  • my meditations, but coming in almost like a question from outside.

    私の瞑想が、ほとんど外から質問のように来る。

  • I tried to recall the form of it.

    私はそれの形を思い出してみました。

  • I had a vague sense of something familiar, but I could not tell what it was at the

    私は何かなじみのあるものの漠然とした感覚を持っていた、しかし私はそれがでていたものを言うことができませんでした

  • time.

    時間。

  • 'Still, however helpless the little people in the presence of their mysterious Fear, I

    "それでも、しかし無力な彼らの神秘的な恐怖の存在下で小さな人々、私

  • was differently constituted.

    異なって構成されていました。

  • I came out of this age of ours, this ripe prime of the human race, when Fear does not

    恐怖がいないとき、私は、我々のこの時代、人類のこの熟れた素数から出てきた

  • paralyse and mystery has lost its terrors. I at least would defend myself.

    麻痺と謎がその恐怖を失ってしまった。私は、少なくとも自分自身を守るだろう。

  • Without further delay I determined to make myself arms and a fastness where I might

    さらなる遅滞なく私は自分の腕と私がかもしれない堅牢にするために決定

  • sleep.

    眠る。

  • With that refuge as a base, I could face this strange world with some of that

    ベースとしてその避難所で、私はそれのいくつかでこの奇妙な世界に直面する可能性

  • confidence I had lost in realizing to what creatures night by night I lay exposed.

    私は露出したレイアウト夜何生き物の夜に実現する上で失っていた自信。

  • I felt I could never sleep again until my bed was secure from them.

    私は私のベッドはそれらからのセキュアな歳になるまで私は再び眠ることができませんでした感じた。

  • I shuddered with horror to think how they must already have examined me.

    私は、彼らがすでに私を調べておく必要がありますどのように考えて恐怖で身震い。

  • 'I wandered during the afternoon along the valley of the Thames, but found nothing

    "私は、テムズ川の渓谷に沿って、午後の間にさまよったが、何も見つかりませんでした

  • that commended itself to my mind as inaccessible.

    表彰自体にアクセスできないように私の心にいる。

  • All the buildings and trees seemed easily practicable to such dexterous climbers as

    すべての建物や樹木には、次のような器用な登山に簡単に実用的に見えた

  • the Morlocks, to judge by their wells, must be.

    モーロックたちは、その井戸から判断して、必要があります。

  • Then the tall pinnacles of the Palace of Green Porcelain and the polished gleam of

    その後、緑の磁器の宮殿の背​​の高い尖塔との洗練されたキラリと光る

  • its walls came back to my memory; and in the evening, taking Weena like a child upon

    に応じて子供のようにウィーナを取って、夕方にして、その壁は、私の記憶に戻ってきた

  • my shoulder, I went up the hills towards the south-west.

    私の肩は、私は南西に向かって丘を上って行った。

  • The distance, I had reckoned, was seven or eight miles, but it must have been nearer

    距離は、私は一目置かしていた、七、8マイルだったが、それは近いされている必要があります

  • eighteen.

    eighteen。

  • I had first seen the place on a moist afternoon when distances are deceptively

    距離が一見あるとき私は、最初の湿った午後に開催を見ていた

  • diminished.

    減少。

  • In addition, the heel of one of my shoes was loose, and a nail was working through

    さらに、私の靴のひとつのかかとが緩いとなり、爪はを通じて働いていた

  • the sole--they were comfortable old shoes I wore about indoors--so that I was lame.

    唯一の - 彼らは私が室内で約着け心地古い靴だった - 私はラメとなるように。

  • And it was already long past sunset when I came in sight of the palace, silhouetted

    私はシルエット、宮殿の目の前で来たときに、それは既に長い過去の日没だった

  • black against the pale yellow of the sky.

    空の淡黄色に対する黒。

  • 'Weena had been hugely delighted when I began to carry her, but after a while she

    "ウィーナは、私が彼女を運ぶために始めたときに非常に喜ばれて、しかし彼女しばらくしていた

  • desired me to let her down, and ran along by the side of me, occasionally darting off

    私は彼女をダウンさせることが望まれ、私の側に沿って走り、時折オフ投げ掛ける

  • on either hand to pick flowers to stick in my pockets.

    どちらの手で私のポケットに固執する花を選ぶように心がけてください。

  • My pockets had always puzzled Weena, but at the last she had concluded that they were

    私のポケットには常にウィーナを困惑していたが、最後に彼女は、彼らがいたと結論していた

  • an eccentric kind of vase for floral decoration.

    花の装飾のための花瓶の偏心一種。

  • At least she utilized them for that purpose.

    少なくとも、彼女はその目的のためにそれらを利用した。

  • And that reminds me! In changing my jacket I found...'

    それは私に思い出させる!私のジャケットを変更することで、私が見つかりました..."

  • The Time Traveller paused, put his hand into his pocket, and silently placed two

    時間旅行者は、一時停止して彼のポケットに手を入れて、そして静かに二つ置か

  • withered flowers, not unlike very large white mallows, upon the little table.

    小さなテーブルに応じてではない、非常に大きな白いmallowsとは違って枯れた花、、。

  • Then he resumed his narrative.

    それから彼は彼の物語を再開した。

  • 'As the hush of evening crept over the world and we proceeded over the hill crest

    "夜の静けさは、世界中でこっそりと私たちは丘の頂上の上に進んだとして、

  • towards Wimbledon, Weena grew tired and wanted to return to the house of grey

    ウィンブルドンに向けて、ウィーナは疲れて成長し、灰色の家に戻ると思った

  • stone.

    石。

  • But I pointed out the distant pinnacles of the Palace of Green Porcelain to her, and

    しかし、私は彼女に緑の磁器の宮殿の遠い尖塔を指摘し、

  • contrived to make her understand that we were seeking a refuge there from her Fear.

    彼女たちは彼女の恐怖からそこに避難していたことを理解するために考案。

  • You know that great pause that comes upon things before the dusk?

    あなたは夕暮れ前に物事に応じてくるその偉大なポーズを知っていますか?

  • Even the breeze stops in the trees. To me there is always an air of expectation

    であっても風が木々に停止します。私には期待の空気が常に存在する

  • about that evening stillness.

    その夜の静けさについて。

  • The sky was clear, remote, and empty save for a few horizontal bars far down in the

    空はにはるかにダウンしていくつかの水平の棒のために保存、明確なリモート、および空でした

  • sunset. Well, that night the expectation took the

    日没。期待がかかっただけでなく、その夜

  • colour of my fears.

    私の不安の色。

  • In that darkling calm my senses seemed preternaturally sharpened.

    その暗がりでの穏やかで私の感覚は、超自然にシャープに見えた。

  • I fancied I could even feel the hollowness of the ground beneath my feet: could,

    私は、私も私の足の下に地面のむなしさを感じることができた架空の:ことができる、

  • indeed, almost see through it the Morlocks on their ant-hill going hither and thither

    確かに、ほとんどそれを介してあちらこちらに行く彼らのアリ - 丘の上のモーロックを参照してください。

  • and waiting for the dark.

    と暗い待って。

  • In my excitement I fancied that they would receive my invasion of their burrows as a

    私の興奮に、私は彼らがとして、その巣穴の私の侵略を受け取ることになる想像上の

  • declaration of war. And why had they taken my Time Machine?

    宣戦布告。そしてなぜ彼らは私のタイムマシンを取っていた?

  • 'So we went on in the quiet, and the twilight deepened into night.

    "だから我々は、静かに上に行き、夕暮れが夜に深まった。

  • The clear blue of the distance faded, and one star after another came out.

    距離の明確な青が消え、そして相次いでスターが出てきた。

  • The ground grew dim and the trees black.

    地面には、薄暗い成長し、木々が黒い。

  • Weena's fears and her fatigue grew upon her.

    ウィーナの不安と彼女の疲労は、彼女に増加した。

  • I took her in my arms and talked to her and caressed her.

    私は私の腕の中で彼女を取り、彼女に話しかけ、彼女を愛撫。

  • Then, as the darkness grew deeper, she put her arms round my neck, and, closing her

    その後、闇が深く成長するにつれ、彼女は彼女の腕が私の首を丸め入れ、そして、彼女を閉鎖

  • eyes, tightly pressed her face against my shoulder.

    目は、しっかりと私の肩に顔を押された。

  • So we went down a long slope into a valley, and there in the dimness I almost walked

    そこで、私はほとんど歩いて薄暗さにある谷に長い下り坂を行き、

  • into a little river.

    リトルリバーへ。

  • This I waded, and went up the opposite side of the valley, past a number of sleeping

    これは私がwaded、および睡眠の数を越えて、谷の反対側まで行きました

  • houses, and by a statue--a Faun, or some such figure, minus the head.

    家屋、そして彫像で - 牧神、またはそのような数字、マイナスヘッド。

  • Here too were acacias.

    ここでもアカシアでした。

  • So far I had seen nothing of the Morlocks, but it was yet early in the night, and the

    これまでのところ私はモーロックの何も見ていたが、それはまだ夜の早い段階であり、

  • darker hours before the old moon rose were still to come.

    古い月が昇る前に、暗い時間はまだこれからだった。

  • 'From the brow of the next hill I saw a thick wood spreading wide and black before

    "次の山の端から私は前に広いと黒の拡散太い木をのこぎりでひく

  • me. I hesitated at this.

    私。私はこれで躊躇した。

  • I could see no end to it, either to the right or the left.

    私は、右または左に、それへの際限ない可能性があります。

  • Feeling tired--my feet, in particular, were very sore--I carefully lowered Weena from

    疲労感 - 私の足は、特に、非常に痛みだった - 私は慎重にウィーナを下げ

  • my shoulder as I halted, and sat down upon the turf.

    私は停止し、芝上に座って私の肩。

  • I could no longer see the Palace of Green Porcelain, and I was in doubt of my

    私はもはや緑の磁器の宮殿を見ることができる、と私は私の疑問だった

  • direction. I looked into the thickness of the wood and

    方向。私は木材の厚さに見て、

  • thought of what it might hide.

    それは隠すかもしれないものと考える。

  • Under that dense tangle of branches one would be out of sight of the stars.

    枝の密昆布の下に一つ星の見えないところであろう。

  • Even were there no other lurking danger--a danger I did not care to let my imagination

    私は私の想像をさせる気はなかった危険性 - であっても、他の潜んでいる危険性はなかった

  • loose upon--there would still be all the roots to stumble over and the tree-boles to

    際に緩い - まだそこにつまずくためにすべてのルートになるとツリーbolesになる

  • strike against.

    に対して打つ。

  • 'I was very tired, too, after the excitements of the day; so I decided that I

    "私は一日の興奮の後、あまりにも、非常に疲れて、だから私はことを決定

  • would not face it, but would pass the night upon the open hill.

    それに直面しないだろうが、開いて丘に夜を渡すことになります。

  • 'Weena, I was glad to find, was fast asleep.

    "ウィーナ、私は、見つけることがうれしかったぐっすり眠っていた。

  • I carefully wrapped her in my jacket, and sat down beside her to wait for the

    私は慎重に私のジャケットで彼女を包み、そして待つために彼女のそばに座って

  • moonrise.

    月の出。

  • The hill-side was quiet and deserted, but from the black of the wood there came now

    丘側は静かで無人島でしたが、木の黒から、今そこに来た

  • and then a stir of living things. Above me shone the stars, for the night was

    し、生物の波紋。夜だったために私は、星の輝いていた

  • very clear.

    非常に明確。

  • I felt a certain sense of friendly comfort in their twinkling.

    私は彼らあっという間に優しい慰めの特定の感覚を感じた。

  • All the old constellations had gone from the sky, however: that slow movement which

    しかし、すべての古い星座の空から消えていた、:その遅い動き

  • is imperceptible in a hundred human lifetimes, had long since rearranged them

    ずっと前にそれらを再配置していた、百人間の寿命に知覚できないです。

  • in unfamiliar groupings.

    なじみのないグループインチ

  • But the Milky Way, it seemed to me, was still the same tattered streamer of star-

    しかし、天の川が、それはまだ、私にのスター、同じボロボロのストリーマされたようだ

  • dust as of yore.

    昔のようにほこり。

  • Southward (as I judged it) was a very bright red star that was new to me; it was

    南(私はそれを判断しては)私に新しいされた非常に明るい赤い星だったが、あった

  • even more splendid than our own green Sirius.

    私たち自身の緑のシリウスよりもさらに素晴らしい。

  • And amid all these scintillating points of light one bright planet shone kindly and

    と光唯一の明るい惑星のすべてのこれらの機知に富んだポイントの中で優しく輝いていたと

  • steadily like the face of an old friend.

    着実に旧友の顔が好きです。

  • 'Looking at these stars suddenly dwarfed my own troubles and all the gravities of

    "これらの星を見ると急に自分の悩みとのすべての比重を極端に小さく

  • terrestrial life.

    陸上生活。

  • I thought of their unfathomable distance, and the slow inevitable drift of their

    私は彼らの計り知れない距離を考えると、彼らの遅い避けられないドリフト

  • movements out of the unknown past into the unknown future.

    未知の未来への未知の過去の動きから。

  • I thought of the great precessional cycle that the pole of the earth describes.

    私は地球の極が記述されている偉大な歳差運動の周期と考える。

  • Only forty times had that silent revolution occurred during all the years that I had

    唯一の四十回は静かな革命は、私が持っていたすべての年の間に発生したことがあった

  • traversed.

    横断。

  • And during these few revolutions all the activity, all the traditions, the complex

    そしてこれらのいくつかの回転中にすべての活動、すべての伝統、複雑な

  • organizations, the nations, languages, literatures, aspirations, even the mere

    さらに、組織、国、言語、文学、願望、単なる

  • memory of Man as I knew him, had been swept out of existence.

    人間の記憶は、私が彼を知っていたとして、消滅するの流されていた。

  • Instead were these frail creatures who had forgotten their high ancestry, and the

    代わりに彼らの高い家系を忘れていたこれらの虚弱生き物がいた、と

  • white Things of which I went in terror.

    私は恐怖に行ったそのうちの白い事。

  • Then I thought of the Great Fear that was between the two species, and for the first

    それから私は、2つの種の間であった大きな恐怖と考える、と最初に

  • time, with a sudden shiver, came the clear knowledge of what the meat I had seen might

    時間は、突然の震えで、私が見ていた肉がかもしれないものの明確な知識を来た

  • be.

    である。

  • Yet it was too horrible! I looked at little Weena sleeping beside

    まだそれはあまりにも恐ろしいことでした!私は横に小さなウィーナの睡眠を見た

  • me, her face white and starlike under the stars, and forthwith dismissed the thought.

    私、彼女の顔白と星のように輝く星空の下で、そして直ちには考えを退けた。

  • 'Through that long night I held my mind off the Morlocks as well as I could, and whiled

    "その長い夜を通して私は、同様に私ができたとモーロックから私の心を開催し、whiled

  • away the time by trying to fancy I could find signs of the old constellations in the

    私は、古い星座の兆しを見つけることができる空想に試みることによって離れて時間

  • new confusion.

    新しい混乱。

  • The sky kept very clear, except for a hazy cloud or so.

    空がかすんでいるクラウド程度を除いて、非常に明確なまま。

  • No doubt I dozed at times.

    疑いもなく私は時間に居眠りしない。

  • Then, as my vigil wore on, came a faintness in the eastward sky, like the reflection of

    その後、私の通夜が上に着ていたとして、の反射のように、東の空に失神していた

  • some colourless fire, and the old moon rose, thin and peaked and white.

    いくつか無色火災、そして古い月が薄いとピークと白、バラ。

  • And close behind, and overtaking it, and overflowing it, the dawn came, pale at

    とすぐ後ろ、そして追い越して、そしてそれをオーバーフローする、夜明けは青白い、来

  • first, and then growing pink and warm. No Morlocks had approached us.

    最初に、そして次にピンクと暖かい成長。いいえモーロックたちは私たちに近づいていなかった。

  • Indeed, I had seen none upon the hill that night.

    確かに、私は夜のその丘時にどれを見ていなかった。

  • And in the confidence of renewed day it almost seemed to me that my fear had been

    と新たな一日の自信にそれはほとんど私の恐怖があったように私には思えた

  • unreasonable.

    無理。

  • I stood up and found my foot with the loose heel swollen at the ankle and painful under

    私は立ち上がり、足首に腫れと下の痛みを伴う緩いかかとで私の足を発見

  • the heel; so I sat down again, took off my shoes, and flung them away.

    ヒールは、ので、私は、再び腰を下ろした私の靴を脱ぎ、そしてそれらを離れて投げつけた。

  • 'I awakened Weena, and we went down into the wood, now green and pleasant instead of

    "私はウィーナの目覚め、そして私たちは今、木材の代わりに、緑豊かなダウン状態になった

  • black and forbidding. We found some fruit wherewith to break our

    黒と威嚇する。我々は何で分割するいくつかの果物を発見した私たちの

  • fast.

    速い。

  • We soon met others of the dainty ones, laughing and dancing in the sunlight as

    我々はすぐに日光で笑って踊って、可憐なものの他に会った

  • though there was no such thing in nature as the night.

    夜のような自然のようなものはありませんでしたけれども。

  • And then I thought once more of the meat that I had seen.

    そして私は私が見ていた肉をもう一度考えた。

  • I felt assured now of what it was, and from the bottom of my heart I pitied this last

    私は今それが何であったかの確実な感じ、と私の心の底から私はこの最後の同情

  • feeble rill from the great flood of humanity.

    人類の大洪水から弱々しい小川。

  • Clearly, at some time in the Long-Ago of human decay the Morlocks' food had run

    明らかに、人間の崩壊の遠い昔のある時点で、モーロック"食べ物が実行されていた

  • short. Possibly they had lived on rats and such-

    短い。おそらく彼らは、ラットに住んでいて、そのような、していた

  • like vermin.

    害虫のような。

  • Even now man is far less discriminating and exclusive in his food than he was--far less

    今でも男はいたよりも彼の料理にははるかに少なく、明確かつ排他的です - はるかに少ない

  • than any monkey. His prejudice against human flesh is no

    どんな猿より。人間の肉に対する彼の偏見はnoです

  • deep-seated instinct.

    根深い本能。

  • And so these inhuman sons of men----! I tried to look at the thing in a

    そしてその男性----のこれらの非人間的な人の息子!私はでものを見てみました

  • scientific spirit.

    科学的精神。

  • After all, they were less human and more remote than our cannibal ancestors of three

    結局、彼らは3つの私達の人食い人種の祖先よりも人間と複数のリモートでした

  • or four thousand years ago. And the intelligence that would have made

    または4千年前。作られたであろうとインテリジェンス

  • this state of things a torment had gone.

    苦しみ物事のこの状態は行っていた。

  • Why should I trouble myself? These Eloi were mere fatted cattle, which

    なぜ私は自分自身を悩ますでしょうか?これらのエロイは単なる太らされた牛、された

  • the ant-like Morlocks preserved and preyed upon--probably saw to the breeding of.

    によって保持され、捕食モーロックのようなアリ - は、おそらくの繁殖に見た。

  • And there was Weena dancing at my side!

    そして私の側のウィーナの踊りがあった!

  • 'Then I tried to preserve myself from the horror that was coming upon me, by

    "それから私は、で、わたしの上に来ていた恐怖から自分自身を維持しようと

  • regarding it as a rigorous punishment of human selfishness.

    人間の身勝手さの厳しい罰としてそれについて。

  • Man had been content to live in ease and delight upon the labours of his fellow-man,

    男は、彼の仲間の男性の労働によって使いやすさと喜びに住んでコンテンツをしていた

  • had taken Necessity as his watchword and excuse, and in the fullness of time

    彼のモットーと言い訳のような、そして時間の膨満の必要性を取っていた

  • Necessity had come home to him.

    必要性は彼に帰っていた。

  • I even tried a Carlyle-like scorn of this wretched aristocracy in decay.

    私も崩壊のこの惨めな貴族のカーライルのような軽蔑を試してみました。

  • But this attitude of mind was impossible.

    しかし、心のこの態度は不可能であった。

  • However great their intellectual degradation, the Eloi had kept too much of

    しかし、偉大な彼らの知的な劣化、エロイはあまりにも多くの保管していた

  • the human form not to claim my sympathy, and to make me perforce a sharer in their

    私の同情を主張する、そして私のPERFORCEそれらの共有者にするためではない人間の形

  • degradation and their Fear.

    劣化とその恐怖。

  • 'I had at that time very vague ideas as to the course I should pursue.

    "私は私が追求すべき当然のように、その時点で非常に漠然としたアイデアを持っていた。

  • My first was to secure some safe place of refuge, and to make myself such arms of

    私の最初は、避難所のいくつかの安全な場所を確保するために、そして私のような武器にすることでした

  • metal or stone as I could contrive.

    私は工夫ができるように、金属または石。

  • That necessity was immediate.

    その必要性はすぐにあった。

  • In the next place, I hoped to procure some means of fire, so that I should have the

    次の場所で、私は私が持つべきであるように、火災のいくつかの手段を調達することを望んだ

  • weapon of a torch at hand, for nothing, I knew, would be more efficient against these

    手でトーチの武器は、何のために、私は知っていた、これらに対して、より効率的になる

  • Morlocks.

    モーロック。

  • Then I wanted to arrange some contrivance to break open the doors of bronze under the

    それから私は、下のブロンズの扉を開いて分割するいくつかの工夫を手配したい

  • White Sphinx. I had in mind a battering ram.

    白いスフィンクス。私は心に槌を持っていた。

  • I had a persuasion that if I could enter those doors and carry a blaze of light

    私はそれらのドアを入ると強烈な光を運ぶことができればという説得していた

  • before me I should discover the Time Machine and escape.

    私の前に私はタイムマシンとエスケープを発見してください。

  • I could not imagine the Morlocks were strong enough to move it far away.

    私は、モーロックは遠く離れてそれを動かすのに十分な強だった想像できませんでした。

  • Weena I had resolved to bring with me to our own time.

    ウィーナ私は、私たち自身の時間に私と一緒に持参することを決議していた。

  • And turning such schemes over in my mind I pursued our way towards the building which

    と私の心にそのようなスキームを裏返し、私は建物に向かって我々の方法を追求している

  • my fancy had chosen as our dwelling.

    私の空想は、私たちの住居として選択した。

  • >

    >

  • CHAPTER VIII

    第VIII章

  • 'I found the Palace of Green Porcelain<